2016年11月07日

【男子バスケットボール部】第92回関東大学バスケットボールリーグ戦 入れ替え戦

11月7日(月)
国立代々木競技場第二体育館


大きい白星! 1部昇格まであと一歩!!






大東文化 80  −  53 慶應義塾
30 1Q 11
17 2Q  6
17 3Q 18
16 4Q 18




スターティングメンバー
#0葛原大智 #12熊谷航 #15モッチ ラミーン #23奥住将人 #91ビリシベ実会


2013年を最後に1部から離れ、復帰を目指して2部で奮闘してきた本学男子バスケットボール部。
強力な新戦力の加入、初の試みである夏の韓国遠征などを経て迎えた今年の2部リーグ戦を全勝優勝で終え、圧倒的な強さを見せつけた。入れ替え戦は本日から3日間予定されており、2勝すれば悲願の1部昇格達成となる。対戦相手は5月の関東大学バスケットボール選手権大会でも戦い本学が勝利している慶應義塾大学だ。

迎えた本日の入れ替え戦。試合開始後間もなく#15モッチ ラミーンのシュートで本学が先制するとその後も次々と本学の得点が入りあっという間に点差が開く。慶應大も食らいつこうとするが本学のディフェンスに阻まれ手が出ない。#23奥住将人のスリーポイントシュートでスコアが22−6になったところで慶應大がタイムアウトを取る。しかし、その後も本学の勢いは止まらずますますリードを広げ、30−11で第2Qへ。

第2Qも序盤から#91ビリシベ実会ら中心に本学が得点する。しかし開始約4分後に、これまでにチームを勝利に導いてきた主力の1人である#12熊谷航が足を負傷。その場で倒れたまま立ち上がることができずそのまま退場となってしまう。試合再開直後には慶應大のシュートが入り、このまま悪い流れになるのかと思われたが、慶応大のタイムアウト後には#0葛原大智、#56山岸優希が連続得点。#34中村浩陸も交代で加入した直後にフリースロー2本を堅実に決め、本学がさらに点差を広げ47−17で前半終了。


後半でも#91ビリシベが開始直後にダンクを決めるなど、本学優位に試合が進むかと思われた。しかし前半ほどの勢いはなく、ディフェンスを破られて得点を許す場面も見られ点差を広げることができず苦しむ。それでも前半に作ったリードのおかげで64−35と点差を保ったまま最終Qへ。
途中加入の面々も着実に点を重ねるのだが、慶應大にリバウンドを奪われなかなかチャンスを作れない。それでも意地を見せ80−44と若干リードを広げる本学だが、終了前の約2分間に連続得点を許して点差を詰められ、80−53で試合終了。後半は前半のリードに助けられる形となったものの、初戦をものにして1部昇格へ弾みをつけた。

2戦目は明日16時40分より国立代々木競技場第二体育館でスタート。明日も本学が勝ち2勝となれば1部昇格が決まる。
悲願の復帰はもうすぐそこだ。


コメント
花井大悟主将(スポ科4)
「明日は、この試合で決めてやるという気持ちを持って戦う。また、今日のようなハードなディフェンスはもちろん、声もしっかり出し、ルーズボールも必死に追うことで相手に全力で向かっていく姿勢を見せたい」

波多直樹(経営4)
「試合の入りがとても良く、そのままの流れで行くことができた。4年生としては、絶対に勝って1部復帰させて引退したい」

吉田怜央(社経4)
「自分としては影のバックアップしかできなかったが、チーム全体がまとまって勝てたことが喜ばしいと考えている。一昨年の入れ替え戦では1点差で負けて2部残留となっており、まだまだ気が抜けない。明日も今日と同じくらいみんなでしっかりやっていきたい」

葛原大智(スポ科3)
「試合の入りは気持ちが前に出て良いスコアだったが、後半は後手に回ってしまい良い終わり方をできなかった。明日は最後まで気を抜かずプレーしたい。1年生のときの入れ替え戦で負けたときの悔しさは今でも覚えているし、当時のメンバーも多く残っている。まずは明日の試合に集中して臨みたい」

山岸優希(日文3)
「前半は良かったかもしれないが、かと言って40分間それがずっと統一できていたとも言えず、後味の悪い試合だった。個人としては、相手が知っている相手だったのでやりやすかった。明日は今日の反省を踏まえてやることはもちろんだが、それに加えてみんなの個性を出すことができれば結果につながるのでは」

ビリシベ実会(スポ科2)
「今日はケガ人も出てしまったが、みんなで最後までつなぐことができたのでよかった。リーグ戦からスタメンでの出場が増え、モッチや熊谷ら以前からスタメンだった人たちのサポートもあったおかげで自分の役割を果たせていたと思う。明日も勝って1部に上がりたい」

園田健太(経営2)
「緊張してしまったので明日はもっとリラックスして臨みたい。シュートが決まらなかったし、ディフェンスとリバウンドもまだまだ改善の余地がある。絶対に明日も勝って1部へ上がりたいと思っているので、とにかく頑張りたい」



【中川千明   平野孝亮】


posted by スポダイ at 20:00| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

【陸上競技部】秩父宮賜杯第48回全日本大学駅伝対校選手権大会

大会名:秩父宮賜杯第48回全日本大学駅伝対校選手権大会
日付:2016.11.6(8:05スタート)
場所:名古屋〜伊勢神宮

4年生が意地見せるも・・・

IMG_0437.JPG
IMG_0424.JPG










本日、秩父宮賜杯第48回全日本大学駅伝対校選手権大会が行われた。本大会は昨年の大会での上位6校と関東地方は6月18日に行われた全日本駅伝予選会での上位9校が出場。全8区間106.8`で競い、今年も上位6校が来年のシード権を獲得することができる。
 本学は昨年の全日本駅伝18位と悔しい結果となり、6月の予選会で転倒やアクシデントに巻き込まれるも8位で通過し4年連続41回目の本戦出場を決めた。10月15日に行われた箱根駅伝予選会では見事トップ通過で本戦への出場権を獲得し、勢いにのり結果が期待されたが15位でレースを終えた。

 1区原法利(経営3)が昨年同様1区を任せれ、集団から離されてしまい18位で繋ぐ。2区奈良凌介(国際関係2)が1つ順位を上げ、3区下尾一真(現経4)が主将として最上級生として好走し区間8位で16位と流れをつくった。しかし、4区1年生の川澄克弥(スポ科1)は前の選手から離され1つ順位を下げ、5区新井康平(スポ科2)もなかなか差を詰めることか出来ず17位で襷を繋いだ。6区山本翔馬(スポ科3)は流れを変えるような走りをし1つ順位を上げて、7区鈴木太基(経営4)は三大駅伝に初出場し区間4位で15位まであげ4年生の意地を見せた。アンカー8区の谷川貴俊(スポ科2)は前を懸命に追うも、順位そのまま15位でゴール。

☆奈良修監督コメント☆
力がなかったというのと、予選会後の3週間自分が丁寧にやり過ぎた。上のチームは強いので、もう少ししっかり力をつけてやっていきたい。もう少し大胆に、丁寧になりすぎず思い切ってやっていればこういう結果にならなかったと思う。

☆原法利選手コメント☆
1区の自分が流れを作るという気持ちで臨んだが、結果的にチームにいい流れをつくれずに下位で勝負することになってしまい、自分の力の無さが今回の結果になってしまったと思う。去年は急性胃腸炎だったのだが、今年は昨年の失敗を取り戻そうという気持ちではなく、チームも現在良い勢いだったと思うので、自分の力がどれだけ試せるかという思いで臨んだので、昨年のリベンジという感じはあまりなかった。」

☆総合結果☆
1位 青山学院大学(5時間15分15秒)
2位 早稲田大学(5時間16分11秒)
3位 山梨学院大学(5時間16分50秒)
4位 駒澤大学(5時間17分41秒)
5位 中央学院大学(5時間19分36秒)
6位 東洋大(5時間19分49秒)
7位 東海大学(5時間20分55秒)
  :
14位 国士舘大学(5時間27分02秒)
15位 大東文化大学(5時間27分46秒)
16位 東海学連選(5時間30分08秒)
  :


☆個人結果☆
1区14.6` 原法利(区間18位:45分18秒)
↓18位
2区13.2` 奈良凌介(区間16位:40分18秒)
↓17位
3区9.5` 下尾一真(区間8位:27分59秒)
↓16位
4区14.0` 川澄克弥(区間20位:43分56秒)
↓17位
5区11.6` 新井康平(区間20位:37分01秒)
↓17位
6区12.3` 山本翔馬(区間14位:37分02秒)
↓16位
7区11.9` 鈴木太基(区間4位:35分16秒)
↓15位
8区19.7` 谷川貴俊(区間11位:1時間00分36秒)



【榎本未希 小島健瑠 山口未華 中川千明 平野孝亮】
続きを読む
posted by スポダイ at 14:33| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

【女子ラクロス部】29回関東学生ラクロスリーグ3→2部入れ替え戦

第29回関東学生ラクロスリーグ女子3部Bブロック
10月30日(日)
3→2部入れ替え戦
国士舘大学多摩キャンパスラグビー・アメリカンフットボール場


                勢いに乗り昇格



 昨年、2部から無念の降格となった本学。今年は2部への返り咲きを誓い、3部の舞台を戦う。
 リーグ戦では開幕戦の跡見学園女子大学に25―1で圧勝する。続く2戦目の筑波大学に14―2、3戦目の武蔵大学に10―8、そして最終戦の東洋英和女学院大学に14―2で勝つ。そしてリーグ1位で入れ替え戦に進んだ。
 入れ替え戦の相手は日本女子大学。本学側の応援席には沢山の応援が集まり声援を送る。試合は開始から本学がリーグ戦の勢いを見せ、5―3で前半を終える。後半に入り、応援も盛り上がるなか、本学の勢いは止まらない。主将の加藤佑奈(スポ科4)を中心に相手ゴールに襲いかかり、得点を重ねる。相手も負けじと反撃に出る場面もあったが、守り切り9―6で入れ替え戦を制した。
 入れ替え戦に勝ったことにより、本学は見事2部へと昇格した。目標の1部へ向け、来期は2部の舞台をかけ上がる。



コメント
森浩寿監督「ナイスゲームだった。勢いでリード出来たのが勝因。ただ、2部は甘くないので、1部へ行くためにチーム力を上げていく」

加藤主将「リーグ戦の勢いのまま勝てたのが良かった。皆の応援も力になった。後輩たちはこの勢いで1部へ向けて頑張って欲しい」



更新遅くなり申し訳御座いません。
【小島健瑠】
posted by スポダイ at 12:59| リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

【弓道】第48回関東学生弓道選手権大会


第48回関東学生弓道選手権大会
11月3日(木)
東京都武道館
<男子団体>
2年連続2回目優勝!!
<女子団体>
3年連続で筑波に屈す


≪男子団体 結果≫
DSC_0316 (1024x685).jpg 
 ▲優勝した男子団体
 DSC_0318 (1024x685).jpg
 ▲準優勝の女子団体
優勝 大東文化大学 160射119中
2位 宇都宮大学 160射117中
3位 横浜国立大学 160射98中

≪女子団体 結果≫
優勝 筑波大学 60射42中
2位 大東文化大学 60射34中
3位 都留文科大学 60射29中


 王座決定戦が爽やかな秋晴れの下行われ、本学男子が2年連続2回目の王座出場。女子は、3年連続準優勝となり、王座への夢はかなわなかった。
 男子は、関根一晟(2)、佐々木耀(2)の2年生エースが今日は本領発揮とはならなかったが、篠塚智生(外英3)、城戸天文(経営1)らの活躍もあり、王座への切符を獲得した。
 一方、女子はエースの岩田聖加(政治3)が、リーグ戦の勢いを出し切れず、筑波大学との差をどんどんと引き離され準優勝に。昨年、一昨年も筑波大学に敗れており、3度目の正直とはならなかった。
 この結果、男子団体が11月19日、20日に行われる第64回全日本学生弓道王座決定戦への出場が決まった。昨年の王座は初戦、強豪明治大学に敗れ早々と姿を消した。昨年を経験しているメンバーが多く残っている中、目標である優勝に向かって突き進む。

◇コメント◇
原雅幸主将
「嬉しい半分、不安半分といった感じ。優勝を目標にしているので、今日のでは負けてしまうが、後半の団体の流れはよかったと思う。王座までは、射を大きく変えるのではなく、自分の出来る範囲で、今の射をより固めていけれるような調整をしていきたい。」

篠塚選手
「まずは一安心している。ただ、119中は目標より下だし、このままでは王座で負けてしまうので、130中を安定して出せるラインまでもっていきたい。王座では優勝、皆中賞、最優秀選手を狙っていく」

鈴木華帆女子主将
「負けたことに関しては悔しい。4年生で最後ということは意識しないようにしていたが、やはり主将、そして4年生として引っ張っていかないとという気持ちがあって、思い切りのいい離れができなかった。終わってしまうんだなという実感はある。男子は勝負強さがあると思うので、王座では思いっきり引いて、思いっきり楽しんできてほしい。」

岩田選手
「筑波には3回負けているので今年こそと思ったが、2位は悔しい。練習でも最近調子は良くなかった。東西では、とにかく自分の射を、また、2回目なので、自信をもって臨めるようにしたい。」

坂田好次監督
「試合には勝ったが、自分達には負けた。気づきと修正のの詰めが甘かったと思う。本来持っている的中からすれば、14〜15本足りないし王座に行っても行くだけで終わってしまう。あと2週間で気づきと修正能力を確認して、自分たちに勝っていかなければならない。」

◇王座、並びに東西について◇
■第64回全日本学生弓道王座決定戦
11月19,20日 →男子団体出場
■第62回東西学生弓道選抜対抗試合
11月20日 →東軍代表として、佐々木耀(2)出場
■第40回女子東西学生弓道選抜対抗試合
11月21日 →東軍代表として、岩田聖加(3)出場



※冒頭写真、一部選手がフラッシュにより赤目になってしまいました。
みなさん、いい表情をされているのに申し訳ありません。
カメラの練習に精進します。



【進藤麻斗・西川泰義】

続きを読む
posted by スポダイ at 23:34| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

【男子バスケットボール部】関東大学リーグ戦 2部対中央大

​10月30日(日)
日本体育大学世田谷校舎

全勝優勝達成!

大東 74ー64 中央
24 1Q 15
12 2Q 9
20 3Q 19
18 4Q 21

​全勝優勝のかかった本学は中央大と対戦。
1Q相手は本学の高さを警戒し、ゾーンディフェンスを敷いてきたが#12熊谷航と#91ビリシベ実会のアウトサイドでリズムよく点数を重ねていく。
インサイドでは#15モッチラミーンのリバウンドでゴール下を支配して相手に流れを渡すことなく24ー15で終了。
2Qに入ると相手のディフェンスが良くなり、なかなか得点することかできない。両チームともターンオーバーが多くロースコアでのゲームとなる。
3Qでは相手のアウトサイドのシュートが入りだし、点差が縮まる。流れが相手に傾いたところでタイムアウトを要求。タイムアウト後、#0葛原大智のバスケットカウント3Pとその後のフリースロー1本を決め、4点プレーで差を広げることに成功。
4Qではまたもや相手に流れが行くものの、#0葛原大智の気迫あふれるプレーや#12熊谷航の3Pなどで点差を縮めさせず試合終了。

​コメント
花井大悟主将(スポ科4)
「優勝できて嬉しい気持ちで、チームで頑張ってきたかいがある。チーム力を高めて入れ替え戦に臨めるようにする。」

モッチラミーン(外英1)
「全勝優勝は本当にすごいと思う。自分の調子が悪い時には、ビさんが助けてくれる。自分はタイムプレーのバランスが微妙なのでリーグ戦を通して非常に学べた。」

posted by スポダイ at 17:52| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする