2017年10月29日

【陸上部】第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会


第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会
10月29日(日)  12:10〜
宮城県仙台市
 
全日本大学女子駅伝堂々の2位!
 
 本日12時10分より、第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会が宮城県仙台市陸上競技場にてスタートした。本大会は各地区の予選を勝ち抜けてきた26校が1区から6区までの38`を駆け抜け、上位8位までの大学にシード権が与えられる。昨年5位に終わった本学は初の日本一を目指して挑み、5区の関谷夏希が29分30秒で歴代2位の区間記録を出す好走を見せるなど健闘し、結果は2位だった。
 
【監督・選手のコメント】
記録 2.05.15

外園隆監督
来年のための大会だった。関谷はもちろん選手たちは強かった。来年はもっと楽しくなる。
 
1区:秋山 祐妃  21.17
結果としては2位でとても嬉しい。自分としては、精一杯今の力は出し切れて悔いはないが、来年は優勝できるようにもっともっと自分が強くなって戻って来れたらなと思う。
 
2区:北脇 亮子  17.53
二区というのは後半区間にどういう流れになっていくのか決定づける区間。一気に上げて順位争いに持っていける位置に行けるようにしたかったんですけど…でも今までやってきた事を躊躇なく出せたのは良かった。
 
3区:元廣 由美  22.36
自分の走りをすればいい結果が出ると思っていたのでひたすら前を向いて走ることが出来た。初めてこの杜の都で走ることが出来て楽しかったですし、良かった。

4区:谷萩 史歩  16.30
去年5位という結果で、今年は新たな一歩を踏み出すと言う意味でもチームとして優勝を目指して取り組んで来たので、準優勝ではあったが、去年から選手1人1人が成長して走れたということで胸がいっぱい。本当に、成長した大東文化を見せれたのではないかと思う。ここでの悔しさを富士山でぶつけて、富士山では優勝を目指したい。

5区:関谷 夏希  29:30
区間新が自分の目標だったけれどあと6秒足りなくて悔しい。去年は躊躇していけなかったけど今年は突っ込んでいけて、しっかり挑戦して掴んだ結果だったのでよかった。


6区:齋藤 暁 17.30
 走れるって嬉しいことだし、こんなに多くの人が来てくれて応援してくれるのが心地よかったです。これからもっとしっかり走り込んで積み上げて力をつけたい。

posted by スポダイ at 16:14| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

【アイスホッケー部】平成29年度関東大学アイスホッケーリーグ 対神奈川大学戦

関東大学アイスホッケーリーグ  対神奈川大学戦
10月28日(土) 12:00〜
ダイドードリンコアイスアリーナ


完封逃すも快勝!
大東文化大学6-1神奈川大学

icehockeyy.JPG

第1ピリオド
今回は1巡目で9-7と激戦になった相手。積極的に攻撃を仕掛けるもすぐに得点を挙げることはできなかったが、9分に茂木慎之介(2)が先制点を決めると、13分に松渕雄太が2点目を奪う。勢いをつけた本学はその後もゴールを狙っていき、熊谷隼人(1)が3点目を追加。途中相手にシュートを打たれる場面もあったが得点を与えず、3-0で1ピリを終える。

第2ピリオド
この回も本学は攻めの姿勢を見せる。中盤、相手に攻撃が移り守りに追われる。しかし前回の失敗を繰り返すまいと全員が体を張って相手のシュートを防ぐ。後半は激しくパックを奪い合い、ゴールを狙うも追加点は得られず。3-0のまま最終ピリオドへ。

第3ピリオド
開始54秒で茂木が4点目を決める。その後松渕が反則になり相手にチャンスを与えてしまうも、馬場風諒(3)が相手から奪ったパックを矢島龍(3)に素早く繋ぎシュート。1人少ない状況ながらも追加点を挙げる。その後も得点を重ね6−0で迎えた13分。相手の攻撃の途中に再開した直後ロングシュートを打たれ、失点。ここまで無失点できていただけに悔しさが残るが、終盤になるとふたたび猛攻を仕掛ける本学。最後まで攻めたもののゴールは奪えず6-1で試合終了。完封勝利とはならなかったが非常に良い流れで試合を進め、勝ち切った。

試合後コメントは改めて更新いたします。

【山口未華】
posted by スポダイ at 21:41| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

【アイスホッケー部】関東大学アイスホッケーリーグ戦 対立教大学戦

平成29年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 対立教大学戦
10月21日(土)17:00〜
ダイドードリンコアイスアリーナ


2巡目初戦を完封勝利!
大東文化大学10−0立教大学


第1ピリオド
序盤から積極的にシュートを打っていく本学。立教大学との試合は一巡目では14−2で勝利したが、完封勝利することができず後味があまりよくなかった。5分、須賀井亮太(4)が待望の先制点を獲得。その後も何度かチャンスがあったものの、決めきれない場面が続く。10分、相手の隙間を素早いパス回しでつなぎ松渕雄太(3)が最後にゴールを決め2点目を決める。その後相手に責められる場面もあったが得点を与えず2−0で1ピリを終える。

第2ピリオド
この回も本学の攻撃は止まらない。相手ゴール前で果敢にシュートを打つも、ゴールが決まらず歯がゆい場面が多い。9分、こぼれたパックを素早く拾った松渕が相手キーパーの後ろに回り込みシュート。この3点目を後にその後も得点を重ねていく。一時は相手の攻撃で守りに追われる時間もあったがしっかり守り切り、5−0で3ピリへ。

第3ピリオド
開始24秒で茂木慎之介(2)がゴールを決める。第2ピリオドの中盤でGKが酒井良大(3)から清水航央(2)に交代し、相手のシュートを防いでいた。本学は最後まで勢いを保ち、この回でもゴールを量産。5点を追加し結果10−0で完封勝利を収めた。

総合シュート数:大東文化大学62−7立教大学

【試合後コメント】

酒井優好監督
1番は、危ない場面も4,5回あったが失点ゼロということがよかった。あとはもう少し点数とれたと思う。やっぱり決めるとこを決めないとダメ。キーパーは最初から半分半分で出そうと決めていた。正ゴールキーパーがいつ何があるかわからないので、サブのキーパーもチャンスがあるときは使っていこうという意味で。1年生のDFでけがをした選手がいるが、なんとか最終戦には間に合うと思う。




【山口未華】




posted by スポダイ at 17:59| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

第67回関東大学女子バスケットボールリーグ戦 2部Bブロック対大妻女子大学戦

1022()

67回関東大学女子バスケットボールリーグ戦 2Bブロック

対大妻女子大学戦

立教大学新座キャンパス


試合結果

大東文化大学 83−81 大妻女子大学

Q 21−18

Q 16−10

Q 22−26

Q 24−27




DSC_4466_original.JPG
力強いドリブルで
シュートまでつなげる#1板橋未歩(4)

最終戦で2勝獲得のために絶対に負けられない本学と、39敗中で2勝がほしい大妻女子大学との対戦。

1・2Qと出だしは好調だったものの、3・4Qでは失速。

前半は本学が優勢にリードしていたものの、後半ではシュート率が悪くなってしまう本学とは対照的に、大妻女子大のシュート率が上がる。シュートを次々狙われたりパスカットをされたりするなど思い通りの試合運びができないまま大妻女子大の反撃を許してしまい、後半からは接戦の試合展開へ。

試合結果を見て分かるように、後半は大妻女子大学の反撃で、大妻女子大の獲得点数が多い。最後の数秒まで同点が続いたものの、今回のリーグ戦で最後となる4年生の菅原千聖がシュートを決めた後、最後まで守り抜いた。


勝利まであともう少し、という試合がいくつかありながらも惜敗してきた本学だが、

今回の対大妻女子大戦では粘り強さを特に感じることができた試合であった。



しかし、入れ替え戦を免れることができなかった本学。

今週の1028()1340

2Bブロックと3部の入れ替え戦 対明治学院大学

戸田市スポーツセンターで、一発勝負の入れ替え戦が行われる。







<試合後コメント>

谷口恭史コーチ

ミスが多いところと集中力が切れるところが少しあるので、そこに付け込まれて撃たれてしまうという状態を作ってしまった。もう一回、気を引き締めて向かっていく姿勢でやっていきたいと思う。

課題は、ディフェンスの修正、オフェンスの面。フィニッシュをきちんと取れること。あと一週間なので、自分たちでも工夫しながら(試合へ)向けていきたい。




板橋 未歩主将()

Qリーグ戦全体を振り返って

最初はチーム全体がバラバラで、負けが続き、気持ちも落ちていた。しかし、折り返しで一度勝てたので、そこから練習で気持ちの切り替えができ、団結力が高まった。昨日今日と連続で勝てたので、やはりいつも競ったゲームを落としているが、今日は競ったゲームを勝ち切れてよかった。


Qリーグ戦で一番印象に残っている試合は?

今の、一番最後の試合。お互いが取ったり取られたりっていう五分五分の試合だったので、そこでどれだけ集中を切らさずにやれるかという感じだった。本当に楽しくできたので印象に残っている。


Q入れ替え戦に向けて意気込み

3部のチームといっても、上位のチームなので強いことには変わりがない。気を抜かずにしっかりこの1週間練習して、絶対勝ち切って2部残留できるように頑張っていきたい。




posted by スポダイ at 16:00| 女子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

【女子バスケットボール部】第67回関東大学女子バスケットボールリーグ戦 2部Bブロック 対桐蔭横浜大学

【女子バスケットボール部】第67回関東大学女子バスケットボールリーグ戦

2部Bブロック 対 桐蔭横浜大

日にち:101515時〜

場所:桐蔭横浜大学


≪試合結果≫

大東文化大学 52−86 桐蔭横浜大学

Q 13−22

Q 14−17

Q 19−22

Q  6−25




板橋さんl.JPG
◀シュートを狙いにいく#1板橋未歩主将(4)
DSC_6043_original.JPG
相手を交わして前に出ようとする#59飯田雪乃▶(3)DSC_4064_original.JPG
▲この日、5本以上のシュートを決めた#79菅原千聖(4)

今回の対戦相手である桐蔭横浜大学は、リーグ10連勝中いまだ負けなしの強豪チーム。
桐蔭横浜大は切り替えが早くシュート率も高いため、1Qからリードを許してしまう。パスカットなどパスが通らない場面が目立った。
また、ディフェンス・オフェンスリバウンドともに相手の体格に圧倒される場面も。
谷口恭史コーチが「最後は体力的にダメになってしまった。リバウンドを取れなくなったりシュートの確率が悪くなったりした部分がある」と試合を振り返ったように、4Qでは体力不足からか一気に獲得点が減ってしまった。

しかし、相手の攻撃をよそに、必死にボールを追いかける本学の姿勢が見えた。
「体力としては最後落ちてしまったが、気持ちとしてはどんなに話されても最後まであきらめないという気持ちだった」と板橋未歩主将(教育4)が話すように、コートの中では、プレーをする5人の強い気持ちが感じられたように思う。

来週は、ついにリーグ最終戦となる対大妻女子大戦。
最後に2勝をつかみ取ることができるのか、選手たちに期待が高まる。



≪試合後コメント≫

谷口恭史コーチ

________昨日と比べて

気持ち的にもプレーもよかった。昨日はチームとして少しバラバラだった。今日はかみ合っている部分が出てきた。


_____オーダーにも変化が?

経験させるというのも1つだし、あとは(相手が)体格が良くて大きいから、体力的なものが大きい。変えていかないと持たないし、どこかでリズムを持っていきたい。それぞれが自分の力を出して頑張れていたから、良い状態では行けた。次のゲームは最終戦、2つ勝てばもっと上へ行ける。そこに向けて今日たくさん(選手を試合に)出したので、試合にも慣れたかなと思う。


_____最終戦への課題は

体力面と集中力だと思う。自分たちのプレーが出来れば本当に頑張れると思うので、全て出してぜひ全力でやってほしい。





板橋未歩主将()


_____監督が「昨日よりもプレーも気持ちもよかった」とおっしゃっていたが

昨日も桐蔭横浜大と対戦して、切り替えの速さや身体の強さを本当に実感した。1度、7点差まで詰めることができてそこは良かったと思う。


_____ディフェンス面ではどうだったか

自分たちは(体格が)小さいチームなので、相手は大きかった。相手は大きいし強いので、リバウンドを取られるのは仕方ないかもしれないが、センターが頑張ってはじいてくれたボールを自分たち含めて周りのガードが、拾ってあげられなかったので、そこで周りのガードに拾われてもう1回点数決められてというのがとても多かったと思う。そこはセンターだけが頑張るのではなく、周りのガードやしっかり5人でリバウンドやらなくてはいけないと実感した。


_____次は最終戦の大妻女子大との対戦だが

大妻女子大も自分たちと一緒で小さいチームなので、絶対負けられない。今までの成績でも五分五分、相手はスリーがポンポン入るチームで、勢いにのったらとても怖いチーム。そこで自分たちが最初にどれだけ点数をとれるか、どれだけディフェンスでがっちり守れるかだと思うので、気持ちを最初から入れてやりたい。




菅原千聖選手()


______監督が「昨日よりもプレーも気持ちもよかった」とおっしゃっていたが

気持ちもプレーも昨日が最低だったので昨日よりは良かった。プレーに関しては、向こうのほうが力強いと分かっているにもかかわらず、リバウンドやスクリーンアウトをやられっぱなしだし、向こうは体力あるので走るところは走っている。そこはあきらめないで自分たちがやらなければいけないのに、疲れたという感じで走らなかったりリバウンドもアウトしなかったりというのが多かった。それは応援していただいている人たちから見たら気持ちよくないと思うので、一生懸命さをもっと出せたらよかった。


______オフェンスはどうだったか

オフェンスリバウンドも全然取れていないし、ディフェンスリバウンドも取られていた。外のプレーヤーに任せきりな部分があるので、中からの点数が取れていない。もっと中からのプレーを増やせたらいいと思う。


______次は最終戦の大妻女子大との対戦だが

次こそは必ず負けられないので勝つことと、その勝つ気持ちをチーム一丸でやらなければいけないので、この1週間の練習を大妻女子大だけに意識してやって、いい雰囲気に持っていきたい。





今週はリーグ最終戦です!!

円陣.JPG日にち:10月21日(土)、22日(日) 14:20TIP OFF

場所:立教大学新座校舎

対戦相手:大妻女子大学(2部Bリーグ3勝7敗中)


今週の土日の対大妻女子大戦で、リーグ戦最終戦となります。
皆様の暖かい応援、よろしくお願いします!

22日(日)の対戦はツイッター(@supodai)で更新する予定となっております。
             こちらもぜひご覧ください!





【石津 汐梨 / 姜 亨起
posted by スポダイ at 18:19| 女子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする