2017年04月10日

【ラグビー部】第18回東日本大学セブンズ

第18回東日本大学セブンズ
日時:4月9日(日)9:00〜
場所:秩父宮ラグビー場

明治に敗れ決勝進出ならず・・・課題は「規律」

ルーキー南昂伸モスグリーンデビュー

背番号9.jpg
▲4年間小山が着た”背番号9”のジャージを着た南

 ついに「河野組」始動。生憎の雨の中、第18回東日本大学セブンズが秩父宮ラグビー場で行われた。


1回戦 大東文化 24-0(前半5-0) 東京学芸

盛田気選手.jpg
▲後半1分にトライした盛田
 本学の初戦の相手は東京学芸大学。試合は本学が前半3分に土橋永卓(背番号7・3年)が先制トライを挙げるも同時に1年生唯一のメンバー入りをした南昂伸(背番号9・1年)がノーバインドタックルによりシンビンで2分間の一時退場となってしまう。本学は数的不利のピンチではあったがトライを許さず、5-0で前半を終えた。後半は開始早々盛田気(背番号12・4年)がトライすると、その後2分には畠中豪士(背番号11・3年)、5分には中川和真(背番号10・4年)も続き、結果24-0で本学が初戦を突破。チャンピオンシップへと駒を進めた。


チャンピオンシップ1回戦 大東文化 34-5(前半12-5) 新潟

湯川純平選手.jpg
▲湯川のノーホイッスルトライ
 雨が強まる中、チャンピオンシップ第1回戦の相手は慶應義塾大学を破った新潟大学。本学は開始早々湯川純平(背番号1・3年)、アマト・ファカタヴァ(背番号3・3年)がトライを挙げるが新潟大学も1つトライを返し12-5で前半終了。後半はアマトのノーホイッスルトライを皮切りに岡新之介タフォキタウ(背番号6・4年)のハットトリックで新潟大学を突き放し、34-5で本学が勝利した。


チャンピオンシップ準決勝 大東文化 0-24(前半0-14) 明治

 明治大学戦.jpg
▲明治のDFに苦しんだ本学
 チャンピオンシップ準決勝、相手は拓殖大学と流通経済大学を下した明治大学だ。試合は前半明治に2トライを奪われ、さらには前半終了間際にアマトもノーバインドタックルによりこの日チーム2個目のシンビン。2分間の一時退場となった。後半から巻き返しを図りたい本学だったが後半開始早々に明治に3トライ目を許すと、その後もう一つ明治がトライを追加しさらに突き放される。後がない本学は再三攻め込むも、明治の激しいディフェンスの前にペナルティをしてしまいボールを保持できず、0-24で試合終了。「河野組」の初陣を優勝で飾ることはできなかった。



試合後コメント
河野良太主将.jpg
河野良太主将セブンズの練習自体昨日の練習で1時間程度合わせただけなので、普段の練習で意識しているコミュニケ―ションとリアクションっていうのをやっていこうと試合に臨んだ。でもやっぱり練習していない分アタックの部分で難しいところがあって、1人が突っ込んだ時のサポートが少しでも遅れるとすぐジャッカルされてしまうが、それは15人制でも同じだと思うのでつなげていきたい。春季大会ではしっかりとコミュニケーションと早いリアクションを意識して、ディフェンスから流れを作っていきたい


中川和真副主将.jpg
中川和真副主将まだまだやっぱりレベルが低いので、もっと詰めなきゃいけないところはあると思った。15人制とやることは一緒だから、青柳監督が練習でいつも言っていることを試合に出せば出来たので、そこを15人制でもつなげられるようにしないといけない。明治大学さんの激しさに負けてしまったと思うし、コミュニケーションとリアクションの早さっていうのをいつも練習で意識しているので、そこは試合でも意識した。春季大会ではやっぱり一戦一戦大事に勝ちに行きたいので、先はあまり考えずやらなきゃいけないことをしっかりやりきってから次につなげられたらなと思う

青柳勝彦監督「まぁこんなもんかな。ちょっとノーバインドタックルとか反則が多く、シンビンも出た。そういう細かいところを教えていたつもりだが、まだ徹底できていないところがあったのが今後の課題。勝ち負けは別にいいが、そういう規律をちゃんと守れているかというところで、2回シンビンが出るのはどうかなっていう。勢いが良かったのもあるけどそれで人数が減るとリズムが崩れるから、反則はやめようと言ったのにも関わらずやってしまったのは今後修正しないといけない。後はリアクション早くする事とか。春季大会に向けては、FWのセットプレー安定としっかり前で止められるようなDF、タックルを出来るか。アタックは自分たちで思い切りやってもらってるから、タックルができないと話にならないのでその辺を見ていこうかなと。あとはアンストラクチャーになったときにどう対応出来るか。やって見ないとわからないし、最初は上手くいかないかもしれないけど秋までに上手く立て直すというか作っていこうと思っている。もちろん勝った方がいいがそんなに結果は求めない」


モスグリーンのジャージデビュー!南昂伸選手
南昂伸選手.jpg
「1年生からレギュラーで使ってもらえるのがすごく光栄で、その分チャレンジしてしようと思っていたが、今日の試合では自分の思うようなプレーが出来ずチームに貢献出来なかった。先輩たちが、1年生だからチャレンジしていいと言ってくれたのでチャレンジする所は出来たが、最後はミスで終わってしまったところがあるので、これを活かして次は活躍できるようにしたい。高校だったら自分でも通用する部分があったが、大学だと体の大きさやスピードで負けたりしているので、もっとウェイトをしてタイトに戦えるような体作りをしていきたい。大学ではウイングだと体が小さいので、ウイングでの瞬発力を活かしてハーフでやっていきたい。目標とする選手はパナソニックの小山大輝選手。体は小さいけどスピードがあってでかい相手にも負けない様なタックルをするので、そういう所を意識して自分もやっていきたい」

ー南選手のデビューについて

河野主将「普段の練習から自分で自分でって強気がある選手。今日は多分緊張しちゃったと思うが、期待したい」

中川副主将「余裕があるので、期待できる。やっぱり最初でちょっと緊張してたっぽいが、思い切りやっていたと思う」

青柳監督「緊張していたんじゃないかな。もっと思い切りやっても良かったし、ちゃんと遠慮していたのかな。まぁ経験だし、いい選手だから使い続ければ良くなっていくと思う。ウイングだと面子がいっぱいいるから、おそらくハーフで使うと思う。ハーフ団がいなくなったからそこをしっかりできる人というのをね。目星は大体ついているから、春季大会の早稲田戦とかでわかると思う。とりあえず色々と使って見て決めていくという感じ」

【姜 亨起】
続きを読む
posted by スポダイ at 02:21| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

【ラグビー部】スポーツ大東4月号特集「4年生が振り返る入学時から今」番外編・中川和真選手

この春発行したスポーツ大東4月号(250号)にて行った特集「4年生が振り返る入学時から今」。紙面ではラグビー部、女子サッカー部、合気道部、相撲部から各1人ずつ取り上げましたが、今回は紙面の都合上載せきれなかったラグビー部副主将・中川和真選手が振り返る「入学時から今」をご紹介いたします!!

中川和真選手.jpg
名前:中川和真(スポ科4)
出身校:函館工業高校(北海道)
ポジション:WTB(ウイング)
得意なプレー:ステップやラン
試合前のルーティン
➡美味しいものを食べに行く、試合道具やスパイク等の準備をいつも同じにしている
尊敬する人
➡小山大輝(パナソニック)、戸室達貴(パナソニック)、川向瑛(クボタ)など昨年度の卒業生



IMG_2357.JPG
▲1年生の頃の中川選手(写真右)
写真提供:ラグビー部

 本学へ進学する際「(北海道出身だったので)出てくるのに不安があった。でも自分を試したいし親もしっかり送り出してくれたから、田舎魂ではないが泥臭いことをして絶対上に上がる」と固い決意を胸にはるばる北海道からやってきた中川選手。しかし最初のウェイトトレーニングにてウォーミングアップを思い切りやったせいで、酸欠で倒れてしまったことも・・・。また本学に入部した当時Cチームだった中川選手はAチームへ行きたいという気持ちがとても強く、色んなラグビーを見て勉強したり個人練習を先輩やコーチに付き合ってもらったりしていた。同じポジションにはホセア・サウマキ(キヤノン)を筆頭に個性あふれる強力なメンバーが多数。「ライバルたちは自分には無いすごさを持っていたが、自分にしかできないこともある。いくら留学生でも負けるのは悔しいし、そこは一番譲りたくなかった」と中川選手は当時を振り返った。

                              

DSC_0410_original.JPG
▲昨年度の中川選手

 そんな中川選手が自身の転機と話すのは2年生になってスタメンに入ったことだ。その年は大学選手権で16年ぶりにベスト4へ進出。「そこがすごい自信になった」と話す中川選手は、戸室や大道勇喜(豊田自動織機)に任せていた部分を自分でいけるようになり自信がついたという。そこからは他のメンバーに抜かれないように試合で結果を出すのを一番に、また練習でも他のメンバーを見て自分だったらこうするというのを意識して見ていた。他にも上手くいかないことも多々あったが先輩たちが助けてくれたり、同期のメンバーが試合中に客席から声をかけてくれたのも大きな力になった。


リーダー陣.jpg
▲今年の大東を率いるリーダー陣
写真提供:ラグビー部

1年と比べて今の自分がどう変わったか聞いてみた所、「責任と自覚を持つようになった」という。「Aという自覚を持つようになってから、AはBやCのお手本にならないといけない、Aで出ているからには体を張り続けなければならないという責任、自覚を持つようになった」と話す中川選手。副主将として臨む今シーズンは「みんなで協力して、絶対帝京と東海に勝てる、勝つチームにしていきたい」と力強く決意を語った。「青柳さんやコーチ陣についていくだけではなく、自分たちからも意見を出さないと応えてくれないと思う。ぶつかる時もあると思うが、そこは良太や同じ4年生と協力してチームを引っ張っていきたい」。中川選手の今後の目標は「トップリーグ」に行くこと。「チームとしては優勝はもちろん。個人としてはトップリーグに行きたいし、2020年の東京五輪に出たい。15人制でもやりたいが、自分の持ち味はセブンズでも活かせるんじゃないかと思う」と既に卒業後も見据える。自覚と責任、そして大きな目標をを胸に、中川選手の大学最後のシーズンが幕を開ける。


河野主将、青柳監督から見た中川選手!!

無題.jpg
青柳監督.jpg


河野良太主将(社経4)「真面目でしっかりしている。(元々同じウイングとしては)中川はセンスやスキルがあって上手かった。だから1年から試合に出ていたと思う」


青柳勝彦監督「1年のころからアタックやディフェンスのセンスはあったが、あまりに細かった。でもそこから体を大きくするという基礎の部分を頑張ったことで、よりプレーの幅も広がったしタックルしても当たり負けないようになった。それに元々ガッツもあったから、DFで相手に弾かれたとしても自分から相手に食らいつくし、どういうDFをすればいいかの判断を下すのが早い。練習では積極的にリードしていくタイプではないが、周りとのコミュニケーション能力は高い」




明日、7人制ではありますがいよいよ「大東」の新シーズンがスタートします。皆さんもぜひ秩父宮ラグビー場に駆けつけ、本学の選手を応援しましょう!


【姜 亨起】



posted by スポダイ at 03:43| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

【スポーツ大東編集部】4月号(250号)発行のお知らせ

4月6日(水)


スポーツ大東編集部 

4月号・新入生歓迎号発行のお知らせ!


image1.JPGimage2.JPG
▲1面 男子長距離、6面スケート部




 4月1日をもちまして、無事4月号を発行することができました。今号は本学の入学式にに合わせ、新入生歓迎号と題しています。
 1面は箱根駅伝の結果記事です。18位で往路を終えたものの、復路では選手たちが5つ順位を上げる快走を見せました。シード権には一歩及びませんでしたが、来年も予選会を通過し箱根路へ戻ってくることを期待します。
 2、3面は新入生に向けて部活動紹介、桐門スポーツ賞受賞者一覧、スポダイ+を載せています。部活動紹介では紙面に掲載する団体を募集し、9部にご協力いただきました。また各部の主将からのメッセージ付きです。新入生の皆さん、ぜひ参考にしてみてください!
 4面は結果記事です。河野良太を主将に迎え新チームで日本一を目指すラグビー部。富士山女子駅伝5位と悔しさが残った陸上競技部女子長距離部門。インカレベスト16で敗退も東海大学に善戦した男子バスケットボール部。リーグ入れ替え戦で昨年と同じ慶應義塾大学と戦い、惜しくも敗れたアイスホッケー部。この4つを取り上げています。特にラグビー部は青柳監督のインタビューもあり、読み応え十分です!
 5面の特集では「4年生が振り返る入学時から今」と題し、入部当時の心境やそこからどのような成長を遂げたのか、などを4人の選手に語ってもらいました。ケガを乗り越えた選手、ポジションを変えてスタメンに定着した選手、大学から新たに競技を始めた選手などさまざまです。この4人が今年どんな活躍をするのか、その後も気になる内容になっています!
 6面はスピードスケートでユニバーシアードに出場し、大会4位で日本人選手トップになった松澤優花里選手を大きく取り上げました。世界大会で4位という輝かしい成績を残した松澤選手のほかにも、各大会で好成績を収めた選手の結果を表にまとめたので、ぜひご覧ください!



▼各面担当者からのコメント

1面 箱根駅伝結果記事 山口 未華(外英3)
「箱根駅伝13位というのは、シード権獲得はならなかったものの選手たちの頑張った結果だと思います。そのことをもっアピールできるような紙面にすればよかったと反省しています。また紙面がこれまでスポダイと同じよなレイアウトになってしまったので、他のスポーツ誌などを見て研究していきたいです!」


2、3面 部活動紹介・桐門スポーツ賞受賞者一覧・スポダイ+ 姜 亨起(経営2)
「2、3面では部活動を紹介しています!今回掲載した各部活の方々、ご協力ありがとうございました!また3面には昨年度の桐門スポーツ賞受賞者一覧、そして紙面には載せきれなかった情報を“スポダイ➕”内に掲載しています!是非ご覧ください!」

4面  結果記事  児玉 涼香(日文3)
「割付もかなりやっていて毎回なかなかうまくいきませんが、記事の担当をしている人のおかげでいいものになっていると思います。このところ記事を書いていないので書けるようにしたいです。


5面   特集 平野  孝亮 (国際文化2)
「特集では4部活から代表を出していただき、今までに頑張ってきたことを語っていただきました。大東スポーツをけん引してきた先輩方の苦労や努力を新入生の方にはぜひ読んでいただきたいです。」


6面  スケート部 中川 千明(書道3)
現地へ取材に行ったわけではない分色々なこと難しさがありましたが、大きく取り上げたい記事だったので気持ちだけでグイグイ頑張りました!個人的にも初めて6面を担当して、改善点がたくさんありました。また機会があればもっといいものになるよう工夫します。」


【山口未華】








続きを読む
posted by スポダイ at 12:22| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

【スポーツ大東編集部】部員募集!!


求ム!スポーツ大東新米記者!

30977E33-2FAB-4305-A3AA-3CE58D23C312.jpg
   ▲冬合宿の様子
スポーツ大東編集部(スポダイ)ってどんな部活動?興味はあるけど活動内容がわからないそんな方たちのために過去にスポダイによせられた質問をQ&A形式でまとめました。

Q.スポダイはどんな活動をしているの?
A.スポダイは、年4回の新聞発行と1回の卒業記念雑誌の発行を軸に活動しています。他にも、スクールバス内のバス広告の掲示や、スポダイツイッターによる試合速報、ブログの運営などを主として活動しています。

Q.活動日は?
A.毎週金曜日に板橋校舎で行われる編集会議と土日祝日に行われる運動部のへの取材です。入部1年目は先輩と共に取材に行ったり、自ら取材したい部の試合会場へ行きます。取材がない日はオフとなります。

Q.どんな部員がいるの?
A.現在部員は3年生女子3名、2年生男子2名の計5名です。部員はスポーツ好きの人や、カメラが好きな人、マスコミに興味がある人など様々です。特にマスコミに興味がある人はうってつけの部活だと思います。取材先や新聞制作(スポダイはサンケイ新聞東京本社で新聞を作っています)の場ではプロのマスコミの方と同じになることが多いです。プロの仕事を間近で見られる環境はマスコミ志望の方には素晴らしいものだと思います!またスポーツにあまり興味がない方でも大歓迎です。上下関係はさほど厳しくはありませんが、学内関係者や取材先で大会関係者と接する機会が多いので、基本的なマナーは身につけて貰う必要があります。


AB4C3752-4F82-4C9A-BF73-4BEA89B993FD.jpg
 ▲箱根駅伝での取材
Q.取材って何するの?
A.試合会場では、試合中の選手の撮影や、監督・選手のインタビューを行います。この取材を繰り返して新聞作成の際に使う「ネタ」を集めます。過去には五輪への取材実績もあります。1年目は、ひとつの部活動に通い詰めるよりもたくさんの部活動に取材に行きお気に入りの部活動を見つけたりします。また、取材を続ける事により未来の五輪選手とお友達に!?なんてこともありえます。普段テレビで見るイケメンアスリートや美人女子アナにも間近で会えるかもしれもせん!

Q.カメラって難しい?
A.部員のほとんどがカメラ未経験者でしたが、先輩からのレクチャーや取材に通い詰める事によって徐々に上達していきます。なので、カメラ初心者でも先輩が丁寧にレクチャーしてくれるので大丈夫です!ちなみに、部で使用するカメラは全て部で所有しているものを使っているので、購入する必要はありません。

Q.文章力に自信がないけど...
A.カメラと同様に、記事の書き方も丁寧にレクチャーします。みんなゼロからのスタートです。心配する必要はありません。

Q.アルバイトは出来ますか?
A.可能です。ほとんどの部員がアルバイトをしています。教習所通いやサークルの掛け持ちもオーケーです。(部の活動に支障の出ない程度に)

Q.部費やお金はかかりますか?
A.部費の徴収はありません。また、取材の際に発生する諸経費(交通費など)も基本的に支給されるので、金銭面での心配はありません。

Q.他大学との交流はあるの?
A.毎年冬に関東・関西の大学スポーツ新聞部が一堂に会する合宿があります。そこでは交流会や新聞の講評会などが行われます。この合宿で各大学にたくさんの友達を作ることが出来ます。

Q.2年生からでも入れる?
A.入れます!2年生から入部した部員もいます。遠慮する必要はありません。

Q.もっとスポダイが知りたい!!

A.そんな方は....

ー教室説明会ー
4月12日(水)〜4月26日(水)
毎週水曜日18:30〜
東松山8号館 8313教室

ー5号館説明会ー
4月3日(月)〜6日(木)
12:30〜17:00(最終日は16時終了)
東松山5号館(バス乗り場の上)

上記の通り説明会を行います!気軽にお越しください!

新聞部ってなんか堅そうだな・・・なんて考える人が多いと思いますが、全くそんなことはありません!!

最後の大学生活に何かに打ち込みたい、今まで体験したことがない体験をしてみたい....と考えるあなた、スポダイならきっと満足するはずです!共に大東スポーツを盛り上げましょう!!!

少しでも興味があったら説明会に是非参加してみてください!ご参加心からお待ちしています!(2年生も大歓迎!)
もし、説明会に参加したいけど予定が合わない...、もっと色々聞いてみたたいという人も気軽に下記のアドレスまでご連絡ください!




スポダイYahooメール:supodai4@yahoo.co.jp

Twitter:スポーツ大東編集部 @supodai

posted by スポダイ at 14:45| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

【テコンドー部】2017USオープン選手権大会

2017USオープン選手権大会
日時:2017年2月2日 大会3日目
場所:ラスベガス・ネバダ


表彰台届かず...

≪競技結果≫
シニア男子58kg級
  鈴木セルヒオ(国際関係4、第5S) 準々決勝敗退
   2回戦 ○プエルトリコ
   3回戦 ○スウェーデン
   準々決勝 ●スペイン(第4S)=第5位 

  前田寿隆(英米文2) 準々決勝敗退
   1回戦 ○米国
   2回戦 ○カナダ
   3回戦 ○不明
   準々決勝 ●タイ(第2S)=第5位

 シニア男子68kg
  山田亮(スポ科4) 2回戦敗退
   1回戦 ○米国
   2回戦 ●不明

  本間政丞(スポ科3) 2回戦敗退
   1回戦 ○米国
   2回戦 ●米国xブラジルの勝者

【姜亨起】
posted by スポダイ at 12:58| テコンドー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする