2016年11月23日

【弓道部男子】第64回全日本学生弓道王座決定戦

第64回全日本学生弓道王座決定戦
11月19日(土)
伊勢神宮弓道場

日大に「圧倒」許し
王座 1回戦敗退

【王座決定戦トーナメント1回戦 対日本大学】

大東 96射67中
日本 96射81中

優勝:立命館大学(2年ぶり4回目)
準優勝:法政大学

DSC_0027 (627x800).jpg 
 ▲学生弓道での最後の1本
 を放つ原主将


 2年連続での出場となった王座決定戦。昨年は初出場のプレッシャーからか射が安定せず、1回戦敗退に終わった。迎えた今年の王座。1回戦の相手は強豪・日本大学と決まった。日大といえば、全国から名の知れた射手が集まってくる、名門中の名門だ。しかし、2年連続の本学も負けてはいられない。優勝に向けて勝負が始まった。

 立ち上がり、本学Aチームが12中、日大は14中の2中差でBチームの1立目へ。しかし、多くの選手が「1立目のBチームで崩れて相手の流れになってしまった」と振り返ったように、Bチームの1立目は7中、一方の日大は12中をマークし、この時点で7中差をつけられてしまった。

 こうなれば一気に日大ペースだ。本学はAチームが2立目で13中、3立目でも13中と安定感を取り戻すも、日大の圧倒的な的中に押され差を広げられてしまう。本学も後半は選手交代で流れを変えようと試みたが、最終的に67−81で敗戦。序盤、いかに格上の日大にプレッシャーをかけられるかが勝負のポイントとなったが、昨年同様、伊勢の、そして日大の雰囲気に飲み込まれての敗戦。試合後、選手たちからは「自滅」の二文字が多く聞かれた。


◇選手コメント◇(立順)
関根一晟(企シス2)12射10中
「初立の4本目、自分がしっかり中てて悪い流れを止めるべきだった。最初から日大相手に勢いで攻めようと思ったが、流れに乗ることができなかった。個人的には12射11中が最低ラインだった。ただ、勝負のかかる矢を抜いてしまった感じ。今後は各個人の成長と、自分もチームの柱になれるように射の安定と心の成長を心掛けたい」

佐藤錬太郎(スポ科1)12射10中
「チームとしては、大会で緊張した時にベストな弓を引けるように練習していくことが課題だと思う。個人としてはあまり緊張はなかったが外したところは練習でも悪かった部分だったので、今後いかにして大会で詰められるかだと思う」

初野匡(政治2)12射10中
「それぞれの悪い部分が出てしまったと思う。いい勝負になっていれば、もっと相手にプレッシャーをかけられたかもしれない。来年は、すべての大会が大座につながる大会だと思って、王座へのステップとして臨みたい」

篠塚智生(外英3)12射8中
「敗因は自滅だと思う。自分たちの力が出せなかったし、雰囲気にのまれてしまった。個人的にも練習通り行けたのは何本かしかなかった。来年は、練習から緊張感を持って、試合と同じ雰囲気で取り組みたい」

佐々木耀(スポ科2)12射11中
「チームの持っている力を考えれば低い的中。Aチーム(1の立)の立ち上がりが良かっただけに、自分たちのBチーム(2の立)が苦戦して、そこで一気に相手の流れになってしまった。個人としては。途中でリズムを崩したが、それでも最後の射ができたのは、今回の秋のリーグを通しての成長だと思う。来年は春季大会の個人で1位を目指して、ほかの大会でも、個人としても活躍したい」

長嶋柊作(政治2)4射1中
「相手は強かったが、接戦に持ち込みたかった。個人としては、4射1中と普段の力を出し切れなかった。来年からは本番に強いチームになれると思うので、チームを引っ張っていきたい」

城戸天文(経営1)8射3中
「これまでの大会と比べて上の大会だったので、緊張で上がってしまって自分の射ができなかった前日の練習では調子は良かったので、勝ちたい気持ちが焦りとなって今日のような結果になってしまった。来年からはしっかりメンタルを鍛えてチームを引っ張って行けるように頑張りたい」

廣田凌(社経4)8射4中
「チームで67中は低い。相手もすべて中てているわけではないので、勝てる部分はあった。個人としては最後ふがいなかった。ただ、今年1年は4年間で一番努力した年だった。3年生から試合に出られなくなったが、4年の秋から出れるようになり、努力は実を結ぶと思ったし、後輩にも努力を続けてほしい。来年の王座は決勝を目指して頑張ってほしい」

鎌塚斗也(2)8射6中
「チームとして練習の時より下回ったので、もう少し的中は上がると思う。個人的にも、前日から調子は良く、今日も悪くなかったのでもう少し的中を狙えた。今後は上級生になるので、練習から試合と同じ雰囲気を作っていきたい」

畠山達至(政治3)4射2中
「個人的には準備不足で堅くなってしまったが、後半の2本は普段通りという意識を心掛けてうまく的中出来た。来年は、この経験が無駄にならないようにしていきたい」

原雅幸主将(教育4)4射2中
「試合の雰囲気にのまれた時の的中だった。練習の時は83くらい出ていたので、完全に雰囲気にのまれた。個人としては、最後立たせてもらった感じ。4年間を通しては、いろいろなことを経験して自分を見つめられたと思う。来年は内部でレベルの高い競争をして、練習でも試合に近いような状況で、ぞの流れを試合に持ち込んでほしい」

坂田好次監督
「前日練習で70後半〜80前半まで出していたので、そのままいってくれれば面白い試合だった。射に粘りがなく、最後の詰めの甘さが出てしまった。普段の練習からこういった場所(王座)を前提としているが、さらに雰囲気に緊張感を持たせてやったとしてもまだこういった場所は特異。伊勢は独特の雰囲気があるし、出場校数も厳選されているだけあって、緊張する場面でも普段通りできるような練習をしていきたい。今回は自分たちに勝てなかった。『打倒大東』ができなかった」

【進藤麻斗・西川泰義】
posted by スポダイ at 14:44| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

【男子バスケットボール部】第68回全日本大学バスケットボール選手権大会 1回戦

2016年11月21日
国立代々木競技場第二体育館



苦戦しながらも…初戦突破!


大東文化    74  -  63       立命館
​14 1Q 20
17 2Q   9
21 3Q 16
22 3Q 18


悲願の1部復帰を経て迎えたインカレ初戦。本学は関西3位立命館大学相手に苦しい立ち上がりとなるが力の差を見せつけ74-63で初戦突破した。


試合開始直後に本学が先制するものの、1Qでは双方譲らない攻防が続く。1部昇格の勢いそのままに初戦を危なげなく勝ち上がると思われた本学は#15モッチ ラミーン(外英1)ら中心に加点するが、立命館大の堅実なディフェンスに阻まれ思うように点が伸びない。中盤にあっさりと逆転を許すとそのまま14-20でまさかのビハインドスタートとなる。

しかし第2Qでは花井大悟主将(スポ科4)が気を吐く。スリーポイント含む4本のシュートで点を伸ばし25-25の同点に追い付くと残り4分を切ってからビリシベ実会(スポ科2)のシュートで本学が逆転。31-29で僅かながらリードし後半へ。

第3Q序盤ではゴール下の3連続得点で点差を広げ、後半の立ち上がりは本学優位に。一方第4Q前半では立命館大の巧みなディフェンスに歯が立たず連続得点得点を許すと、残り約4分、1点差に迫られ窮地に。しかし、花井主将のノールックパスから#36園田健太(経営2)がスリーポイントを決めるなど、本学のオフェンスが本来の動きを取り戻すと危なげなく得点を重ねて74-63で次戦へ駒を進めた。


NEXT GAME
11月23日 16時40分 代々木第二体育館
前回準優勝東海大学との対戦。

強豪相手に本学がどのような戦いを見せるか、見逃せない一戦になります!応援よろしくお願いします。


【中川千明   平野孝亮】


posted by スポダイ at 08:45| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女子サッカー部】第30回関東大学女子サッカーリーグ戦【1部】最終節 対帝京平成大学戦

最終節勝利!!1部残留
第30回関東大学女子サッカーリーグ戦【1部】 最終節 対帝京平成大学戦
会場:大東文化大学東松山キャンパス総合グラウンド
日時:11月20日(日) 13:00キックオフ

大東文化 2−0 帝京平成 前半1−0 後半1−0  前半28分:相田 後半2分:山室


圧縮1.png  2圧縮.png


 今季最終節を迎えた関東大学女子サッカーリーグ戦。勝てば1部残留、負ければ入れ替え戦か自動降格という大一番、ホームで帝京平成大学を迎え撃ち、2−0と見事勝利して1部残留を決めた。


 試合は前半、途中まで均衡状態が続いたが最初に試合を動かしたのは本学だった。前半26分、コーナーキックのチャンスを得ると、左からのキックに相田さくら(スポ科2)が合わせてゴール。貴重な先制点を得た本学は1点リードのまま前半を終える。
 エンド替わって後半開始直後の4分、前線に攻め込むと山室佑梨花(スポ科1)のキーパーの頭上を抜くシュートが決まってゴール。2点にリードを広げる。その後相手のフリーキックなどからゴールを脅かされる場面もあったが、集中した守備でリードを守りきり試合終了。最終節を見事勝利で終えた本学は、リーグ戦を8位の1部残留とした。

〈最終順位:大学名:勝ち点〉
1位:日本体育大学:23
2位:早稲田大学:20
3位:武蔵丘短期大学:20
4位:神奈川大学:15
5位:東洋大学:13
6位:東京国際大学:8
7位:帝京平成大学:7←インカレ出場ライン
8位:大東文化大学:6←1部残留ライン
9位:慶應義塾大学:6
10位:順天堂大学:6

〈コメント〉
川本竜史監督
「先週負けてしまって大きい目標だったインカレ出場がダメになってしまったので、メンタル的にきつい状況だったが、よくそこから4年生を中心に立て直して自分たちのサッカーが出来ていたと思う。」

相田さくら(スポ科2)
「ほんとうはインカレに行きたかったが、先に行けないと分かっていて何としてでも残留という感じだったので(1部残留は)すごい嬉しかった。1部は難しいが、今回の経験を活かして来年は絶対にインカレに行きたいと思います。」

山室佑梨花(スポ科1)
「(今日は)絶対に勝たなくてはならない試合だった。来年からは自分たちがチームを引っ張って、残留だけでなくインカレを目指したい。」

【押鐘 彗】






続きを読む
posted by スポダイ at 03:26| サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

平成28年11月7日発行スポーツ大東(第248号)の訂正について

平成28年11月7日発行スポーツ大東(第248号)の本文中に誤りがありました。以下の通りお詫びして訂正いたします。

1面
・男子バスケットボール部(小見出し「入れ替え戦」)記事内
(訂正前)今年の新人戦でも戦い
(訂正後)今年4月から5月にかけ行われた第65回関東大学バスケットボール選手権大会(通称:トーナメント)でも戦い

3面
・軟式野球部記事内
(訂正前)4番藤優誠(社経3)が
(訂正後)4番藤優誠(社経3)が

(訂正前)三塁走者の藤が
(訂正後)三塁走者の藤が

・水泳部(小見出し「圧倒優勝」)醍醐主将コメント内
(訂正前)優勝への核心があった
(訂正後)優勝への確信があった

4面
・スポダイプラス モダンダンス部大会名
(訂正前)ムーブメント・イン・トヤマ2016第19回少人数による創作ダンスコンクール
(訂正後)アーティスティックムーブメント・イン・トヤマ2016第19回少人数による創作ダンスコンクール

スポーツ大東編集部
監督 多ヶ谷公佑
平成28年度編集長 進藤麻斗
posted by スポダイ at 13:12| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【テコンドー部】第22回クロアチア国際オープンテコンドー選手権大会

世界の壁厚く・・・

第22回クロアチア国際オープンテコンドー選手権大会
日時:11月12日(土)、13日(日)
場所:クロアチア共和国・ザグレブ

〈競技結果〉

男子54s級 竹内 一(国際関係3) 準々決勝敗退 5位
   2回戦○ ドイツ 8-6
 準々決勝● オランダ 1-5 →オランダは優勝

男子58s級 鈴木セルヒオ(国際関係4) 2回戦敗退
   2回戦● スペイン 5-8 →スペインは2位

男子58s級 前田寿隆(英米2) 1回戦敗退
   1回戦● 中国 9-21 →中国は3位

男子68s級 山田 亮(スポ科4) 1回戦敗退
   1回戦● ベルギー 1-10 →ベルギーは優勝

男子68s級 本間政丞(スポ科3) 2回戦敗退
   1回戦○ セルビア 6-2
   2回戦● プエルトリコ 6-18 →プエルトリコは2位

【押鐘 彗】
posted by スポダイ at 04:01| テコンドー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする