2017年05月01日

【ハンドボール部】関東大学ハンドボール春季リーグ戦 対文教大学戦

関東大学ハンドボール春季リーグ戦2部
対 文教大学戦
4月30日(日) 16:20〜
関東学院大学金沢文庫キャンパス


残り6分から追い上げ、逆転勝利!
大東文化大学36−34文教大学



handball.JPG 
 勝利に貢献した三輪光輝(3)

 関東大学ハンドボール春季リーグ戦 第5戦目。これまでの結果は1勝3敗で負けが続いていた本学。流れを断ち切りたい思いで戦った今試合、見事逆転勝利を収め、連敗を3で止めた。


前半 16−18
前の試合が押していたため約20分遅れで試合が開始された。序盤はお互い得点を重ねるも、本学が2点リードの展開が続く。8分、相手が同点に追いつき、拮抗した流れに。本学も積極的にシュートを打つが、相手キーパーとの距離が近くなかなかネットを揺らすことができない。すると文教大学が逆転、相手のシュートを抑えきれず徐々に点差が開いていく。相手に流れを掴まれ16-18で前半を終える。

後半 20−16
3分、先に本学が先制するもすぐに苦しい展開に。相手の攻撃を必死に防ぐあまりミスや反則が多くなり、失点。また攻撃面では相手キーパーに止められる場面が多く、7点差と追い討ちをかけられる。その後本学のフリースローや舟木大介(4)の弾丸シュートで22-27と徐々に差を詰めるも、うまく流れを引き寄せることができない。しかし24分、相手キーパーが着地時に足を負傷。ここから流れがある大きく変わる。本学のシュートが順調に決まり相手の攻撃が弱まる。ついに5点差を詰め、同点に追いつく。逆転に成功。終了間際にもう一点追加し36-34で試合を終えた。

何とか勝利を勝ち取った本学。相手キーパーの負傷など運が良かった事もあったが、中盤までの内容は決して良いものではなかった。シュートの決定力やディフェンスの強化など、課題を克服しこの勢いで勝ち進んでいってほしい。


〈試合後コメント〉
 宮嶋敏行監督
「前半からディフェンスの足があまり動いてなくて苦戦していた。後半も途中までシュートなどミスが多く自分達の流れにならなかった。最後勝ったので良かったが、試合は反省することが多い。相手のキーパーが変わって流れが変わったので、実力で勝たなければあけないが、最後運もあったと思う。次戦に向けての課題はやはりディフェンス。1人が出て、もう1人がフォローに回らなければいけないが、周りが止まっていたのが前半から目立っていたので連動しながら全員が足を動かしていくことを、次戦気をつけていきたい。」

駒 紀里登主将
「最初から後半の途中まで流れが悪くてダメな雰囲気だったが、最後自分たちが走り勝てた勝利かなと思う。自分は2回退場してしまったが、他の人は勝つという気持ちだけで戦ってたと思うので、それがつながったと思う。キーパーの体に近い部分を狙ってシュートを打ってしまったので、もっと角に打つなど工夫して打てればより正確に点が決めれたので、そこをしっかり次の試合までに練習していきたい。終盤の追い上げは、相手キーパーがけがをしたのと、相手に退場者が出た運があったから勝てたと思う。今回の展開は決して良いとは言えないので、もっと序盤から集中してしっかり試合を作っていきたい。」

【山口未華】
posted by スポダイ at 15:48| ハンドボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

【硬式野球部】首都大学野球春季2部一次リーグ 対玉川大学

首都大学野球春季2部一次リーグ
4月22日 13:00
飯能市民球場
連敗から一転、3連勝!!
         
 玉川 000000000| 0   
大東 01002030×| 6

  
 461_large.jpg
 ▲好投を見せた先発の青
 3連敗で開幕した春季リーグ戦だったが、15日(土)成城大戦9−1、16日(日)東京経済大戦8−0と2連勝。勢いづいた本学は集中応援開催日のこの日も6−0で快勝。3連勝となり開幕から6戦を終えて3勝3敗となった。

本学先発は青蜷ウ輝。初回にセンター前ヒットと四球で走者を出すものの無失点に抑えると、2回では三者凡退。一方の打線は、2回裏一死走者なしから6番松下が左中間への三塁打を放つ。すると続く7番の長からもセンター前ヒットが出て本学が1点先制。

          そして、この日特に存在感を見せたのは適時打を含む3安打を放った4番の中村光瑠だ。4回
330_large.jpg
 ▲活躍の4番中村
にセンター前、5回では一死満塁のチャンスでライト前へヒットを打ち込み一気に2点を追加して勢いづけた。7回ではこの回の先頭打者である2番本田主将がライトオーバーの二塁打で出塁すると続く3番岡田が四球を選び無死1,2塁。4番中村から5番津田、6番松下と三者連続でヒットを放ち本学がさらに3点を挙げる。投手陣も、先発青蛯ェ落ち着きのある投球で6回2/3を投げ被安打4無失点で降板。続く谷西湧、野村亮太、宮本晃生の3人も無失点に抑えて、本学の快勝となった。


コメント
監物靖浩監督
「開幕を迎えたときはまだ本当に全ポジションが決まらず上手く回らない状態で連敗となった。だが、先週の2連勝で選手たちは落ち着いてきたのだと思う。彼らが思いきりプレーするために我々が邪魔にならないよう指導することも意識している。そして、やはり4番が打つとチームは勝つ。中村本人なりに苦しんでいるのではと思っているが、そんな中でも5回の大きな2点を挙げてくれて助かったし、彼にとっても一つのきっかけにしてもらえれば」

青蜷ウ輝投手
「制球が安定していたし、無失点で抑えられたことがよかった。課題としては、序盤からもっともっとベストなボールを投げられるようにすることが必要と感じている。残り2試合は絶対に勝って二次リーグに進みたい」

中村光瑠内野手
「3安打という結果だが、それよりも初回の2死2塁の場面で先制点を挙げられなかった悔しさの方が大きい。一方で5回では満塁の場面でなんとか打つことができたのでよかった。このままの良いチーム状況で来週も勝ちたい」



更新が遅くなり大変申し訳ございません。
【中川千明】
posted by スポダイ at 01:43| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

【硬式野球部】首都大学野球春季2部一次リーグ 対明治学院大学

首都大学野球春季2部一次リーグ 対明治学院大学
4月9日(日)10:30
中井中央公園野球場

明学大エースの好投に歯が立たず・・・悔しい3連敗

 明治学院 100001010| 3
 大東文化 000000001| 1

DSC_3325_original.JPG  DSC_3313_original.JPG


春季リーグ戦開幕から2連敗と、結果が振るわない本学。監物靖浩監督は出場メンバーの試合経験が少ないことやレギュラーが全く決まっていない中での開幕であったことを挙げながら「みんな不安の中でやっていて結果が出ない」と嘆いた。3戦目となるこの日の試合、本学は明学大と対戦したが先発ピッチャーアの好投に苦しんでわずか3安打に抑えられ、1−3で敗れて3連敗となった。

後攻の本学は1回表、先発投手の青蜷ウ輝が1番打者にライトへのヒットで出塁を許す。送りバント、再びライトへのヒットで進塁し無死三塁から4番西山の犠牲フライで早くも1点先制される。1点を追う展開となるが、三者凡退が続き1人もランナーを出すことがないまま5回までを終える。すると6回表ではレフトへの二塁打でさらに1点を奪われる。裏の攻撃、本学は二死走者なしの場面で9番打者の長翼が振り逃げで出塁するが得点にはつながらない。0−2のまま迎えた8回表、明学大は二死走者なしから4番、5番打者が2者連続で二塁打を放ちまたもや1点追加、0−3で9回へ。

本学先発の青蛯ヘここで降板し、宮本晃に交代。死球で走者を出しながらも最後は三振を奪いスリーアウト。無失点に抑え
て裏の攻撃へ。3点を追う本学は、1番野澤和希が一死走者なしから2号ソロを放つ。「これで流れが変われば良いと思った」という野澤の期待を裏切ることなくベンチは大いに盛り上がる。3番本田寛人主将がライトへ二塁打を放ち、4番中村光瑠は四球を選び二死1,2塁。逆転への期待が高まるが、簡単に打たせてくれる相手ではない。最後は三振に打ち取られ惜しくも敗れた。


コメント
監物靖浩監督
「レギュラーの決まっていない中でいるチーム。可能な限り準備はしていたがまだ結果が出ない。ここぞという場面でみんなが自信を持っていくことができていない。これはこちら側の責任。(3連敗となったが)まだ可能性はゼロではない。残り5カードを全勝して二次リーグに進められれば」

本田寛人主将
「連敗中ということもあり、勝負をかけられるメンタルが足りないと感じている。チームの雰囲気は決して悪くないので、これからしっかり立て直して上位に食い込みたい。個性の強いチームなのでみんなの個性をつぶさないよう意識しつつ、主将としての役割を果たすよう心がけている」

野澤和希
「それまでいろんなパターンで打ち取られていたのが、最終打席のホームランに生かせた。一本大きい当たりが出ないと流れが変わらないと思い、ホームラン狙いで打席に入った。とは言え、終盤でようやく打てても手遅れだと思うので、試合の前半にこういった場面を作れるようにしたい」



返信が遅くなり大変申し訳ございません。
【中川千明】
続きを読む
posted by スポダイ at 23:52| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

【男子サッカー部】 第50回東京都大学サッカーリーグ戦 1部 第1節 対國學院大学

開幕戦! 松本弾で引き分け!
第50回東京都大学サッカーリーグ戦 1部 第1節 対國學院大学

日時:4月23日(日) 11:00キックオフ

会場:國學院大学たまプラーザキャンパス

試合結果:大東1-1國學院大学

得点者:前半29分 西村(國學院)
        ---------------------------
     後半16分 松本雄太(大東)

 都リーグが昨日開幕した。本学の最高成績は6位。今シーズンこそ、都リーグよりもレベルの高い関東リーグに昇格するため、1試合1試合戦い抜いていく。

 

松本雄太選手.JPG
      見事な同点弾を決めた松本雄太(スポ科3)

 試合は前半、開始早々からシュートやコーナーキックでピンチを招くが体を張って守りきる。開始10分ですでに3本のコーナーキックでゴールを狙われるがDF陣の踏ん張りで阻止。その後も攻め込まれ、前半29分國學院大学に先制を許してしまう。前半終了間際には本学もチャンスを作るがオフサイドで得点とはいかなかった。そのまま前半は0-1とビハインドで終了した。
 後半は本学のペースとなった。前半でうまく使えなかった相手のスペースをうまく使い、シュートチャンスを作る。それでも決めきることができない本学は、後半12分に松本雄太(スポ科3)を投入。すると、その4分後に松本の弾丸シュートで同点に追いつく。後半終了間際には攻め込まれたが、しっかり守りきり、1-1で試合終了。

監督・選手のコメント

加藤嗣夫監督
「簡単にはいかないゲームになると思っていた。前半、押し込まれる場面が多くて、凌いでいたところで失点したので、嫌な流れにはなったけど、その後はよく凌げていた。勝てたと言えば勝てたし、負けなくてよかったという両方が混在するゲームだったので、開幕戦としては悪くなかったと思う。」

松本雄太選手(スポ科3)
「(ベンチスタートに関して)前の試合で不甲斐ない結果だったのでスタメンでないことわかっていた。それでも、ちゃんと準備はできていた。(同点弾について)自分のところにボールが来たら打ってやろうと思っていたので、それが1本目で入って良かった。」

1部順位表 (第1節終了時)
1 山梨学院大学
2 明治学院大学
3 東京経済大学
3 立教大学
5 大東文化大学
5 國學院大学
7 成蹊大学
7 一橋大学
9 武蔵大学
10 帝京大学

【平野孝亮】【山口未華】









posted by スポダイ at 11:43| サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ラグビー部】関東大学春季大会A 対早稲田大学


関東大学春季大会A 対早稲田大学
日時:4月23日(日) 13:00
場所:早稲田大学グラウンド

      今年の大東ディフェンスで魅せる!

     早稲田をノートライに抑え初戦勝利

早稲田戦1.jpg
▲試合後、観客席に挨拶する本学 

大東文化 早稲田
前半後半 前半後半
32トライ00
10ゴール00
171000
27合計0


 まさにディフェンスで勝ち取った勝利だ。4月23日より関東大学春季大会Aが始まり、本学は早稲田大学との初戦を完封勝利で終えた。


 試合は前半開始から本学が自陣で守る苦しい展開が続いた。本学のペナルティで得たラインアウトから早稲田はモールを作りトライを奪おうとする。本学フォワードもトライを奪われまいと必死に耐え抜き、その後のディフェンスでターンオーバーに成功。序盤のピンチをノートライで切り抜けた。

早稲田戦2.jpg
▲相手をのタックルを振り切るタラウ
 本学に流れが傾き始めたのは前半11分。中盤での早稲田ボールのスクラムを本学が押し返しボールを奪取、南昂伸(9番・1年)が敵陣に蹴り返し陣地を押し上げる。この流れに乗った本学は13分にタラウ・ファカタヴァ(5番・3年)が先制トライを挙げることに成功。その後何度もスクラムの場面で早稲田を圧倒し、26分には南の突破から副主将・中川和真(15番・4年)→アピサイ拓海(12番・3年)とつなぎ、最後は大矢雄太(10番・3年)がトライゾーンへ飛び込んだ。さらに30分、中盤での早稲田のパスを岡新之助タフォキタウ(11番・4年)がインターセプト。追ってくる相手を振り切りトライを挙げ、この時点で17−0と本学がリードして前半を終えた。


早稲田戦3.jpg
▲FWながら技を見せた湯川
 日差しが強くなる中始まった後半は20分過ぎまで得点が生まれず、お互いに体力的に苦しい展開となった。そんな中後半最初のトライを挙げたのはやはり本学。自陣での早稲田ボールラインアウトが乱れたところを南がキャッチすると、相手のディフェンスを華麗なランで突破しトライゾーンへ向かって独走し、サポートに走った佐々木剛(4番・2年)がボールをもらいトライ。29分には敵陣での連続アタックから突破した湯川純平(6番・3年)が裏のスペースに意外性のあるゴロパントをする。それをキャッチした主将・河野良太(7番・4年)トライゾーンに滑り込みこれで勝負あり。早稲田ホームでの初戦となったが27−0で完封勝利。これからも続くシーズンに向け、幸先のいいスタートとなった。



試合後コメント
主将・河野良太
ーこの試合でチームで意識しようとしたことは
今日はとにかくディフェンスを意識しようということで試合に臨みました」

ー試合を振り返って
「(前半は)最初ゴール前まで攻められてそこで当たり負けずに前にディフェンスが出てプレッシャーをかける事が出来て、トライを取られなかったのが大きかったし、それで流れに乗れたのかなと思います。(後半は)今期はディフェンスから流れを作るチームってのをコンセプトにして練習しているので、ディフェンスできつい時間もあったんですけど、やっぱそこで前に出てしっかり自分たちのディフェンスが出来たので、流れが出来てトライが獲れたのかなと思います。(ノートライに抑えたのは)自信につながりましたね」

ー相手を圧倒したスクラムについて
スクラムは今季組み方をちょっと変えて、それで試す感じでチャレンジしていこうってことで臨んだんですけど、上手くそれが出せて優位にセットプレーを進められたのでそれも大きかったなと思います

ーハーフ団でコンビを組んだ南と大矢について
「(南は)積極的にどんどん行ってくれたのですごい助かりましたね。(大矢は)初戦なので緊張とかもあったと思うので、これから春シーズンまだまだ続くので経験積んで秋までに頼もしくなってくれればいいかなと思います」

ー今日の課題を挙げるとすれば
「ブレイクダウンのところで相手にプレッシャーをかけられてターンオーバーされる場面もあったので、そこをしっかりしないとハーフも出しにくいし上手く攻められないので、どこもブレイクダウンにかけてくると思うのでそこで負けないように次の試合に向けて練習で修正していきたいです」

ー帝京大学戦に向けて一言
「今日よりももっとディフェンスしないと勝てないと思うので、また次の練習から気を引き締めてディフェンスにフォーカスしてやっていきたいです」



副主将・中川和真
ー試合を振り返って
FWが前で体張って頑張ってくれたのでいいゲームになったと思うんですけど、バックスのミスが目立ったかなと思います

ー全体的に良かったディフェンスについて
青柳監督からもディフェンスを意識しようと言われていたので、チームの中でもディフェンスっていう意識が今日は出せたという部分がいい収穫だったなと思います

ーハーフ団の南、大矢について
「(南は)緊張していたと思うんですけど、彼らしく自由に、自分らしくやっていいよって自分たちも言ってたので、思い切りやってくれたのがいいプレーにつながったかなと思うのですごく頼もしかったですね。(大矢は)彼もいい能力は持っているので、帝京戦またその後に向けて自分の持っている力を出してほしいなってのはありますね

ーほぼ新メンバーとなったバックスについて
去年は4年生が多かったので引っ張ってもらうって形だったんですけど今回は4年生が少ない分、3年生2年生にどんどん自分から行ってほしいっていうのがあったんですけど、今日は安心できたかなと思います。自分としてはミスは多かったんですけど、いい形で出来たのじゃないかと思います

ー今日の課題を挙げるとすれば
バックスのミスであったりそういう細かなところが一番大事だと思うので、基礎から戻ってっていう形で課題が残りましたね

ー帝京大学戦に向けて一言
早稲田さんも帝京さんもいいチームなので名前負けせずに自分たちのラグビーをするのが一番だと思うので、帝京強い云々考えずに自分たちのやる事が出来るように頑張りたいと思います


9番スクラムハーフ・南昂伸
ー試合を振り返って
前半の部分で最初緊張していてどうしてもテンポが遅れる部分があったんですけど、中盤の時からリラックスできて先輩ももっと楽にやっていいよって声掛けしてくれたので、自分も思うようなプレーが中盤から出来たかなと思ってます。FWの部分でディフェンスがすごく良かったので、そこでターンオーバーになったところを自分が持ち出して、いいプレーに持って行けたかなと思います」

ー東日本セブンズと比べると伸び伸びとプレーしているように見えたが
アマトさんとタラウさんがマークされている中で相手はそこをかけてくると思ったので、そこで自分が空くかなと思っていました。前半のは当てる部分が全部一緒で相手がもうわかって詰めてくる部分があったので、そこで自分がチャンスかなと思ってチャレンジして、結果いいプレーが出来たかなと思います」

ーハーフ団でコンビを組んだ大矢について
高校のころから知り合いだったので、コミュニケーションは取りやすかったと思ってます」

ー今日の課題を挙げるとすれば
ディフェンスで一本抜かれてしまう場面がありました。自分はディフェンスが苦手なのですが周りの選手がしっかりディフェンスで体張ってくれている分、自分が体張れてなかったらどうしてもチームに迷惑をかけてしまうので、ディフェンスの部分で一から見直してやっていきたいなと思っています

ー帝京大学戦に向けて一言
帝京はやっぱり今日みたいに簡単に抜ける相手ではないですし、自分の一つの判断で勝敗を分けてしまうと思うので、その部分はしっかりと落ち着いて冷静に今日みたいなプレーが出来たらなと思います


10番スタンドオフ・大矢雄太
ー試合を振り返って
新チームで一番最初のゲームだったのでもっと結果が悪いかなと思ったんですけど、まあまあいい方だったと思います

ースタンドオフとしての自身のプレーについては
チームでかみ合っていないところがあったので、そこをもっと司令塔らしくチームを動かせたらなと思います。(南とのコンビについては)今日に限っては全然いい方だと思います

ー前年度スタンドオフの川向とどんなところで自分と違いを見せたいか
違いというかなるべく早く瑛さんに近づけたらいいなと思います。僕はまだまだ全然なので。(課題を挙げるとすれば)フィットネスと、チームを動かしたりするのでまだ足りていないなと思ってるので、そこですね

ー帝京大学戦に向けて一言
チャレンジャーとして、ガツガツ向こうの胸借りて大東らしい試合が出来たらなって思っています


青柳勝彦監督
ーチームに意識させたことは
ディフェンスでタックルでしっかり前に出て止めようってところですよね。そこのところでしっかり流れを作ろうっていうので、しっかりできていたので締まった試合が出来たのかなと思います。でも一番大きかったのはスクラムが安定してプレッシャーかけられたっていうのがすごい良かったのかな。(相手をノートライに抑えたのは)取られたくないって気持ちが見ていても伝わってたので、激しく食らいついてたからその辺は収穫ですね

ーハーフ団でコンビを組んだ南と大矢について
「(南は)フォワードが安定してくるとスクラムハーフものびのびとできますよね。劣勢になっちゃうとなかなか難しいけど、そういう意味ではセブンズの時はいまいちだったけどちょっと自信持ったんじゃない?大矢もあまり試合に出ていないので試合経験を積ませて自信を持ってもらって、ちょっとずつよくなってもらえればいいかな

スクラムはよかったが、ラインアウトについては

「いまいちだったね。お互いちゃんとコミュニケーションが取れていないっていうか、サポートする人とかがちゃんと上げきれてないとか。全体的にアタックもディフェンスもラインアウトも中途半端だった。本人たちも映像見てこれじゃちょっとまずいなと振り返ると思うんですけどね。でもそこはスクラムよりもラインアウトのほうが容易に修正できると思う」


ーバックスについては

「やっぱり前半の最初の方は緊張してたんじゃないかなと。コミュニケーションできていなくてちょっとちぐはぐしているかなと思ったけど、まあフォワードの方も頑張ってくれたりしたので、これから次帝京に向けてどんな感じでみんな頑張ってくれるかっていうのがね。まあ1回試合やったのでだんだん少しずつ慣れてくると思うから、強気にやってもらえればと思う」


ー課題を挙げるとすれば

「ブレイクダウンだね。今日もちょっとやられちゃったんだけど、相手がちょっと前の方に超えてくるブレイクダウンやラックをやってきてそれでいくつかやられちゃったから、もうちょっとサポート早くとかちょっと修正してやっていきたいなと思う。ブレイクダウンで球が出ないといい展開にできないので、その辺も練習で結構ガツガツやってるから少しずつ良くなってくると思う」



◆次の試合予定◆
日時:4月29日(土) 13:00キックオフ
対戦相手:帝京大学
場所:長良川球技メドウ(岐阜県)

次戦も応援よろしくお願いします!

【姜 亨起】
posted by スポダイ at 11:02| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする