2019年01月06日

【男子サッカー部】特別企画!!! 対談インタビュー 高澤尋斗×松本雄太×遠藤李久 〜 理不尽 愚直 精進 浦東魂ここにあり 〜

男子サッカー部特別企画!!! 対談ロングインタビュー 

高澤尋斗選手×松本雄太選手×遠藤李久選手


理不尽 愚直 精進 浦東魂ここにあり


10月13日のリーグ戦最終節、本学男子サッカー部は見事残留を決めた。そしてそれからしばらく経って、このインタビューが実現した。
インタビューを受けていただく三選手は、主将でDFとして活躍した高澤尋斗選手(スポ科4)と、エースストライカーとして活躍した松本雄太選手(スポ科4)と、今年から守護神の座に定着し来季も活躍が期待の遠藤李久選手(スポ科3)だ。
三選手とも浦和東高校出身で、今季大活躍をだったということもあり、とても盛り上がるインタビューとなりました。それではぜひ、ご覧下さい!



記者「インタビューよろしくお願いいたします。まずは今季リーグ戦が終了してしばらくが経ちましたが、どうですか」

高澤「去年関東参入戦に行ったので、今年も同じ場所に戻ろうみたいな感じだったが、上手くいかないことの方が多くて、結果的に残留という形になってしまって後輩たちには申し訳ない。」

松本「リーグ戦が終わってみて、自分も最初の前期が始まる前は上のカテゴリーを目指して頑張ろうと(いう気持ちに)なっていたが、試合をしていく中でリーグ戦は甘くないなと感じましたね。最終的に残留争いになってからは、とにかくチームを落とさないために何が出来るかということをずっと考えて、ひとまず終わってホッとしています。」

遠藤「自分も最初は関東を目指していたんですけどうまくいかなくて、ずっと勝てなくて負けが続いたりしてチームとしてもきつい状況が続いたんですけど、『落ち込んでもしょうがない、全体としてみんなで出来ることをやろう』という雰囲気はあったので、その中でみんなその気持ちがあったからこそ最後まで踏ん張れて残留が出来たと思う。」

記者「遠藤選手はGKとして後ろから声を出すということをやっていたと思いますが、その辺はどうでしたか」

遠藤「後ろから見ていて、あの選手はきつそうだなとか、あの選手は乗っているなというのはわかるので、そこでの選手の声のかけ方とかは気遣ってやっています。」

記者「ではリーグ戦を戦っていく中で、この辺はまずいなと思ったタイミングはどこでしたか」

高澤「自分は前期教育実習で抜けちゃったので、何とも言えないが、後期に関しては、明治学院大学戦の時です。相手がサブの選手だったにも関わらず何もできなくて、自分もその日はベンチで試合にすら出れなくて、これは下(降格)もあるなというのを感じたし、チームとしても怪しいなと思いました。」

松本 遠藤「同じ明治学院大学戦です。」

記者「ありがとうございます。ではそれぞれリーグ戦中に思っていたことを聞いてみて何か感じたことはありますか」

高澤「代々、浦和東高校出身は大東の中でもチームの中心選手なので、とにかく自分たちがチームを引っ張ろうというのは三人とも思っていたと思う。」

松本「これまでも浦和東の先輩たちが中心となってやっていて、フィールドで浦和東出身がいるのは自分たちの代で最後だから特別な意識はあった。結果残留出来たから良かったんですけど、もうちょっとできたかなと思う。」

遠藤「相当きつかったと思うし、四年生というのもあって、相当負けが続いて勝ちきれなくて、すごいプレッシャーとか不安な気持ちだったと思う。でもやっぱりそれをチームに見せないというか、そういう態度を見せなかったので、中心選手の二人がそういう顔を見せないで盛り上げて、チームのために全力でやっていた姿を見て、みんなもまだ諦めないというモチベーションになったのかなと思います。」

記者「では重要なポジションに同じ浦和東高校出身の3人がいるというのはどう思いますか。」

高澤「ポジションはたまたまですけど、大東に来るということは浦和東高校でも試合に出ていたメンバーなので、どうにかして勝たさないとなと、自分的には監督にも言っていたんですけど、今年のチームは昇格戦に行く実力があったので、そういう部分ではキャプテンとしては責任を感じている。」

松本「今まで浦和東から大東に行く選手はディフェンダーとキーパーばかりでフォワードの選手がいなかったので、そこまで気にはしてなかったですけど、スタメンで出ることが多くて大東と浦和東の看板を背負ったつもりでやっていました。でももう少し点が取れれば、残留争いではなく昇格争いが出来たと思うし、もっと有名になれたと思います。」

遠藤「安心感はあります。尋斗さん自身も声を出してくれるので、その分ディフェンスの集中力というかディフェンスのマネジメントの部分は選手を動かしやすいですし、雄太さんとかは前に上げたときに準備して待っていてくれるので、困ったところで助けてくれたので、自分としては頼りすぎちゃったなと思う。」

記者「遠藤選手も次は最終学年になりますが、どのような思いを持っていきたいですか」

遠藤「チームを自分たちの学年で引っ張っていかなきゃいけない立場なので、試合だけでなくて練習からやっていかないと今年みたいになってしまうのは明らかなので、今からそこの意識を改善をやっていこうというのは3年生の中で意識しています。」

記者「ありがとうございます。ちなみに高校時代はどんな3人だったんですか」

高澤「高校時代もみんなトップチームでやっていたので、選手権を目指して厳しい練習もしてきた。でも、3人とも高校時代から仲はよかったです。遠藤とも一学年違うんですけど、普通に話していました。」

記者「遠藤選手は、高澤選手・松本選手がいたから大東文化大学に入ったんですか?(笑)」

遠藤「いや、でも…」

高澤 松本「そうですって言えよ(笑)」

松本「自分と遠藤は、自分がFWで、自主練でキーパーを遠藤にやってもらって一緒に練習をしていた。」

記者「では今の関係性はいかがですか」

高澤「一生付き合っていく」

松本「かけがえのない宝物、マブダチです。」

遠藤「間違えなく高校時代を一緒に過ごしてきたので、それは一生付き合っていく中になるだろうなと思います。」

記者「高澤選手と松本選手はこれから社会人になりますが、抱負はありますか」

高澤「自分は教員になるんですけど、サッカーにはかかわり続けていきたいなと思います。指導者もそうですし、自分もまだまだサッカーを続けるつもりなので、この大東文化大学と浦和東高校で習ったことを活かしていきたいですし、その生徒とかにも伝えていきたいと思います。」

松本「今までやってきたことが大切だと思うので、大学のサッカー部で培ってきた経験とか学習してきたことを最大限に生かすことが社会人の場所だと思うので、自分はサッカーからはここで退くんですけど、サッカーが好きというのは変わらないので、これからは趣味でもいいし、社会人として今までやってきたことを最大限に活かして頑張りたいと思います。」

記者「ありがとうございます。遠藤選手は来季の意気込みをお願いいたします」

遠藤「次のリーグ戦までは時間があるので、そこでフィジカルだったり、いろんな技術の向上も時間が多く取れる時期なので、そこで自分の足りないところとかを見つめ直して、改善していい状態で来季に向けていければ、スタメンとして出れるかなと思います。」

記者「では他のキーパーや、引退した中野拓選手への思いはありますか」

遠藤「特に4年生の拓さんは試合に絡めていなくて、自分もそういう経験があるんですけど、相当悔しいんですよ。しかも後輩に負けていて、それなのに後輩に対して『何でお前が出ているんだよ』とかではなくて、自分が出れないなら後輩がいい環境でトレーニングできるように陰ながらサポートしてくれて、そういう拓さんの思いは自分が1年間戦っていく中ですごい支えになりましたし、へこたれたプレーとか姿勢は見せられないなと思いました。」

記者「スポ科同士のつながりはやはり大きいですか」

高澤「自分たちの代は結構刺激し合えるというか高めあえる仲なので、来てくれますし、逆に応援するときもありますし、特に女子サッカー部はありがたいです。」

松本「スポ科の中でも仲いいですし、試合を応援してくれるので、自分も応援しますという感じです。」

遠藤「自分たちの代もお互いを高めあうというか、競技は違いますけど結果を気にしたり、陸上部の友達とかがいい成績を取ったら嬉しいですし、そういういい関係ではあると思います。」

記者「では最後に、お互いにエール交換をお願い致します。まずは4年生のお二人から」

高澤「浦和東高校出身が一人で寂しくなっちゃうと思うんだけど、遠藤ならやってくれると思うので、一生懸命やってくれたらうれしいし、結果とかも気にしているので、頑張ってチームを引っ張ってほしいです。浦和東の生き残りなので(笑)」

松本「魂を忘れずに頑張ってくれればそれでいいと思います。」

記者「続いて遠藤選手お願いいたします」

遠藤「社会人になっても…」

高澤「浦和東魂?それで片付けられちゃう?(笑)」

遠藤「大学4年間でもそうですし、高校3年間でも相当きついこととか苦しいこととかいろんなことを経験していると思うので、先輩たちなら社会人になっても大丈夫だと思います。」


S__47005769.jpg







(写真)インタビュー終わりに、三選手にサインを書いていただき、記念の写真撮影。
これからも浦東魂、大東魂の誇りを胸に、頑張ってもらいたい。(左から、松本選手、高澤選手、遠藤選手)


これでインタビューの本編は終了。30分を超えるロングインタビューに快く応じていただき、今シーズンのあれこれや高校時代の選手たちを垣間見ることが出来た。高澤選手、松本選手の本学での活躍がもう見られないのは残念だが、それぞれ次のステージに向かって歩き出す。最高学年となった遠藤選手の活躍にも期待だ。
そしてこれ以外にも、選手たちには数多くの裏話や面白いエピソードを語っていただいた。そちらは番外編として後日掲載予定。


DSC_0709.JPG






(写真)女子サッカー部の試合の応援に行く男子サッカー部四年生の選手とマネージャー
これぞ楓昴Family、そしてサッカーFamilyだ。



【小山智也/平野孝亮】
posted by スポダイ at 00:30| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

【陸上競技部男子長距離】第95回東京箱根間往復大学駅伝競争 復路



<復路>1月3日 109.6km
6区 20.8km(芦ノ湖〜小田原)
藤岡賢蔵(スポ科2) 区間10位 59分56秒

7区 21.3km (小田原〜平塚)
三ツ星翔(社経2) 区間8位 1時間04分33秒

8区 21.4km (平塚〜戸塚)
片根洋平(国際関係1) 区間20位 1時間07分42秒

9区 23.1km (戸塚〜鶴見)
谷川貴俊(スポ科4) 区間16位 1時間11分33秒

10区 23.0km (鶴見〜大手町)
中神文弘(現経4) 区間12位 1時間12分57秒

ゴール
総合順位  19位
総合タイム 11時間19分48秒(1位との差 27分39秒)

 往路を21位で終えた本学は、8時10分に一斉スタート。山下りの6区は、去年山登りを担当した藤岡。一斉スタートの集団に位置し、18番目に三ツ星にタスキを渡した。三ツ星は昨年、1年生ながらも10区を担当。今年は小さなアップダウンが続き、気温の変化が最も大きい7区に挑む。7kmほどで三ツ星は12位集団をけん引するも、タスキリレー前は団子状態、後方の19番目で1年生の片根へ託した。片根は、後半の遊行寺坂の上りが鍵となる8区で順位をキープし続け、19番目で9区の谷川貴俊へタスキを渡した。集団から離された位置から始まった4年生の谷川は2年生から3年連続出場しており、今回でラストラン。1年生から繋いだタスキを18番目で10区、中神へ繋いだ。中神は1年生以来、3年ぶりの出場。区間12位の走りと、健闘した。結果は総合19位。シード権の獲得とならなかった。

〜駅伝終了後コメント〜
只隈伸也 総監督
昨年言った通り「今年こそは、今年こそは」と言っておいて、また駄目だった。残念だが、私が言うまでもなく監督、コーチをはじめ昨日今日走った10名。また、そのサポートに回った20数名が感じている事と思う。今回東海大学が平成最後の優勝校になったが、大東文化大学は平成最初の優勝校だった。今、大学を挙げて応援して頂いている。それに応えるべく選手達も頑張っている。そこに何が足りないのか、またここから学生と共に頑張っていきたい

奈須智晃主将(国際関係4)
レースを振り返って、走ることができず悔しかったが、チームで繋いでこれたことは来年に繋がると思う。悲観的にならずに後輩たちは切り替えて頑張ってほしい。レースを振り返って良かった点は、悪い流れの中でも感情入れて走る選手がいたのは良かった。逆に悪かった点は、自分たちの詰めの甘さが出てしまった。注意して防げるかどうかと言われれば、怪しい部分だが、後輩たちには勝負に勝つということを意識してやっていってほしい。主将としての意気込みは、自分の調子が上がらず、メンバーから外れた中で一番は選手のサポートをしていい状態で送り出すことだと思う。後は良い走りができるように必死に応援してサポートした

2区  川澄克弥(スポ科3)
レースを振り返って、チーム全体で良かったけど、どれだけ準備が出来ていても結果に繋がらなければ意味がない。良かった点は無かった。悪かった点は、いい位置でタスキを貰えていれば勝負ができたかもしれない。ハプニングがありいい位置で貰えなかった中で2区の流れを仕切り直しできなくて繰り上げスタートになってしまったのは自分の責任。1・3年で箱根を経験し、成長している点があるかもしれないが、箱根で力が発揮できず結果が出せていないので、まだ成長できていないのではないかと思う。今後の目標は、チームの状態が良かったから走るのではなく、自分自身が悔しかったので、新キャプテンとしてチームを引っ張って自分自身の悔しさをはらしたい。そのために行動でチームにいい影響を与えられたらいいと思うので、まずは自分を変えていくことを目標にしたい

3区  齋藤諒(社経4)
良い点は、1区2区の流れでもまだ挑戦したい、前を積極的に追って最終的には学連選抜と80秒ぐらい差を詰められた。悪い点は、区間15位で根本的な力が自分にはないので来年度4月以降も実業団の方で競技を続けるのでもっと強くなって、ニューイヤー駅伝で活躍することを目標に頑張りたい。箱根にはこの4年間で2回走ったが、去年の7区で区間16位で今回の箱根も3区で区間15位で、箱根で戦う、活躍するための厳しさを改めて知った。今回3区を走ったときは単独走で、集団で並走するときより疲れるため、去年の自分だったら区間最下位になっていたが今年は15位に抑えられた

4区  奈良凌介(国際関係3)
今回の結果について、チームとしては目標の5番に届かなかったのが悔しい。 個人としては区間賞とは2分以上差ができてしまっているので、力がないなと感じた。良かった点と悪かった点については、序盤はうまくいかなかったが、中盤は修正できた。でも最後の最後で足が止まってしまったのは今後直していきたい。
4区で区間5位の結果について、区間賞を狙ってきたので5位はやはり満足いく結果ではない。今後の目標は、来年度が最後になると思うのでチームでゴールめがけて頑張っていきたい。個人としてはどの区間でも区間賞が取れるように力をつけていくこと

5区  佐藤弘規(日文3)
往路が始まる前にチームで話したことは、それぞれが出来ることをやれば目標を達成出来なくはないので、そこに向けて一人一人頑張っていこうという事を話した。1区でのアクシデントもあり、当初のプランとは異なる展開だったと思うが、自分の中で考えていたことは、自分はまだ3年なので、どんな状況でもしっかり次に繋がるという意識を持って、心を折らずに走ろうと思った。9月の記録会で自己ベスト、予選会ではチーム5位、上り調子で箱根本戦を迎えたが、自己ベスト出した時は故障明けで練習を積めていたわけでもないので、これからもっと上がって行くという自信はあったが、それと同時に練習を積めていないという不安もあった。もっと強気な気持ちを持つべきだったかなと思う。今回のレースを振り返って良かった点と悪かった点は、最初から恐れず入ることができたのは良かったが、10km過ぎてからの登り坂でペースが上がらなかったのは悔しい。1時間12分42秒で7位という結果に関して、今回のレースでももっと工夫した走りにすれば区間5位は行けたと感じているので嬉しくはない気持ちもあるし、7位か、くらいの感じ。四年生への思いは、しっかりやってもらったので、自分たちも上級生になる中で今の四年生のように挑戦していきたいと思う。監督はこの瞬間から勝負が始まると言っていたが、次の全日本、箱根に向け、今回全日本に関しては全く貢献出来ていなかったので、次は最上級生としてチームに貢献できるようにやっていきたい

6区 藤岡賢蔵
走る前に思っていた事は、切り替えて走ろうと思っていた。往路での結果を受けて監督から言われたことは、「自信を持って走っていいから」と言われて、自分の力を信じていこうと思った。前回は5区で今回は6区だったが、相違点や苦しかったこと。山は寒かったので寒さへの対応もしたが、入念に出来ていない部分があり、準備不足があったと思う。今回のレースのプランは、最初5km入ったところでお腹をつってしまって、そこから区間最下位まで下がってしまったが、自分で叩いたりして治して、最後スパートをかけることが出来た。レースを振り返って良かったところは、お腹をつってしまったが、どうにか59分台で走り切れたことが良かった。一斉スタートで他の多くのランナーがいる中走るのは、気持ちとしてはその中で1番でゴールするというのが目標になった。実際その中で8人中3番だったので、自分の中ではまずまずというか悪かったと思っている。4年生に伝えたいことは、4年生には本当に1番お世話になっていて、入った時から良くしてくれたので、感謝していて、今回はその恩返しという意味でも、いいタイムで走りたかったが、結果がついて来なかった事は申し訳ない気持ちでいっぱい。来年は笑顔で結果を報告出来るように頑張りたいと思っている。また、今回は中学生時代の恩師が熊本から応援にかけつけていたが、その先生に伝えたいことは、陸上を始めるきっかけを作ってくれた先生なので、本当に1番感謝している恩師でもあるし、応援に来てくれてるというのは心から嬉しい。今回はいい走りが出来なかったので、あと2回ある箱根駅伝で区間賞を獲って、家族だったり恩師だったり、今まで支えてくれた人にしっかり恩返しをしたい。支えてくれる方が沢山いる中で、来季の目標は、去年も悔しい思いをして、今年も悔しい思いをして、もう絶対に悔しい思いはしたくないので、次は本当に区間賞を獲る気持ちを持って、ここから一歩一歩積み上げて箱根にピークを持っていけるように頑張りたい。

7区 三ツ星翔

今回のレースの収穫は、強豪校と言われる早稲田大学や神奈川大学といわれる集団と走っていたが、その集団に臆することなくしっかり自分の走りをできたかなと今回のレースで感じた。今回のレースの反省点は、競り合う中での駆け引きなどがまだ上手くできていない部分であるかなと思うので、そういう出るべき場所で前に出ることなどの経験を積んで、次に繋げていかないといけないと思う。昨年は1年生では10区を、今年は7区を走ったが、、去年は1年生ということもあり、箱根駅伝での経験がなく、そういった部分では走力だけでなく力不足だった。今年は準備からしっかり自分の思うようにできたので、そういう準備の段階から走りに繋がったのかなと思う。今後の目標は、今年の4年生が抜けた穴はすごく大きいので、その穴を埋めるためにも自分が力をつけて、川澄先輩や奈良先輩などにおんぶに抱っこにならないように、自分もチームの柱となるような選手になりたい

8区 片根洋平
今回のレースの収穫と反省は、最初は落ち着いて走れてよかったが、監督に後半が勝負と言われていて、15キロ過ぎに遊行寺の坂できつくなり、前に離されてしまったので、自分の持ち味の粘り強い走りというのができなかったこと。1年生として初めて箱根駅伝に出場した感想は、小学生からずっと憧れていた舞台なので楽しかった。今後の目標は、次は往路を走って1区か2区。最終的には2区を走って区間賞をとりたい。

9区 谷川貴俊
レースを振り返って、4年生として9区で走って復路をまとめなければいけない存在だったが、その中で上手く走れなくて後輩たちが繋いだ流れをうまく使うことが出来なくて本当に悔しかった。良かった点・悪かった点について、10kmまでのレースの入りは自分の中で予想していたとおりだったが、そこに余裕がなかった。レースの入りは予想通りくらいだったからそこは及第点かなと思う。4年間振り返って、1年目から箱根のメンバーに入れてもらって2・3・4年と9区を走らせてもらったが実際2年のときからタイムも順位も全然成長できなかったからそれが悔しい。2、3年時に9区を経験、今年も9区と3年連続で挑んだが、今年は自分の中でも自信があったし区間5位内には入ろうと思っていた。けれど、うまくいかなかった

10区 中神文弘
今日のレースを振り返って、個人的には目標タイムより遅いタイムになってしまったが、最低限前のチームを越せたというのと、1時間13分を切れたのは良かった。チーム的には苦しい展開になったが、1つでも順位をあげようと思ってやれて、前のチームは越せたというのは良かった。今回の良かった点と悪かった点は、4年生として最低でも区間一桁で来ないといけないと思っていたので、(区間12位)その点は悪かった。良かった点は最低限12分台で来たということと前の選手を越せたというところ。4年間をまとめて、自分が入ってからの4年間は大東としては苦しい4年間だったと思うが、年々力をつけてきて、後輩も強い選手が多いので、あとはもう力を物にするだけだと思い、来年以降はこの4年間の経験を生かして、必ず強くなると思う。1年時の4区との違いは、まったく別物という感じで、前段階の準備からゆとりを持ってできた

2日間にわたる皆様の応援、ご声援ありがとうございました。

【丸山カノン 木彩衣 板谷優 奈良佳織 井上響 馬場修平 長橋健太郎 高橋芹奈 小山智也 大島拓也 姜亨起 平野孝亮 石津汐梨】
posted by スポダイ at 22:57| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【陸上競技部男子長距離】第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走

1月2日 往路


95回東京箱根間往復大学駅伝競走。通称「箱根駅伝」。昨年度は総合16位、涙を飲んだ。悔しさをバネに挑んだ箱根予選会で本学は7位。見事本戦への切符を掴み取った。


そして迎えた、箱根駅伝。目標を5位と定めた本学は1区に新井康平(スポ科4)を据えた。号砲と共に飛び出した新井であったが、スタート直後転倒してしまう。その後、必死に集団を追うも差を詰められず、22位でタスキリレーした。タスキを受け取ったのは、本学エース候補川澄克弥(スポ科3)。トップとの差が10分開くとタスキが途切れてしまうため、必死に前を追うも無念の繰り上げスタートとなった。


繰り上げのタスキを掛け、戸塚中継所を後にした齋藤諒(社経4)。昨年度7区を走った齋藤は大学ラストランに挑み、タスキを4区奈良凌介(国際関係3)へ渡した。奈良は学生連合と山梨学院大学を抜き去り、区間5位の走りで21位とし、5区の佐藤弘規(日文3)へタスキをつないだ。


佐藤は区間7位の走りで順位をキープし、20番目にゴールを通過。繰り上げスタートの影響で順位こそ21位だが、粘りの走りを見せた。奈良修監督は明日の復路に向けて「しっかり攻めていきたい」と語る。


奈良修監督


Q.奈良選手の区間5位について


A.区間5位で調子も悪くなかったが、目標の順位よりは低いのでまだまだ力がないと思っている。2区と4区はどういう展開でも、流れを呼び戻すような展開にしなくてはいけなかった。このチームはもっと強い選手がいるので、良い経験になったと思う。厳しいが、明日がある。


Q.今回のレースと明日のレースについて

A.最後に佐藤がしっかり区間一桁で止めて、希望を繋げてくれた。明日6区から繰り上げスタートのチームもいるので、思い切って攻めていきたい。最後の9区と10区の4年生がしっかりまとめて走っていけば、2つでも3つでも順位が上がっていけると思う。


5 佐藤 弘規(日文3)


Q.レースを振り返って

A.前半は体が動いたが後半の10キロ以降から上手くペースを上げられず、それに伴い区間順位も落としてしまった。そこを耐えきれたらもっといい区間順位だったはず。そこが上手くできず悔しかった。


Q.良かった点、悪かった点

A.良かった点は、このレースを思い切って突っ込み、怖がらずに取り組めたこと。悪かった点は、やはり後半の踏ん張りが今ひとつできなかったこと。


Q.復路を走るメンバーへ

A.明日は下級生が3人続くので、このせっかくの貴重な体験をしっかりと次に繋げられるように頑張って欲しい。


【木 彩衣 姜 亨起 石津 汐梨 平野 孝亮 板谷 優 奈良 佳織 丸山 カノン 高橋 芹奈 小山 智也 馬場 修平 大島 拓也 井上 響 長橋 健太郎】
posted by スポダイ at 15:30| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

【陸上競技部女子長距離】全日本大学女子選抜駅伝競走

2018全日本大学女子選抜駅伝競走大会
(富士山女子駅伝) 12月30日(日)
スタート:富士山本宮浅間大社前
ゴール:富士山総合運動公園陸上競技場

 本日10時より全日本大学女子選抜駅伝競走大会、通称「富士山女子駅伝」がスタートした。本大会は10月28日に仙台で開催された全日本大学女子駅伝より上位12校と、5000mチームタイムの上位大学6校、東西に分かれていた学連選抜チームが「全日本大学選抜」の名のもと1チームにまとまり、これまでオープン参加だった静岡県学生選抜が正式参加となり、計22チームで富士山の王者を争う。

 コースの全長は43.4q。中でも最大の難所区間となる最終区7区は、高低差約4.6qで169m。高低差の厳しいコースとなっている。

 本学は例年チームの要となっている5区の関谷夏希の他、7区の新星、鈴木優花が注目されていた。「今回は全区間が主役となれるようにオーダーを組んだ。注目は5区までどう繋げられるかと 、7区の高松選手(名城大学)と鈴木の戦いです」と外園監督が言う。「今まで2位ばかりで選手も嫌になってきた」今大会では2位を脱し、優勝を目標にあげた。

 1区は縦長の激戦となるも、元廣由美は先頭集団に食らいつき1位の全日本学生選抜と5秒差の6位でタスキを繋ぐ。下りの2区、秋山祐妃は変わらず1位の学生選抜と1分8秒差の5位で今泉野乃香へと繋げた。3区は序盤4位で走っていたものの、松山大学、日本体育大学に抜かされ、1位と1分22秒差の6位で4区へタスキリレー。5区の関谷に1分30秒差以内で繋げたいと外園監督が事前に語っており、4区までは順調に1分30秒以内に収めている。4区山口可純は日体大と5位を競り合い、エースの待ち受ける5区へ1分16秒差の6位で繋げる。目標の1分30秒差以内で無事エースへと繋ぐことのできた本学。最長の5区、関谷はエースの走りを序盤から見せ、5kmほどで3位まで順位を上げる。最終的には2位の立命館大学を目前に捉え、1位と1分16秒差、3位で6区の齋藤暁へとタスキを渡す。関谷は1位の名城大学と同タイム、34分43秒で区間賞。6区は順位をキープし、1位と2分11秒差、3位で7区へと繋げた。7区は期待の1年生、鈴木優花。仙台女子駅伝では12人抜きを果たした鈴木は、2位の立命館大学との距離をすぐに詰め、2kmほどで2位へ浮上。3位を突き放し、1位の名城大学を追う。しかし、距離を詰めるものの、惜しくも届かず1位と1分29秒差、2位でゴール。鈴木は区間新記録、区間賞を獲得した。

監督・選手のコメント

 外園隆監督
 「普通のレースを行ったら4、5番手になるが、そこを見据えて走った7人と補欠の部員全員が課題を持って臨んでくれた。鈴木の走りは思った通り。高松選手(名城大学)が7区に入ってくれてよかった。これが次の足がかりになる。これからもっと伸びていく。来年のメンバーの構想はできあがっている。来年、再来年のことまで考えないと次のステップに繋げられない。目指しているところはトラックシーズンで速さを磨き、駅伝シーズンで強さを磨く。春のユニバーシアードの3月の予選、日本選手権、世界選手権に向けていかないといけない」

【1区(4.1km)】 元廣由美(経営4)13分03秒 区間6位
 「この大会に向けて、全日本のリベンジということで、1位を狙ってきた。結果については、日本一というのは厳しいものだと思いながらも、全員で勝ち取った2位だった。これが最後だったので、自分でも思い入れのあるレースとなった。最低限自分の役割は果たせた」

【2区(6.8km)】 秋山祐妃(スポ科2) 21分53秒 区間12位
 「優勝を目標にしていて長い距離を任されしっかり強い気持ちで挑んだ。結果については、チームは最高順位だったが、自分の仕事かできなかった」

【3区(3.3km)】今泉野乃香(スポ科3) 10分31秒 区間7位
 「4年生が最後なので、絶対優勝する気持ちでいた。今回の結果については、自分の走りには満足できなかった。申し訳ない気持ちでいっぱい。自分自身、まだまだレベルが上がってこないといけないと思った。来年のチームでは4年生になって最上級生になるので、チームを引っ張っていけるような選手に成長したい」

【4区(4.4km)】 山口可純(スポ科3) 14分49秒 区間7位
 「この大会に向けて、全日本が終わり2番ということで、2ヶ月後の富士山に向けてがんばろうと思っていた。そして、このチームで最後、4年生と一緒に走る最後の駅伝だったので、今までの思い、1年間のチームを振り返って悔いなく、やりきろうと思った。結果については、優勝を狙っていたので、2番でゴールは、悔しいという思いが1番大きい。全体を通すと、キャプテンの元廣さんの勢いの良いスタートから、1人1人が繋ぎ、最後鈴木が笑顔でゴールできたので、悔しいが、ありがとうという気持ち。次に向け、大学に入ってからまだ日本一を取っていないので、あと1年、駅伝では日本一をしっかり取るという目標を常に持つ。鈴木や関谷だけに頼りきるのではなく、みんなで高め合い、真の日本一を取りたい」

【5区(10.5km)】 関谷夏希(外英3) 34分43秒 区間賞
 「全日本の準優勝から優勝したい気持ちが1番大きい大会だった。結果について、チームは名城大学との力の差を感じた。個人は区間賞を取れたが去年よりタイムは遅くて差が縮められず、役に立たなかった」

【6区(6.0km)】 齋藤暁(外英4) 20分41秒 区間7位
 「怪我で出られない時期もあったが、最後の集大成として悔いのない走りをしようと思った。結果について、やってしまったなと思うところもあったが他の人が頑張ってくれて感謝しかない。自分の走りについては、全然走れなかったのでやらかした。これから明るくみんなで頂点を目指すチームになってほしい。」

【7区(8.3km)】 鈴木優花(スポ科1) 28分39秒 区間新記録 区間賞
 「今年の大東のラストの大会で集大成として1番を取りにいくという強い気持ちで挑んだ。7区には名城大学の高松選手など強い選手がいた。同じ1年生で経験も高松選手の方が上で自分はまだ下の方だが変に意識せずこれからも勝負して勝とうと思った。結果については、日本一を取れなくてとても悔しい気持ち」

【丸山カノン 木彩衣 板谷優】
posted by スポダイ at 22:01| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

【女子サッカー部】第27回全日本大学女子サッカー選手権大会 二回戦 対早稲田大学

日時:12月25日13時40分 キックオフ
会場:みきぼうパークひょうご第二球技場

「女王」早稲田に屈し、「西が丘への夢」途絶える

大東文化大学 1-5 早稲田大学
               前半6分 小林菜々子
               前半23分 三浦紗津紀
               後半18分 小林菜々子
               後半21分 山田仁衣奈
後半29分 中村姫花
               後半48分 高瀬はな


スタメン

FW 大門紫 宇津木陽菜

MF 豊原彩葉 日野李保 山崎香 池田千織

DF 高玉彩乃 相田さくら 一川美緒 浅田真理奈

GK 高橋優里花


途中出場
後半1分池田千織→中村姫花
後半19分豊原彩葉→渡邊あかり
後半23分山崎香→樋口明日香
後半32分宇津木陽菜→山室佑梨花
後半38分日野李保→鏡玲菜



 初戦を16-0と圧勝で二回戦に駒を進めた本学。二回戦の相手は早稲田大学。本大会3連覇中の相手だ。
本学は「超越」をスローガンに女王早稲田大学に立ち向かう。そして試合が開始された。
まずは先制ゴールと行きたかった本学だが、前半6分に相手のCKからヘディングシュートを打たれて失点。前半23分にも同様にCKから失点を喫し、0-2で前半を終了する。
 後半も相手の攻撃の勢いが衰えることはなく、0-4となるが、本学は誰一人として「超越」のスピリットを忘れてはいなかった。
後半29分、右サイドからドリブルで突破をすると、クロスを上げる。そのクロスを中村姫花が流し込み、ゴールネットを揺らす。1-4。
その後、後半アディショナルタイムにもう一失点を喫し1-5で試合終了となったが、挑むということは90分貫いていた。来季もまたこの舞台に帰ってくることができるか。


【小山智也】
posted by スポダイ at 11:30| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする