2019年06月11日

【相撲部】第98回 東日本学生相撲選手権大会


届かなかった2部優勝


6月9日(日)に両国 国技館にて、第98回東日本相撲選手権大会が行われた。
5月に第70回東日本学生相撲新人選手権大会では、一年生の4人が出場した。しかし、2回戦で全員が敗退する結果に終わった。そして、今期初となる団体戦となったのが今大会である。

DSC_0097.JPGDSC_0143.JPG

団体戦はA~Cの3クラスで構成されている。本学はBクラスに所属しており、上位4校に入るとAクラストーナメントに進むことができる。

初戦の相手は、Cクラス3位の日本医科大学との対戦。
先鋒の阿部剛大(写真左)が立合い後に少し押される場面があったが、見事押し出しで白星を決めた。続く二陣は小野里敬吾主将(経営4)は、相手の倍ほどの体格差で押し出し、勝利した。中堅で出場した、幡谷祐希(中文2)は昨年から相撲と柔道部の二刀流で活躍する選手である。幡谷は、相手に負けない強い力で押し出した。副将の有川真生(スポ科2)は不戦勝。
4−0で本学がリードし迎えた最終戦。大将を務めたのは、城代竜之介(写真右)。城代は序盤に少し押されるが、立て直し白星を獲得。よって、5−0で本学の勝利が決まった。

 [東]大東文化大学 決まり手
先鋒阿部剛大(スポ科1)押し出し
二陣
小野里敬吾(4)押し出し
中堅幡谷祐希(2)押し出し
副将有川真生(2)不戦勝
大将城代竜之介(社経1)突き出し
[東]大東 5ー0 日本医科大学[西]

続く二回戦は専修大学戦で勝利すれば上位4校に入り、Aクラスへの出場を獲得できる。
しかし、先鋒の阿部が体格の大きな相手に、開始すぐ押し出され黒星となる。二陣の小野里は、相手が引いた事で土俵に手が触れそうになるが、相手のまわしを掴み耐えた。その後両者とも譲らない取組だったが惜しくも寄り切りで負けてしまう。中堅の幡谷は相手の低い姿勢からの押し出しで黒星。副将・有川は攻めるも、相手が引いた時についていくことが出来なかった。大将の城代は、相手の力強い押しにより、土がついた。
専修大学に0−5で敗北した本学。目標としていた2部優勝に届かず、悔しい結果となった。

 [西]大東文化大学 決まり手
先鋒阿部剛大(1)押し出し
二陣小野里敬吾(4)寄り切り
中堅幡谷祐希(2)押し出し
副将有川真生(2)引き落とし
大将城代竜之介(1)寄り倒し
[東]専修大学 5−0 大東文化大学[西]

本学からは5人が個人戦に出場するも、橋本・城代・小野里が初戦敗退。シードで2回戦からの出場だった和田がすくい投げで黒星。有川は、寄り倒しで初戦を勝利したものの、2回戦で敗退した。



<試合後インタビュー>

一星 和仁監督
 キャプテンを先頭に、みんなで強くなることを目標に稽古をしてきた。基礎体力が無いので、トレーニングを春先から続けてきたが、全体的に力不足。一年生は、力がついて動けるようになっているので、これからに期待ができる。7月の体重別選手権では、一つでも多く勝って全国大会に出場できるよう稽古を積んで強くなりたい。

DSC_0113.JPG
小野里 敬吾主将(経営4)
 2部優勝をするために、すり足や四股の基礎で下半身を、器具トレーニングで上半身の強化をしてきた。今までは引かれたときに落ちてしまう事があったが、今回はついていくことが出来たのが良い点。専修大学戦で先鋒が負けた時に、二陣の自分が流れを変えることが出来ず痛かった。7月の体重別選手権では、各自がしっかりと勝って、全国大会に出場したい。

DSC_0309.JPG有川 真生(スポ科2)
 2部ベスト4に入り、優勝することが目標だった。それに向けて、3月からトレーニングしたが結果が実らなかったので、稽古不足だと思う。(団体戦の一回戦は)不戦勝だったが、嫌な緊張をせずに全員勝ち流れをつかんでいた。二回戦でも少しは勝負ができると思っていたが、強い相手にどれだけ勝負できるかが大切だと思う。7月の体重別選手権は、ベスト16に入り、全員が全国大会に出場することが目標。そのためには、今までのトレーニングを続けて、さらに今大会での改善点を見直して強化したい。


目標にしていた団体戦で二部の頂点に届くことは出来なかった本学。次は7月21日に靖国神社にて第46回東日本学生相撲個人体重別選手権大会が行われる。今回得た経験を活かし、全国大会へ進めるか期待が膨らむ。

【板谷優】
posted by スポダイ at 00:14| 相撲部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

【ラグビー部】第8回関東大学春季大会 対慶應義塾大学

「大東文化、慶應義塾に競り負け4連敗。溝渕「何としてでも一勝を」 


IMG_6820.jpg
 大 東 文 化  12 − 43  慶 應 義 塾


 第8回関東大学春季大会第4戦、大東文化大学対慶應義塾大学の試合が、6月9日に慶應義塾大学日吉グランドで行われた


 春季大会初戦の東海大学、続く帝京大学、早稲田大学に敗北し3連敗中であった大東文化。対する慶應義塾も同じく3連敗で、”勝ち”をお互いに取りに来た試合。大東文化はSH(スクラムハーフ)に溝渕篤司(3年=京都府立桂)が、WTB(ウイング)に園田拓巳(4年=輝翔館中等教育)、FB(フルバック)には鎌田進太郎(2年=石見智翠館)が、今試合ではスターティングメンバーに入った。



 「早稲田戦で出たディフェンスとアタックついての課題。練習では意識高く、雰囲気も良かった」と、PR(プロップ)渋谷圭(4年=大東大一)は試合前についてのチームの状態を語る。試合開始直前までは、勝機が見えていた。



 しかし。「流れを一気に持っていかれた」と言う、慶應義塾の先制トライ。すべてが決まってしまった。



 それはキックオフ直後の前半1分。ボールを持った慶應義塾が、キックで大東文化のDF(ディフェンス)を抜き去り大きくゲイン、そのままノーホイッスルトライを決めた。あまりにも早すぎる失点に、「行こう、という気持ちではいたが、あれだけやられると…。そのあとに、みんな切り替えができていれば」と、PR小泉友一朗(4年=御所実業)はうつむきながら振り返った。



 その後の攻撃で大東文化はパスを回しながら敵陣まで攻め上がり、ライン際を走るWTB長谷川昇(2年=バーカーカレッジ)にボールをつなげたが、その長谷川がパスを出した先に味方はいなかった。チャンスをものにできず、逆にペナルティを取られてしまう。



 さらに8分と、13分には自陣深くでモールを押し込まれトライを許す。これも大東文化のペナルティからの失点であった。



 しかし、15点ビハインドで迎えた前半30分。長谷川が、早稲田戦でも見せた力強いランで次々にラインブレイクし、敵陣22メートルライン付近まで一気に攻め込んだ。そしてパスを回しながら前進、トライラインまで残り数メートルのところでペナルティを獲得した。そのマイボールスクラムから出たボールを、主将でNO8(ナンバーエイト)の佐々木剛(4年=八戸西)がグラウンディング。SO(スタンドオフ)の高本海斗(3年=大阪桐蔭)のキックも決まり、7−15とする。



 大東文化としてはここからの追い上げたいところであったが、再びスコアが動いたのは後半21分。長く続いたスクラムの攻防から、2つ目となるトライを挙げた佐々木であったが、顔に笑みは無く。その後、慶應義塾に立て続けにトライを許し、12−43で試合終了。



 スクラムでは優位に立ち、「勝ってるなという印象はありました」(小泉)と自信になるプレーもあった。一方で接点での攻防で引けを取り、自らのミスでチャンスを逃してしまったプレーも多く敗戦につながってしまった。



 トライまではつなげられなかったものの、持ち味の持久力を生かして味方のサポートに徹した溝渕は、次戦に向け「絶対に負けられない相手。何としてでも一勝をつかみたい。自分が持てる力をすべて出していく」と、意気込んだ。



 最終戦となる第5戦目の流通経済大学戦は、6月16日に大東文化大学ラグビーグラウンドで行われる。



 大 東 文 化   慶 應 義 塾 
前半後半 前半後半
11トライ43
10ゴール13
752221
12合計43



【 馬場修平 】
posted by スポダイ at 13:44| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【弓道部】第49回全関東学生弓道選手権大会 個人戦予選

6月9日(日)
場所:獨協大学弓道場

第49回全関東学生弓道選手権大会

3次予選通過者10人!
【予選通過者】
女子1次2次3次
細淵菜月(1)
×⚪︎×⚪︎
⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
岡野未夢(2)×⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎×⚪︎⚪︎
紀ノ國由衣(2)⚪︎××⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
南雲友紀菜(3)⚪︎×⚪︎⚪︎
⚪︎×
⚪︎⚪︎
山田恵里花(4)⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
男子1次2次3次
藤本浩正(1)×⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
関口光典(2)⚪︎×⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
磯田宥乃介(2)⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
小池隆志(3)⚪︎×⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎
城戸天文(4)⚪︎×⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎

 全関東学生弓道選手権大会個人予選が6月9日、獨協大学弓道場で行われた。この予選に勝ち抜くと、6月15日・16日に日本武道館で行われる個人戦決勝に出場することができる。
 今大会の予選は、女子は1次予選で4射中2中、2次予選で2射中1中、3次予選で2射中2中、男子は1次予選で2射中1中、2・3次予選は2射中2中することによって通過可能である。本学からは女子15人、男子20人が出場し、女子男子共に各5人づつ3次予選を通過した。通過の条件は厳しいものの、本学の予選通過者は他大学と比べ多数。個人の強さを見せつけた本学であった。
 来週15・16日の個人戦決勝は目前。10人もの予選通過者を出した本学は、団体戦、個人戦共に好成績を残せるのだろうか。期待が高まる。

<選手コメント>
DSC_0864.JPG
山口恵里花(日文4)
「今週の練習はいつもと違うやり方で、的中を気にしない、射だけを考える練習をした。その中、堂々と、伸び伸びと引けたので、的中を気にしないことでより自分の射と向き合えた、という点が今大会までの練習で良かった。練習の時に自分のモチベーションを上げ、本番にそのまま自分の力を出したので、的中としては良かった。射形としては、崩れたまま当ててしまったところもあった。的中だけでなく、射形も完璧にして、自信満々の状態で試合に出られるようになればいいと思う。来週の大会に向けて、予選でいい結果が出たのは良かったが、1回切り替えて、練習から的中も試合に向けて合わせていこうと思う。



DSC_1142.JPG城戸天文(経営4)
「前の練習試合で失敗してしまったことを繰り返さないように自主練習してきた。今日の試合は、力みがあった点は良くなかった。もう少し調整したかった。右手を攻めることができたことは良かった。そこは置きに行かず、勝負できたと思う。来週の大会に向けて、団体戦は今控えなので、メンバーに入って活躍できるように、個人戦は八寸的で抜かないように頑張りたい。」





【丸山カノン 長橋旺延】
posted by スポダイ at 09:00| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

【陸上競技部】2019日本学生陸上競技個人選手権大会


3人が入賞、課題と収穫を得る

 2019日本学生陸上競技個人選手権大会が6月7日から9日の3日間にかけて、Shonan BMWスタジアム平塚で行われた。大会2日目の女子100mでは鶴田玲美(教育4)が準決勝で自己新をマークし、着順で決勝進出を決め、学生個人初の決勝の舞台で4位入賞を果たすと大会3日目は、男子3000m障害で谷口辰煕(スポ科1)が、終盤の追い上げで自己新をマークし、2着にはいった。谷口は総合結果で6位入賞。女子3000m障害では秋山祐妃(スポ科3)が1周目の水濠で転倒するも「少し焦ったけど、ダメージはなかった」と冷静さで、順位を追い上げ4位入賞を果たした。7月にイタリア・ナポリで行われる第30回ユニバーシアード競技大会が控えている鈴木優花(スポ科2)、関谷夏希(外英4)は欠場した。各個人で課題と収穫を得て手応えをつかんだ今大会。次戦に向けてさらなる強化で好記録に期待したい。

DSC_0057 - コピー.JPG
▲100m今シーズン2度目の11秒台をたたき出した鶴田


D8lyqoOU8AE2UDX.jpg
▲ルーキーながら大舞台で自己記録をたたき出した谷口


D8l-KfUUYAAspdr.jpg
▲シーズンベストで入賞を果たした秋山

結果
▽男子100m予選
安田圭吾(スポ科2)DNS
霜鳥佑(M1) 10秒87(+1.2)(1組6着)
▽男子200m予選
安田圭吾 DNS
平野翔大(スポ科1) DNS
▽男子400m予選
富岡優也(健康3) 48秒19 q(2組3着)
▽男子400m準決勝
富岡優也 48秒41 (1組7着)
▽男子800m予選
古屋佳之(スポ科3) 2分00秒70 (6組5着)
▽男子110mH予選
須藤涼太(スポ科1) 14秒79(+0.8)(1組6着) 
▽男子1500m予選
土本剣汰郎(現経3) 4分05秒01 (2組11着)
▽男子3000mSCタイムレース
武田将樹(社経3) 9分39秒22 (1組11着)
谷口辰煕 9分06秒23 (2組2着)PB
▽男子3000mSCタイムレース総合結果
武田将樹 34位
谷口辰煕 6位
▽女子100m予選
吉田のぞみ(スポ科3) 12秒27 (−0.9) (2組3着)
鶴田玲美 12秒07 Q(−0.8) (5組2着)
▽女子100m準決勝
鶴田玲美 11秒92 q(+1.6) (1組4着)PB
▽女子100m決勝
鶴田玲美 12秒06(+0.2) (4位)
▽女子200m予選
鶴田玲美 25秒12 q(+2.0) (7組5着)
▽女子200m準決勝
鶴田玲美 25秒09 (+0.8) (1組5着)
▽女子200m9位以下決定戦
鶴田玲美 DNS
▽女子100mH予選
吉田のぞみ 14秒14 q(0.0) (3組3着)
大山茜里 14秒47(+0.7) (8組7着)
▽女子100mH準決勝
吉田のぞみ 13秒98(+1.4) (2組4着)
▽女子100mH9位以下決定戦
吉田のぞみ 14秒05(−0.2) (4着)
▽女子5000m決勝
今泉野乃香(スポ科4) 17分08秒17 (18位)
関谷夏希 DNS
鈴木優花 DNS
▽女子3000mSC決勝
秋山祐妃 10分21秒33  (4位)


選手コメント

鶴田玲美(教育4)
「(100m、レースを振り返って)予選で動きが悪かった部分を準決勝・決勝と直していけたところは良かった部分かなと思います。全日本インカレA標準をきれたが、決勝でタイムを上げられなかったことと、勝ちきれなかったことが反省点かなと思います。(順位について)今大会は関東勢が、あまり出場していなかったのでそこで決勝いけるかなと思っていた。勝っておけばまた、違ったかなと思います。悔しいです。(準決勝では自己ベストが出ましたが)(ベスト)出る感じはあったのでやっと切れたなという感じです。(100mに関しての収穫点は)3本の中で、悪いところをレースを進めるうちに修正できていったのは良かった。(200mのレースを振り返って)前日のレースの疲労がおおきかったです。脚の痛みとかもあったんですけど、調整が合わせられなくていっぱいいっぱいって感じでした。(200mの目標は)全カレのA標準を狙ったが、100mに比べてきれるかといわれたら厳しかった。関カレとかで悪かったところを修正できたらなと思っていたがそれもできずに終わってしまった。そこが悔しいです。((鹿児島)県選手権に向けての目標を教えて下さい)国体がかかっているので、まずはやっぱり勝ちきることが大前提。あとは200mを今シーズンベストを出して全カレのA標準をきりたいです。」

秋山祐妃(スポ科3)
「(レースを振り返って)関カレからしっかり立て直してシーズンベストを出すことができて良かったです。でもラストタイムが落ちてしまっているのでそこは課題です。(レースプランはいかがですか)最初に松山大学の選手が飛び出すっていうのは分かっていたので、自分のいけるペースでいくことを考えていました。(レースの評価は)故障が長かったぶん、走り込みができていない。それが一番原因だし最後気持ちで負けたのは悔しい。でも関カレで自信が無くなって、不安な中でのレースだったんですけど、1つ不安をのぞけたので次につながるレースになった。(今後はどのような練習をしていきますか)スピード、持久力をつけて少しでも日本選手権で上位を狙えるように頑張りたい。(日本選手権で勝つためにすることと目標は)吉村(玲美=スポ科1)の練習にくらいついて自分の限界を少しでも上げれるようにしていく。日本選手権では自己ベストを狙いたい。」


【西澤蒼馬 新井美咲】
posted by スポダイ at 20:45| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

【硬式野球部】春季リーグ1/2部入れ替え戦 第二戦 桜美林大学戦

日時:6月2日()13時00分〜
会場:サーティーフォー相模原球場


シーソーゲームで相手が1部の意地見せる。

運命の行方は第三戦に…
これが1部昇格へ、 最後の試練だ!



チーム名
大東文化大学1103
0
00005
桜美林大学20110002×6


[大東] 江村、西川ー濱田

[桜美林] 安高、木下、飯村、土井ー徳田、鈴木



113_large.jpg







(春季リーグ戦では相手打者を抑え込むも、入れ替え戦では1部の打者に苦戦した江村)


 第一戦を勝利で飾り、勝てば1部昇格が決定する中で迎えた今日の試合。優勝決定戦の獨協大学戦第三戦で完封勝利を収めた江村がマウンドに上がった。一回表、本学は先頭バッターの岡村が2ベースヒットで出塁し、2番の石原がバント。そして3番荻田が犠牲フライと、理想的な形で一点を先制。
 しかし、相手もすぐさま反撃。連続タイムリーで2点を取られ逆転。相手が主導権を握るも本学も食らいつく。2回表に濱田の同点打を放ち2-2とする。
 相手に1点を勝ち越されるも、4回の攻撃で濱田、岡村、荻田のヒットで3点を奪い再逆転。本学に流れが傾く。その後いくつかチャンスを作るも、追加点を決められず、相手にじりじりと詰め寄られる。そして8回裏、相手にタイムリー3ベースヒットを打たれ同点尚もランナー3塁で濱田がパスボール。ここで逆転を許してしまう。その直後、最終回の攻撃で意地をみせ、スコアリングポジションまではランナーを進めるもあと一打が出ず。第二戦目をあと少しの所で落とし、結果は第三戦へ持ち越しとなった。

泣いても笑っても次の試合が最後となる。
選手たちには全てを出し切って、目の前の試合を楽しみ、5年ぶりの1部への片道切符を掴み取ってほしい。


437_large.jpg







(獨協大学戦で優勝が決まった瞬間。この光景をもう一度味わいたい)



監督インタビュー

監物靖浩監督
Q.まず入れ替え戦にあたっての意気込みは
いつも通りやればチャンスはあると思っていた。普段のペースを崩さないように気をつけていた。

Q.相手については
一部でやってきたチームだけあって個々の能力は高い。ただ実力を出し切れれば戦える相手ではあるので、選手たちもガチで勝負しようという気持ちになっていたと思う。

Q.今日の一敗というのはチームとしてどのように受け止めているか。
2連勝するのが理想だけど、一回負けても最後に勝てばいいので、そこまで大きくは捉えていない。
流れが途中まできていて決めたかったという思いがあってダメージはあったが、来週までには選手たちも切り替えられると思う。

Q.相手の2.3番打者は1部でも首位打者、ベストナインを受賞した選手でこの試合でも活躍していましたが。
もともと注意はしていたけど、彼らの中にも隙はあるし、必要以上に意識することはないと考えている。

Q.今日は珍しく乱打戦になりましたが。
よく我慢してついて行っていたと思う。そういう意味ではこの試合はナイスゲームと捉えている。流れが行ったり来たりという中で踏ん張っていた。最後は仕方がないし、そこはあくまでも結果論なので。

Q.第3戦にむけて
頑張ってここまで来たので良い結果になってほしいし、自分たちもそうしたい。ただ勝負はどう転ぶか分からないので、そこは今までのリーグ戦とこの2試合で学んだものを出して楽しめれば良いと思う。




選手インタビュー

石原与一選手

244_large.jpg







Q.最優秀選手賞とベストナインについて
自分一人ではなく周りが良いところに回してくれたり、キャプテンとしての思いもあった。みんなで取らせてくれた賞だと思います。

Q.チームとして4人が賞を受賞というのは
練習でやってきた事がちゃんと出せた結果だと思います。

Q.昨日の第1戦では先勝することが出来ましたね。
ウチのずっとやってきた堅い守りとチャンスで一本というのが出来ていたから、結果がついてきたと思う。

Q.変わって今日の試合は乱打戦となりました。
僕らも強い気持ちを持ってやったんですけど、相手も同じ気持ちを持ってやって来ていると思うので、来週はそれを上回って全員で勝ちます。



武者壮輝選手

165_large.jpg







Q.首位打者とベストナインの受賞について
リーグ戦前のオープン戦ではあまり調子は良くなかったんですけど、バッティング練習の時に石原さんと荻田さんにアドバイスをいただいて、上手く当てられるようになった。あとは足も活かして内野安打も増やせたのが大きい。

Q.今日の試合の走塁では本塁でタッチアウトになってしまう場面がありましたが、そこについては
スタートも良くて、足の運びも良かったので、あの時は行く気持ちしかなかった。コーチは止めていたのは見えたが行けると思った。

Q.走塁死後の流れについて
1点リードしていた場面で流れ的にも行けると思ったが、8回にやられて持っていかれてしまった。

Q.第3戦はどのように切り替えてやっていくか
1週間あるので話し合って、今まで通りの練習をやって来週を迎えたいと思う。




濱田貴徳選手

157_large.jpg







Q.今日は2回の同点タイムリーなど、打撃面で活躍がありましたが、そこについては
打てた事は良かったんですけど、守備面でチームに迷惑をかけてしまった。今まで打つ事より守る事を優先してきて、守備で貢献出来たらと思っていたので、またもう一回やり直したいなと思います。

Q.では2度のパスボール(エラー)について
自分の責任。ピッチャーは悪くないので、また自分が1週間練習して、ミスのないように全部受け止めたいと思う。

Q.今日は乱打戦となりましたが。次戦に向けては
チームが5点も取っていたのにそれ以上に相手に取られてしまった。
ただ次があるので、しっかりチームで話し合いをして、相手に絶対に点をやらないようにピッチャーとやっていきたい。



※次の試合日程
6月8日()11時〜 プレイボール
上柚木公園野球場 桜美林大学戦



【小山智也】
posted by スポダイ at 20:00| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする