2008年04月16日

アクシデントを乗り越えて

 第16回 関東学生弓道選手権 春季トーナメント中関東ブロック予選

兼 第20回全国大学弓道選抜大会関東地区予選会が終了した。

男子(4/6、於:獨協大学)は、予選敗退。

女子(4/13、於:千葉大学)は、

 Bチーム決勝進出(各ブロック4チーム)。



 個人戦では 佐藤美希(健康3)8射7中予選2位タイ、奥山歩美(英米4)8射6中予選5位で決勝進出(各ブロック5名)。

 決勝大会は、5月4日(日) 東京武道館弓道場で開催されます。



 3月の下旬に行われた合宿中に食中毒でアクシデントにみまわれた。
男女とも厳しい試合だっただけに決勝大会での活躍に期待したい。

posted by スポダイ at 23:03| 埼玉 ☁| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

始動!!

本学、弓道部の合宿初日を伺った。すでに推薦で入部した新1年生が合宿に参加。男子はレベルアップを課題に、女子はさらに強さを求めて合宿を行っていた。男女とも強力な注目ルーキが合宿に参加してることから互いに刺激を受けているもよう。さらに今シーズンの弓道部の飛躍に目が離せない。4月から予選が始まる春季トーナメント大会では女子の連覇に注目がかかる!


またその他にも東松山の野球場では本学と他大学の練習試合が、ラグビー場では女子サッカー同好会が汗を流しシーズンインを迎えようとしている姿が伺えた。
posted by スポダイ at 14:28| 埼玉 ☔| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

弓道部 女子団体 全国ベスト8!!

      DSC_0097.jpg
  牧野(左)と宍戸(右)は「弓道は信じることが大事」と語る(撮影・高嶋)

 「狙えたね。誰か一人が良いわけではなく、三人の誰かがそれぞれの試合で核になった。狙うという気持ちの差が出たのかな」と坂田監督は悔しがった。

 8月4〜6日、第53回全日本学生弓道選手権大会が行われた。
 189校が出場した女子団体戦。本学は決勝トーナメントに進出すると、信州大、立教大を下し準々決勝に進出する。準々決勝の相手は長崎大学。しかし延長戦の末に惜敗し、ベスト8にとどまった。

 牧野(法律四)
「嬉しいと思う気持ちもあるが、まだ上に行けた気がする。嬉しい反面悔しさもある」

 宍戸(環境四)
「弓をひいた後はニヤ〜っとしていました。人が大勢いてうるさかったけど、静かな自分がいた。これから先忘れられない体験をした。緊張して一本目の矢を射る時は実感が湧かなかった。二本目から震えが始まった。カタカタ鳴っていました」

 最後に牧野宍戸は「弓道は仲間を信じることが大事だと思う。自分が失敗しても誰かが拾ってくれる。安心感があればノビノビとやれる。3人でやっている事を忘れない」と満面の笑顔で語ってくれた。
posted by スポダイ at 17:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする