2010年10月12日

【スポダイ定期コラム第46回】

【スポダイ定期コラム第46回】

はじめまして。国際関係学部国際文化学科2年 片山朋香です。
私は今年の1月まで男子バスケットボール部のマネージャーをやっていました。
そして7月からスポーツ大東編集部に入部させていただくことになりました。
よろしくおねがいします。


1年の履修登録時にはバスケットボール部に入部すると思っていませんでした。
1限から授業を入れて午後はバイト・サークル!!華の女子大生だ!…というプランでした。


しかし、ちょうど1年前の実際の生活リズムは



   1限  9:10〜
   部活 18:00〜20:00
  バイト 23:00〜 7:00 
支度&出発  7:00〜 8:40
   1限  9:10〜

土日の部活ほうが1限の時間よりも 
早いので平日にバイトを入れてました。
上記のような日が4日間続く時もありしました。

 

若いってすばらしいですね。
ハードだったけれど、良い経験でした。
 

選手から見える部活
マネージャーから見える部活
スポダイから見える部活
応援してる側から見える部活 

スポダイに入って
さまざまな見え方があるんだな、と実感しました。

がんばっている人の姿は
きれいで、かっこよくて
本当に素敵です。

がんばっている姿
たくさん見て たくさん学んで
見習っていきたいです。

【片山朋香】


posted by スポダイ at 19:05| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

【スポダイ定期コラム第48回】

コラム第48回を担当します、岩瀬めぐみです。更新が大幅に遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。


毎日暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしですか?最近のスポダイ部員たちは、無事に7月号の編集期間が終わり、テスト勉強に勤しんでいます。楽しい夏休みを迎えるためにテスト週間を頑張って乗り越えましょう!


さて、今回のブログでは何を書こうかずっと迷っていたのですが、このテーマでいきたいと思います!

『スポダイ・ルーキーズ紹介』!


我がスポーツ大東編集部には今年6名の新入部員が入部してくれました。私、岩瀬が新入部員たちに対して個人的に抱いている印象を紹介したいと思います。


@船田雄太
船田君は2年生です。昨年から入部していた他の2年生たちと馴染めるかな…と個人的に心配していましたが、そんな心配はいらなかったようです(笑)
クラスに1人はいるよね〜というカンジの、みんなから可愛がられる(いじられる)キャラです。


A大村和寛
大村君は新聞作り経験者。頼もしい後輩です。私と同じ政治学科なのですが、大村君の方が政治に詳しそうなので密かに焦っています(笑)
編集作業時の知的な印象とは打って代わり、普段はムーミン並みの癒しオーラを放っています。


B冨田訓文
富田君はきっちり仕事をこなす子です。2・3年生も含め全員があたふたする締切日でも、一人だけきちんと仕事を終わらせてきていました。現エースの小林が入部したての頃に雰囲気がどことなく似ている気が…?次のエース候補として(岩瀬が勝手に)期待しています。


C土沼菜見子
土沼ちゃんは1年生の中で唯一の女の子です。7月号では女子ラクロスの記事を担当しています。ラクロスの記事は途中で変更点が見つかり大変だったはずなのによく頑張ってくれました!
パッと見たカンジが、私の幼馴染みの『真理ちゃん』にそっくりすぎてビックリです…


D山本貴之
彼はとにかくこだわりのあるヤツです。そのこわだりは今後新聞作りに携わっていくにあたり、とても大切だと思います。あと、彼は生粋のリーダー気質です。7月号の1年生特集ではよくみんなをまとめていました。
学級委員長ってカンジです。

E片山朋香
通称『モカちゃん』です。モカちゃんも船田くんと同じ2年生。男子バスケ部のマネージャー出身で高校時代はプレーヤーだったそうです。さすが運動部出身なだけあって礼儀正しいです。続きを読む
posted by スポダイ at 00:59| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

【スポダイ定期コラム第47回】

スポダイコラム第47回は3年の児玉悠紀が担当します!!!!


前回、前々回と旅ネタだったので今回は少し違うネタで…。

実は私、昨日友人2人とライブに行ってきました。MIKAという外国人POPアーティストのライブです。ライブには誘われて行ったのですが、誘われたそのときは
「え、MIKA?誰それ?女?(∵)」
といった感じで、あまり乗り気ではありませんでした。(ちなみにMIKAは男です)

ところが実際に観に行ってみると、セットは凄いしトークは面白いし、何より叫ぶし飛び跳ねるしテンションhigh!!!!前回行ったAKB48のライブのときもそうでしたが、会場の一体感に1度乗れば例え知らない曲でも自然と楽しくなるものです。

P6080429.JPG P6080441.JPG


▲演出が凄すぎてMIKAがどこにいるか分かんない…\(^o^)/


心がモヤモヤしていたり嫌なことがあってシュンとしていたりする時に運動すると心身共にスッキリすると言いますが、このライブもまさにそうで叫んで飛び跳ねすることで日頃のストレス発散にもなりました。ライブって意外と動くし、汗かくんです…
友人が替えのTシャツを持ってきてた位ですから(笑)

ストレスは溜まってるけど普段あまり運動する機会がない人はこういった動くイベントに行くと良いかもしれないですね。これからは野外フェスも増えますし、是非オススメさせて頂きたいです♪


それでは!!次回第48回は3年の岩瀬めぐみです。お楽しみに★
posted by スポダイ at 13:21| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

【スポダイコラム第46回】


こんばんは。
今週のスポダイコラム担当は、3年の関口舞です。

本当にごく最近ですが、新たなマイブームが生まれたので、
今回は私のマイブームについて書きたいと思います。

私の最近のブームは夜ランニングです。

最近夜ランニングを始めたのですが、とても気持ち良いのです。
走り始めたきっかけは、運動不足であるということを強く感じたことからです。

走り出すまではなかなか気持ちが乗らず、準備するのにもだるさを感じてしまい、走り出すことが出来なかったのですが、走り始めてしまえば楽しくて仕方がないのです。

最初は少しでも走らないよりマシということで15分、20分くらいでいいや
なんて思っていましたが、20分じゃとても足りないのです。
走り出すと1時間があっという間です。
勉強などの1時間だととても長く感じるのに不思議ですね。

走る時の必需品はサウナスーツです。
サウナスーツを着るとやる気が、沸いてきます。名前の通り、サウナ状態になるので普通に走る時の倍以上の汗をかきます。中に着ているTシャツが濡れていないところがないくらいびっしょりになります。汗と共に走った感も倍増するのでなかなかのやりがいになります。サウナスーツは私の中ですごくおすすめ品ですので、試す機会がありましたら体験してみてください。


皆さんも1回だけでも試しに夜ランニングに行ってみてください。
夜ランニングをおすすめする理由は、比較的涼しいということです。
涼しいと集中力も増し、夜だと交通量も減り、とても走りやすいです。
また、星空の下で走ることって思っている以上に気持ち良いのです。
スポダイブログも見ていただいている方はきっとスポーツ好きの方だと思うので、きっと自分流のランニングにはまることでしょう。

このブログ読んで、少しでも走ってみたいと思っていただければ、うれしいです。一人の時間も大切だと思うので、ランニングを疲れるものだと思わずに有意義な時間に変えてみてはいかがでしょうか。
このようなブログを読んでいただき、ありがとうございました。

来週の担当は、同じく3年の兒玉悠紀です。

【関口舞】


posted by スポダイ at 23:58| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

【スポダイ定期コラム第44回】

こう見えて読書します。



 毎月「10冊は読むぞ」と張り切り、古本屋さんでノルマ分をどっさり購入します。大概は経営本で敬愛してやまない稲盛和夫氏やP・ドラッカー氏の書籍ばかりです。最近は自分自身の危機を感じ、実学系が多いです。




NEC_0708.jpg
▲今月のノルマ分16冊




 中には何度も読んでいるお気に入りもあります。カンブリア宮殿などは大学に入学してから、ほぼ毎月読んでいます。繰り返し繰り返し、飽きることなく。
 でも、決して読書が好きなわけではありません。イヤイヤ読んでいる時もあります。本に触れない時もあります。 じゃあ何で読むんだ?? それは簡単。読めば読んだだけ力になるからです。新聞も同じ理由で読み続けています。毎朝、スポーツ新聞を読んでから学校へ向かいます。これも入部してからすぐ始めたので、ちょうど2年間継続しています。
 


 (文章力はさておき)読書・新聞を読むことからついた力は絶大です。人の知識や経験を活字から吸収するわけですからね
 
「強みの上に築け!」P・ドラッカー


まずは、強みを作ること!まだ、やることは山積みだ



【萩原】




posted by スポダイ at 22:12| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

スポダイ定期コラム第43回

 4月も終わりが見え、もうすぐ楽しみなゴールデンウィークが間近に迫っているにも関わらず天候と気温が不安な日が続きますね。春の陽気に恵まれた日があったと思ったら、冬を思わせる極寒の日もあり体調管理が難しいので、皆さんもどうかお気をつけてください。

 
 さて、第43回のスポダイコラムは3年生になりました北原拓也です。紹介が遅れましたが2月より今年度の編集長を務めさせていただいてますが、よりよい新聞を作っていくため精進していきたいと思いますので今年もよろしくお願いします。


 今回のコラムは私が最近、読んでいるビジネス一般書を2冊紹介したいと思います。

s-068.jpg


『ゴールは偶然の産物ではない〜FCバルセロナ流 世界最強マネジメント〜』
著者:フェラン・ソリアーノ  アーチブメント社


 この本は2003〜2008年までスペインのサッカーチーム、FCバルセロナ(以下バルサ)で最高責任者を務めたソリアーノ氏が世界でも有数のビッグクラブであるバルサを如何にして世界一のクラブにしたか、そのマネジメント方針を書いたものです。
 昨年の2009年シーズンにUAEで行われたクラブ世界一を決めるクラブワールドカップで優勝しその地位を築いたバルサですが、一時は多額の負債を背負いリーグ戦でも低迷が続いた時期がありました。そこで行った経営論を実に詳しく記載し、サッカー好きで経営学部の私にとってはものすごく興味の惹かれた一冊です。


 続いての本はこちらです。
s-067.jpg


『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
著者:岩崎夏海  ダイヤモンド社


 この本は最近話題の一冊なので御存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。そのタイトルの通りある高校の野球部女子マネージャーである主人公、川島みなみがふっとしたことで経営学者のドラッカーが書いた経営書『マネジメント』に出会い読み始めます。
 初めはマネジメント論の難しさにとまどうみなみでしたが、野球部を強くするのにこの理論は役立つと思い、親友で同じ女子マネージャーの宮田夕紀や野球部の仲間とドラッカーの教えのもと甲子園を目指すというストーリーです。

 この2つの本は偶然、目について自分は経営論に興味があるし、というより経営学部だし少し読んでみようかなぁーと軽い気持ちで手に取ってみたのですがとても心を打たれるものがあったし勉強になったなと感じます。興味にある方はぜひ読んでみてください。オススメです!
 最近、銀魂の映画を見に行って気分の良い北原が今回お届けしました。来週は3年生の萩原亮吾がコラムを書きます。

【北原 拓也】
posted by スポダイ at 01:02| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

スポダイ定期コラム第42回

こんばんは。
今回コラムを担当する大川内梢です。


この時間帯に一人でパソコンに向かっていると、後ろに誰か立っているようなそんな気配を感じてしまいます。

実は私かなり妖怪、幽霊、都市伝説などオカルト的なものが大好きなんです。


幽霊と妖怪の違い、みなさんはご存じですか?


幽霊は時間・場所問わず現れるもの。妖怪は決まった時間・場所に現れるものなんです。

妖怪が現れる時間帯は「タソガレ時」と「カワタレ時」だといわれています。
夕がたと明け方は顔がみえずらく、「誰そ彼」「彼は誰」となるのでその時間帯に妖怪は現れるといわれています。
場所は十字路や水に関わるところが多いようです。

夕がたに十字路を通ったら、なにかこの世のものでない何者かとすれ違うかもしれません。


また、幽霊を自ら呼んでしまう行為があるのをご存じですか?


やんちゃな男の子をもつお母さんが男の子を叱る際に
「口の大きな女のひとがくるよ!」
といって怖がらせて言うことを聞かせるようにしていました。
するとある時から、背の高い大きなマスクをしてトレンチコートをきた女性が家の下に現れるようになりました。
その女性はこちらを見ながら立っており、お母さんは何度も子供に言い聞かせていると幽霊を呼んでしまうということに気づきました。
それからは「神様が怒るよ!」と言って叱るようにしたということです。


これは都市伝説ですが、怖い話をしているとお化けが集まってくるという噂があるように、もしかしたら呼んでしまうことがあるのかもしれません。



怖い話や都市伝説は確信が持てないものですが、そこがあやしい話の面白いところだと私は思います。

話す人によって微妙に話が変わったり、全く違う話に変わったり、民俗学的に言うとそれらは口承文芸というのですが、人から人へ伝わった話をどこからともなく耳にすることはとても奥が深くて興味深いものだと感じます。


これ以上語るとひかれてしまう気がするのでやめておきますが、
本当かどうか分からない話って面白いと思いませんか?

もし興味を持った方は都市伝説など調べてみたらいかがでしょうか?


実は大東にも長い間語り継がれている怨念のこもった噂があるんですよ・・・






非常に自由な文章ですみません。日付も変わってしまいすみません。
取材もがんばります!!




次回のコラムは編集長北原拓也です。










posted by スポダイ at 00:55| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

【スポダイ定期コラム第41回】

東京の桜も終りを迎えております。今年のさくらは早かったですね。
皆さんはお花見に出かけたでしょうか。


今回のコラムを担当するのは2年の池本大起です。
まだひとつ先輩になった実感がありません。笑


自分に勝つことって常に大事なことではないでしょうか。私は自分に甘く、すぐに楽な方へ流れてしまうことがあります。

この前の春休み、私の先輩友人に誘われ本学の東松山キャンパス〜板橋キャンパスを歩くという過酷な戦いに挑みました!

というのも、先輩と話していて、自分の中で大きなことをしてみたいのと精神面などで己に勝ちたいということで挑戦を決心しました。


東松山キャンパスをAM8:30に出発!とりあえず国道254号を目指し高坂駅から東へ・・・しかしすぐさま道に迷いコンビニの店員さんや道行く人に聞きながら254号に出るもそこまでで2時間をかけてしまい序盤なのにこの先が危うく感じ始めました。
100313_1200_01.jpg

それでも周りの景色をたのしんだり、会話もはずんだりといつもとは違った形の楽しみを味わいました。
川越市内でお昼休憩を予定していたのでバイパス沿いでコンビニをさがしていたのですが思いのほか全く無く、やっとあったサンクスが砂漠のオアシスのようでした。この時点で足には疲労が・・・
100313_1441_01.jpg

東武東上線を毎朝利用しているわけか、歩いていると川越市やふじみ野市からなかなか抜け出せず、より大きな都市だったのだと驚き&疲れがたまる。

少しづつ近づくごとに「志木市」「朝霞市」などという知っている標識が現れ、これだけが励みに・・・
100313_1647_01.jpg


「和光市」に入ると早く都内に入りたい気持ちが勝ります。意外と「和光市」と「成増」の間に谷があるのはご存じでしたか?あそこの坂は終盤にやってきた試練でした。こういうときがまさにメンタル面の問題。しかしきれいな夕日に救われた気がしました。ゴールまではあと少し!
100313_1724_01.jpg

最後は膝ががくがくでまさに自分との勝負でした。
首都高が見えた瞬間、板キャンも目の前。その時、私は本当に高坂から歩いてきたのが自分では信じられず変な気分でした。よほどピークに達していたのだと・・・
100313_1849_01.jpg


そして板橋キャンパスの門の前!最後は先輩とジャンプして歓喜のゴール!PM6:30到着。ちょうど10時間!
あの時見た校舎のライトアップは部活の時に見ているのとは比べ物にならないくらい綺麗で感動しました!!!

今回この体験をできたことに感謝したいです。先輩ありがとう!自分にとってこのことがプラスであったと思います。

100313_1852_01.jpg

完歩後のスクールバスの車内です。いつも当たり前のように使っている
バスに対しすごく感謝しながら撮った1枚です。座っている椅子にも感謝です!(笑)
電車や車の無かった時代に生きていた人には脱帽です。


次回のコラムは大川内梢が担当します。

【池本大起】
posted by スポダイ at 02:09| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

スポダイ定期コラム第40回

スポダイコラムもついに第40回目をむかえました!!ぴかぴか(新しい)

記念すべき40回目を書くのは・・・・・小島ゆかりです!!
今回もテンション上げて書いていきます。


さて、いよいよ始まりましたね新学期(・Å・)
在学生は、先週からガイダンスがありましたが、
新1年生にとっては昨日の入学式から新学期スタートですね。

そして入学式と同時に始まる・・・・ビラ戦争!!

あれはすさまじいですね。
それぞれ各部活・サークルが、自分のテリトリーに入ってくる新一年生に・・・

「テリトリー侵入!!」


「ビラ発射!!」

みたいな感じで、チラシをすごい勢いで渡しますね。弾丸の玉ですね。

どのビラも工夫してあって、個性が出ていてとっても面白いですよね。(^ω^)

さて、スポーツ大東編集部の宣伝を少し。

スポーツ大東編集部は4月13日〜5月27日まで

521教室で17:00から説明会を行います

すこしでも「お?」っと思った人はぜひ来てみて下さい★





     【小島ゆかり】






posted by スポダイ at 23:54| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

スポダイ定期コラム第39回

 こんにちは。今回のコラムは1年小出佳代子が担当させていただきます。これが今年度最後のコラムとなりました。昨年4月の入学式からもう1年がたつのだと思うと時がたつのは速いなぁと感じます。



 この一年を振り返り私が一番に思い出すのはやはりスポダイで活動した日々です。春には一年生企画で川越やお台場に行ったりもしました。お台場ではガンダムがいたり川越ではO川内さんが体を張って顔ハメパネルをしたり。。。(・_・;)いまその記事を読み返してみるとおもしろいです。



 最初のうちはあまり新聞作りに携われませんでしたが夏合宿を終え各部活の秋季リーグ等が始まるころには取材へ行く回数も増えていき新聞作りもだんだんと分かっていきました。私は実はまだインタビュー記事しか書いたことがないのでそれ以外の記事も今後書いていかなければいけないなぁと思っています。



 スポダイメンバーは実に個性豊かな人々が集まっているので私は毎週金曜日が楽しみでした。部活以外にもディズニーランドに行ったりカラオケに行ったりクレイジーになったり...アルバムを出したこともありましたね)^o^(



 4月になると私も先輩になるのですね。本当に信じられません(^◇^)ちょっとはしっかりしたいと思います。



 なんだかまとまりのない文章になってしまいましたが。今年度はお世話になりました。そして4月からもスポダイをどうぞよろしくお願いします。スポダイ新勧号(222号)も発行されますのでぜひ読んでみてください。紙面も増えパワーアップしていますよ。(@^^)/~~~



次回の担当は小島有香莉です。




posted by スポダイ at 23:35| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

【スポダイコラム第37回】

 春光うららかなこのごろ、心までなごむ気持ちです。
 
 今週のコラム担当は1年の高橋成美です。

 先日、ふと道端にオオイヌノフグリが咲いているのに気がつきました。
それを見た瞬間、春の訪れを感じると同時にある一遍の詩を思い出しました。
突然ですが、みなさんはこの詩をご存知ですか?

ほっ まぶしいな
ほっ うれしいな
みずは つるつる
かぜは そよそよ
ケルルン クック
ああ いいにおいだ

ほっ いぬのふぐりがさいている
ほっ おおきなくもがうごいてくる

ケルルン クック
ケルルン クック

(草野心平『春のうた』)
 
 これは、冬眠していたカエルが春になって地上に初めて出てきた日の様子を表現した詩です。確か、私が小学生の時の国語の教科書に掲載されていたと思います。
そういえば小学校の頃、こういう詩をいくつか暗記させられた記憶があります。
 
 自分が覚えた2年後には妹がまた同じく唱え続け、さらに4年後にはまた下の妹が唱え続けたので、大学生になった今でもまだはっきりと覚えています。
ですが、肝心の「ケルルンクック」と鳴くカエルにまだ出会えていません。
いつかどこかで会えたらいいなと思います。

 たまには童心に帰って、春の足音を探しに散策へ出かけてみるのもいいかもしれませんね。寒さもあと一息の辛抱。元気な春を迎えましょう。

 次回の担当は萩谷翼です。ご期待ください。
                               
【高橋 成美】
posted by スポダイ at 19:56| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

【スポダイコラム第36回】

こんばんは
今回の担当は2年の渡邉卓朗です。

3月に入り本来ならそろそろ春の足音が聞こえてきてもいい頃なのですが近頃はあいにくの悪天候が続いていますね
そんな中でスポダイの面々は新歓号の編成作業に取り掛かっています。4月の入学式で新入生に読んでもらい晴々しい気持ちになってもらうためにも気合いの入った新聞を作成しています!


このコラムでは部員の兒玉悠紀が旅行記をよく書いていますが、今回は私も2月に10日間ほどアメリカへ旅行に行ってきたので道中の出来事について書きたいと思います。


まずなぜアメリカ旅行に行くことになったのかについてですが…
様々な理由がありここで書こうとするとややこしくなってしまうので簡潔にまとめますと、同じ学科の親友が1年間アメリカに留学することになりましてその友達との思い出づくりのような感じの旅でした


アメリカのどこに行ったかというと…
大リーガーのイチロー選手が活躍する場所と言えば分かりますよね?

そう、シアトルです

DSC_0943.JPG
シアトルマリナーズの本拠地であるセーフコフィールド!!

DSC_0960.JPG
球場外の壁にはケングリフィーJr選手を始めとするマリナーズ主力選手の写真が大きく飾られていました!!(もちろんイチロー選手も)



またシアトルは港街ということで市場が盛んなこともあり週末になると港の市場は地元の人や観光客でごった返していました。

市場が盛んなのは港街であるということともう一つ理由があるらしいのですが興味がある人は調べてみてください!私は知っているのですが、こうして旅先の街の歴史をしるというのも旅の醍醐味の一つなのではないかと思いました。


DSC_1045.JPG
新鮮なお魚がたくさん!

DSC_1021.JPG
色鮮やかな果物や野菜の数々!日本では見ない種類の物もありました!!

DSC_1677.JPG
“FIRST STARBUCKS STORE”と書いてありますが、その名の通りこれがスターバックスの第1号店です。今では世界中に進出しているスターバックスですが始めはシアトルの港にある小さなお店から始まりました。

スポダイも今は小規模ですが、これから部員も増えていつか大きな活動ができるようにスタバを見習いたいと思います。
…少し話が大きくなりすぎましたね。でもそのぐらい高い意識を持って望みたいということです!!!

他にも様々な所に行き、様々な写真を撮ったのですが紹介しきれないのでこれくらいにしておきたいと思います。シアトルは素晴らしい街なので皆さんもぜひ機会があれば訪ねてみてください。

DSC_1585.JPG
シアトル(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AB



言葉が話せないから、お金がないから、怖いからなど海外旅行しない理由はいくらでもあると思います。私も最初はそんな感じでした。しかし今回この旅を通して痛感した言葉があります

百聞は一見にしかず

分からないことは本を読めばいい、ネットで調べればいいという人もいますがそこには生きた情報はありません。しかし実際に現場に行けば確かにそこに“本物”があるのです!それは時には思ってた以上の物、時には以下の物で期待を裏切ることもあると思います。しかし確かにそこに存在します。
そういった様々な出会いは人間性を豊かにします。実際に私もこの旅を通して様々な人や物に出会い大きく価値観が変わりました。また自分の“夢”を見つけるきっかけのようなものにも出会いました。


旅は良いものです
皆さんも何も考えずカバン一つで飛び出してみてはいかかですか?
人生を変える何かに出会えるかもしれませんよ?
私も旅先で買ったバックパックをかついでまたどこかへふらりと出かけたいと思います



次回の担当は1年の高橋成美さんです。お楽しみに



【渡邉 卓朗】
posted by スポダイ at 23:53| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

【スポダイコラム第35回】

こんばんは。岩瀬です。携帯からの書き込み失礼します。

まず最初に1週分コラム掲載が遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます。


さて、いきなりですが、みなさんは何か高い目標に挑戦する時や時間に追われている時に「無理かもしれない」と考えてしまうことはありませんか?

私はというと…日常茶飯事です(笑)


私が現在読んでいる『脳に悪い7つの習慣』(著者:林成之)という本によると、「無理かもしれない」と考えてしまうことによって脳の血流を落としてしまい、脳のパフォーマンスが下がってしまうのだそうです。


私のような素人でも『ネガティブなことを考えるとモチベーション下がるもんなー』とだいたいは想像がつきますが…脳の血流が関係していたなんて驚きです!


つい先日、バンクーバーオリンピックが閉幕しましたが、あの舞台に立てた選手たちの中に最初から「無理かもしれない」と諦めていた人は恐らくいないのではないでしょうか。


各々の競技で世界一を目指す最高の夢舞台。そこに辿りつけた選手たちは、血のにじむような努力をしたことも事実だと思いますが、きっと自分を信じて競技を続けてきた人たちなのではないでしょうか。


スポダイも次回発行する新入生歓迎号では、今までの4面構成から2ページ増えた6面構成に挑戦します。今まで以上にハードな編集期間になることが予想されますが、『きっと素晴らしい新聞ができる!』と信じて、みんなで脳のパフォーマンスを上げて乗りきっていきましょう♪


みなさんも『脱!「無理かもしれない」発言』で脳のパフォーマンスUPをしてみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでくださりありがとうございました。
次回の担当は渡邉卓朗です。お楽しみに☆


【岩瀬めぐみ】
posted by スポダイ at 00:53| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

【スポダイコラム第34回】

わぁ〜たし〜も〜ひとりぃぃぃ
れんらく〜〜〜〜〜せんにのりぃぃぃぃぃぃ♪






…凍えそうなカモメ見つめても涙は出ませんでした。


ご無沙汰してます!!!
スポダイコラム第34回はスポダイ屈指の旅好き女・児玉悠紀です(^^)
まず本日2月16日はスポダイ部員・関口舞&池本大起のHappyBirthday!!!素敵な1年になりますように★


さて。
前回はイラン研修について書かせていただきましたが、今回も旅について書こうと思います!!実は私、この春休みを使って週イチペースで1人旅をしています。先週は人生初の東北・青森に行き、再来週は20日から野球部がキャンプインする石垣島へ行く予定です。北から南まで…あーイソガシイイソガシイ(笑)


この事を聞いて「良くそんなにお金あるね(∵)」って思われる方も多いと思いますが、これらは全て貧乏旅行です。石垣島(4泊5日で46,000円と破格のお値段)以外は全て夜行バスで車内泊!!


貧乏旅行にハマったきっかけは1年生の秋に電車で宮崎の実家まで帰ったこと。
その距離、なんと1567.1q!!!!!
「本当に線路1本で家に帰れるのかな?よし、明日試してみよう!!」
と思い立ち、すぐさま切符を買いに行って次の日の朝電車に飛び乗ったのが始まり。距離が距離なだけに、かかる時間は最低2日。1日目は広島までが限界で2日目の夜10時半頃、実家の最寄り駅に到着。何も言わずに帰ったので翌朝リビングのソファーで寝ている私を見て親はビックリしていました(笑)


長い長い列車の旅なので普通ならうんざりするところですが、私はこの長旅である魅力に取り憑かれました。
埼玉→宮崎までに15都道府県を通過するのですが、南へ下りていく度に方言や気候が変わっていくのです。初めは標準語だったのが徐々に尾張弁、関西弁、博多弁…と、電車内にいる人々の喋り方が変わっていくのが良く分かります。また、九州に入ると単に「暖かい」ではなく雰囲気と言いますか、空気そのものがゆる〜くなるんです。これは言葉では説明しようがないので試した人にしか分かりません。


P2120404.JPG   南国っぺー.JPG
▲2月の青森(左)と1月の宮崎(右)を比較



他にも駅の名前で自然に土地名を覚えていったり、電車内で出会った人と仲良くなったり、得られるものが沢山あります。今やハイテク技術が進み「より速く、より楽に!!」を求めて飛行機で帰るのが当たり前ですが、でもそれだけが全てじゃないことをこの気まぐれ列車の旅で学びました。景色を見ながらのんびりすることで息抜きにもなります。


日常生活に疲れた方!!この春は是非JRの青春18きっぷで行き先を決めない旅をしてみてください。現実逃避(言い方悪くてすみません)することできっと癒されるはず。ちなみに今春は3月1日〜4月10日までが適応期間です。気になる方は青春18きっぷのサイトを覗いてみてください\(^o^)/
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakana/18kippu.htm


私自身、次は昨年転覆した東京〜志布志(鹿児島県)〜名瀬(奄美大島)〜那覇を繋ぐフェリーで帰りたいなと思ってます♪実家が鹿児島に近いので。目標は47都道府県全制覇!!


それでは石垣島出張、楽しんできまーす!!次回は岩瀬めぐみです。お楽しみに★


【物より思い出 児玉悠紀】
posted by スポダイ at 10:58| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

【スポダイコラム第33回】

今回第33回コラムを書かせていただくのは、2年関口舞です。

今回のテーマは「音楽の力」です。


私はスポーツの試合をテレビで見る時も、実際に会場に観に行く時も、選手が試合前にウォーミングアップをしている姿からみることが多くあります。
そんな光景の時によく目にするのは、イヤホンをしながらジョギングをしている選手、イヤホンをしながらストレッチをする選手です。
また、テレビでスポーツのサイドストーリーやスポーツ写真や映像のスライドショーをみる時も必ずと言っていいほど、何かしらの曲が使われます。


自分の好きな曲を聴いて気持ちを高まらせたり、落ち着かせたり、励ましてくれたりと多くの選手が音楽を力に変えていると思います。



本学の卒業生のプロ野球選手(中日ドラゴンズ・投手)川井雄大選手が昨年、講演をしてくれた際に、なぜ登板の曲がMr.childrenの「花火」なのか。という問いに


「歌詞に『もう一回、もう一回』という言葉があって、ダメになりそうになっても、もう一回、もう一回と自分を言い聞かせて勇気づけてくれるから」


と語っていました。
その曲にしたエピソードを聞いた時、自分の気持ちを音楽に乗せるって素敵なことだと思いとても感動しました。


私にも勝手に設定した自分のテーマソング(コブクロの「君という名の翼」)があります。この曲は私の気持ちがそのまま曲になったような曲です。
このように皆自分にとって大きい曲があると思います。


また選手を応援する際にも音楽の力は発揮されます。
今年の箱根駅伝の時、往路が終わり青桐会の方々と夕食の際、最後の締めでスポダイメンバーを始め青桐会の方々で、ZARDの「負けないで」を熱唱しました。応援するほうも本気なのです。私はこの時、スポーツと音楽の繋がりにはとても力強いエネルギーが生まれることを深く感じました。


私にとって部活は違えど、他の部活の選手が試合や練習で頑張っている姿は誇りです。私はそんな素敵な選手たちの一瞬を刻むために、毎試合気合いを入れて試合前日、試合の当日は必ず音楽を聴き自分の気持ちを高めます。


ここで私のいつも聴いているおすすめ曲を紹介させていただきます。


夢を追いかけている時に力をくれる応援歌には、
絢香の「夢を味方に」

絶対に負けられない試合、最後の試合当日には、
ゆずの「栄光の架け橋」

気持ちを最高潮に高めてくれる青春曲は、
いきものがかりの「心の花を咲かせよう」
FUNKY MONKY BABYSの「明日へ」
コブクロの「君という名の翼」
などがあります。


よかったら聴いてみてください。

皆さんもスポーツをより楽しみ、より感動するためにぜひお気に入りの曲をみつけて力にしてください。


ここまで読んでくださりありがとうございました。
次回のコラム(2月9日掲載)担当は同じく2年川合俊です。

【関口舞】

posted by スポダイ at 00:00| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

【スポダイコラム第32回】

お久しぶりです!小林です!!

更新遅くなってしまって申し訳ないです

やっとテストも終わり春休みに突入〜♪

ということで

いよいよバンクーバー五輪が開幕しますね。
なので私が勝手に注目選手・競技をベタに紹介します。

まずメダルが最も期待されているフィギアスケート!

女子は浅田真央選手 安藤美姫選手 鈴木明子選手
先ほどの4大陸選手権で浅田真央選手トリプルアクセル決めて逆転優勝!2位に鈴木朋子選手と五輪前さい先良いですね〜
男子は高橋大輔選手 織田信成選手 小塚嵩彦選手
そんなライバルは
女子は韓国キムヨナとカナダのロッシェト
男子は絶対王者ロシアのプルシェンコが引退したが復帰!4回転ジャンプの成功率ほぼ100%という脅威の選手であります。

そして、スピードスケート1000b1500b団体追い抜きに出場する天才中学生の高木美帆選手
この選手なんとスケートだけでなく女子サッカーU-15の合宿に参加したり、ダンスが得意だったりとスポーツ少女らしいです!!

500b1000b岡崎朋美選手も注目です!38歳にして前回大会ほんのわずかの差でメダルを逃し今回の五輪ではきっとメダル獲得してくれるでしょう!!

あとカーリングのチーム青森にも期待してます♬〜

2010年は五輪もW杯もありまさにスポーツイヤーですね楽しみです!

では、次回は関口舞さんです〜♬よろしくお願いします★

                                【小林 あずさ】
posted by スポダイ at 23:34| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

【スポダイコラム第31回】

テストがっ!!レポートがっ!!


無事に成人式も終え、ホッと一息つきたいところですが、テスト・レポートが山積みです。グダグダなんてしてられないはずの現状なのですが、実際は休憩ばっかりで全くはかどりません。音楽聞いてしまって気付けば1時間経っていたり、アンタッチャブルのPodcastで笑い転げて深夜1時を過ぎているなんて事は当たり前。
一見無駄な事の多いように見られがちなこの「休憩」。そんな時間の中で何となく作っていたものが、多方面からの支持を得ました。なんか嬉しかったですね


「写真はいじってなんぼ」有名な誰かが言ってましたね。
blogphoto.jpg
コラージュソフトを使ってしまえば簡単に出来てしまいますが、1つずつはり合わせて完成させました。


カメラマンからフォトグラファーに

写真は撮るだけじゃなく、撮った後も楽しい
やっと気が付けました。



今からレポートがんばります。
【萩原亮吾】

posted by スポダイ at 11:05| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

【スポダイコラム第30回】

1月13日(水)
 皆さん新年あけましておめでとうございます。そして、2010年もスポーツ大東編集部をよろしくお願いします。 

 さて、今回のスポダイコラムを担当させていただくのは2年の北原拓也です。私事ですがここ数日前から体調を崩してしまい昨日の更新ができなかったことを申し訳なく思います。新年明けてから急激に気温が低下した日々が続いているので皆さんも体調管理に重々気を付けていただきたいです。

 
 このコラムも30回目を迎え数を重ねてきたぁと感じます。新年一回目だしやはり今回は箱根駅伝について書こうかなって思いましたが自分も大好きでよくテレビで見る『大相撲』について書きたいと思います。
 

 先日、初場所が両国国技館で開幕しましたが大相撲は一年間で6回本場所が開催されます。1月初場所・5月夏場所・9月秋場所は国技館で他には3月春場所は大阪府立体育会館・7月名古屋場所は愛知県体育館・11月九州場所は福岡国際センターと2ヵ月周期で行われます。
 平成の若貴ブーム時は6年連続満員御礼という集客を誇り、その後横綱不在の時期が続き人気が低迷してしまうが大相撲にとって久々の横綱誕生が朝青龍関です。また白鵬関も横綱昇進を決めこの二人の強さが相撲人気を復活させたといっても過言ではありません。

 
 ところで皆さんは相撲の番付はすべてご存知ですか?よくテレビ放送で目にする階級は横綱・大関・関脇・小結・前頭・十両で十両以外は幕内と呼ばれます。また小結以上を三役、前頭を平幕と呼びます。テレビでは放送されませんが幕下・三段目・序二段・序ノ口と番付があり序ノ口は新規入門力士が多く存在します。
 

 ただ、力士が給与を手にできるのは十両以上の番付になる。そのため幕下から下の力士は無給であるので十両昇格を目指し奮闘している。力士の給与は月給制であり十両は103万円、平幕130万円、三役169万円、大関234万円、横綱282万円が支給されている。この幕内にずっといるということだけでものすごく大変なことであり本学出身の武州山関(現前頭6)も小結昇格へ頑張っているところです。
 

 先日、大関魁皇関が幕内歴代1位の808勝という大記録を達成しましたがただでさえスポーツの中でも寿命の短い相撲界でこの快挙は素晴らしすぎる記録であります。皆さんも記録や歴史、大相撲のシステムを知った上で観戦してみるとまた違った見方ができると思います。ちなみに自分は横綱朝青龍関の大ファンです(笑)
 
 
 今年もスポーツ大東編集部は内容の濃い取材をし、よりよい新聞を作成していきたいと思いますので改めて2010年もよろしくお願いします。

【北原 拓也】
posted by スポダイ at 15:58| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

【スポダイ定期コラム第29回】

こんばんは。1年大川内です。


今回でコラムを書くのは2回目になりますが、すでに何を書こうか困っています(((゜Д゜;)))


とりあえず今年もあと3日となりましたので、今年の出来事を振り返ってみたいと思います。

そういえば3月まではまだ制服をきていましたw(゜0゜)w
この季節にミニスカートなんて今では考えられませんね...
(だけど制服を着てディズニーランドへいくのはいまだにあきらめていません。ごめんなさい。)


4月に大学に入学し、スポーツ大東編集部との出会いがありました\(^0^)/

私は訳あって剣道の道場を辞めたのですが、そのときに狭い世界の中でしか物事を考えることができない大人にはなりたくないと強く思いました。
そのときに入学式でもらったスポダイを読んで、剣道以外の世界の人と関わるにはこの部活に入るのが一番手っ取り早いと思いました。
結局剣道担当なので剣道に今でも関わっていますが、他の部活を見に行ったことで選手目線としてでなく見る試合の楽しさを知り、記事を書く際には、何か専門的にやってきたスポーツがあって良かったと感じることができました(=^▽^=)


授業のレポート課題やアルバイト、記事に割り付けレイアウトとやることが盛りだくさんで辛い時期もありましたが、濃ゆ〜い部員のみなさんに支えられなんとか続けています。
ただ、あまりにも部員のみなさんが好きすぎて家に帰らずさまざまな人に迷惑をかけてしまったことが反省点であります(-.-;)

しかし、剣道以外にこれだけ熱中できるものに出会えたことは自分の中で大きな変化であり、とても嬉しいことです。

12年ぶりに竹刀を全く握らない日が続き、かわりにカメラとペンを握ることが増えました。


まだまだ記事も写真も納得のいくものではありませんが、スポダイに入ったことに後悔はしていません!!


来年は、負けてしまった試合でも、選手が一生懸命に戦ったその熱い思いを多くの方に伝えられるよう、結果だけでなくその試合の雰囲気や選手の気持ちを感じ取れるようになろうと思います。


スポダイの活動としては年明けに箱根駅伝取材という一大イベントが待っています!
箱根の感動を伝えるべくみなさんがんばりましょう(*^o^)乂(^-^*)


それでは来年もスポーツ大東編集部をよろしくお願いします。
みなさんよいお年を(^-^)ノ~~

【大川内梢】

posted by スポダイ at 17:02| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

【スポダイ定期コラム第28回】

スポダイの皆さん!日本の皆さん!世界の皆さん!
メリークリスマス!今回のコラムは1年の池本大起が担当します。

 今週はまさにこの行事です。街の至るところでクリスマスツリーが飾られていたり、飲食店のメニューがクリスマス限定だったりと・・・。

 しかし、一番こころに残るのはクリスマスソングではないでしょうか。これもまさにどんな所でも流れていますよね。
 私はラジオが大好きで朝起床したらラジオ、家に帰ったらラジオ、と俗に言うリスナーです。(テレビを見ないというわけではありません。)
12月に入った途端、一気にクリスマスソングが多く流れ、もうこの季節が来たんだなとしみじみ思っていました。


 ということで今回は「ラジオ」をテーマにしたいと思います。(クリスマスといきたいところですが・・・)

 
 私がラジオを好きに聴くようになったのはここ4年位とまだ浅いです。それ以前はあまり興味がありませんでした。小さいときから親が運転する車の中では必ずラジオ。カーナビがついていなかった我が家の車はラジオばっかりで好きではありませんでした。その頃はカーナビでテレビを見るというのが車の中での一番の贅沢だと思っていました。


 転機が訪れたのは高校受験の年である中学3年生。受験なので親に自分の部屋にあったテレビを没収させられたのです。テレビ好きあった私にとって苦痛でした。勉強もあまり持続せず、ある休憩中にふと部屋にあるラジオのスイッチを入れてみました。はじめははっきりと聴いていませんでしたが、あるリスナーさんからのメッセージをDJさんが読み始めて聴いてみると自分と同じ受験生のリスナーさんでした。その後のメッセージからも多くの受験生が聴いていることが分かり、入試が不安とかお互い励ましあうコメントが数多くありました。そのメッセージに返答するDJさんが1人のリスナーだけでなくすべての受験生に対してのエールだと感じ、とても励まされました。


 高校入学後からは毎日ラジオを聴くようになり、今では東京に住んでいるのでたくさんの放送局がありラジオに関してはすごく充実しています。みなさんも、ラジオのスイッチを入れてみてはどうでしょう。生活が少し変わると思いますよ。


読んで頂いてありがとうございました。

あと先日の忘年会、ご参加頂いたOB・OGの方々。本当にありがとうございました。今後もスポダイをよろしくお願いします。

【池本大起】
posted by スポダイ at 15:36| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする