2012年07月04日

【104回スポダイ定期コラム】

今回コラムを担当させて頂く福岡県出身ですが大分県を超えなく愛している鵜木祥です。
大分県と言えば大分県出身の有名人指原利乃ことさっしーがHTK48に左遷されてしまいましたがJ2大分トリニータが大分県を盛り上げて行きます!!現在J2堂々の3位J1昇格に向けてまっしぐらです。

さて話しは変わりますが今回は「日本ラグビー界」について話しを進めていこうと思います。
皆さん現在日本ラグビー界が抱えている現状をご存知でしょうか?現在ラグビーは低迷期に入りつつあります。お正月の定番である大学ラグビーの準決勝や決勝では1万人ほどしか観客が入らなかったのです。この出来事は自分にとってとてもショッキングな出来事でした。そしてその理由も明確であったからこそ倍ショックでした。
その理由とは明治・早稲田・慶応の伝統ある3校が準決勝・決勝に出場していなかったからです。
伝統の早稲田―明治は4万人入り先月行われた日本代表―トンガ代表は7500人というのが日本ラグビー界の現実です。このことは、日本ラグビー界にとって永遠の課題になると自分は考えています。
大学ラグビーというか早稲田、明治、慶応の3校に魅力を感じ日本代表のラグビーには魅力を感じていない何よりの証拠です。しかし、やっているラグビーのレベルは日本代表の方が上です。
こんなこと他のスポーツでは考えられないことです。日本代表試合より大学の試合が観客が多い事なんてありますか?

この事を改善しない限り2019年日本でのワールドカップは成功しないと思います。
自分はこのワールドカップを楽しみにしているからこそ日本ラグビー界には改革が必要であり日本代表そして・トップリーグを見に行ってほしいと思います。
皆さんも是非日本代表の試合を見に行ってみてください!(大東ラグビー部の試合も見に来てくださいね。)

次回のコラム担当は中島考一です。


【鵜木 祥】
posted by スポダイ at 22:09| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

第103回スポダイ定期コラム


はじめまして! 2年生からスポダイに入部した小島愛理と申します!
わからないことだらけの中、大変恐縮しながら編集会議に参加しております(笑)

そんな私ですが先日、北坂戸駅にある龍門という中華料理店に行ってきました(^^)

ファイル10013.jpg

駅の西口を出て目の前にあるこちらのお店。
その日私は19時頃に入店したのですが、平日の夜だというのに席はほぼ満席目
店を出るまでの間、代わる代わるお客さんが入店していましたひらめき

優柔不断な人はとっても時間がかかるかも…?豊富なメニューから悩み悩み選択し、
牛肉のカキソース炒め丼(?)を注文。
…すみません。商品名はあいまいです(泣)

ファイル10015.jpg

なんとこの商品、注文してから数分で席に運ばれてきました!
値段は600円(・ω・)☆!
ボリュームもあっておいしかったです^^晴れ





編集会議…だんだん発言出来るようになれると良いな…
これから成長したいと思います(*^o^*)♪

では、次回は鵜木祥が担当します!


【小島愛理】
posted by スポダイ at 17:23| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

【第102回スポダイ定期コラム】

こんにちは。今回のコラムは先週の高見澤さんに続き、同じく新入部員の田坪翔吾が担当します。

6月も下旬に入り、初夏の陽気を感じるようになりました。暑がりである私にとっては嫌なシーズンの到来です。そして、嫌なシーズンと言えばもう一つ。それは「期末試験」です。

大学生活も早いもので3か月が経とうとしています。履修しているどの科目も期末試験までの折り返し地点を過ぎ、いよいよ試験勉強に本腰を入れなければならなくなってきました。高校時代は試験前日しか勉強してなかったものの、辛うじてクラス順位の10傑に滑り込みセーフといった感じでした。しかし、これはあくまで高校の時の話。大学ではこんな様では通用しないと思うので計画的に勉強して単位を落とさないように頑張りたいと思います。

そんな私が今一番恐れている科目が倫理学です。シラバスには「生きる意味の探求と創造」とあり、序盤は今まで自分が考えたこともなかった事を深く考えるのが凄く楽しくて「これは履修して正解だった。」と思っていたのですが…。

しかし、今となってはソクラテス・プラトン・アリストテレスなどといった哲人を扱い、「これ思いっきり哲学じゃん」とツッコミたくなるような授業に発展。レジュメには難しい日本語や訳の分からないギリシャ語がたくさん書かれており、レジュメを見ることさえも嫌になってきました。それに4限ということも災いし専ら睡魔と闘う授業になってしまいました…。言うまでもなく、ヤバいです。

ですが、今後の為に単位は落としたくないので嫌々頑張りたいと思います…。

初めてのコラム。文章がおかしな所があるとは思いますが、温かい目で読んでいただけたらと思います。次に投稿する時はもっとまともな内容を書きたいと思います。不束者の私ですがこれからも宜しくお願いいたします。

次回のコラムは2年生ルーキーの小島愛理先輩です。お楽しみに!

【田坪翔吾】



posted by スポダイ at 22:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

第101回スポダイ定期コラム

大学生になってから早2ヵ月、スポダイの説明会に行って入部を決めてから1ヵ月余りが経ち時の流れは早いものだなと実感している今日この頃です。
さて、第101回という大台に乗った今回のコラムは新入部員である高見澤杏奈が担当させていただきます。長野県の片田舎から出てきた田舎娘ですがどうぞ以後お見知りおきをお願いします!

長野といっても広いので県内でも温暖差はかなりあるのですが、なまじ避暑地と呼ばれるほど涼しい環境で育ってきたので梅雨が明けたらものすごく暑くなるよという友人の言葉にはとてつもない恐怖を覚えます。夏を乗り切るいい方法をご存じな方がいらっしゃいましたら是非教えてください。

ところで夏と言えば私の中では「時をかける少女」という映画が真っ先に出てきます。中学生だったときに友人に勧められて見たのですが、夏真っ盛りのザ・青春といった映画です。その映画の中で一番印象的な言葉は「Time waits for no one」というものです。映画のキーワードにもなる言葉なのですが実際私も最近になってとてもその言葉の重みを実感します。大学生は自由の時間が多いことが利点でもあるけれど、その時間を怠惰に過ごし無駄になってしまう可能性も大いにあります。自由の時間をいい意味で使える充実した生活を送れる人間に是非ともなりたいものです。


まとまりのない文章となってしまいましたが、そこは新入部員ということで大目に見ていただけると嬉しいです。次に担当が回ってくるときには今より進化したものが書けるように精進します!

次回のコラムは同じ新入部員の田坪翔吾が担当します。お楽しみに!

【高見澤杏奈】
posted by スポダイ at 21:56| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

【スポダイ定期コラムあるふぁ】

スポダイブログをご覧みなさん、いかがお過ごしですか。
昨日、100回目のコラムを更新しながらJRの遅延と「授業に間に合わないのでは」という焦りの2つと戦っていた山本貴之です。

先述のとおり昨日定期コラムを更新しましたが、本日は昨日のコラムに関する追加情報がありますので『定期コラムあるふぁ』として掲載させていただきます。

スポダイブログ内にある2009年5月21日の記事に『 「大東スポーツ」継承 』というタイトルの記事があります。昨日、雑誌のことについて書きましたが、今回紹介させていただく記事は雑誌の40号記念として当時の編集長が雑誌創刊時のメンバーにインタビューをした記事です。
リンク: http://supodai.seesaa.net/article/119952043.html

雑誌創刊時の大東スポーツのことやスポダイのいろいろなどがわかる記事となっています。ぜひ、こちらもご覧ください。
また、ブログ内にて記事検索ができます。過去の試合結果はもちろん、特集記事などもスポダイブログにはまだまだあります。いろいろな記事が検索できますので、ぜひこちらもご活用の上、大東スポーツの歴史に触れていただければ嬉しい限りです。

昨日の繰り返しになってしまいますが、今後もスポダイをよろしくお願いいたします。


【山本貴之】
posted by スポダイ at 19:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

【第100回スポダイ定期コラム】

この頃、寒暖の差が大きくなってきましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、今年入ってから定期コラムを一度も自宅で更新していないことに気づいてしまった山本貴之が担当させていただきます。
ちなみに、前回は1日中外出していたため外出先で更新。今年2回目の担当となる今回は、おそらくスポダイ史上初!朝の湘南新宿ラインの車内から更新します。
どうでもいいですよね。すみません。

突然ですが、今日2012年5月17日は何の日でしょうか?
なんと、このスポダイ定期コラムは
100回目の連載を迎えました!!!
つまり、スポダイ定期コラム100回目の記念日でございます。

2009年5月12日に第1回が掲載されてから3年と5日。これまで現役部員と既に引退された先輩方、合わせて27人がこの定期コラムを書いてきました。(いずれも、スポダイブログ内にある記事検索で「コラム」と検索したところによる調べ)
定期コラムの前には不定期という形で行われていたようですし、定期コラムが始まってからも一昨年と昨年には、それぞれの年に引退された先輩方が引退される前に通常の定期コラムとは別枠で書かれたものもあります。

ちなみに、定期コラムが始まったとき、今年の3年生は高校3年生でした。僕個人としては、まだスポダイのこと自体を知らなかったのはもちろん、大東文化大学に進学するとも思っていませんでした。さらに言ってしまえば、どういう分野を大学で学びたいかが決まっていただけで、どの大学を受験するかも全く決まっていませんでした。
こうして考えると、定期コラムのみで積み重ねた100という数字。 とても歴史を感じます。

とはいえ、スポダイの歴史はもっと長いもので、年4回発行している新聞は230回、年1回発行している雑誌は43回をこれまでに発行してきました。

先日、授業に必要な資料を読むため東松山校舎図書館の地下2階に行ったときのことです。
たまたま、必要だった本の近くに「スポーツ大東」と書かれた抄本がありました。それを手に取ってみてビックリ!なんと、雑誌のバックナンバーが第1号からすべてありました。
現在はオールカラーで発行している雑誌ですが、第1号は緑色の表紙で中はすべて白黒印刷。その時にすべてを読んだのではないのですが、日頃取材でお世話になっている監督さんの名前や写真もありました。今では行われていない運動会の様子についての記述もあり、改めて大東文化大学や運動部の歴史の長さを感じました。

日々の取材・Twitterの導入や運用・新聞や雑誌の製作など、自分たちがこれまでに行ってきたスポダイでの活動。これらがこれまでに築いてきたスポダイの歴史に刻まれていて、自分たちがこれから行っていくであろう様々な活動がスポダイの歴史を少しずつ刻んでいくんですよね。
今までのことを感慨深く思うとともに、これかも頑張ろうという身の引き締まる思いです。
新聞・雑誌・スポダイTwitter・このスポダイブログなどを含め、今後もスポーツ大東編集部をよろしくお願いいたします。

次回は、和太鼓の経験もある鵜木祥が担当いたします。お楽しみに。


【山本貴之】
posted by スポダイ at 09:11| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

【第99回スポダイ定期コラム】


 GWも終わり、学校や会社に行く毎日が戻ってきましたね。長い休み明けの1週間はなにかとツライものです。
 さて、今回のコラムは今日約8年ぶりにリコーダーを吹いた土沼菜見子が担当します。そうなんです!吹いたんですよリコーダー。教育学科に所属する私は音楽の授業をとっているので、その授業の一環でソプラノリコーダーの練習をしました。先生たるものリコーダーくらいは吹けないと!ですが、小学校以来のリコーダーにかなり苦戦。指使いは覚えてないは、伴奏についていけないはでかなり外れた音を吹いていた私です。すみません・・・。それにしても、大学生が一斉にリコーダーを吹く様子はかなりシュールだったに違いないですね(笑)

 音楽の授業もそうですが、大学3年生になり、専門科目が増えてきたことで将来や残りの大学生活を考える機会も増えてきました。夢にむけて勉強を始めた仲間を見て焦ることもしばしばです。
 先日、この春から社会人になった同級生と会う機会があったのですが、「学生いいよね。学校に行けば友達に会えるし、楽しいし。私も学生やりたい」といった言葉をもらいました。確かに、授業に出る以外は自由気まま。大学生はすごく贅沢な時間を持っています。でも同時にその時間を生かし切れていない自分がいることにも気がつきました。大学1年のころは、勉強も部活もバイトもあんなにがむしゃら?だったのに今は時間を持て余している気がします。このままだと、振り返った時に「あの時あれしておけば良かった」と思うことになりそうな気が。それだけは嫌なので、もう一度原点に返ってガツガツ活動したいと思い直しました。

 そして、話は変わりますが、スポダイ新入部員まだまだ募集中です。白熱のプレーを見れて、新聞を作れて、写真も撮れる。こんなにいろんな種類のことができる部は珍しいと思います!ぜひ一度お試しください!
 また、今週末も各部の大会が多くあります。どの部も昇格や勝利を目指し奮闘中です。会場がお近くの方は是非応援よろしくお願いします。ちなみに私は関東インカレの取材に行く予定です。大東が活躍しますように!

 次回のコラムは記念すべき100回目のスポダイコラム!担当は山本貴之です。

【土沼菜見子】
posted by スポダイ at 00:06| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

【第98回スポダイ定期コラム】

4月が終わり、ゴールデンウィークに突入しましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回のコラムは冨田が担当します。

 大学生活3年目になり、時間管理が甘くなっていると感じています。これは昨年から感じていたのですが・・・
 例えば取材に行く場合、試合開始の30分前に到着し、選手や監督に挨拶し、カメラの準備ができればいいのですが、私はまだ余裕がある、まだギリギリ行けるというようになかなか出発せずに、試合が既に始まっていることがよくありました。この遅刻が一人取材のときなら誰にも迷惑をかけていないのですが、後輩と一緒に取材に行く際にもしばしば遅れてしまうことがありました。これに関しては時間管理の甘さに加え、後輩だから待たせても大丈夫だろうという気持ちもありました。非常に申し訳ないです。
 勉強面で言えば、テスト勉強の計画をたてるものの、明日からやっても間に合うだろうというように、少しずつ予定がずれていき、結局テスト前日の夜に徹夜するということがよくあります。一度だけですが、徹夜の疲れが出て必修課目のテストに寝坊してしまったこともあり、時間管理の大切さを身をもって実感しました。
 今年度はスポダイラストイヤーになるので、時間管理のような基本的な部分をしっかりすることはもちろんですが、今までの先輩方のように行動で後輩にお手本を示せるよう日々頑張っていきたいです。

次回の担当は土沼菜見子です。お楽しみに!!


さて、ここでスポダイの宣伝をしたいのですが、まだまだ新入部員を募集しております。
5月中も毎週月曜日17時から8214教室で説明会を行います。

スポーツにあまり興味がなくてもスポダイはとても魅力的な部活だと思いますよ!実際、私も詳しいわけではないので・・・
そして、2年生からの入部も大歓迎しております。

質問がありましたらお気軽に supodai4@yahoo.co.jp までご連絡ください。
Twitterアカウント:supodai

Twitterの方もよろしければフォローお願いします。

【冨田訓史】
posted by スポダイ at 01:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

【第97回スポダイ定期コラム】

 みなさん、こんにちは! 3年の大村です。
暫くコラムの更新が滞ってしまい、読者の皆様にお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

 新年度が始まってまもなく1カ月。
 入学式での新入生への勧誘ビラ配りに始まり、板橋校舎での授業開始や前回のコラムにも出ていたお花見など、いろいろなことがありました。
 部活動の面でも新しい体制での活動が始まり、毎回の会議は充実したものになっていると感じています。
僕自身も、新たな役職に就いたことで様々な仕事がでてきて、これまでより部活動と向き合う時間が増えました。今後新入部員を迎えてさらに活動を活発なものにしていきたいと思っています。

 本学運動部の活動も本格的に始まっていますが、プロスポーツのほうに目を移すとプロ野球も開幕からまもなく1カ月が経ちます。
 26日終了時点でセントラル・リーグは、首位ヤクルトを中日、阪神が1ゲーム差で追う展開。パシフィック・リーグは首位が日本ハム、2.5ゲーム差で2位ロッテ、さらに0.5ゲーム差で3位ソフトバンクとなっています。セ・パ両リーグとも4位以下が少し離されてしまっている感もありますが、まだ始まったばかりですから、それほど気にする必要もないのかもしれません。
 しかし、私事で恐縮ですが応援している広島の調子が上がってこないことには気をもんでいます。
 詳しい戦力分析などは僕にはできませんが、明らかに見てとれるのは打線が低調だということです。開幕前、ある解説者から「若手選手の活躍によっては面白い存在になる」との評価を受けていましたが、シーズンの出だしはつまずいてしまったという感じです。“投手陣の頑張りにぜひ応えてあげてほしい”というのが、いちカープファンとしての思いです。
 とはいえ、前田健太投手のノーヒットノーランや、堂林翔太選手のプロ初ホームランなど、明るい話題も出てきています!!
 よく5月の大型連休以降に調子を落とし、“カープはコイ(こいのぼり)の季節まで”と言われることが多いですが、今後チームの流れが上向いてくれることを願っています!

 次回の担当は冨田訓史です。

 【大村 和寛】
posted by スポダイ at 12:38| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

【第96回スポダイ定期コラム】

 こんにちは〜関東では先週末からお花見シーズンですね!
てことで土曜日に人生初のお花見に行った山田がコラムを担当させていただきます。

 部活の新しい監督と部長さんが企画してくれたお花見は寒かったけど美味い料理が食べられてとっても楽しかったです。
hanami1.JPGhanami2.JPG
 ▲藤井部長夫妻による手料理。他にも本格ビーフシチューなども食べました。

 そして金曜日に板橋校舎で4月号反省会と活動方針を話し合う会議があり、多ヶ谷監督と土沼編集長を中心に進行していきました。
そのとき監督はみんなにある課題を出してきました。

「大東スポーツを今よりもっと盛り上げるには何をするべきか?」
これはスポーツ大東編集部の活動目的であり、今までは新聞を発行して多くの読者に見てもらうことだけと思ってました。
しかし、多ヶ谷監督はそれだけではないと知っているようです。まだ自分の中の答えは見つかりません。
ただ、1つ思うことは外側(運動部・成績)ばかり気にするよりも内側(部員・選手)に眼を向けて、まず読者に選手を好きになってもらい
それからその運動部を好きになってもらうことが大事なんじゃないかなと思います。

 そのために始めは「スポーツ大東編集部」という部活を好きになってもらうしかないと思います!
スポダイをより身近に感じてもらえるためにTwitter(supodai)で読者から取材して欲しい部活や選手を募集します。その際フォローもお願いします。
会議で採用されればブログやTwitterで紹介させていただきます。

それから1・2年生対象に新入部員の募集もしています。興味があったら一度連絡をして、説明会もしくは仮入部に来てください。

次回からは新3年生の大村和寛先輩です。お楽しみに〜

【山田 純平】
posted by スポダイ at 17:15| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

【第95回スポダイ定期コラム】


こんばんは!!

今回のコラムは、時間割の作成に悩んでいる保泉が担当です。


4月1日は本学東松山校舎で入学式が挙行され、私は1年生のガイダンスに
アシスタントとして出席しました。これから始まる大学生活に新入生は期待と不安
でいっぱいではないでしょうか?
 
私が大学に入学するにあたって不安だったことは、通学です。高校は自転車で5分と
目と鼻の先に学校がありましたが、大学は電車とバスで2時間と今までの何十倍もの時間
をかけて通うため不安でした。一人で電車に乗る機会もほとんどなかったため、正直電車の
上りと下りの意味もわかりませんでした。恥ずかしい話ですね(笑)
部活見学で初めて板橋キャンパスに行ったときは、本当に不安でした。どうに帰ればいいのか
わからずオドオドしてましたが、多くの方の手助けがあって無事に家までたどり着きました!!
こんな私ですが、1年間スポダイで取材に行くことですっかり電車にも慣れました。

これからスポーツのシーズン到来です!!スポダイでは新入部員大募集中です。
新入部員と一緒に取材も行きたいです。興味のある方ぜひ一度説明会へ!!

さて、次回の担当はいつでもこだわりを持っている山田純平です。
お楽しみに!!

【保泉 友美】




posted by スポダイ at 18:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

【第94回スポダイ定期コラム】

 こんばんは。
更新が少し遅れてしまい申し訳ありません。
今回は毒舌キャラ(?)の福光が担当させていただきます。
自分としては毒舌のつもりはないんですけどねぇ。
ただ物事をはっきりさせたいだけです。
でもせっかく毒舌と紹介されたので毒舌っぷりを発揮しておきましょう。
 
中島君、普通に真面目に学生生活を送っていたら単位くらいとれると思うよ(^O^)

失礼いたしました(笑)
さて、私事ではありますが、今日はずっと欲しかった漫画を買ってまいりました。
その漫画とは、日向武史さんの「あひるの空」です。
一気に7巻買ってきて一気に読んでしまいました!
あひるの空はバスケットボールを題材とした漫画で、
身長の小さな主人公が不良だらけの高校のバスケ部を立て直してインターハイを目指していくという漫画です。(簡単すぎてすみません)
これがもうワクワクドキドキで面白いんです。
バスケットボール漫画といえば「スラムダンク」というすばらしい作品がありますが、
あひるの空も負けてはいません! どちらも人生の教科書です!
私はスポーツを題材とした漫画をよく読むんですが、読むとなんとなく勇気が湧いてきて自分もなにかやってやろうという気持ちになります。
改めてスポーツっていいなと思いました。
あひるの空は現在34巻ぐらいまででているので集めていこうと思います。
ぜひ皆さんも読んでみてください!
「あひるの空」「スラムダンク」以外にも「ダイヤのA」「MAJOR」「エリアの騎士」もおすすめです!

漫画はどれも高校が舞台のものが多いのですが、
現実の世界では漫画に負けないくらいドラマチックな大学スポーツの熱い季節がやってきます!

選手たちはさらにレベルアップした姿を見せてくれるでしょう。
さらに注目の新入生もたくさん入ってくるようです!
今から取材に行くのが楽しみで仕方がありません。
そして自分もたくさん取材に行き良い記事を書けるように努力していきたいと思います。

バスケ漫画大好きなんですが、バスケットボールはやったことは無いし、試合を見に行ったことが無いんですよねぇ(笑)
バスケをはじめとして、これからは様々なことにチャレンジしてみたいと思います!

漫画を読んだ勢いで書いてしまったのでまとまりのない文になってしまいましたが、お許しください。

さて次回は私と違い物静かな保泉友美が担当します!
お楽しみに!
posted by スポダイ at 01:19| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

【第93回スポダイ定期コラム】


こんばんは。
今回は名前の「考」がよく「孝」に間違えられる中島考一が担当します。
実際、鵜木にも間違えられてます・・・

さて、3月も下旬に差し掛かってきて徐々に春が近づいてきてるのではないかと思います。
スポーツ界も来週の30日にはプロ野球が開幕しますし、今日は高校野球が開幕しました。
地元の浦和学院が久しぶりに勝ったので嬉しいです。


高校野球ですが、順調にいけば来月4月1日に決勝を迎えます。
その4月1日は大東文化の入学式の日でもあります。そして私たちは2年生になります。
入学してからの一年を振り返ると、とても早かったように思います。入学式が一カ月遅れたこと、
スポダイに入部したこと、前期で単位を落としたことなどの他にもいろいろなことがあったと思います。


私は大学に入学する際、自分選んで決めたことは全力でやろうと決めました。
どうせやるなら、いい加減にするよりも全力でやったほうが良いと思ったからです。
そのため、授業も部活も全力でやってきたつもりです。(単位は落としたけど・・・)

今年は後輩も入ってくるだろうし、先輩方に頼ってばかりにはいかないと思うので、しっかりしたいと思います。
また20歳になるので、大人としての行動を心掛けたいです。
大学入学時の初心を忘れずに授業も部活も他のことも全力で取り組んでいきたいです。


さて、次回のコラムは、意外と毒舌キャラの福光祥子が担当です。
みなさん、お楽しみに!!



【中島考一】


posted by スポダイ at 21:43| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

スポダイ第92回定期コラム

こんにちは。
今回のブログは一年の鵜木祥が担当します。

多ヶ谷監督から「マラソンの代表選考」についてというテーマを戴いたのでこの件について書きたいと思います。
2012年ロンドンオリンピックマラソン代表に選ばれたのが藤原新選手、山本亮選手、中本健太郎選手、木崎良子選手、尾崎好美選手、重友梨左選手の6人です。
今回の選考特徴はオリンピック経験者が一人もいないことです。
自分はこの選考について少し違和感を覚えました。日本においてマラソンの選考基準は「本大会において活躍が期待できる選手」と漠然としたものでした。

自分的に女子選考においてはこの3人で何も異論はないし、当然の結果だと思います。
男子選考は藤原選手、中本選手については納得できます。
しかし、山本選手はびわ湖マラソンで日本人トップになりオリンピック有力候補になりましたがこの結果は今回だけのものでありオリンピックで活躍できるかは全く未知数です


今回のように1回のレースで浮上してきた選手を即日本代表にしてしまうのは良くないことだと今回の選考で思いました。
ですが、選ばれたからにはしっかり調整をしてロンドンオリンピックを迎えてほしいです。
自分的には福岡の企業安川電機で走っている中本健太郎選手を応援しています。

次は一年生中島孝一が担当します。
posted by スポダイ at 22:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

【スポダイ定期コラム第91回】

こんにちは。
行動派かどうかはわかりませんが、スポダイ部員の中で終電が1番早い神奈川県民の財務担当・山本貴之が担当させていただきます。

さて、東日本大震災から1年が経ちました。
昨年、震災直後に定期コラムを担当させていただいたのですが、またこのタイミングで定期コラムを担当させていただけるとは思ってもいませんでした。
本来は7日(火)に更新すべきコラムでしたが、誠に勝手ながら本日3月11日に合わせて更新させていただきます。

スポーツ界全体においてこの1年間を語るとき、「スポーツの力」というものが、ひとつのキーワードになるのではないかと思います。それだけスポーツの力というものを強く感じた1年間でした。

思い返せば、震災の影響で中止になったり、日程・時間・大会形式に変更が生じたりした大会・試合がたくさんありました。
あるひとつの見方をすれば、スポーツを「娯楽」というとらえ方ができます。お金を払って観戦する。これは、スポーツを娯楽という側面から見る代表的な一例です。
震災直後に自粛ムードが広がったとき、スポーツもその対象となりました。試合や大会の会場事情、電力事情など物理面の原因もありましたが、スポーツを娯楽という側面からとらえたゆえの心理的な原因というのが大きかったのではないでしょうか。

その中で、春の選抜高校野球のように開催に踏み切ったもの、Jリーグやプロ野球のように遅れながらも早期に開幕に踏み切ったものなど、中止が議論されながらも行われたスポーツもありました。
では、なぜ震災直後の3月4月に開催できたのか。それは、「スポーツの力」というものがあったからだと思います。

スポーツには、勝敗を争う「競技スポーツ」と勝敗関係なく楽しむためや健康の維持・増進のために行う「生涯スポーツ」があります。では、メディアが毎日のように伝えている競技スポーツにあるスポーツの力とは何か。
それは、「観客の声援がプレーヤーに勇気を与え、プレーヤーはそれにプレーで応えるとともに、観客に勇気・感動を与える」ということです。

嬉しい思いをすることもあれば悔しい思いをすることもあり、時として厳しい言葉が飛び交うこともある競技スポーツ。これまでにたくさんの感動を与えてくれました。
これは、震災の有無に関係なく以前からありましたが、心を痛めたこの1年においてはより強く感じられるものとなりました。まさに、「スポーツの力」というものを再確認できた1年になったと言っていいのかもしれません。

今や日本の、そして世界の大衆文化に根付いたスポーツ。仮に勝敗を争うことや娯楽として楽しむことだけのものだとしたら、ここまで大衆文化に根付くこともなければ、スポーツの力などこの震災に対して恐らく無力だったでしょう。
しかし、スポーツの中に楽しさ・よろこび・感動があり、元気や勇気を与えてくれるからこそ、震災が起きた後もスポーツがこの日本から消えることはありませんでした。
そして、女子サッカー日本代表のW杯優勝などさまざまな競技においてこの1年、日本を元気づけてくれたのです。

これからも、スポーツがさまざまな勇気や感動を人々に与え、復興へ向かう日本を、そして人々を元気づけてくれることを期待したいものです。

次回のコラムは、普段はおとなしいけど語るときはスポダイ現役部員の中で1番熱く語る鵜木祥が担当いたします。
お楽しみ。


【山本貴之】
posted by スポダイ at 15:33| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

【スポダイ定期コラム第89回】


こんばんは。
コラムの更新が大幅に遅れてしまい申し訳ありません。
今回は土沼菜見子が担当します。

ごあいさつが遅れてしまいましたが、私が24年度の編集長を務めることとなりました。
新体制がスタートしてから数ヶ月。まだまだ模索状態の日々ですが、みんなで前向きにがんばっていけたらと思います。


さて、アツいコラムを期待されたのですが何を書こうかまだ悩んでいます(笑)
書きたいことはいろいろ思いつくのですが、それを言葉にして伝えることってなかなか難しいです。


世の中には名言と呼ばれるものがたくさんありますよね。ほんの短いフレーズなのに人の心をわしづかみにして、ずっと記憶に残る。すごい影響力を持っています。
「あきらめたらそこで試合終了」とか「芸術は爆発だ」とか、名言にも種類はたくさんありますが、みなさんは何かお気に入りの名言などもっているでしょうか?
私の好きな名言は「可能性。いつまでも持っていたい言葉だ。だけど、いつまでもしがみついているわけにはいかない言葉だ」というフレーズです。これは、ある小説に書いてあった言葉です。
可能性を信じていくことはすごく大切だけど、可能性にばかりすがってちゃ何にも実現しない。その可能性に見合う努力をしなきゃいけない。そんなことがこの言葉には込められているのではないかと思います。
高校生の時にこの言葉を見て感動した私は、教訓にしようと思い、当時の部活ノートにでかでかとこの言葉を書き入れたのを覚えています。


こんな名言のように人に何かを伝えられる、感動してもらえる記事を書けたらいいなと思いますが、まだまだ精進しなきゃですね。がんばります。


次回のコラムはスポダイきっての行動派、‘やまも’こと山本貴之が担当します。








posted by スポダイ at 22:32| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

【スポダイ定期コラム第89回】

こんにちは。
今回の担当は、ガムの噛みすぎでアゴが少し痛い冨田が担当します。


 テーマフリーだからこそ、このコラムには毎回苦戦しています。自分にとって書きやすいことをテーマにすれば、すぐに書き終えることができます。しかし、私はどうしてもこのコラムを読む人のことを意識してしまいます。この画面の向こう側に居る人はどんな人なんだろう。どんな話に興味があるんだろう。もちろん、スポダイブログを見てくれているということは、大東スポーツをテーマにして書けば、多くの人が関心を持ってくれると思います。しかし、それは普段書いているブログと変わらないので書きたくありません。そもそも、まったく面識のない人は私の書くコラムなどどうでもいいと思いますし、このコラム自体読んでいる人がいるのか分かりません。しかし、テーマが思い浮かばないだけで、私はこのコラムを書くことが楽しみなのです。

 私たちスポダイ部員が書いているのはスポーツ新聞の記事です。新聞という以上は客観的な事実を伝える必要があり、そこに記者個人の意見が多く書かれることはあまり無いと思いますし、様々なプレッシャーの中で文章を考えている人もいるかもしれません。しかし、このコラムに関しては筆者の考えや経験が大きく反映され、気楽に書くことができるので、普段書く文章とは一味違う楽しさがあると思います。各部員の書いたコラムを読むと1つ1つに個性があり、意外な一面も見ることができ、とてもおもしろいです。

 さて、話は変わりますが、インターネットってすごいですよね。ブログやTwitterなどで24時間誰かと繋がっていられるなんて!昔じゃ考えられないですね。

 Twitterと言えば、スポダイも遂にTwitterを始めました。昨年から使っていたのですが、来年度からは本格的に運用していく予定です。Twitterを使うことでより早く試合結果や、大東スポーツに関する情報を提供していくことができればいいなと思います。Twitterでできる企画なんかもあればやってみたいと思います。アカウント名はsupodaiです。是非フォローお願いします。


次回の担当は、頼れる新編集長の土沼菜見子です。どんなアツいコラムになるのでしょうか!?お楽しみに!

 
【冨田訓史】
posted by スポダイ at 03:51| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

【スポダイ定期コラム第88回】

みなさん、こんにちは!
今週は温厚で怒ると怖いと思われている(実際は違います、笑)大村が担当します。

「2月は逃げる」と言いますが、2月ももう中旬、半分が過ぎました。ついこの間が正月だったように感じますが、いつも月日が経つ早さには驚かされます。ここのところ少し気温の高い日が続いたことで、外に出てみると、春先の頃のような空気の匂いがしました。少しずつ春が近づいていることを感じるとともに、昨年や一昨年など、かつての今頃を振り返って懐かしく思いました。

さて、スポダイでは先週、冬合宿を行いました。内容は24年度最初となる4月の新入生歓迎号についてや、新たな役職の担当決めについてです。1泊2日という短い合宿でしたが、部員同士で酒を酌み交わしながらいろんな話をして楽しい時間を過ごすことができました。
今回の4月号は、この時期がシーズンとなるウインタースポーツや、昨年大きく活躍した部、さらに今までなかなか取り上げていなかった部、そして4月号恒例の部活動紹介という内容になっています。
24年度はこれまで取り上げることが少なかった、またはなかった部を積極的に取材して、部活動の様子や魅力について新聞やブログで伝えられれば、と考えています。

そのためには何といっても多くの部員が必要です。現在9人。早くも部員の中からは「最低でも10人」という声が上がっています。新入生歓迎号や勧誘活動を通じて多くの新入生に入部してもらい、人数に余裕をもって(笑)活動の幅を広げていきたいです。
24年度もよろしくお願いいたします。

次回は秀才かつ、スポダイきっての人気者である冨田訓史が担当します。どうぞお楽しみに!

【大村 和寛】
posted by スポダイ at 17:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

【スポダイ定期コラム第87回】

 おはようございます、
今回は春休みになってから布団からなかなか抜け出せない山田が担当します。

 私は曇り空で気が晴れないときに、テンションが上昇する音楽を聞きます。
特にお気に入りは「経験値上昇中☆」(みなみけOP)という曲です。

 この曲は、週刊ヤングマガジンに連載されているマンガが原作のアニメの主題歌です。
初めて聞いた時には合いの手が入ったりして賑やかな曲だなと思っていました。
数年が経過し、久しぶりに聞いてみると歌詞もいいことに気が付きました!

「伝えたいキモチを伝える努力しよう 息切れしないように深呼吸してね!
わがままも一人じゃ 上手く出来ないだからもっと 一緒にいたい 今が大好き」

伝えたいことは、その人に合わせた伝え方をするなど工夫する努力をしよう。
人はみんな違う価値観を持っているのだから、ワンパターンではだめ。
たまには余裕をもって、メリハリのある生活を送ろう!
一人で生きていくのは難しいから、お互いさまってことで助け合おう
だからもっと、一生に一緒にいられるような親友や家族を大切にして、今を生きよう。

少々深読みしてますが、他にもいいフレーズがあるのでぜひ聞いてみてください。

 この歌詞をいつでも思い出して、選手たちの活躍をたくさんの人たちに知ってもらう
努力をしたいと思います。スポダイにはわがままを言いますが、お互いにわがままを言い合って、さらなる新聞のレベルアップを目指していきたいです。


次回は、温厚な人だが怒ると1番怖そうな大村和寛先輩です。乞うご期待!



【山田 純平】
posted by スポダイ at 10:47| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

【スポダイ定期コラム第86回】

こんばんは!
今回のコラムは、最近チョコレートプリンにはまっている保泉が担当させていただきます。

 突然ですが、みなさん伊坂幸太郎さんをご存知ですか?
彼は2000年に「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し作家デビューしました。
その後、2004年に「チルドレン」「グラスホッパー」と次々とヒット作をうみだし、最近では2009年に「重力ピエロ」2010年には「ゴールデンスランバー」が映画化され今人気の作家です。


 私は正直あまり読書は好きではありませんが、そんな私でもすぐに伊坂さんの作品の虜になってしまいました。初めて読んだ作品は、「砂漠」という作品です。この作品は、大学に入学した男女5人がボウリング、通り魔犯との遭遇!?超能力対決(笑)と大学生活でともに経験した出来事や事件を通して絆を深め互いに成長していく爽快感溢れる青春小説です。

 伊坂さんの作品はどの作品にも必ずと言っていいほど心を揺さぶられる言葉に出会うことができます。
「砂漠」にも、もちろんでてきます。それは、卒業式で学長が学生に送った餞の言葉です。
「人間にとっての最大の贅沢とは人間関係における贅沢のことである」
本の中で主人公は、この贅沢を手に入れることができ、私もこんな贅沢に出会うことができたらいいなと思っていました。

 スポダイに入部し、1年生を見わたすとなんと5人!!しかも、男女構成まで「砂漠」とまったく同じで私は何か運命を感じこの中で贅沢に出会えるのではないかと1人で盛り上がっていました(笑)
この春にはきっと新入部員がたくさん入ってくるでしょう(笑)スポダイ全員でこの贅沢に出会うことができたらいいなと勝手に思っている今日この頃です。

さて、次回の担当はスポダイの裏番(?)山田純平です。お楽しみに〜!!


【保泉 友美】
posted by スポダイ at 21:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする