2015年11月15日

【男子ラクロス部】第28回関東学生ラクロスリーグ 3部→2部入れ替え戦 対上智大学

第28回関東学生ラクロスリーグ入れ替え戦
11月15日(日) 11:10
葛飾区総合スポーツセンター

やったぞ!念願の2部昇格!

大東 6−5 上智

  DSC_0345.JPG 
 ▲2得点を決めた小笠原  
  DSC_0412.JPG 
  ▲試合後の選手とチームスタッフ 
 3部リーグを全勝で終え、迎えたこの入れ替え戦。試合が始まり、しばらく均衡した状態が続く。第1Q終盤に小笠原諒がゴールを決め、本学が先制点を奪う。第2Qが始まると、小坂大志のゴールで1点を追加し、リードを広げる。しかしそこから相手に4連続で得点を許して逆転されてしまい、2−4で試合を折り返す。第3Qに入り、本学の川村圭人がシュートを決めると、主将の森田元のロングシュートも決まり、4−4と試合を振り出しに戻す。迎えた最終第4Q。先制点を奪った小笠原と木戸湧紀が連続で得点を決め、ぐっと勝利を近づける。その後1点を失うも、そのまま試合終了。試合終了のホイッスルとともに、本学のベンチと観客席からは歓声が沸き起こった。6−5で勝利し、この結果本学は2部昇格となった。

平戸俊介コーチ「選手たちが思い通り動いてくれた。逆転される場面もあったが先制点を取った流れがあったので気落ちすることなく最後まで戦えた。これから3年生以下の選手たちが2部に向けて頑張ってくれると思うので期待したい」

森田元主将「相手の方が実力は上だったので、相手より走って、得点を決めて、細かいミスをしないといったような当たり前のことをしっかりやるように意識した。最高の形で終えることができたので、チームのみんなに感謝したい」

小笠原諒「緊張していたが、後輩たちに2部という舞台を残そうと試合に臨んだ。先制点を決めてチームを勢いづけようと思っていたので、それができて良かった。後輩たちには2部でも臆することなく戦ってほしい」

小坂大志「他の入れ替え戦も接戦だったので厳しい戦いになることは予想していたが、チーム全員が勝てると思っていたし、リーグ戦全勝の勢いで乗り切った。来年は自分が引っ張る立場になるので、さらに上の舞台を狙えるようなチームにしたい」

近藤龍士「リーグ戦から期間が空いたが、きちんと練習して今日の試合に臨めたことが勝因だと思う。1年生のときに2部にいて、そのときは全く通用しなかった。そこから練習を積んで、どれだけ通用するか楽しみ」

坂口翔馬「相手の方がチーム力が上だったが、こっちにはリーグ戦全勝の勢いがあった。来年は最上級生として引っ張っていきたい」

谷内田雅樹「逆転される場面もあったが、しっかり守り切るという意識を持って集中して戦うことができたし、それが結果に表れた。4年生を笑顔で送り出すことができて良かった。来年は挑戦者という意識ではなく、2部で対等に戦える力を付けたい」


【櫻井理子 太田真澄 押鐘慧】
posted by スポダイ at 22:37| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

【男子ラクロス部】第28回関東学生ラクロスリーグ戦男子3部 対成城大学戦

第28回関東学生ラクロスリーグ戦
10月4日(日) 13:00
大東文化大学緑山グラウンド

序盤の劣勢をひっくり返し
入れ替え戦への切符を掴む!

大東 8−5 成城

DSC_3872.JPG 
 ▲勝利に喜ぶ選手たち
 入れ替え戦への切符をかけた今日の試合。本学のホームである緑山グラウンドには多くの応援がかけつけた。第1Qでは本学が連続で失点し、試合の流れが相手に傾きかける。しかし、小坂大志、木戸湧紀が連続でゴールを決めて試合を振り出しに戻す。続く第2Qでは本学の3連続ゴールが決まり、一気に相手を突き放す。激しい攻防を繰り広げ、6−4と本学のリードで試合を折り返す。後半の第3、4Qでも本学は着実に得点を重ね、試合終了のホイッスルが鳴る。本学は8−5で見事勝利し、欲しかった入れ替え戦への切符を掴んだ。本学は「2部昇格」という目標に、ぐっと近づいた。



平戸俊介コーチ「けが人がいた中で、穴を感じさせないゲームだった。主力のメンバーを欠いた状態で、勝たなければならない試合に勝てたことは入れ替え戦につながる大きなステップとなった。2部昇格が目標であり、入れ替え戦はようやくスタート地点なので、これまでの反省を生かして頑張っていきたい」

森田元主将「前日に主力メンバーがけがをしてしまうアクシデントもあったが、みんなで戦えた。自分たちは点をたくさん取れるチームではないので、失点を抑えようということを意識した。入れ替え戦の相手は強いと思うが、ビハインドの状況になっても食らいついて勝てればいいと思う」


【櫻井理子 小島健瑠】
posted by スポダイ at 22:03| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

【男子ラクロス部】第28回関東学生ラクロスリーグ戦男子3部 対玉川大学戦

第28回関東学生ラクロスリーグ戦
9月19日(土) 14:00
フクダ電子フィールド

開幕から負けなし
攻守がかみ合い勝利

大東 8−2 玉川
 DSC_0068.JPG  
  ▲4得点の活躍を見せた小坂 
  DSC_0064.JPG 
  ▲好守で勝利に導いた近藤 

 リーグ3戦目を迎えた本学は、開幕からここまで無敗。秋晴れのもとで試合開始。第1Qが始まってすぐに小坂大志(スポ科3)のゴールで1点を先制する。また、森田元(スポ科4)のロングパスがそのままゴールネットを揺らし、第1Qを2−0で終える。第2Qの中盤には再び小坂のショットが決まり1点を追加する。第3Qになっても本学の勢いが衰えることはなく、小坂や木戸湧紀のゴールで2点を追加。しかし、第3Q終了間際に連続で失点してしまう。そして迎えた最終第4Qでは小坂、木戸、山田憲一がゴールを決めて3点を奪った。ゴーリーの近藤龍士(政治3)の好守も光り、本学は8−2で勝利した。



森田主将「今日はコーチがいない中での試合だったので、メンバー同士で意見を出し合いながら動きを修正していった。次の試合は2部昇格のために大事な試合になる。目の前にある1試合をしっかり戦って2部昇格に向かっていきたい」

小坂選手「前半の集中力を持続できず、バタバタした試合になってしまったことが反省点。(4得点の活躍について)ディフェンスが上手くつられてくれたのでゴールできた。このチームなら絶対に2部に行けると思っている。残りの試合も絶対に勝ちたい」

近藤選手「(自身のプレーについて)今までの試合はあまり上手くいっていなかったが今日は自分のプレーをすることができて良かった。前日練習に付き合ってくれた1年生に感謝したい。自分が良いプレーをすれば勝てるので、しっかり準備して試合に臨みたい」


【櫻井理子 小島健瑠】
posted by スポダイ at 21:56| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

【男子ラクロス部】第28回関東学生ラクロスリーグ3部Cブロック 対東京経済大学戦

第28回関東学生ラクロスリーグ3部Cブロック
8月15日(土)
大井埠頭中央海浜公園第二球技場
対東京経済大学

                        初戦勝利

 8月15日(土)から関東学生ラクロスリーグで本学の戦いが始まった。初戦は東京経済大学と対戦し、5―4で勝利した。2部へと昇格するためには負けられない初戦を勝利で飾れたのは、本学にとっては大きな一歩となった。
 第1Qは試合開始直後から両校互角の戦いが続いたが、終了間際に相手に先制点を許してしまい0―1で第1Qを終える。
 続く第2Qも互角の戦いが続き、両校得点することはなかった。ところが、終盤に差しかかったところで、5番の坂口翔馬(3)が同点ゴールを決める。そしてその直後、22番の川村圭人(4)がゴールを決め2―1のリードで第3Qへ。
 第3Qは序盤から本学が勢いを見せ攻め続けた。そして、3番の小坂大志(3)が連続で得点を重ね4―1でリードを広げた。しかし、ここから相手が反撃。試合の主導権を奪われて、終盤に連続で2失点を許す。4―3でリードは守ったものの、相手のペースのまま試合は最終第4Qへ。
 第3Qに続き相手が試合の主導権を握る展開になると思われた第4Q。ところが第4Q序盤、18番の小笠原諒(4)が得点し、リードを広げた。その後失点を許すも5―4で試合終了し、初戦を勝利で終えた。

コメント
平戸俊介コーチ「初戦を勝ったのは嬉しいが、リーグ戦はまだまだ続くので、今度は1点でも多くとる。来年2部で戦うためには今よりもっと上手くなることが大事だ」

森田元(4)主将「今回の相手は練習試合で2敗しているし、昨年3部で1位だった相手に勝てたのは良かった。ライドが上手くいき攻める時間を確保できた。昨年は得失点差で入れ替え戦に進めなかったので、今年は得失点を意識して勝ちきりたい」

小坂大志「試合で勝てて嬉しい。1対1での戦いが得意なので、今回は自分からしかけていったからこそ、2得点につながった」












更新が遅くなり申し訳ございません。
小島健瑠

posted by スポダイ at 01:15| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

【男子ラクロス部】第27回関東学生ラクロスリーグ戦 男子3部 対茨城大学戦

第27回関東学生ラクロスリーグ戦男子3部
10月13日(月)12:30
東京大学検見川総合運動場
                       大量リードで勝利
 台風が近づいて小雨が降りグランドの状態が悪い中でリーグ最終戦が始まった。
 試合が動いたのは開始直後、本学の山縣亮(スポ科4)が先制点を決める。するとそのまま大東大ペースとなり第1Qで4得点をあげた。続く第2Q中盤で相手に1点を返されるもその後は本学が得点を連取。主将の井村直樹(スポ科4)を筆頭に4得点をあげ、第2Qを終えた時点で8ー1となり本学がリード。さらに第3Qも本学が連続でゴールを決め14ー1で点差を広げる。そして迎えた最終の第4Qも本学が怒涛のゴールラッシュ。試合終了間際までゴールを決め続けて23ー1で本学はリーグ最終戦を勝利した。
 まだリーグ戦が全試合終わっていないため入替え戦へ進めるかは未定だが、今後も男子ラクロス部の活躍に注目したい。

 
コメント
井村直樹主将「入替え戦が決まる大事な試合で、目標点には達してなかったが、グランドの状態が悪い中でもチームの力でよく戦えた」


【小島健瑠】
posted by スポダイ at 21:24| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

【男子ラクロス部】第27回関東学生ラクロスリーグ戦 男子3部 対成城大戦

第27回関東学生ラクロスリーグ戦 男子3部
9月20日(日) 15:40
葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

入れ替え戦へ大きな一歩
リーグ戦2連勝!
   
  DSC_1064 (800x598).jpg 
  ▲好守を見せた近藤 
  DSC_1148 (800x531).jpg 
  ▲試合終了後に喜ぶ選手たち 

 冷たい雨が降る中で試合が始まったが両者得点することなく、こう着状態が続く。試合が動いたのは第2クォーター。本学の木戸湧紀が先制のゴールを決めると、坂口翔馬も続いてゴール。ゴーリーの近藤龍士を中心に安定した守備を見せ、第3クォーターを終えた時点で3−2と本学がリード。そして迎えた最終の第4クォーター。成城大のシュートが決まり同点に追いつかれたかと思いきや、前のプレーで成城大のファールがあったためノーカウントとなる。そこから本学は勢いを見せ、山縣亮と主将の井村直樹が連続で得点。そのまま逃げ切り5−2で勝利し、本学はリーグ戦連勝となった。




〈コメント〉

井村直樹主将「接戦になる予想はしていたので、毎クォーターで気を入れ直して一致団結した。今日は個人の能力というよりチーム力で勝てた試合だった。次の相手は同じブロックの中で一番のライバルなので、個人のスキルとチーム力を上げていきたい。次の試合に勝てば入れ替え戦に進めるので、絶対に勝ちたい」

NEXT GAME
9/28(日) VS慶應義塾高校 13:00 法政大学多摩キャンパス城山グラウンド


【櫻井理子 小島健瑠】
posted by スポダイ at 00:51| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

【男子ラクロス部】第27回関東学生ラクロスリーグ戦 男子3部 対学習院大戦


第27回関東学生ラクロスリーグ戦 男子3部
8/17(日)14:50
葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場

中盤から追い上げるも
リーグ戦白星スタートならず

    
   DSC_1056 (640x480).jpg 
   ▲活躍をみせた主将の井村(写真左) 
 集客試合ということもあり、たくさんの観衆と熱い応援の中で試合は始まった。
 本学は序盤、なかなかチームのリズムを作ることができず、学習院大に流れを渡してしまう。小笠原諒(英語3)がゴールを決めるも、第2クォーター終了時には1ー5と4点の差を付けられてしまう。しかし、第3クォーターに主将の井村直樹(スポ科4)が連続でゴールを決めチームに勢いをつけると、一時は2点差まで追いついた。終盤まで激しい攻防が繰り広げられたが、6ー10で学習院大が勝利。本学はリーグ戦初戦を勝利で飾ることができなかった。

〈コメント〉

山内康一郎監督「中盤にリズムは掴めたが勝てなければ意味がない。力不足と気持ちの問題だったと思う。次回に向けてしっかり戦う準備をして勝つためのゲームをしたい」

井村直樹主将「チーム全体が緊張してしまい、試合の入りが悪かったがチームのやりたいことは出来ていたし、それを続ければ結果につながると思う。自分たちがやってきたことの精度を高めていきたい」


NEXT GAME
9/4(木) VS淑徳大学 12:30 大井ふ頭中央海浜公園第二球技場


【櫻井理子】

posted by スポダイ at 23:16| 男子ラクロス部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする