2008年05月22日

バスケ部OB、勝又選手がレラカムイ北海道へ移籍

katsumata.png本学バスケットボール部OBの勝又穣次選手がレラカムイ北海道へ移籍することが発表された。

そう、レラカムイ北海道といえば今年3月に卒業し、今シーズンから同チームに入団した阿部友和選手が在籍するチーム。楽しみな1年となりそうだ。

勝又選手は4年時主将としてチームを支え、インカレ準優勝の立役者だった。

在学時のインタビュー記事(大学HPへリンク)

以下、スポーツ報知ホームページより一部抜粋
http://hochi.yomiuri.co.jp/hokkaido/sports/news/20080521-OHT1T00122.htm
 JBLレラカムイ北海道が、前OSGのセンター勝又穣次選手(26)=196センチ、105キロ=を獲得したことが20日、分かった。

 勝又は東野HCの北陸高の後輩。高校3年では主将を務め全国大会に出場。大東大入学後はパワフルなインサイドプレーに加え、ミドルシュート精度も向上、大学屈指のセンターに成長。4年のインカレは主将として臨み準V、敢闘賞に輝いた。

 勝又は、大学卒業後、04年にOSG(今季からbjリーグ浜松・東三河)入り。OSGでは位置的に重なる外国人選手などの兼ね合いで本来の力を出し切れず、昨季(チーム3位)も出場は5試合(先発1)20分間で、6得点、4リバウンドに終わった。外国人出場枠1となる今季、新たな可能性を求めレラカムイのオファーに応えた。

 勝又の加入で、各位置で力量差のない複数選手の交代出場が可能となり、昨季の課題だった「選手層の薄さ」も解消。目標のプレーオフ進出へ態勢が整った。

 ◆勝又 穣次(かつまた・じょうじ)1981年7月22日、新潟県出身。26歳。血液型A。足のサイズ32センチ。垂直跳び60センチ。99年世界ジュニア選手権代表。家族は両親と兄。196センチ、105キロ。


いよいよ来週27日は昨年本学が優勝した関東大学バスケットボール選手権の初戦です。シード校のためベスト16からの出場。18時20分から代々木第2体育館です。皆さんの暖かい声援を会場でお待ちしています。


posted by スポダイ at 08:42| 埼玉 ☁| OB・OG情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする