2021年06月20日

【軟式野球部】首都大学野球春季リーグ戦 武蔵大学戦

日時:6月19日
会場:東松山市中原球場


リーグ戦全勝で全国へ!



武蔵大 000 000 300 |3
大東大 100 000 30× |4


▲好投を見せた藤倉

▲リーグ戦全勝で優勝を決め、マウンドに集まる選手達



試合展開

 ここまでリーグ戦全勝という中で迎えた武蔵大学戦。強い雨が降り、グラウンドコンディションが悪い中でのリーグ戦最終戦となった。
 本学は左腕の藤倉(国際文化3)が先発した。藤倉は雨が降り、普段通りの投球が困難の中、高い制球力でテンポ良く打者を打ち取り6回無失点の好投を見せる。守りの良い流れを繋げたい攻撃では、初回に相手投手の4つの四死球により、押し出しで1点を先制。しかし、初回以降は再三チャンスを作るも、武蔵大野手陣の好プレーに阻まれ得点が入らないまま6回まで終える。試合が動いたのは7回。藤倉に代わりマウンドに上がったエース伊藤(教育3)が相手打線に捉えられ、本学は3点を失う。それでも、7回裏にはヒットと四球、そして相手のミスで3点を取り返し再び本学がリードする。8、9回は伊藤が本来の調子を取り戻し、力強いピッチングを見せ、4−3で本学が勝利を収めた。




コメント

斉川隼大(スポ科3−主将

「前の試合から1ヶ月ほど空いていたので試合勘があまりない中だったがしっかりと勝つことが出来てよかった。リーグ戦は正直できすぎていたと思う。一人ひとりが全国大会を目指すのではなく、「目の前の相手に勝とう」という気持ちが結果に繋がった。コロナなどの影響で思うように練習を積むことができていなかったので、試合の中で感覚を取り戻すことをチームとして意識して試合に臨んだ。全国大会ではリーグ戦のように一戦一戦に集中して、その延長で優勝が出来ればいいと思う」


大野幹太(歴文3)−学生監督

「今日の試合で点数が入ったのは結果フォアボールだったが、うちは打てるチームじゃないので、エラーでもフォアボールでもとにかく繋ぐ野球がしたかった。それが結果として良い方向に行ったと思う。リーグ戦ではエースの伊藤を中心に守備が凄く良く、攻撃でも全試合先制点を取って優勝できたというのが大きかった。一番嬉しかったのは、ベンチの選手も含めて全員で野球をやっている感じがしたこと。今回のリーグ戦を通して今日の試合のように残塁、満塁であと一本が出ないというのが多かったので、一球の集中力が課題。全国のチームに力だけで勝つことは難しいため、チームの底上げ、レベルアップをしていきたい。あとは気持ちとまとまりを高めて、全国の舞台では勢いで戦いたい」


藤倉拓真(国際文化3)−6回無失点の好投

「今日は途中で追いつかれたが、全員で出場して、全員の力で勝つことができた。リーグ戦で全勝できてよかった。雨が降っていてグラウンドの状況が良くなかったので、一つずつしっかりアウトを取る気持ちで試合をした。ランナーを一人出してしまったが、それを点に繋げる事なく、抑えることができてよかった。全国大会では後半に投げた伊藤と協力して優勝目指して、一つひとつの試合を大切に頑張りたい」


金枝竣(政治3)

「今日はチャンスで回ってきたが、そこで工夫できず、残塁が多かったことから後半の危ない雰囲気に繋がってしまった。今日の打席では詰まってもいいからボールを長く見ることを意識した。今後は全国大会にむけて、小技やランナーを動かす練習をしていきたい。全国では自分達より強いチームばかりなので、その中で雰囲気や細かいところで通用するように戦っていきたい」


【樺沢雄大/小山栞奈/内川可南子】

posted by スポダイ at 21:26| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする