2019年12月14日

【スポーツ大東編集部】12月号発行のお知らせ

12月号発行
注目は男子バスケットボール部と…


 板橋校舎前のイチョウの木が色づいたと思ったら、あっという間に寒くなってしまいました。

寒くて家に篭りがちの季節ですが、大東スポーツマンは年末にかけて大忙し。


 一昨年、インカレ祝勝会と並行して行われた50周年記念祝賀会。男子バスケットボール部の創設者山口忠芳先生は「次はリーグ戦優勝を目指して頑張って欲しい」と語りました。そして、今年。リーグ優勝を成し遂げた本学の勢いは留まるところを知りません。続くインカレにおいても順調に勝利を重ね、創部初の2冠も近い!?1面にて大きく取り上げています!


 年末に熱いのは男子バスケットボール部だけではありません。6面を飾りますのは女子サッカー部。3年連続、3度目のインカレ出場。しかも関東インカレにおいては過去最高順位3位と3尽くしで更に上を目指しています。チーム楓昴(ふうすばる)の活躍も見逃せません。その他にも、富士山女子駅伝で悲願の初優勝を狙う女子長距離にもご注目ください。


 そして5面はスポダイ記者が「動き」のあるベストショットを選出。どれも今年撮った写真から選んでいます。2019の大東スポーツを思い起こすきっかけになれればと思います。


 スポーツ大東編集部、3年生最後の新聞です。

試合を観戦しながら、今年を思い出しながら。ゆっくりとご覧いただければ幸いです。


 次号、新制スポダイにもご期待ください!今後ともスポーツ大東編集部をよろしくお願いいたします。




木彩衣(日文3)【5面面責】

担当記事→3面 女子長距離・女子ラクロス部 4面 レスリング部


 大学生活、最後の新聞作成でした。3面、富士山女子駅伝の展望記事では『もしスポダイの記者を配置するなら』と仮定して最寄り駅を考えてみました。ちょっと足を伸ばして現地観戦なさる皆さんの参考になればと思います。(駅伝の影響で交通規制等も考えられますのであくまでも参考程度でお願いいたします)

 私達3年生はここで引退、今までインタビューにお答えいただいた皆様。発行にあたり、ご尽力いただいた皆様。そしてスポダイをお手に取って頂いた皆様、本当にありがとうございました。大東スポーツの今後益々の発展を祈っております。後輩の皆さん、発信よろしく!



板谷優(日文3) 【4面面責】


今回は記事を書いていないのですが、部員全員で新聞を無事に完成させる事ができて、良かったです。

私たち3年は12月号で引退になります。これからは、1.2年生の作る新聞を読者として読むのが楽しみです。



奈良佳織(日文3) 

当記事 →3アメフト部 4剣道部


12月号を迎え、最後の新聞製作でした。最後まで自分の記事を書くということができ、嬉しかったです。

引退となりましたが、2年間スポダイの活動を通して、自分のことを理解して下さり、取材に応じて下さった方々、本当にありがとうございました。

これからもスポーツ大東新聞を読んでいただけると嬉しいです。



西澤蒼馬(社会2

担当記事→4面 陸上競技部男女短距離。


4面の陸上競技部男女短距離は、第103回日本陸上競技選手権リレー競技大会で男女ともに入賞しました。男子4継では、5年連続入賞と快挙を成し遂げました。現地で実際に試合は観れませんでしたが、事後取材をさせていただきました。一人一人が明確で具体的な目標設定をしてたからそこ結果につながったと思いました。来年度の大東リレーはさらに熱いレースが繰り広げられそうです。是非ご一読ください。


小山智也(政治2)【2.6面面積】

2面 男子サッカー部 3面 硬式野球部 4面 自転車同好会 5面 ベストショット集 6面 女子サッカー部


今回は女子サッカーと男子サッカーが丸々1面ずつという事で、いつも以上に気持ちの入った作業が出来ました。

試合はもちろん練習にも取材に行って、試合だけでは分からないような事も窺い知れ、その影響もあって自分も妥協を許さず愚直に新聞制作に取り組めました。

 そして、女子サッカー部は関カレを歴代最高の3位で終え、12月26日からインカレに挑みます。
去年、西が丘のスタンドから早稲田大学さんと日本体育大学さんの決勝戦を観て、自分も絶対にあの場所に立って、喜びを分かち合いたいと思うようになりました。

今の楓昴なら、それも夢ではありません。

 そのために、自分はこれからスポダイの最上級生として、努力を怠らず、これからも1つ1つを大事に積極的にやっていきます。
よく自分の記事は「愛を感じる」と言われることがあるのですか、これからは愛はもちろん、凄いと思ってもらえる
ような記事を書けるようにしたいです!

 来年もスポーツ大東をよろしくお願いいたします。


高橋芹奈(法律2)【1面面責】
担当記事→1面 男子バスケットボール部

 今回は初の1面を書かせていただきました!新聞の顔になるということで悩みに悩み、部員からもたくさん意見いただいてできたこの面。ぜひ一読いただければ幸いです。ちょうど引退まであと1年、私も運動部さんを見習って春に良い記事を書けるように頑張ります。


長橋健太郎(経営2)

担当記事 → 6面女子サッカー 3面アイスホッケー


今回自分は6面の女子サッカー内の一つの記事と、3面のアイスホッケー部の記事を担当させていただました。両記事とも良い結果だったので記者としても満足しています!一面のバスケとても良い記事ですが、是非6面の女子サッカーも読んでみてください!全然負けていませんよ!



丸山カノン(日文2

担当記事→3面弓道部

12月号、弓道部は伊勢について書きました。直接取材に行くことはできませんでしたが伊勢の様子がお伝えできていたら幸いです。



馬場修平(現経2)

担当記事1面四季、4面ラグビー部


 取材にご協力いただいた皆様、1年間ありがとうございました。スポダイの3年生にとっては最後の新聞制作となる12月号。「ONE TEAM」を合言葉として制作し、集大成に相応しいものができました。ぜひご覧ください。




大島拓也(歴文2)


12月号は五面の写真でアメフトの魅力を伝えられたと思う。

4月号では様々な部活を取り上げることになるのでそれぞれの魅力を伝えられたら嬉しいです。



長橋旺延(日文1)【3面面責】


今回私は3面の面責を務めさせていただきました。担当記事は無かったので全体をサポートするように動けるように意識しました。ですがサポートしきれなかった部分もあったので次回はさらに効率的に動けるように努めたいです。




新井美咲(経営1)

担当記事→4面 男子長距離


今回で記事を書くのは3回目になりますが、中々伝えたいことを、書ききれません。

今回書かせて頂いた男子長距離は何度も取材に行かせて頂いています。だからこそ書けるものを拙い文章ではありますが、自分の言葉で読者の方々に伝えることができたら幸いです。

posted by スポダイ at 16:59| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする