2019年11月21日

【陸上競技部男女短距離】第103回日本陸上競技選手権リレー 女子4継 事後取材

『女子4継
2年ぶり8位入賞』

1573647093118[1]-min.jpg
▲笑顔を見せた 左から村上、吉田

 第103回日本陸上競技選手権リレーが10月26日から27日、福岡県北九州市の本城陸上競技場で行われた。本学からは、男子4継(4×100メートルリレー)、男子マイル(4×400メートルリレー)、女子4継(4×100メートルリレー)の3チームが出場した。男女ともに決勝進出を果たし、男子4継は4位、男子マイルは6位、女子4継は8位入賞を果たした。女子4継は昨年は予選落ち、今年は雪辱を果たす結果となった。今回は予選、決勝の舞台で走った、村上穂(スポ科3)と吉田のぞみ(スポ科3)の二人に今大会の振り返り、また新主将の村上穂には主将の意気込みなどを伺った。

結果
▼女子4×100メートルリレー
予選
(萩原−鶴田−村上−吉田)46秒08(3組3着)
決勝
(萩原−鶴田−村上−吉田)46秒56(8位)

萩原千春(国際関係4)
鶴田玲美(教育4)
村上穂(スポ科3)
吉田のぞみ(スポ科3)


━今大会臨むにあたっての調子はどうでしたか。

村上 調子はよくなかったのが正直なところです。1週間前に試合があったのですが、そこで思うようなタイムが出せなくて調子が悪い中で臨んだ大会だったので、不安はありました。
吉田 私もあまり調子が上がらなくて「大丈夫かな?」と思っていました。

━日本選手権リレーまでに強化してきたところはありますか。

村上 とにかくバトンとかよりも自分の調子が良くなかったので、私自身の調子を上げようと思って、練習に取り組んでいました。
吉田 今シーズン最後の大会だったので、いつも以上に気持ちを入れて練習にも臨んでいました。

━今大会の目標を教えてください。

村上 4年生と走る試合がラストだったので、結果よりも4年生が最後楽しんで終われることが目標でした。
吉田 4年生の先輩が最後なので、いいタイムで終わりたいなと思っていました。

━予選での走りはいかがでしたか。

村上 思った以上に先輩方が1・2走でいい順位できたので、自分が走っててびっくりした部分があったのですが、いい走りができて、繋げられたのでよかったです。
吉田 私は練習の時にバトンが渡らなくて不安でした。でも試合ではしっかりもらえたので、あとは走るだけだと思いました。

━決勝での走りはいかがでしたか。

村上 予選を通ったことで、心が落ち着いてしまった部分があって、上手く個々の走りを生かして走れなかったので、少し悔いが残っています。
吉田 バトンをもらって前に追いつこうと思ったのですが、自分の力が足りませんでした。

━今大会の課題と収穫はみつかりましたか。

村上 日本選手権リレーという日本のリレーの最高峰の大会で決勝に残れたということは私たちは来年にも繋がるので、その点は良かったと思います。でも決勝で力を発揮しきれなかったのが課題だと思いました。
吉田 先輩が引退する姿を見て、あの先輩のように来年自分もラストいい形で終わりたいなと思いました。

ー村上さんは新主将となりますが、チームの目標はありますか。

村上 男子は選手層も厚く、強くて、注目も浴びています。女子は人数も少ないし、竹内が走高跳で活躍している部分はあるのですが、チームとしてはまだまだ個々が力を発揮できていない部分があります。なので、短距離女子チームも強いところを見せることができるようにまずは、関東インカレ全員出場という目標を持ち、決勝にみんなで立てるように頑張っていきます。

━来年の個人とリレーの目標タイムと意気込みをお願いします。

村上 個人としては全日本インカレで決勝に残ることで、リレーは45秒3を出して全日本インカレで3番以内に入ることが目標です。
吉田 関東インカレと全日本インカレで決勝に残って決勝で強い人達と戦うのが目標です。

━本日はありがとうございました。


村上穂(むらかみ・みのり)
スポーツ科学科3年、福島・橘高出身、自己記録:100メートル11秒92、200メートル24秒69、今年の関東インカレ、全日本インカレの4継で3走を務めた。主将に就任し、チームを引っ張っていく。

吉田のぞみ(よしだ・のぞみ)
スポーツ科学科3年、埼玉・狭山ヶ丘高出身、自己記録:100メートル12秒09、100メートルハードル13秒82、100メートルハードルで関東インカレ、学生個人、国体予選と13秒台を突破し、好調ぶりをアピールした。ハードルでも期待がかかる。

取材日11月13日(聞き手・新井美咲)

【西澤蒼馬 新井美咲】

posted by スポダイ at 11:54| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする