2019年10月26日

【陸上競技部男子長距離】第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

「8年ぶり、箱根駅伝出場逃す」

1572065959838.jpg
▲箱根駅伝出場を逃した本学

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会)が10月26日、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタートし、国営昭和記念公園にゴールする21.0975kmのコースで行われた。昨年度の箱根駅伝で総合19位に終わり、予選会へ臨むことになった本学が11時間6分22秒で18位に終わった。本学は上位10校に与えられる、箱根駅伝の切符を8年ぶりに逃した。

監督、選手コメント

奈良修 監督
「学生が必死に走ってくれましたが、箱根にいけなかったことは申し訳ないです。」

川澄克弥(スポ科4)
=1時間8分4秒(252位、チーム9番目)
「チームトップを目標にやってきましたが、情けない悔しい走りをしてしまい申し訳なく思っています。今後は競技を続けます。マラソンで世界を狙うためにも全力で努力していきたいと思います。」

奈良凌介(国際関係4)
=1時間6分51秒(180位、チーム6番目)
「悔しいの一言です。自分が力を出せなかったことが後ろの選手にも影響してしまったと思います。自分は競技を続けるので、後輩に自分たちはもっとできると思ってもらえるような選手になります。」

豊田紘大(経営4)
=1時間6分29秒(158位、チーム5番目)
「個人としてもチーム共に悔しさしか残りません。何か変えようと取り組んできたことが全く上手くいかなくて悔しいです。結果は18番で次に繋がるか分からないのですが、寮で過ごす残りの時間で後輩達に伝えられることを伝えたいです。自分は競技を引退するのですが、地元に戻って地区の大会に出るので、そこで大学4年間でやってきたことを発揮したいです。」

佐藤弘規(日文4)
=1時間7分19秒(211位、チーム8番目)
「足りない部分があったから予選会に落ちてしまいました。15キロ地点過ぎからもうちょっと上に上がれていたら少し流れも変わったのかなと思いました。自分はもう陸上は続けないが、組織運営と言う面で一人一人が意識を通わせて縦と横の繋がりをもっと持てるように勉強していきたいです。」

三ツ星翔(社経3)
=1時間5分25秒(82位、チーム2番目)
「悔しい気持ちでいっぱいです。公園内入ってからはキツくなると思っていたのでそこで粘れる走りをしたかったです。今年の4年生にはまだ力及ばないですが、その2人をしっかり追い抜いて今年以上にチームを引っ張っていける走りをしたい。」

吉井龍太郎(国際関係3)
=1時間5分2秒(55位、チーム1番目)
「(予選は)通ると思っていたので、悔しいです。上級生でありながら、目標タイムにも届かなかった。でも、チームトップの成績で走れたのでしっかり来年につなげていきたいです。今後のレースでは上級生として自分の記録を更新して、チームの平均を上げていきたいと思います。」

稲留涼斗(現経3)
=1時間8分18秒(259位、チーム10番目)
「チームで予選会を通るのが一番大事で、素直に悔しいです。上級生として走らなければならない立場で、今回役割を果たせなかったのが一番申し訳ないです。暑さがあったので、前半はなるべく力を使わずにスローペースでいって、公園に入ってから勝負するプランで走っていました。 ラスト3 km をペースアップ出来なかったのが敗因の一つだと思います。」

片根洋平(国際関係2)
=1時間5分38秒(97位、チーム3番目)
「チームで箱根に出場できず悔しいです。前に出てタイムを稼ぐという役割を果たせなかったです。この悔しさをバネにまずは1万メートルで28分台を目指して来年はチームのエースとしてこの舞台で走りたい。」

倉田蓮(社経1) 
=1時間6分6秒(130位、チーム4番目)
「箱根駅伝本戦に出たかったので、かなり悔しいです。初めてのハーフマラソンだったので、もう少し考えて走ればよかったです。1万メートルで29分台と5000メートルで13分台を狙っていきたい。」

蟹江翔太(スポ科1)
=1時間7分10秒(199位、チーム7位)
「一年生で出させてもらっているのに先輩たちに申し訳ない気持ちです。 最初の5kmを15分以内で通過するのが目標だったが20秒遅れてしまって、そこからペースが遅れてしまった。後半15kmからペースを上げることができなかったのも課題だと思います。来年もう一度予選を走って、次こそは笑顔で箱根駅伝を走りたいです。」

井田春(国際関係1)
=1時間9分4秒(282位、チーム12位)
「違う緊張感や暑さもあり思うように体を動かすことができなかった。15kmまでは100位集団にいて、そこから自分のペースで抜け出したかったが、暑さで意識で朦朧としてしまった。練習不足と気持ちが弱かったと思います。これからまた1からやって、来年本戦出場を掴み取らなければいけないと思います。」

金田龍心(スポ科1)
=1時間8分23秒(263位、チーム11位)
「悔しいです。こんな結果じゃ、大学では戦えないと思いました。悔しい思いをしないように今後頑張りたいです。」

補欠
土本剣汰郎(現経3)
山内滉士郎(国際関係2)


【西澤蒼馬 木彩衣 板谷優 奈良佳織 馬場修平 小山智也 長橋健太郎 高橋芹那 長橋旺延 新井美咲】
posted by スポダイ at 14:10| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする