2019年10月20日

【男子バスケットボール部】第95回関東大学バスケットボールリーグ戦 対筑波大学


日時:10/20 17:10〜

会場:専修大学 生田キャンパス


暫定2位の筑波大に勝利!

アウトサイドからの

攻めが光る


DSC_0161.JPG◀1Q,2Qで活躍を見せた#2飴谷4_detail.jpg◀果敢に攻め込む#12中村

3_large.jpg◀3Pを放つ#12中村

大東大 筑波大
22第1Q10
42第2Q31
66第3Q50
86第4Q69

現在暫定1位の本学。今回の対戦相手は暫定2位の筑波大学との対戦となった。西尾監督が天王山と振り返る一戦の結果は、終始リードを保った本学が86-69で勝利を収めた。

第1では#2飴谷由毅(スポ科3)が素早い動きで点を稼ぐ活躍を見せた。また、飴谷のアシストを受けた#34中村浩陸主将(日文4)が3Pを決め着実に相手との点差を広げる。第1Qを22-10で終えた本学。続く第2Qは#15モッチ・ラミン(外英4)や飴谷の活躍で42-31で点差をキープする。続く第3Qでは#25木伸哉(環境4)がこのQだけでシュート6本放ち、14点獲得する活躍を見せた。そして最終第4Qでは、途中筑波大学に20点差リードする場面を見せた本学が見事勝利を収めた。

次は10/22に神奈川大学との対戦が行われる。順調に勝ち続けている本学は、リーグ戦優勝を成し遂げることが出来るのか。期待が高まる。


<試合後インタビュー>

西尾吉弘監督
 勝率が上がってきていて、すごく明るい雰囲気。やることがはっきりしていて、それぞれの役割分担をしっかり理解しているので自信を持って試合することが出来た。アウトサイドから#25の木が外から打ち抜いてくれたし、キャプテンがずっとリーダーシップをとってくれた。あと飴谷が苦しいところで点数を取ってくれた。
 今日の対戦が山場だったので、優勝に近づく試合でこのパフォーマンスをできたので100点をあげたいが、まだ数試合残っている。なので、今日は90点を送りたいと思う。今日勝てだのは大きな自信になるので、一戦一戦頑張っていきたいと思います。

#81 後藤大輝(現経4)
 出だしの点数の入れあいと、課題としてた3Pの入りが重かったので、今日の試合は80点だと思う。#25の木が点数が止まっている時にアウトサイドで入れて流れを持ってきてくれた。自分はやっと試合に出れてチームに貢献できるようになってきたと少し思い始めている。もっともっとチームに貢献したいと思うしプレーで必死に戦う姿を後輩に見せて、4年生らしくチーム全体で戦っていきたいと思います。

#12 中村拓人(スポ科1)
 ディフェンスが強いチームだと思うので、チームとしてオフェンスよりも、ディフェンスを固めるように試合前に全体で監督から言われた。今はまだミスが続くところがあるので、そこを徐々に減らしていきたい。憧れとしている同じポジションの兄(中村弘陸主将)が4年なので抜けた後に自分がしっかりできるように力をつけたい。

#7 高島紳司(スポ科1)
 チーム皆でもう一度気持ちを入れなおして、一丸になって戦うと話して、監督にも言われた。皆楽しくふざけているんじゃないかって感じだが、やるときはちゃんとやるのが大東のいいところだと思う。#25の伸哉さんは高校の先輩で今日活躍していた。あと、飴谷さんも同じポジションなので2人に憧れていて、意識している。
 交代で試合に出ることが多いので、チームに足りないところを補って良い流れにできるように。いい流れで試合に入ったときは、それをつなげられるようにしたいと思う。

<次回の対戦>

10/22(火)日本大学 世田谷キャンパス 対神奈川大学 14:00〜
10/26(土)白鵬大学 大行寺キャンパス 対早稲田大学 13:40〜
10/27(日)白鵬大学 大行寺キャンパス 対明治大学  13:00〜

【板谷優】
posted by スポダイ at 22:53| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする