2019年05月09日

【弓道部】第27回関東学生弓道選手権春季トーナメント


5月4日(土)
場所・東京武道館 弓道場

第27回関東学生弓道選手権大会春季トーナメント大会


男子Bチーム準優勝!
新チーム始動!

5月4日、東京武道館において第27回関東学生弓道選手権大会春季トーナメント大会の決勝が行われた。
4月14日(日)、4月21日(日)の予選を経て男子はAチーム、Bチームが1位2位で通過。女子は1年生Cチームが大健闘、決勝大会に進出した。中でも1年生を多く編成した男子Bチームは準優勝、新チームの発進を飾った。

本大会は、まず射の合計を競う決勝トーナメント進出戦があり、的中の多かった上位8チームが決勝トーナメントに進出できる。


予選1位2位通過!男子A、Bチーム
 Bチームが1位、Aチームが2位。幸先の良い予選順位に活躍が期待された。
しかし、決勝トーナメント進出を進出戦では、1立目はAチーム20射10中Bチーム20射13中と共に出遅れる。
2立目では的中を伸ばすが、Aチームは立て直しきることが出来ず決勝トーナメント進出戦で姿を消す。

 一方Bチームは見事立ち直り、3位で決勝トーナメント進出に進出。順調に勝ち進み決勝で強豪筑波大学と相まみえる。順調に的中を伸ばす筑波大学に食らいつく本学。しかし、筑波大学が20射18中で先に上がった時から的中が下がり、本学は20射13中。惜しくも準優勝だった。
DSC_0238.JPG


◀個人5位、小池隆志(経営3)

DSC_0223.JPG


◀団体準優勝、Bチーム


DSC_0033.JPG



◀Aチーム




小池 隆志(経営3)【Bチーム 個人5位】

この大会にどのような気持ちで挑まれましたか?

ー自分は個人としても決勝リーグに進んでいたので、個人チーム両方で優勝するつもりだったが、結果は上手くいかなかった。


Bチーム最年長からご覧になった、今年のチームはいかがですか?

1年生を多く編成したチーム。今日は準優勝に終わったが、これからの伸びしろに期待できる。


好調とは言えない出だし、2立目からは中るようになりましたが。

1立目大きな失敗をしたからこそ、2立目からは気楽に行けたのだと思う。


個人5位、というのはご自身にとってどういう順位ですか?

ー悔しい結果だったが、自分なりに今の実力を表せた結果だったんじゃないかな、と。4年生までには優勝を狙える実力をつけたい。満足はしていない。



関根 直樹 副主将(経営3)【男子部門主将 Aチーム】

この大会にどのような気持ちで挑まれましたか?

ー男子は昨年あまり成績が振るわなかった。この大会も去年連覇が途切れて、今年奪還したかった。予選は12位で通過できて、いい流れになったと思ったが予選と決勝までの間で調子を崩してしまった。調子を上げ続ける事がひとつの課題だと思う。


好調とは言えない出だしでしたが、チームで話した事はありますか?

ー弓道はチーム同士で助け合う事が出来ない競技。自分の失った1本は戻らない、その時にどう切り替えられるか。チームの人達にはそう伝えました。


主将からご覧になって、本日の試合は如何でしたか?

ー点数にするなら65点。弱いところが出ていたのでまだまだだな、と。


今年度の目標、意気込みを教えてください。

ーまずは昨年出場出来なかった王座への出場。その前にある大会でも去年の自分達よりいい成績を残すことを目標にやっていく。全関東優勝をしていた強い大東を取り戻す、というのが意気込みでもある。


1年生活躍!女子Cチーム

一方女子は波乱の展開となった。二次予選でAチームBチームが敗退、1年生を中心に組んだCチームが決勝大会に進出。大きな大会は初めてだという。緊張の中、決勝トーナメント進出戦1立目は12中、2立目は12射6中。計11中。決勝トーナメント進出が危ぶまれたが、山梨大学Aチームと同中だった為大会の規約に則り、予選の合計的中が多かった本学が8位で決勝トーナメントに進出した。


決勝トーナメントでは決勝トーナメント進出戦1位通過の筑波大学のAチームと対戦。粘るも一歩届かず1回戦で敗退した。

DSC_0204.JPG



◀1年生活躍!Cチーム


山田 恵里花 主将(日文3)

試合をご覧になっていかがですか?

ー女子は1年生チーム。初めての大きな会場での試合という事もあって緊張で場の雰囲気に負けて自分の射が出来ていなかった。もっと普段から緊張感を持って練習しないといけない。


今年初めの大きな大会、出だしとしてはいかがですか?

ー予選で主力メンバーが崩れ、決勝に進出できなかったというのはかなり痛い。経験を積ませるために出していた1年生が予選を通れたのは良かったが、チームとしては先輩が1年生にいい所を見せられなかった。私達、先輩の力不足を感じた。


今年度の目標を教えてください。

ー部としての目標は王座。11個の大会を大切に考えて、着実に成績を残して王座出場を果たした際の自信にしたい。



坂田 好次 監督

新チームの出だしはいかがですか

ー男子はAチームBチームが予選を通過して、Bチームは1年生が中心。控えにももう11年生がいる。初めての大きな大会で1年生はいいスタートが切れていると思う。ただ、王座経験や昨年選抜ベスト4に入ったメンバーの調子が少し崩れている。その調子が戻ればチームとしては上がるのではないかな、と。23年のこれからの練習に対する気持ちや、技術習得の姿勢が問われる年になる。1年生はこのまま成長すればいいチームになる。


女子は普段の練習の様子からして予選、中関東ブロックから(決勝トーナメント大会へ進む)4つの枠のうち3つは取れたと思う。主力メンバーが最初で躓いてしまったイメージがある。結果的に1年生がいい成績で上がってきている。ただ、決勝トーナメント進出戦の1立目は硬かったように見える。顔が強ばっていた。実は昨日の練習では1年生のチームが主力のチームを上回っていた。今後の練習を見て6月の全関東の大会のメンバーを絞っていく。6月は全関東が5人、その後に控えている全国選抜が4人の登録。1年生も実力があり、山田を中心とする去年の王座へ行ったメンバーが入るかは分からない。女子の方がレギュラー争いは厳しいかもしれない。




女子は選手層に厚みが出てきたという。男子は色々な大会を経験している上級生がどこまで修正、復活できるか。今年度の弓道部の活躍に期待がかかる。



【木 彩衣 長橋 旺延】

posted by スポダイ at 00:16| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする