2019年04月30日

【男子バスケットボール部】第68回関東大学バスケットボール選手権大会〜対 立教大学〜


優勝への足取り、

好調!

日時:4月30日(日)16:00~
会場:駒沢オリンピック公園総合運動公園屋内球技場


DSC_0061.JPG

















大東
 立教
31第1Q11
28第2Q7
38第3Q20
16第4Q17
113試合結果55


 平成が終わる今日この4月30日。駒沢オリンピック公園総合運動公園屋内球技場で、本学は第68回関東大学バスケットボール選手権大会の初戦に臨んだ。西尾吉弘監督がインタビューで「出だしからしっかり集中していこうということを体現した」と言ったように、本学は相手の立教大学を第1Qから圧倒。第2Q、第3Q、第4Qでも相手に一歩も主導権を握らせずに、試合は終了。本学は次戦に駒を進めた。令和最初の試合は、明治大学を破ってきたダークホース・関東学院大学。インカレの雪辱を果たせるのか、期待がかかる。


 西尾吉弘監督 

Q.今日の試合につい

今シーズンの最初のゲームでこのトーナメントの初戦なので、雰囲気も含めて今後につながるので、出だしからしっかり集中していこうということを体現してくれた。

Q.オーダーについて

2月から今日までやってきて、新人も含めて切磋琢磨させて、勝ち取った子達をスタートに入れて、15名もチームの中で代表決めることをやってきて、その代表として選んだ。

Q.昨年度の第70回全日本大学バスケットボール選手権記念大会について

去年は去年なので、もちろん勝負の世界では何が起こるかわからないということを学んで入るけど、インカレのゲームで何か引っかかることが今年まであるかというとない。いい勉強になって、次に繋げるということはあのゲームから学んだ。

Q. 今大会の目標について

目標はやっぱり優勝なので、そのためにはどうしたらいいかどういう準備をしたらいいかということを話し合いながらチームを作ってきました。

Q.今大会の注目の試合について

全部なんだけど、まずはベスト8に入らないととは思っているんですけど、僕らの前にアップセットがあって、対戦が明治(明治大学)だと思っていたんだけど、そこが2部のチームの関東学院大学明治(明治大学)を倒してきているのでそこは勢いがあるのでそこも気をしっかり引き締めて、対戦に挑みたい。


 中村浩陸(日文4)

Q.今日の試合について

試合の展開は相手をしっかりと50点代に抑えれたのが点数面としてはよかった。40分ある試合の中で半分以上は自分たちのプレーができたのでよかったと思う。

Q.監督に言われたこと

第3ピリオドの終わりと第4ピリオドの最後で、相手チームの得意とする走るバスケットをされてしまった。監督からもしっかりと締め直していこうと言われた。

Q.今大会の目標について

この大会の目標は優勝。東海(東海大学)筑波(筑波大学)白鴎(白鴎大学)青学(青山学院大学)は必ず倒さないと優勝はできないと思う。次の試合も自分たちのプレーで戦っていきたい。



【高橋芹奈/大島拓也】

優勝への足取りは好調!

日時:4月30日(日)16:00~
場所:駒沢オリンピック公園総合運動公園屋内球技場



posted by スポダイ at 18:50| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする