2019年04月26日

【軟式野球部】首都大学軟式野球連盟秋季リーグ1部トーナメント 対明星大学

首都大学軟式野球連盟秋季リーグ1部トーナメント 対明星大学

日時:4月21日 10:00〜

会場:東京電機大学鳩山キャンパス野球場



攻守ともに光り

決勝へ駒を進める!

20_detail.jpg
▲完封し、チームを引っ張った林


大東|021 002 002|7
明星|000 000 000|0



 春季リーグも終わりを迎え、全日本大学軟式野球選手権大会への出場権を懸けた決勝トーナメントがこの日行われた。リーグ戦を上位通過したのはリーグ戦全勝で首位の東京学芸大学、強豪校の明星大学、本学の3校である。東京学芸大学はシード権により本学が最初に当たるのは明星大学となる。リーグ戦では敗北を喫しただけにかなり厳しい相手。その相手に勝利し決勝へ駒を進められるかが注目される一戦。
 本学の攻撃から始まり、静かに試合は始まった。本学の先発投手は林康太(社経2)であり、決勝戦を見据え小柳を温存させる策に出た本学。先制点をどちらが取るかで試合の流れが決まる中、仕掛けたのは本学だった。柳志宏(日文2)のレフトヒットから始まり、2アウト2・3塁の場面で玉川朋大主将の打席。レフトへの一打で一気にランナーがスタートし、2点と先制点を奪う。これをきっかけに試合の流れを完全に本学に引き寄せる。続く3回表では相手の焦りからミスが起こり、隙を逃さずランナーをためていき、追加点となる。
 試合は折り返し地点に入り、3対0と依然として本学がリードしている。6回表、最初のバッターからじわじわとランナーを出していく中、大久保結貴(社会2)のレフトゴロでランナーが生還する。更に、相手投手の暴投により三上大地(政治2)が死球となり、満塁状況を作る。柳の冷静な選球眼によりフォアボールとなり押し出しで5点目となる。この状況に危機感を覚えたのか相手は投手交代をしてこれ以上の追加点を渡さないと言わんばかりに抑える。守備では林が懸命の投球を見せ、ランナーを出すことはあっても得点をシャットアウトして抑えていく。9回表、5対0と余裕のある点差だがこれに満足せず、長打を連発していき、ピンチヒッターで打席に立つ八木琢磨(法律2)が出塁し満塁を迎える。絶好のチャンスに打力に自信を持つ長谷川怜央(現経2)のセカンドヒットから相手のエラーを誘い、だめ押しの2点を取り、勝利した。勝利したことにより、この後行われる決勝へ進み東京学芸大学と当たることになる。


選手のコメントについては決勝とあわせて掲載いたします。

更新が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。
【奈良佳織・馬場修平】

posted by スポダイ at 14:47| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする