2019年04月25日

【アイスホッケー部】秩父宮杯第67回関東大学アイスホッケー選手権大会 対中央大学

日時 4月21日 (日)10:00〜

場所 ダイドードリンコアイスアリーナ

中大に負け2連敗

大きすぎる上位グループとの差


大東文化大学 1 − 12 中央大学

aiho3.jpg


ゴールを狙われ続けた本学



 13日に行われた秩父宮杯、明治大戦で1-10と完敗に終わった本学。今回の相手中央大も明治大と同じディビジョン1-A。その格上に本学はどう戦うか。


 開始早々28秒に自陣ゴール前でパスを回され隙が生まれたところを決められ失点。今試合も前試合と同じくいいスタートを切ることはできなかった。その後本学と中大のエリアを攻めて攻められての攻防が続き、接戦になるかと思われた。しかしその後すぐに相手に点を入れられてしまい、0-2。中大とのゴール合戦とはならなかった。追加点を入れられ0-3で迎えた15分。相手の退場が続き、フィールド場に本学が6名、中大が4名というチャンスが訪れ、本学の攻める場面が増えるも、点には繋がらない。攻めきれない本学。その後すぐにもう1失点してしまい0-4で第1ピリオドを終える。第2ピリオドを迎えても中大の勢いを止めることができなかった。第2ピリオドに入っても失点が続き、0-6で迎えた29分。また相手の退場が重なり2人いないという人数的有利な場面を迎え、#71土屋慧悟からのパスを受けた#91野村柄が点を決め1-6。1点返したがその後は点を決められず、攻められ続けた本学。格上中大に1-12で敗北。上位リーグとのレベル差を感じさせる一戦となった。


【長橋健太郎】



posted by スポダイ at 19:39| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする