2019年04月24日

【男子サッカー部】東京都大学サッカーリーグ戦 1部リーグ開幕節 上智大学戦

日時:4月21日() 14時00分〜
会場:大東文化大学東松山キャンパス総合グラウンド



大声援で後半に覚醒

 Bチームから昇格の
  新3年生 佐野、小堀弾で 開幕戦逆転勝利



大東文化大学 2-1 上智大学

55分 失点

69分 佐野太雅

78分 小堀雄大


202_large.jpg







(一年生ながら開幕スタメンを掴んだ佐藤)


 新年度が始まり3週間、選手たちは心を新たに一年にわたるリーグ戦という長い戦いの初陣に挑んだ。
注目されていたGKのスタメン競争は昨季リーグ戦でも多くの試合に出場した背番号1番、遠藤季久が開幕スタメンの座を掴んだ。
そして新しく入った一年生も一人出場を果たし、1年生から4年生までの全学年の選手がピッチに立った。

 また今回の試合では予定通り集中応援が行われ、大人から子供まで、大盛況の中試合が始まった。
前半はお互い様子を伺う展開となる。互いにボールを保持する時間を作るも、決定的なチャンスまでは結びつけることが出来ない。しかし、そんな中でも集中を保ち相手に失点は許さず、スコアレスドローで前半を終えた。

80_large.jpg85_large.jpg







 ハーフタイムでは、本学チア部によるハーフタイムショーが行われ、集中応援をより一層盛り上げる。グッズ販売も大盛況であった。


74_large.jpg276_large.jpg








 迎えた後半。前半に比べアグレッシブな展開に変わる。その中で後半10分、一瞬の隙を突かれてシュートを放たれる。ファーストシュートはGK遠藤が弾くも、詰めていた相手にこぼれ球を押し込まれ失点。だが、この失点から本学の選手たちに火が付いた。
後半24分に佐野が混戦のなかから同点ゴールを決めると、後半33分、中林の落としに小堀が反応、低めに抑えたシュートを放つと、ボールはゴール右隅に突き刺さった。ここで本学が初めてリードを奪う。
 その後は焦る相手の攻撃をかわし、上手に時間を使う。そしてそのまま長い笛が鳴るとともに、スタンドから大きな歓声が響き渡った。
そして挨拶が終わり、試合を見ていた子供たちが本学の選手たちに駆け寄る。選手たちは子供たちとともに、最高の瞬間を味わった。



118_large.jpg245_large.jpg







223_large.jpg235_large.jpg








監督インタビュー
加藤嗣夫監督
Q.開幕戦を迎えるまで
 コンセプトをいくつか挙げて、それをやるというところからチームを膨らませていった。例えば球際には厳しく行くとか、ハードワークをするとか、笛がなるまで続けるとか、当たり前のことですけど、シンプルなことをいくつか掲げてそれを全うしてから次のことに膨らませていく。そういうことを念頭においてシーズンをはじめた。

Q.集中応援の中での開幕戦ということについて
集中応援はありましたけど、それでも中々開幕戦というのは簡単にはいかないもので、まずどのように勝ち切るかということをチームの中で考えた。その中で応援してくれる子供たちやチアの方や普段はいない方も応援に来てもらっていたので、選手にとってはいつも以上にやりがいのある状況で、とてもプラスになったと思う。

Q.前半はスコアレスから後半に2得点(1失点)という試合展開について
前半は勇気がなかった。攻めに行くにもボールをもらうにも、ボールを取りに行くにも勇気が足りなくて、その部分から少し遅れたりボールを積極的に欲しがらなかったり、そういう腰の引けたプレーが多かった。その辺の話はハーフタイムにしたが後半の立ち上がりもあまり直っていなくて、失点してからやるしかないという状況に変わった。

Q.開幕戦白星スタートを切ったが監督からみて頑張っていたなという選手は
みんな頑張っていましたね。うまくいかない中でもなんとかよく切らさずにやっていたと思います。途中から入った佐野が点を取ってくれたり、あいつがプレスをかけた状況で相手がボールを蹴ってそこを取ってという流れだったので途中出場の選手がああいったアグレッシブなプレーをしてくれてというのが良かったと思います。

Q.小堀選手の復帰 ゴールについて
すごい取り組みが良くて、トップに上がったのが二週間前なんですよ、今シーズン始まって体調を壊して入院してたんですけど、そこから退院して地道に頑張ってきてすごい努力して開幕戦に間に合って、今年スタメンは初めてでそういう試合でしっかり戦ってゴールを取れたというのは取り組みの良さがそうさせてくれたとのではないかと思います。

Q.これからのリーグ戦について
1試合1試合大事に戦っていきたい。どの試合も楽な試合なんてものはないと思うので、終わって後悔をしないように準備して、全力で戦えるように、それで結果が勝てれば1番いいですけど、結果が出ても出なくても終わった後にはしっかりやったなと思える試合できれば、最後に結果というのはついてくると思うのでそういう風なシーズンになっていけばいいと思います。


選手インタビュー
主将 齋藤弘貴選手
Q.今日の試合を迎えるにあたって
 関東昇格にむけて戦うリーグ戦の初戦で、勢いに乗るためにも大事な試合になるということはもちろんわかっていたので、チームでしっかり話し合っていた。

Q.試合始まって、前半は0−0でお互い時間を作るも得点は入らないという状況から始まりましたが
 まぁ正直開幕戦のカタさはあったと思うんですけど、後半入って序盤に失点したので、いい意味で吹っ切れたというか、そこから攻撃に転じることができたというのはよかった。

Q.点をとった二人は同じMFですがそこへの思い
 負ける気はないですけど、自分よりいいパフォーマンスをするなら出るべきだと思うし、チームのためを第一に考えてこれからも切磋琢磨していきたい。

Q.これからのリーグ戦への意気込み
 都選抜で一緒にやっていた選手と対戦することになるので、強い相手にも負けることなく戦っていきたい。

岡村滉太選手
Q.この試合を迎えるにあたっての気持ち
 泥臭くやって、気持ちで負けないようにしようという事を思っていたし、ミーティングでも話していた。

Q.では新10番としての心持ちは
 自分は2年から試合に出続けられているので、得点だったりアシストだったり、チームを勝たせられるような事を意識して、今年一年プレーしたい。

Q.去年の10番である米田悠斗さんとは、背番号を受け継ぐときに何か話されたんですか?
 任せておいてくださいとは自分の方から言っておきました。米田さんには「お前じゃ任せられないよ(笑)」と笑われたので、越えられるように頑張ります。

Q.今日の試合では
 そうですね、得点に絡むプレーは出来なかったですけど、全体を通してみると気持ちでも負けていなかったし、自分なりには良かったと思います。

Q.これからのリーグ戦の意気込み
 まずは次節、今年のリーグ戦の初得点を狙いにいきたいと思います。


遠藤季久選手
Q.開幕前のアミノ予選では原田さんがGKとして試合に出る機会が多かったですがその期間については
 (原田)駿もそうだしGK全体としてとても高いレベルで準備が出来ていた。自分はアミノでは試合には出ていなかったが、出ていない期間も良い準備は出来ていたので、リーグ戦に向けたトレーニングも積むことが出来た。

Q.まず今日スタメンで出場したことについて
 スタメンに選ばれて、チームを勝たせるために準備をしてきたので、結果として自分が試合に出てチームを勝たせることが出来たので、良かったと思います。

Q.GKのポジションは遠藤さんの他に原田さんに丸山さん、宮本さんなど今年は特にポジション競争が激化していくことが予想されますが、そこにはどのような思いがありますか
 チームを勝たせられる可能性が一番高い選手が試合には出るべきだと思う。もちろんそのGKとして自分が選ばれたら嬉しいですし、これからもチームを勝たせるために頑張りたい。

Q.今日の1失点について
 ファーストシュートを弾いたところを詰められてしまったので、どんな状況でも弾く場所をしっかり相手のいないところにというのを、これからまた練習しないといけないと思う。

Q.これからのリーグ戦への意気込み
 関東昇格に向けてしっかり戦って、まずは前期が終わった時点で(関東昇格プレーオフ圏内)を狙えるように勝ち点を一戦一戦積み重ねていきたい。



==========キリトリセン==========


開幕戦のマンオブザマッチ


今シーズン最初の新企画!
本学の選手や試合を観に来た人(一部)に、その試合で一番輝いていた選手、マンオブザマッチを決めていただきました!
選手名、理由を答えていただき、その中で一番多く名前の挙がった選手を(勝手に)マンオブザマッチとして、選出いたしました。
それでは是非、ご覧ください!!


来場者が選ぶマンオブザマッチ
1位 佐野太雅選手
「0-1の負けている状況からゴールを決め、チームに流れを引き寄せたから。」

選手が選ぶマンオブザマッチ
1位 小堀雄大選手
「復帰明けで90分出場し、攻守にわたる活躍で決勝ゴールを決めたから。」


143_large.jpg173_large.jpg







(得点をあげ喜びを分かち合う)


Pick Up Players

今回のPick Up Playersは、マンオブザマッチに選出された両選手に伺いました!!
二人とも二週間前にトップチームに上がり、開幕戦で見事にそれぞれゴールを決めました!
それでは是非、ご覧ください!!


佐野太雅選手
Q.途中出場でピッチに入る前に考えていたこと
 試合に出られるとは思っていなくて、本当に何も考えてはいなかった。でも、多くの人が見に来ている中で戦う姿勢というのを出していきたいとは感じていた。

Q.点を決めた時の気持ち
 一言でいうと本当に嬉しかった。前までずっと下のチームでやっていて、2週間くらい前に上のチームに上がって、こうやって開幕戦に出させていただいて点を決められたというのは自分にとっても大きいと思うし、チームにとっても良かったと思う。

Q.次節への目標
 次の相手の山梨学院は強豪なんですけど、やはりそこで自分が点を取って勝利に貢献できるように頑張りたい。

Q.一年生で出場した佐藤選手について
 まだ入ってきたばかりで、右サイドハーフでなかなか難しいところだけど一番戦っていたんじゃないかと思う。MVPは1年生に譲ります(笑)


小堀雄大選手
Q.開幕前に復帰をして、開幕戦に間に合ったことについて
 復帰をしたのが2週間前で、当然試合に絡みたいという気持ちはあったが、出るとは思っていなかった。でもいつでもいける準備と、ボランチとしてチームに貢献したいという気持ちは常に持っていた。紅白戦でいい結果を残せたことが、今回の試合につながった。

Q.ではどのような気持ちで試合に臨んだか
 個人的にもシーズン終わってから病気になったりでチームを離れたりして、トップチームでやりたくても出来ない時期もあって。悔しい時期もあったが、Bチームから上がったので、Bチームで一緒にやっていたやつのためにも頑張りたかったし、得点をとらないと今年は特に勝てていかないので、点の取れるMFになれるようにという思いがある。

Q.その中で生まれた決勝ゴールについては
 先制点を佐野がとった時も(齋藤)弘貴からのパスで自分がくさびを入れるなど、起点にはなれていたので、来るかなというにおいはあった。中林が滅多にないいい落としをしてくれたので、あれはもう降り抜くだけでした。(笑)

Q.これからの意気込み
 まぁ勝ったとはいえ自分たちはいつでもチャレンジャーなので、去年苦しい思いをしている選手たちがおおいので、今年そういう思いをしないように、関東昇格に向けて高い意識と高いレベルで頑張っていきたい。




次の試合ではどの選手が活躍するのか、期待が高まる。


Loss Time

今日の一コマ
 今日は開幕戦&集中応援ということで、サッカー部OBの方々も多く応援に駆け付けていた。
そしていただいた差し入れを早速ゴクリ。元気ハツラツゥ〜?
エネルギーをしっかり補給した選手たち。次節の活躍にも期待がかかる。

15_large.jpg








次節は4月28日()14時00分〜 
    東松山キャンパス総合グラウンド
                山梨学院大学戦

【小山智也/長橋健太郎】
posted by スポダイ at 20:30| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする