2019年04月08日

【硬式野球部】春季リーグ戦 第二回戦 成城大学戦

日時:4月7日()13時00分〜
会場:秦野カルチャーパーク


開幕から18イニング完封

投打が噛み合い開幕カード2連勝!!


チーム名HE
成城大学
0
00000000040
大東文化大学0
1
000220×572

[大東]山中、本田、清岡、鎌田ー濱田
[成城]荒木、小柳、金谷ー坂田


DSC_0295.JPGDSC_0307.JPG


 キャンプの成果を発揮し
  しっかり投打が噛み合った




昨日から開幕した首都大学野球連盟2部春季リーグ。昨日本学は4-0で開幕白星を掴み取った。
そして迎えた第二回戦。相性の良い成城大学相手に二連勝を果たし、勢いを付けられるかという中で試合が始まった。

まず先手を取ったのは本学。2回に四球と武者の2塁打で一死二三塁とすると、8番濱田の内野ゴロの間に1点を先制する。その後も相手打線を抑えつつ、追加点のチャンスを伺う。そして6回には荻田のタイムリー2塁打、7回には武者のタイムリーで同じく2点ずつを追加。
8回表にこそ一死一三塁のピンチを相手に作られたものの、続く打者を併殺で守り切り、今日も完封リレーで勝ち切った。


DSC_0350.JPG







監督インタビュー

監物靖浩監督
Q.開幕前の練習はどうでしたか
石垣島キャンプも順調に出来て、その後帰ってきてからのオープン戦でも課題を見つけながら出来ていたと思う。

Q.去年とリーグの方式が変わったことについては
ウチはあまり影響がなくて、逆に分かりやすくなったと思う。不利になる要素もないし、相性があまり良くない獨協や東経と違う方のグループに入ったので、選手たちもやりやすいと感じている部分はあると思う。ただ、春はどこのチームも選手が変わるので、まずこっちのリーグで戦って、勝ちに行きたい。

Q.昨日から開幕して、無失点で2連勝という事ですがそこについては
リーグ戦の最初は怖くなって萎縮してしまう部分がどうしてもあるので、そんなに大量得点のゲームになるとは思ってなかったので、無失点で抑えられたのは良かった。ピッチャーも良く投げていたし、野手も大きなミスはなかったので、集中して出来ていたと思う。

Q.新入生や新しくベンチ入りした選手については
今日は特に活躍していた。清岡と鎌田は4年になって初めて投げて、この秋とか冬とか春の練習で頑張って40以上いる投手陣の中から何とか這い上がってきた。本人たちにも是非注目してほしい。



主将インタビュー

石原与一選手
Q開幕前の練習について
今年は元々個の能力が高いと言われていて、チームが団結出来るかどうかがだと思っていたので、そこでチームが一つになれたからこの結果に繋がっていると思います。

Q.最後のシーズンという事への思い
絶対に一部に昇格しようと話しているので、最高のスタートがきれたと思います。

Q.では最高のスタートとなったこの二連勝については
ピッチャーもキャンプから頑張っていて、無失点でここまで来ているので、僕らもピッチャーを助けられるような打撃が出来て良かった。

Q.では今年のチームの特徴はどんなところですか
明るいチームというのを目標にしているので、そこを心掛けています。

Q.明るいチームを目指す上で具体的に実践していることはありますか
自分から声をかけているのはもちろんなんですけど、副キャプテンとかからも積極的に声をかけてもらって例年以上に仕事をしてもらって、チームとしてまとまるようにしています。

Q.最後にキャプテンとしての意気込み
学生最後の野球なので、チームとしても個人としてもキャプテンとしても、いい形で締められるようにと思っているので、チームが勝てるということを第一にやっていきたい。




今春のヒーロー!
今回は、今日の試合で8回、9回を投げ無失点で抑え切った二人の投手にお話を伺いました!!
今年4年生になった二選手ですが、二人ともリーグ戦では初登板!
それでは是非、ご覧ください!!

清岡龍哉選手
Q.今回4年生になって初めて試合に出た思い
コーチも今年からかわって心機一転してやろうと思って、自分は小学校1年から好きでやっているので、最後ぐらい頑張らないとなと思っていた。

Q.ではマウンドに向かう時の気持ちは
リーグ戦初めてだったので緊張はしたが、点差が開いていたので一点までならいいかなくらいの気持ちで、硬くならずに楽な気持ちで投げれたと思う。

Q.一、三塁のピンチから上手くしのぎ切りましたが、そこについては
今後の為の課題にもなったので、次からまた頑張りたい。

Q.投手陣の一員として開幕から無失点ということについては
キャプテンからリズムを作れていて、守備もいいリズムで出来ているので、これからも勝ち続けていきたい。

Q.これからの目標、意気込み
結構これからもリーグ戦で中継ぎ投手の出番があると思うので、そこで登板してテンポ良く投げれるようになりたいと思います。


鎌田勇介選手
Q.今回4年生になって初めて試合に出た思い
初めてで緊張はしたんですけど、思ったように投げれたので良かったと思います。

Q.ではマウンドに向かう時の気持ちは
とりあえずは自分の結果よりもチームの勝利のことを意識して、それに向けて全力を尽くそうと思って頑張りました。

Q.チームでは開幕から無失点のイニングが続いていますが、そこについては
キャンプから頑張ってきたことが結果に表れてきたのかなあと思います。

Q.これからの目標、意気込み
自分たちにとっては最後の年の大会なので、全員で一部昇格を目指して頑張りたいと思います。



【小山智也】
posted by スポダイ at 18:30| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする