2019年02月28日

【スポーツ大東編集部】スポダイ引退コラムVol.1 平野孝亮

日頃よりスポダイをお読みいただきありがとうございます。

本日よりスポダイ3年生3名による卒業記念コラムをブログにて掲載致します。
スポダイは3年の2月をもって引退です。そこで、スポダイで活動した日々を振り返るコラムをしようと企画しました。

その第一弾を飾らせていただきますのは平野孝亮(国際文化3)です。
入部年:2016年
役職:総務、渉外
担当部活:男子サッカー部(2017)
女子サッカー部(2017)
軟式野球部(2017)
男子バスケットボール部(2016〜2018)


まずは入部のきっかけを簡単にご紹介します。私が入部を決めたきっかけはスポーツが好きだったからです。シンプルです笑
高校まではずっとバスケをしていました。ですが、大学入学後にスポダイに出会い、新聞という形でスポーツに携われることを知り、入部を決めました。
カメラに興味があったわけでも、マスコミに興味があったわけでもありません。


入部当初はカメラや記事、マナーなど分からないことだらけです。カメラに関しては今も苦手で成長しないまま引退します。
担当部活の紙面を飾る写真は担当の自分が撮影したものではなく、他の部員が撮影したものがほとんどでした笑

活動にも慣れ始めた頃、スポダイでの活動が楽しくなりました。一番の楽しみは取材です。担当部活への取材、特集の取材、長距離取材と形態は様々ですが、どれも楽しかったです!
スポダイでの活動の最大の魅力はこのように多くの知識と経験を得られるところにあります。多種多彩な部活動への取材やスポダイでないと行けない取材では毎回新しい発見ができ、知識が増えます。
また、カメラや記事などの技術的なことから、取材先でのマナーなどの社会的に必要なことまで学べました。


多くの部活を取材しましたが特に思い入れのあるのは上に書きました4つの担当部活です。
それぞれの部活動の取材ではそれぞれの良さや楽しさがあります。
男子サッカー部、女子サッカー部はとにかく明るかったです笑
サッカーは未経験でしたが、担当の後継も兼ねて取材へ行くことになりました。部員が多く、試合の時の応援は他部活にはない明るさでした。
サッカー部独自のグッズを販売されるなど、部の運営面も頑張って取り組んでいる姿に感動しました。

軟式野球部への取材は定期購読者様からの「軟式野球部も取り上げて」とご要望を頂いたことがきっかけで、取材へ行くようになりました!ご要望が無ければ、今も取材には行けていなかったかもしれません。そこから、軟式野球部を特集に取り上げさせていただくなど活動の幅が広がりました。このようにして一つ掲載部活を増やすことができたのは嬉しかったです!
また、軟式野球部は試合や練習での指示、部活の運営は全て学生が行なっています。そのような環境にあり、皆さん楽しそうな雰囲気で活動されていました。

男子バスケットボール部はとにかく強かったです!
長い歴史のある中で多くのプロ選手を輩出しています。そこへ3年間取材させていただけたのは光栄なことでした。特に2部リーグ全勝優勝、インカレ優勝と2度の優勝を取材させていただきました。強いですね笑
今やどこが優勝してもいいくらい各校に力があります。今後もプロ選手の輩出と優勝に期待です!


担当部活を基本に3年間活動させていただきました。監督、先輩、後輩、同期らとチームワークを発揮して新聞作成という目標に向かって活動しました。特に3年間一緒に活動してくれた同期の2人には感謝したいと思います。
大したことは書けなかったですが、お読みいただきましてありがとうございました。これからもスポダイと大東スポーツへご声援をお願い致します。
次は新潟県出身で同期唯一のマドンナです。面白いことを書いてくれるはずですので、そちらもお読みください。
【平野孝亮】









posted by スポダイ at 17:03| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする