2019年02月06日

【女子サッカー部】4年生対談インタビュー 〜4年間をサッカーに捧げたFussballer〜 本編

女子サッカー部引退試合当日対談ロングインタビュー!!


廣中千映選手×日野李保選手×高橋優里花選手×山崎香選手×大門紫選手


「よきチームたる上で強きチームたれ」
 〜4年間をサッカーに捧げたFussballer



今年、皇后杯にインカレのダブル出場と大躍進だった本学女子サッカー部。最後の公式戦では栃木SCに負けてしまい悔しさも残るシーズンではあったが、ここまで濃いシーズンへと導いたのは、最高学年としてチームを引っ張った4年生の選手たちだ。本当であれば4年生全員で対談インタビューを行ないたいところではあったが、会場の広さや、時間の都合を考慮し、5選手に対談インタビューを受けていただいた。
(他選手のコメントは、栃木SC戦のブログ記事に掲載しております。)
それでは、本編をご覧ください!


記者「よろしくお願いします。まずは今日の引退試合についてのコメントはありますか?」

廣中「普段は試合に出ている人、出れていない人で結構差がある中で、今日は4年生全員が同じピッチに立って勝利出来たのは良かったと思います。」

山崎「高校の時は最後ケガをして悔しい思いを持って終わってしまったが、今回はケガがなく終われたので良かった。これからもサッカーを続けるので、経験を活かしていきたいです。」

大門「相手が中々決まらなくて、相手を見つけてくれた先生にも感謝したい。試合は相手をリスペクトしつつ楽しんで出来たので良かったです。」

記者「ギリギリまで相手が決まらないということへの心境はどうでしたか?」

大門「紅白戦でもよかったは良かったけど、出来れば対外試合が良いというのはあったよね。」

高橋「まだありがとうと言ってないので、明日千映に言ってもらいます(笑)」

記者「ではこの一年を振り返ってみるとどうですか?」

山崎「挑越という目標を掲げていたのに、挑越することが出来なかったというのが心残りだなと思います。」

記者「では皇后杯とインカレのダブル出場というのは」

山崎「そう考えたら挑越出来たと思えるのかもしれないけど、出ただけで、皇后杯もインカレも目標を達成することが出来なかったので、個人的には心残りです。」

日野「同じような感じです…、挑越という目標があったけど…、でも皇后杯の関東予選のところでは、帝京平成と東洋に勝てたところは、すごい良かったかなと一年の中で思ったところだけど、やっぱりその後が良くなかった。オルカ鴨川に負けたところもそうだし、それを踏まえてのインカレでも、1回戦は勝てましたが、2回戦で早稲田に1-5と大差でやられたところも、ちょっと『はぁ』っていう感じでした。四年間がこれで終わってしまったことが本当に悔しいです。」

記者「ありがとうございます。ちなみに挑越というスローガンは誰が決めたんですか?」

廣中「毎年チームの目標を4年生が考えて決めるんですけど、4年生で話し合ったときに色々な案が出て、最後にのぞが『挑越はどう?』って言って、もう鶴の一声的な感じで、それにしよう!ってなりました(笑)」

記者「では来季、今の3年生が決める新スローガンにも注目ですね。では4年間を振り返るとどうですか?」

日野「4年生は大人になったなと思います。自分が一番そうかもしれないですが(笑)最初は他人にあまり興味がなくて、人の変化にも鈍感だったんですけど、そういう意識が変わって周りに気を配れるようにもなって、大人になったと思います。」

記者「昨日の宇津木さんと池田さんのインタビュー(後日公開)でも、4年生はやはりチームを引っ張る力があるし、監督も最初は繋がりの弱かったけど、4年経ったらここまでのチームになったと話していました」

廣中「4年生それぞれが変わったというのもあるが、それ以上に歴代の先輩方が楓昴というチームを作ってくれたから変われたと思うので、先輩方にも感謝だし、ついて来てくれた後輩にも感謝です。」

大門「去年2ヶ月間サッカーが出来なかった期間があって、そのときが4年間で一番つらかったんですけど、それから去年の4年生が頑張ってくれて、そこから色々学んだし、変わったと思う。」

山崎「もちろんOGもそうですけど、楓昴Familyとして色んな方々が遠いところでも足を運んで応援して下さるというのを感じて、すごい良いチームだし、こういうチームのために戦いたいなと思った。」

記者「では一番印象に残っていることや試合はありますか?」

大門「一番印象に残っているのも去年なんですけど、最終節で帝京平成に逆転で勝ってインカレ初出場が決まった時ですね。」

高橋「最後まで分からなくて、他会場の結果もあわせてだったんですけど、試合が終わった瞬間に監督から言われて、みんなで泣いて、抱き合って喜びました。」

記者「では楓昴内での選手たちの仲はどうですか?」

高橋「もう好きって感じです。」 

廣中「後輩とお家でご飯作って食べたりしたりとか結構するんですけど、これも楓昴らしいというか、ほかの部活ではあんまりないことなのかなと思います。」

236_large.jpg






記者「では続いてこの写真に関してですが、この写真は栃木SC戦の後の廣中千映主将の挨拶の時に自分が撮影したものなんですけど、この4年前、高校最後の選手権で写真の廣中千映主将と日野李保副主将が対戦していて、それから同じチームになって、こうして熱い抱擁を交わす仲になったというのを先日知って自分は凄い感動してしまったんですが、お二人はいかがですか?」

高橋 山崎 大門「それは凄い!知らなかった(笑)」

日野「全然そんな、深く考えたことなかったです(笑)」

山崎「その時は一緒になるって知っていたの?」

日野「その時は知らなくて、でもその後試合の写真や映像を確認したら千映とマッチアップしてたんですよ!」

廣中「その時はボロボロにやられたんですよ(笑) でも今はやっぱり自分は主将だけど試合に出れていないという中で、李保は毎回キャプテンマークを巻いて試合に出てくれて本当にありがとうという感じですね。」

日野「恥ずかしいですね(笑) 千映は試合に出ていなくても自分より全然チームを引っ張っていて、それはインカレでも感じたし、いつも試合中応援の声も聞こえるし、いつも千映からキャプテンマークをもらって頑張らなきゃって思っていた。試合に出ていなくても千映の存在は大きかったです。」

大門「千映泣いちゃいそう…(笑)」

高橋「今までサッカーを続けてきて色んなキャプテンと出会ってきたけど、こんなに心が広くて器が大きいキャプテン、というか人に初めて出会って、これからは違う道に進むけど、一生自慢できるキャプテンです。」

大門「千映とは仲良いんですよ。特にキャプテンになってからはいつも近くにいるんですけど、弱さをいつも見せないんですよ。試合に出てなくてもチームのためにということを常に考えていて、千映の為にもチームの為にも勝ちたいって思って戦っていた。」

山崎「今年のチームを語るには千映なしでは語れないくらいです。キャプテンが千映じゃなかったらここまで来れなかっと思うし、千映自身も試合に出れていなくて、一番つらい思いをしていたと思うのに、いつも千映にごめんねっていうと、みんなが頑張っているのを見てそのために応援するんだよって言ってくれて、『あ〜ってなって、勝てなくてごめんね』って思うんですけど、でも本当にそういう千映の姿を後輩たちもみているから、後輩たちもピッチ外から一緒になって応援しているし… 千映を日本一のキャプテンにしたかったんですけど、それは出来なくて… あぁ自分も泣きそう…」

廣中「こんなに嬉しいこと言ってくれるんですけど、自分も力不足なところが多くて試合に出れていない自分が主将を出来たのは4年生のみんながいたからだからと思ってるし、試合に出れてる4年生も出れていない4年生もみんなそれぞれがかっこよくて、頼もしいので、周りに支えられたなと思います。」

記者「自分たちが取材に行った時もいつも千映さんをはじめ全員が全力で応援していて、その姿がとても印象的でした。」

廣中「歴代の先輩方も全力で応援していて、自分も楓昴はこういうチームなんだと思ったし、何よりも試合に出ている人を応援したくなるチームでした。」

記者「ありがとうございます。では話を少し戻しますが、皆さんの高校時代はいかがでしたか?特に(静岡同士の)順心と橘だとよく戦うことも多かったと思いますが」
(廣中:北海道大谷室蘭 日野:常葉橘 大門・山崎:藤枝順心 高橋:日本航空)

大門「しょっちゅうでしたね、大事な試合はいつも橘って感じでした。」

山崎「いつも橘とはライバルで、まず静岡大会の決勝であたって、また東海大会でもあたって、毎回当たっていました。」

日野「でもいつも順心には勝てなかったなぁ〜、でも東海大会、1-2で負けたけどその1点自分が取ったんですよ(笑) 毎回そんな大差じゃないんだけど勝てなかったです。」

山崎日本平でやったインハイ予選がやばかったよね。延長までいって1-1でPKですごい戦いでした。」

日野「練習試合でも対戦して、負けて順心のグラウンド走らされた記憶があります。「負けたら走る」みたいな変な文化があったんですよ(笑)あん時は恥ずかしかったなぁ〜…」

大門「日本航空とも練習試合で戦ったよね」

高橋「いい試合したのに走ったなぁ〜… 負け走り(笑)」

山崎「やっぱりみんな関わってるんだねどこかで」

日野「高校はみんな全国出てたもんね。そういえば室蘭とは、1年の時も全国で当たったよね」

廣中「あの時は接戦だったから頑張れば行けると思ったんだけど、最後はボロ負けでした。」

日野「自分最後9点目決めた(笑)6年間FWだったので」

記者「大学に入ってポジションが変わったといえば、高橋さんも大学からGKですよね。」

日野「大学に入ってからポジション変わった人多いよね」

高橋「先生が色んな練習させてたじゃん。今思えばありがたかったね。いつもやってほしい練習リストがあってそこでハマったところにって感じでしたね。」

記者「ちなみに日本航空はどんな感じだったんですか?」

高橋「もう軍隊ですね(笑) 滑走路走ってました。でもあれがあったから底力が身に付いて、今もキーパーとしてやっていけてるんだと思います。日本航空じゃなかったらやめていたかもしれないです。色んなサッカー人生の節目がいい方に転がったんだと思います。」

記者「では高校時代に一緒だった方たちとは大学に入ってからどうですか?」

大門「順心は結構多くてみんな仲良いんですけど、試合終わってから普通に笑い話することもあるし、対戦するのが楽しみです。でも余計に負けたくない気持ちもあってって感じです。特に日体とか」

山崎「自分はケガしてしまっていたので、一緒のピッチでプレー出来ることへの喜びはありますね。」

大門「活躍してても憎めないですね。朱里(早稲田)とかが活躍してても嬉しく思っちゃう(笑)」

記者「ではそんな高校時代から、大東を選んできたきっかけは何ですか」

日野「当時先輩がいて、監督にも勧められて。最初は尚美学園に行こうとしていたんですけど、大東に一発で受かったからじゃあ大東でみたいな(笑)あと一人暮らしへのあこがれもありました。」

廣中「北海道は大学で女子サッカー部のある所が1校しかなくて、北海道は出ようと思っていて、それで大東の女子サッカー部に入った先輩が教育実習で室蘭に来てて、それで大東のことを色々教えてもらって勧められたので、大東に来ました。」

山崎「自分は最初吉備国大に行こうとしていたんですけど、寮だから親に反対されて。でも国際系が興味があって、大東か東京国際にしようと決めて、両方練習会に行って、(東京国際を悪く言うつもりはないが)雰囲気が大東の方が良かったので大東にしました。」

日野「やっぱり四年間やるわけだから、雰囲気大事だよね。」

記者「では川本監督の存在はどうですか?」

廣中「でも先生の存在は大きいよね、相当。」

日野「自分は4年生になって幹部ミーティングに参加する事になって、それで先生と話す機会も増えて、さすが10年以上も楓昴の監督やってきたんだなあと思います。未来を予知しているというか、心を見透かしていますね(笑) あと、どう?とか先生に相談されることもあるんですけど、先生の言っていることが論理的過ぎて、いつも『はい』しか言えないですね。(笑)」

記者「でも全ての部員の事をしっかり見ていて、特徴や良い所悪い所を把握していて、それでチームの事も考えていて、凄いですよね」

大門「本当に尊敬するよね。神様なんじゃないかってくらい見透かされてます。」

日野「だからこそもっと仲良くなりたいんだけどね。でもそういうのが苦手というか、シャイだよね(笑)」

大門「あと練習試合の時とか、先生の隣に座っていると先生の分析が聞けるんですよ。それが好きでした。でも自分も言われているんだろうな〜っていうのはありましたけど(笑)」

記者「楓昴通信やTwitter、Facebookなど、プレー以外の面でも魅力が多いですが、イチオシは何ですか?」

日野「やっぱり広報活動だよね。1年生の時から楓昴通信はありますし。」

高橋「あとFacebookは色んな人がコメントしてくれるからね。部員日記はいいよね。」

日野「見てて面白い!毎日の一つの楽しみだよね。あと誕生日とかやってくれるのもいいよね。家族があるのも初めてでした。」

記者「家族割りはどうやって決めるんですか?」

山崎「縦割りで、1年生が入ってきたらあみだくじで決めてました(笑)」

日野「行事とかで家族単位で動くこともあるから、割と大事だよね。活動の多さはそれぞれの家族次第です。」

山崎「のぞみお家族が一番活発だよね(笑) 毎週木曜日に彩乃の家でやってるらしいです(笑)」

記者「確かにのぞみお家族はよく目にしますね(笑) ちなみにFacebookの部員日記は、いつから始まったんですか?」

山崎「うちらが入る前からやってたのは確実です。最近はお題制になって、より内容が濃くなりましたね。」

廣中「調べたら2014年4月16日に始まりました。」

高橋「あとリスペクトも良かったよね。後輩とかと面と向かって話すいい機会になったし、仲の良さにも繋がっていったと思います。」

日野「やっぱり朝練の時間しかなくて、1年生はすぐに授業に行っちゃうので、話す機会が少なかったけど、リスペクトで思っていることを話し合うことが出来ました。」

記者「歴史がありますね。四年生の最後のFacebookも拝見しましたがとても感動する内容でした。ちなみに、スポダイに対しては何かありますか?」

日野「いや凄い。感謝だよね。」

廣中「でも特に今シーズンは女子サッカー部を取り上げてくれて感謝ですね。初めて並に多いです!」

日野「毎年こんなにやってくれてました?(笑)」

高橋「自分、今年の夏大学に入ってから初めてインタビューされました(笑)」

山崎「こんなにガツガツやってくれて嬉しいです。」

大門「でも取材はされていたのかもね。去年の4年生とかは」

廣中「でも今年はいつも来て下さるから顔を覚えたけど、去年は誰が記者さんか分からなかったよね(笑)」

山崎「ありがたかったね」

大門「でもあんまり記事読んだことなくない?(笑)」

高橋「確かに。でもツイッターやブログは見てますよ。」

記者「ありがとうございます。では12月号を差し上げますので、読んでみて下さい(笑) こちらも顔を覚えてもらえて凄い嬉しかったですし、色々助けていただいて本当に感謝です。あとは何よりも自分たちをワクワクさせて取材したくなるようなプレーをしていただいて本当にありがとうございます。」

大門「ありがとうございます。これからも後輩たちをよろしくお願いします。楓昴はずっと続いていくので!」

日野「男子サッカー部も同じくらい行ってるんですか?」

記者「前期は男子サッカー部の方を中心にいかせていただいて、関カレが始まってからはどっちもって感じですね。土日両方みたいな(笑)」

日野「前から記事を書くのとかが好きだったんですか?」

山崎 高橋「逆インタビュー!(笑)」

記者「自分は中高時代も文化部の写真部だったんですけど、スポーツは好きで、子供の頃からずっと浦和レッズが好きでした。それで大学に入ってスポダイがあるっていうのを知って、試合を見に行って尚且つ記事にして発信することが出来るというのがとても嬉しいです。それでいてこうやって選手と仲良くなれたり、インカレや関東への夢を一緒に追いかけて悔しんだり喜んだり出来るのが幸せです。」

日野「天職ですね。本当に大好きなんですね。」

山崎 大門「アツいなぁ〜。嬉しいです。」

記者「ありがとうございます。では私の話もこれくらいにして、楓昴の後輩たちへのメッセージをお願い致します。」

廣中「今は先生も結構『来年は厳しくなる』って話しているけど、でも毎年最初は結構厳しく言うし、やってくれるだろうなとは思いますし、頑張ってほしいです。」

日野「3年生も大変だけど、一人一人みたらしっかりしているし、3年間サッカーを一緒にやってきて成長したなと思う。2年生が結構頑張ってるけど、新4年生の意地を見せてほしいと思います。」

山崎「卒業パーティーで言おうと思ってて、まだ考えていていなかったです(笑) 今まで先輩が築いてきたものはそのまま受け継いでもらって、それ+新しい楓昴の形が見れたらいいと思います。まだ自分たちが成し遂げれていないことをやってほしいです。」

大門「四年生の一年間が一番成長出来ると思うので、この一年を意味のある一年にしてほしいと思います。」

高橋「自分は今までにないくらい後輩に怒ったと思うんですよ。強く言ったり。もちろん自分が言ってたことが全部正しいわけでもないんですけど、こういううるさい先輩がいなくなるからこそ、本気で伝えて本気で受け止めるという言葉のように、それぞれのこだわりをお互いに言い合えるようになってほしいと思います。」

記者「ありがとうございます。では、これからもサッカーを続ける方はどれぐらいいらっしゃいますか?」

日野「今年は多くて6人いますね。自分はFC十文字VENTUSでプレーします。」

山崎「自分はチームはまだ決まってないんですけど、ドイツでプレーします。」

高橋「自分はつくばFCレディースです。」

廣中「それで、なべ(渡邊)が鳥取米子何とかってチームで、芽衣と美緒(古村・一川)が町田ゼルビアです。」

記者「ではどのような活躍をしたいですか?」

日野「少しずつ練習にも参加しているんですけど、結構ハードです。2時間みっちり練習で、ゲーム形式の練習が多いですね。卒業旅行に行ってそのあとチームに合流するんですけど、旅行の時もそれで頭がいっぱいです(笑)」

記者「十文字とつくばは同じチャレンジリーグですね。直接対決も楽しみです。」

高橋「本当にギリギリで声をかけてもらえて、今ケガをしていて調子は良くないんですけど、つくばFCのトレーナーの人とも相談しながら合流する3月に向けて整えています。いずれは指導者になりたいので、つくばFCで正GKに挑んでいって、自分をステップアップしていきたいです。もちろんチームでは一番手を取る気持ちでまた一からスキルを磨いていきます。」

日野「まずはメンバー外で直接対決出来ずにスタンドで応援することのないように頑張ります(笑)」

記者「ありがとうございます。山崎さんはドイツでプレーする訳ですが、どうですか?」

山崎「今ボルシアMGとMSVデュイスブルクが候補で、今度ドイツに行って現地を見てから決めます。」

記者「自分もドイツに留学してたことがあるので分かります!とても興味があるので楽しみです!」

高橋「ちょっと香とドイツ語で話してみてくださいよ(笑)」

山崎「それは恥ずかしい!ブランクもあるし(笑) 一応両チームとも女子のブンデスリーガ1部なので、いるうちにトップチームで試合に出て、3.4年くらいしたら日本に戻ってきて、ドイツでの経験を活かしたプレーがしたいなと思っています。」

大門「もうちょっと(ドイツに)いなよ(笑) でもカッコいい…」

山崎「サッカー人生を終えてからの事は考えていないんですけど、通訳とかになれればいいなと思っています。向こうで経験積んだことを見せて、感謝とか恩返しが出来ればいいです。」

記者「いい夢がありますね。自分も見に行ってみたいです!」

山崎 日野 高橋 「ぜひ来てください!(笑) 皆さんもお待ちしております!」





本編は以上で終了。
一時間を挑越するインタビュー、ありがとうございました!
ここでしか聞けないような話もしていただいて、最後を飾るのにこの上ない内容でした!!

4年生のこれからの活躍にも期待がかかります!これからも頑張ってください!!!



そしてこのあと、ここには収まりきらないお話を番外編として話していただきました!
そちらは後日公開予定です!楽しみにお待ちください!!!

楓昴 2018_190206_0003.jpg
DSC_6803_original.JPG








対談インタビュー(本編・番外編)の最後に記念の写真撮影。
大門選手は時間の都合で最後まで出席する事は叶いませんでしたが、色紙を書いていただきました。



【小山智也/長橋健太郎】

posted by スポダイ at 02:00| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする