2018年12月25日

【男子サッカー部】アンブロチャレンジ2018 第50回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメント 対帝京大学

アンブロチャレンジ2018 第50回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメント
対 帝京大学
日時:12月23日 12:30

会場: 味の素スタジアム西競技場

          優勝まで届かぬも、
   
 創部初準優勝を掴む!

大東0-2帝京

前半0-1

後半0-1


DSC_0693.JPG
▲試合終了と同時に
うなだれる本学


 準決勝で東京経済大学を破り、迎えた決勝。相手は昨年度の本大会で準優勝とリベンジに燃えている帝京大学。本学は初めての決勝ではあるが見据える先は優勝のみだ。円陣を組み、掛け声をひときわ響かせる。
 試合が始まると、相手の猛攻を受けながらも前半5分、荻野稜央(スポ科2)が裏へ抜け出してのシュートするも入らず。時間が経つごとに本学のチャンスは減っていき、相手に主導権を握られる。前半20分、相手の左上隅へのシュートが入ってしまうかと思いきや丸山聡太郎(スポ科2)がナイスセービングする。これでピンチは終わらず、FKと4回にわたるCKが行われる。ディフェンス陣や丸山による必死のボールクリアで免れる。
一進一退の攻防が破られたのは前半44分。ディフェンス陣をかわされ、正面からのシュートはゴールネットに吸いこまれ先取点を奪われる。0-1のビハインドを背負うことになってしまった本学。
 気持ちを切り替えて臨む後半。試合開始早々、焦りからか、本学はイエローカードをもらう。後半9分、本学にとって決定的なチャンスが訪れる。左隅上へ狙いを定め、足を振り抜いた小泉靖弥(スポ科2)のシュートは惜しくもバーに阻まれてしまった。同点に追いつくチャンスだっただけに仰向けになり、悔しがる。それ以降も隙を見てシュートを打つも入らない展開が続く本学。この状況を打破しようと後半30分、選手交代で、渋谷康生(社経1)と斉藤凱也(政治1)が投入され、得点への起爆剤になるか注目されるところ。試合が終盤になり、本学が必死に追い上げを図るが、後半44分に丸山が前に飛び出した隙を突かれ、だめ押しの追加点を決められてしまう。ラストチャンスの攻撃で柳真佑(スポ科2)がシュートするも入らず、試合終了のホイッスルが鳴ると同時にその場で俯く選手。優勝は達成できなかったが、創部初の準優勝をつかんだ。


<選手コメント>
 加藤嗣夫監督

Qこの試合を見てどうだったか

決勝戦なんで勝ちたかったですけど、勝てなくて残念だったなと言うところが大きなところ。こういう競技場でこういう舞台でやれたって、ここまで来てこういう経験ができたってことが、勝てなかったんですけど新人戦ですし、良い経験につながる経験になったんじゃないかと思う。

Q試合前の目標は

目標は優勝。帝京大学は全くスカウティングしていなかったので相手ではなくて、自分たちが毎試合毎試合、前試合の修正というところで取り組んでいた。自分たちのプレーをさせる。それを更に向上させていく。

Q次の試合は

3月の末に、年をまたいでしまうが新しいシーズンのスタートがある。

丸山聡太郎(スポ科2)

Q帝京戦はどのような展開になると予想されていたか

相手の情報などはまだ分からなかったが、そんなに攻められるゲームではなく、自分たちがボールを保持して自分たちのゲームができるかなと思っていた。実際には攻め込まれているときに自分たちで鼓舞、全員が守るという意識を持って泥臭くやっていれば失点はしなかったと思う。自分たちの守備が後手に回ってしまったところもあったが、相手のシュートの何本かはディフェンスが身体張ってくれたのでそんなにやられた印象はない。
今日は前半の終わりに失点してしまって後半の最後も失点で負けたが、自分の武器である、前に前にと言う姿勢は出せた。でも課題はあって、キックのところとかもっと安定させなきゃAチームの試合にかかっていけないかなと思う。



更新が遅くなり大変申し訳ございません。

【奈良佳織・馬場修平・大島拓也】

posted by スポダイ at 16:55| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする