2018年12月22日

【男子サッカー部】第50回東京都大学サッカー連盟新人大会 東京経済大学戦

日時:12月16日(
会場:大東文化大学東松山キャンパス総合グラウンド


神の手丸山準決勝もPK戦の死闘を制す
 〜栄冠まではあと一勝



大東文化大学 0-0 東京経済大学
     PK (7-6)


スタメン

       田沼俊輔

      荻野稜央 小野寺知

横田紘己 小堀雄大 佐野大雅 小泉靖弥

   横矢駿幸 村山竜太 野島樹哉

       丸山聡太郎



先週の準々決勝、リーグ戦一位に輝いた明治学院大学を撃破し準決勝に進出した本学。
準決勝では、グループリーグでも同じ組だった東京経済大学と再戦。グループリーグでは勝利しているが、気を引き締めて試合に臨んだ。

そしてキックオフ、前半は膠着状態が続く。中盤の時間帯では本学が支配しボールを回すもゴールまでは運べず、前半戦終盤は相手がボールを握る展開が続くも、相手のクロスを野島樹哉をはじめとするDF陣が空中戦でPA外にはじき出す。そしてスコアレスで前半が終了した。

後半は、引き気味だった前半とは打って変わって果敢に攻撃を見せるようになる。相手も得点を奪うため積極的になり、一進一退の攻防となる。苦しい時間帯もあったが、「引き分けでPK戦でもいい。という考えをなくして、最後まで守れたからこそチャレンジできたし、無失点に抑えることが出来た」と丸山聡太郎は語る。その通り、どちらにいつゴールが生まれてもおかしくない展開であった。

しかし、90分を戦いぬくもお互いゴールを割ることができず、0-0で後半終了。延長戦はなく、そのままPK戦に突入する。
ABAB方式で、本学が先攻、東経が後攻でPK戦がスタート。
迎えた本学の3人目、小泉靖弥が右に蹴ったボールは相手キーパーに読まれ、止められてしまった。
しかし、本学の丸山は小泉を遠くから励まし、そこでスイッチが入った。東経の4人目の蹴ったボールを止め、これで同点。対する本学は4人目以降の全選手がPKを決めてゆく。そして東経の8人目のキッカーが蹴ったボールを丸山がセーブすると、ガッツポーズで皆が駆け寄り、「大団円」。本学が決勝進出を決めた。

331_large.jpg1304_large.jpg1320_large.jpg1324_large.jpg







(一枚目:リーグ戦からスタメンに名を連ね、新人戦でキャプテンも務める小堀
 二枚目:PK戦を止めてガッツポーズを見せる丸山
三四枚目:決勝進出が決まり、丸山の元に駆け寄る選手たち)



監督インタビュー
加藤嗣夫監督
Q.明治学院大学戦ではPK戦の死闘を制し今日を迎えたが
前回のことはあまり意識していない。前回は追いついたのでそこを修正して挑んだ。PKはくじ引きみたいなところもあるので、そこに集中を切らさずきちんと勝ったという点で今日はよかった。

Q.今日のゲームについて
今日は4試合の中でだいぶ成長してきているので、自信をもってやろうと入ったが前半は腰が引けていた。ハーフタイムにもう一度その話をして、アグレッシブに行こうと話して、後半は見違えるようによくなったと思う。

Q.0-0が後半でも続いたがそこからはどういう方針だったか
別に悪くなかったのでしっかりと前からペース配分出来ていた。取ったボールを効果的にシュートまでもっていくところで手数がかかってしまったので、精度が低くゴールの可能性がなかった。そうなると負けなくても勝ち切るということが出来ない。そこはまた練習してもらうしかない。

Q.PK前に選手に話したことは
集中して後悔の内容にやってこいということ。具体的なことは言うが、選手も経験しているので余計なことはあまり言わなかった。

Q.GK丸山聡太郎選手について
皆そうだが、だいぶ成長してきているので、PKを見ても今日は随分対応しきれていた。今日も2本、先週も2本、試合中も1本止めてて、東経の試合でも1本止めていて、この4〜5試合で6本止めているので自信もついてきていると思う。

Q.決勝に向けて
久しぶり(アミノバイタルカップで1〜2年目で決勝にいって以来3年ぶり)で、決勝はなかなかいけるものではないので、余計なことは考えずにしっかり最後までやれたらいいなと思う。今年、決勝が最後にサッカーをやる日。こんな年は初めてなので、公式戦で終われるのはとても良いことだと思う。

Q.帝京大学について
そこはこの時点でしっかり勝っておかないと、来年しんどくなる。そういう意味でも勝ちたい。来年にという意味のこめて。

Q.タイトルについての意識は
ほしいが、ほしいから取れるものではない。結果的に取れるかどうか。どれだけちゃんと出来るか。緊張感を持った試合が1試合でも多く出来ると成長につながるので、それが1番タイトルよりも財産に繋がっていくのではないかという風には思っている。



選手インタビュー
小堀雄大選手
Q.チームで話しあったこと
東経はグループリーグでの1戦目でやっていたので、お互いの悪いところも良いところも分かった上での戦いになるという話をしたいた。なので、球際だったり声出しだったり、セカンドボールを拾うなど、相手より自分たちがひたむきにできることを必ず行おうという話をした。

Q.キャプテンから見てこの試合はどうだったか
キャプテンとしてというか、みんな体張ってディフェンスの人もきっちりやっていたので、大東の粘り強さで勝ち上がっている。無失点で追われたが良かったと思う。攻撃に関してはもう少し質を上げなければいけないところがあるので、そこを改善点にして一週間で直して決勝戦に臨みたいと思う。

Q.PK戦前に話したこと
PK戦は先週の明治学院大学戦でもやらせてもらっていて、その時は14人目くらいまで行って、もうすでに蹴ったことのある選手が多かったので、あとはPKは運もあるので、気持ちの落ち着け合いじゃないですが、そういうような話をしていた。

Q.試合をこなしてみて3.4年生のいない試合というのはどうですか
春先の東京都の天皇杯予選でも2年生でスタートで出ている人が多かったので、やっぱり自分だけではなくてディフェンスラインの野島だったり、村山だったり、試合に出ている人がチームを引っ張ると意識を持って、みんなもそれに便乗してくれればいい雰囲気になるかなと感じていた。

Q.決勝戦の意気込み
予選から始まって新人戦のメンバーだけで戦うのもあと1試合ですし、最後にいい舞台ににこれたので、しっかり勝ち切って優勝で今年を締めくくりたいなと思います。


丸山聡太郎選手
Q.先週の明治学院大学もPK戦まで縺れる死闘でしたが
明学戦は後半ロスタイムに追いつかれて負けムードだったが、自分が止めることが出来れば次に繋がるという思いでPKに挑むことが出来た。

Q.今日の試合について
東経はグループリーグで一度対戦したが、この前よりも厳しい試合になると思っていた。前半は相手の勢いに押されてしまって、自分たちのプレーが上手く出来なかったが、ハーフタイム中に監督からアドバイスをもらって、後半は前半とは全く違う感じで自分たちから攻撃や守備が出来た。得点は入らなかったが、今回勝つことが出来た要因だと思う。

Q.前半守備の時間が続いた中で感じていたこと
ここで失点してしまうと後半逆転するのは厳しいようなゲームだったので、絶対守備は0でいこうと思っていた。

Q.コーナーキックでの声出しについて
コーナーキックの守備としてゾーンディフェンスとマンマークディフェンスというのがあって東京経済大学の縦に並ぶという攻撃をしてきて、マークが難しいフォーメーションだったので、最初からゾーンにして、きたボールを自分たちで弾くという判断をした。相手のキッカーも上手かったが、それが上手くハマったと思う。

Q.PK戦に突入する直前の気持ちは
この間のPK戦ではPK戦で3本止めたんですけど、自分も外してますし、キッカが決め続けてくれたからこそ勝てたので、今回は練習して心に余裕がある状態だった。

Q.小泉靖弥選手がPKを外した時のことについて
これやべぇな…とかではなくて、自分が止めれば負けないので、やってやろうと思いました。

Q.最後止めたときの気持ちは
チームを勝利のために準備してきたことをPKで発揮出来てうれしく思うし、同時に来週も自分に出来ることをやってチームのために頑張らないとと思った。

Q.決勝戦への意気込み
自分たちは新人大会が始まる前から「優勝しよう」と言っていて、そのチャンスが今目の前まで来ているので、絶対勝って。そして一番最後まで公式戦が出来るというのはいいことだしスタジアムでできるといういい機会なので、絶対に優勝したい。チームのために頑張りたい。


野島樹哉選手
Q.守るべきところで守ることが出来たが今日の守備については
相手がゴール近くまで攻めてきてもディフェンスラインが冷静にシュートを打たせない体制に出来ていたので、攻め込まれても守れる自信があったと思う。今までの予選でもそうだが、失点が少なかったというのも自信につながった。

Q.相手の攻撃はどうだったか
予選で対戦した時とは2トップの選手が変わっていたが、あとから出てきた選手で対策というか、どういう持ち味を持っているかなどの特徴はつかんでいたので、対応は出来ていたのかなと思う。

Q.決勝戦の意気込み
ここまでチーム全員で来たので、誰が出てもおかしくないという状況。学年関係なく全員で、優勝目指して頑張っていきたいと思う。


中林敦也選手
Q.後半途中出場する前に監督に言われたこと
僕は最初のときスタメンだったんですけど、外れて悔しい思いをしていたので、その鬱憤を晴らしてこいと監督に言われた。

Q.来週の意気込み
僕はいつ出てもいいように練習から準備するだけなので、出たときにチームに貢献できるゴールを決められるように取り組んでいきたい。


創部以来初の新人大会決勝。チーム一丸となってここまで来た本学は、今年最後の試合で栄冠を掲げられるか。
12月23日12時30分〜 味の素スタジアム西競技場 VS帝京大学



==============キリトリセン==============
Loss time

決勝戦を前に、引退した4年生からのメッセージ

松本雄太(前エースストライカー)

Q.引退してからサッカー部の方たちとはどうですか
同じ代の仲間たちとは旅行に行ったり、後輩とも連絡を取り合っています。あと希実也(学生コーチ)がまだ部活にいるので、サッカー部の話を聞いています。

Q.引退して雄太さんのポジションには藤枝選手、中林選手などがスタメンを競い合っていますが、そこに関してはどう思っていますか?
切磋琢磨してやっているのでいいと思っている。自分の後釜というよりは、それぞれの特徴、良い所を出していってほしい。

Q.後輩たちそして決勝に向けて
大東らしく、泥臭くがむしゃらにやっていってほしい。


メッセージありがとうございました!!
引退した4年生も注目の新人大会決勝戦、新たなエースストライカーが試合を決めることになるのか…。



【小山智也】

posted by スポダイ at 23:30| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする