2018年12月21日

【アイスホッケー部】関東大学アイスホッケーDivision.I-A,B入れ替え戦 対日本体育大学

2018年12月9日(日)
ダイドードリンコアイスアリーナ

4年連続の入れ替え戦も勝利ならず

高かったI−Aとの壁

#72.jpg
▲チャンスを生むなど爪痕を残した#72夏堀斗我(スポ科3)


大東文化大学 1−4 日本体育大学
1ピリ 0−0
2ピリ 0−3
3ピリ 1−1
≪ペナルティー(2分間退場)≫
7:18 #84 松渕雄太 CROSS        10:16#11 HOLD   
13:49 #84 松渕雄太 HOOK        16:19#88 CROSS
30:22 #72 夏堀斗我 ELBOW      18:58#87 HI-ST
51:24 #2 日高正也 TRIP        39:35#19 HO-ST
                       42:14#87 ROUGH


  第1ピリオドでは、序盤は両者のスピードが早く、互角の戦いとなっていたものの中盤からは徐々に相手のオフェンス時間が多くなっていく。その後、#49矢島龍が惜しいシュートを打つが相手のディフェンスに阻まれ、決まらず。途中、松渕雄太主将が2回の反則をとったが、2回目の反則は本人が納得できない表情。松渕主将は1ピリで計4分退場となった。

 第2ピリオドは大きく試合が動いた。途中、相手に攻められるがゴールキーパーの#13(普段は#88)酒井良大が好セーブを連発。しかしその後、相手がゴール際でシュートするなど危うい場面があった。そしてついに相手に先制点を決められてしまう。その後、勢いに乗った相手が約10分の間に連続2点を決め、本学が3点を追いかける展開のまま最終ピリオドへ。
#86.jpg
▲#86寺西泰成(経営1)が同じく1年の山崎と生み出したシュートチャンスだが、惜しかったもののはじかれてしまった

  第3ピリオドは開始1分で、松渕雄太主将が1点を返す。しかし5分、相手のゴールが決まったかのように見えたが、ノーゴールに。12分、右サイドの山崎絢志郎がセンターの寺西泰成にパスが決まり、シュートするも惜しくもゴールとはならなかった。試合終盤になるにつれ、相手に余裕が生まれる一方で本学は追い込まれていく。残り1分で本学はゴールキーパーを下げ、6人のプレーヤーで攻撃に出た。しかし非情にも、相手に残り12秒でさらに1点を追加されてしまい、1−4で入れ替え戦を終えた。

 4年生にとって最後となる関東大学リーグ戦。4年生が当時1年生だったころから毎年入れ替え戦に進むも、勝利にあと一歩及ばず。悲願のI−A昇格という目標を後輩に託した。


4年生が歩んできた関東リーグ4年間の歴史
年度リーグ戦DivisionI-B 順位DivisionI-Aとの入れ替え戦結果
2015年度(平成27年度)優勝●2−3 慶応義塾大学I-B残留
2016年度(平成28年度)優勝●2−3 慶応義塾大学I-B残留
2017年度(平成29年度)2位●5−7 日本体育大学I-B残留
2018年度(平成30年度)2位●1−4 日本体育大学I-B残留




【試合後コメント】
酒井優好監督

 QディビジョンAとBの差は大きかった?

向こうの方が実力は上。粒が揃っている。

Q本学が決めきれなかった?

それはあった。決められないと勝てない。

Q決めるところと決められないところの差は?

やはりそれは日頃の練習で身に付くもの。練習のときにいかに集中して、本番のつもりで練習に取り組まないと身に付かない。

Q終盤の6人攻撃について

可能性としては6人だと点が入りやすいから1点差まで追いついて。相手のアタッキングゾーンでプレーがなされたときにもう一度6人攻撃やるという考えのもと、2点差だから行なった。リスクは当然伴うが、そのままやっても同点まで追いつかないわけだから。6人攻撃は賭け。



松渕雄太(企シス4)主将松渕さん.jpg

Q試合前にチームで話していたこと

もともと格上相手だとわかっていたので、最後まで走れなくなるまで走るということと、みんなで楽しもうということを話していた。

 Q2ピリで3失点というのはどう捉えているか

1点目は不運な形で入ってしまったのでそこはあまり気にしていない。そのあと、ペナルティーしてから僕のミスでの失点となってしまった。そこで申し訳ない気持ちになってしまった。そういう弱さのところに日体大が間髪入れずに、もう1点入れてきたので、日体大はしっかりしているなと思った。

Q日体大との差は感じたか

相手のミスを見逃さないあたりはさすがだなと思った。

Qインカレが残っているが課題は

まずは一週間くらいリフレッシュして、アイスホッケーに打ち込める心身にする。インカレこそはどんな結果でも笑って終われれば、僕の学生生活のアイスホッケーはよかったなと思う。

Q目標は?

目標は優勝と言いたいが厳しい部分もあるので、少しでも1試合でも多くこのチームでやるということを目標に頑張っていきたい。



アシスタントキャプテン・馬場風諒(経営4)馬場さん.jpg

QディビジョンIAとの差は?

やはりAだと明治や早稲田などのトップレベルでの戦いでそのスピードに慣れてるからこそ、ちょっとしたところで違いが出るのかなと思った。


Q日体大との入れ替え戦についてチームで話し合ったこと

いろいろ細かいことはあったが、まずは気持ちで負けないことが大事だとミーティングで話した。


Q2ピリオドで3点の失点があったが

1点目が不運な形で入ってしまって、そこから流れを戻せなかったというのが大きいと思う。


Q3ピリオドで1点返したあと本学のチャンスが多くあったと思うのですがそこで点を決められなかったのは

3ピリオドが始まる、1人多い状態(パワープレー)でそこでまず1点取ろうと話をして、1点取れて流れが来たんですけど、やはり決める所を決めきれなかったというのは日頃のちょっとした練習の部分で、本番を意識している部分が足らなかったのかなと思う。


Q最終学年として、これからのチームはどんなチームになって欲しいと思いますか?

まずはこの負けた悔しさを忘れずに、1年間頑張ったら、その結果は必ずついてくると思うので、この1年間悔しさを忘れないで欲しい。




茂木慎之介(スポ科3)茂木さん.JPG

QディビジョンIーAとの差はあったか

向こうの方がメンバーが揃っていて、スキルも上。その最後を勝ちきるというのがAでの強さかなと、そこが、壁があるなと感じた。

Q日体大戦での対策や話しあった事は?

向こうの方がスキルも上だし、速いので、こっちはとりあえず足を動かして、相手の主力の4年生のセットには1人ちゃんとつく感じでやっていたが、向こうのスキル高くて振り切られてしまった。

Q第2ピリオドで3点の失点があったが

1点、2点と立て続けに入れられて、こっちも焦ってしまい、向こうがどんどんと流れにのってしまい、そこで1点やられた時にそこで1点返していれば、もう少しいいゲームになったのかなと思う。

Q第3ピリオドで1点返したあと本学にチャンスが多くできていたが、そこで決めきれなかったのはなぜか?

1点決めた時こっちはどんどん波に乗ってきて、チャンスも多かったが、そこで決められないのもディビジョンIBの弱さかなと感じた。

Q今シーズンが終わったが、来年度に向けてどのようなチームにしていきたい?

来年度は自分たちが最上級生になるので今年、4年生が達成できなかったことを来年成し遂げるために、1からチーム作りして、チームワークを上げていきたい。



山崎絢志郎(スポ科1)山崎絢志郎.jpg

Q1年生の寺西泰成選手からのパスで惜しい場面があったが

自分の決定力不足で、結果的にチームが負けてしまったので来年に向けてもっと練習していきたい。


QディビジョンI-Aとの壁や実力の差は感じたか

かなり個人的にはそんな変わりないともう。最後の決定力、それだけだと思うのでそれを変えていきたい。


Q春には4年生が抜けて新体制になるが

今、得点源がほとんど4年生なので、そこを補えるように自分たちがしっかりやっていきたい。今年、負けてしまったがI-Aへ昇格するということを第一の目標として頑張っていきたい。





平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 ディビジョンIーB 表彰選手

最多ポイント賞 茂木慎之介(スポ科3)

茂木慎之介.jpg
▲高いテクニックでエースとしてチームをけん引!


ベスト6に2名がランクイン!

松渕雄太主将(企シス4)、馬場風諒(経営4)

松渕さん.jpgDSC_0448_original.jpg
▲(左)主将としてチームを引っ張ってきた松渕  (右)DFとして、アシスタントキャプテンとしてプレーに貢献した馬場




【石津 汐梨 / 長橋 健太郎】

posted by スポダイ at 18:40| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする