2018年11月30日

【スケート部】2018/2019 ISUワールドカップスピードスケート競技会第2戦

ワールドカップ第2戦

DivisionAで健闘

20181124_143226 (2).jpg

▲第2戦 奮闘した 稲川くるみ(スポ科1)


 2018/2019 ISUワールドカップスピードスケート競技会第2戦が北海道苫小牧市において11月22日(金)〜25日(日)の3日間行われた。本学、稲川くるみ(スポ科1)は日本代表として出場。
 第1戦帯広大会500mDivisionB3位になったことによりにDivisionAに初昇格した稲川は、大会1日目500m第1レースに出場、ワールドカップでは11季ぶりに屋外リンクでの開催となる厳しい条件のもと、39秒417で11位と健闘しワールドカップポイント30点を獲得した。しかしながらここまでの3レース中、出場が1レース少ない稲川は、ポイントランキングでは24位となり、翌日のレースでは再びDivisionBにまわることとなった。
 大会2日目の500m第2レースでは、強風の中100mを10秒70のタイムで1位通過した稲川は、惜しくもゴール前で同走のカナダの選手にかわされ、40秒053で2位となった。この結果、2週間後に出場する第3戦ポーランド大会では、DivisionAへの再昇格を決めた。
 大会最終日のチームスプリントには、第1戦の小平奈緒(相澤病院)に代わり、曽我こなみ(日本ハウス・ホテル&リゾート)、辻麻希(関西病院)と日本チームを組んで出場を果たした。第1走をつとめた稲川は、出場8チーム中最速の31秒81のタイムで貢献するも、最終成績は5位であった。


結果
種目名前順位タイムポイント
500m
第1レース 
DivisionA
稲川くるみ(スポ科1)11位39秒417
30pts.
(㉔53pts.)
500m
第2レース
DivisionB
2位40秒053
29pts.
(㉔82pts.)
女子チームスプリント日本
(稲川、曽我、辻)
5位1分34秒420
80pts.
(C188pts.)

※DivisionAの出場資格:前大会のDivisionB上位3名を含めたワールドカップポイント上位20名。

選手コメント
稲川 くるみ(スポ科1)

『ワールドカップ苫小牧大会を無事に終えることができました。500m1回目DivisionAでは11位、500m2回目DivisionBでは2位、チームスプリントでは日本チームの第1走を滑走し5位と納得のいくレースができたと思います。大会では良い経験ができ、とても良い刺激を受けることばかりです。これからも全力で頑張ります。応援ありがとうございました。次は、ポーランドでのワールドカップ第3戦に出場いたします。応援よろしくお願いいたします』

(写真・情報提供)スケート部
【西澤蒼馬】
posted by スポダイ at 22:50| スケート部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする