2018年11月20日

【軟式野球部】第39回東日本大学軟式野球選手権大会2回戦 対新潟医療福祉大学

第39回東日本大学軟式野球選手権大会2回戦 対新潟医療福祉大学

日時:11月18日(日)10:00〜

会場:千葉県成田市 ナスパ・スタジアム



一度リードするも

無念の2回戦敗退・・・

新医福|010 104 110|8
大東 |003 100 000|4


DSC_0157.JPG
▲お互いに
鼓舞し合う本学


 初戦の北海道大学水産学部に勝利した本学が迎える2回戦。相手は本大会の常連校であり、過去にはベスト4の成績を誇る新潟医療福祉大学だ。初戦でみせ勢いそのままに勝利できるかが見どころだ。この試合に勝てばベスト8が確定するだけに勝ちたい本学。

 本学の守備から試合が始まり、小柳友哉(スポ科1)が先発ピッチャーとしてマウンドに立つ。初回からエラーが出てしまい、ピンチを招いてしまう。2アウトから進まず、ランナー1・3塁と得点圏の場面、冷静な投球でライトフライに抑え、脱する。そんななか、試合が動いたのは早くも2回表。相手の打球を捕るも送球の面で際どく進塁を許してしまうことが目立つ。その流れの中でレフト前ヒットによって先取点を奪われてしまう。
 しかし、本学はこの展開に負けずに、3回裏で大東旋風を吹かせる。大久保結貴(社会1)のフォアボールから始まり、打線が爆発する。ランナー1・2塁から志和敬紀(教育1)がセンターへの長打で大久保が生還し、1点を奪う。さらに片岡龍之介(国際関係3)のライトへの一打で追加点を奪う。それだけでは止まらず、小久保穂(政治3)のレフト前ヒットで3点目とリードを広げる。4回表に相手に1点差を縮められるも、4回裏にはランナ-2・3塁の場面で玉川がヒットを打ち、有利に進めていく。
 勝負の分かれ目は5回。お互いにピッチャーを交代し、心機一転を図ろうとする。本学は、小柳から田代奏太(法律2)に交代する。それが引き金となったのか、6回以降相手の強襲が始まり、外野へのフライ、ライナーが続く。リードしていた点差をあっという間に逆転され、8回表には4点差となってしまう。攻撃でなんとか点差を縮めようとするが、三者凡退に倒れる。迎える最後のチャンスの9回裏。もう後が残されていない本学はどうにか逆転を狙う。そのために代打を2回活用し、藤里亘(法律3)、東海林泰成(健康3)に託す。粘っていくがむなしく敗れることになってしまった。
 本学軟式野球部の東日本一への挑戦は幕を閉じ、3年生8名は悔しい思いを残す引退となった。


DSC_0242.JPG
▲玉川が生還し
3点目を奪う


<コメント>

・田中元気主将(スポ科3)

Q2回戦で敗れることになってしまいましたがどのような心境か

悔しいです。本当に悔しいです

Q 3回裏で打線がうまくつながり3点奪ういい雰囲気の中、後半で悪い展開になってしまったが

集中力、勝負弱さが出てしまった

Q 主将として東日本大学軟式野球選手権大会の振り返りのようなものは

多くの問題、課題を乗り越えて野球をみんなで出来て良かったです

田代奏太(法律2)

Q今回、2回戦敗退となってしまったがどのような心境か

3年生と試合できるのが今回で最後となってしまい、7・8・9回は今までの思い出を思い出してしまい、涙が出そうでした。最後まで3年生の役に立てなくて悔しかったです。感謝の気持ちを忘れず、来年は先輩方以上になれるように頑張ります

Q途中、ピッチャー交代でマウンドに上がるとき、何を考えていたか

とにかくボールを投げず、思い切り腕を振ろうと考えていた

Q自分のピッチングについてどうとらえているか

ストライクを投げよう投げようと考えて、甘いコースばかりだったのでコースを狙わないといけないなと思った

Q 今後に向けて何か取り組むことや変えていきたいことはありますか

サイドスローに変えたのは最近なので、もっとフォームを固めたいと思う

【奈良佳織】
posted by スポダイ at 14:43| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする