2018年11月06日

【スポーツ大東編集部】スポーツ大東11月号(第256号)発行のお知らせ

11月号発行!!


0D11D91E-983E-442A-8175-505A182477A1.jpg
2F7AF719-C80E-4EA1-A3E8-967D67278485.jpg



 この度、11月6日付でスポーツ大東11月号(第256号)を発行いたしました。

 今号の1面は、9月9日に行われた第12回全日本学生テコンドー選手権大会で団体優勝、史上初の4連覇を果たしたテコンドー部​です。一方の6面は​陸上競技部女子長距離。全日本大学女子駅伝では関谷夏希(外英3)、鈴木優花(スポ科1)の二枚看板が区間賞を獲るも、優勝には惜しくも届きませんでした。それ以前に行われた関東大学女子駅伝の記事も併せてご覧ください。

 ​2・3・4面は他部活の結果記事​。2面は予選会を7位通過し、本戦への出場を決めた​陸上競技部男子長距離​。3面はリーグ戦で優勝争いを繰り広げる男子バスケットボール部、4面は​​リーグ戦2連覇へ向け5戦全勝中の​​ラグビー部が、面内を大きく占めております。三つの面合わせて22部活と、内容盛りだくさんの中面です。

 5面は特集面です。「突撃アスリート飯!」というタイトルの今回は、ボクシング部​と相撲部​という『食』が密接的に関わる部活を取り上げ、それぞれ10のQ&Aを挙げました。余談ですが、見出しで一際目立つ『突撃』は、一部員が実際に消しゴムハンコを作成したものです。このような些細なところにも、ご注目ください。


部員からのコメント

姜亨起(経営3)【1面面責】担当記事→1面・テコンドー部、2面・男子ラクロス部、3面・アメリカンフットボール部、4面・ラグビー部/スポダイ+

「1面を飾ったテコンドー部は、インカレで厳しい戦いとなりながらも当たり前のごとく強さを発揮し、団体4連覇という偉業を成し遂げました。大会中に主将が見せた気概や、初の大会ながら活躍した1年生たちを取り上げております。また、今号では新入部員の10人全員が、四季を含めて記事を担当しました。一人一人の個性が出ていて、飽きさせない紙面となっているのでぜひご一読ください」


石津汐梨(政治3)担当記事→2面・陸上競技部男子長距離(箱根駅伝予選会)/剣道部(女子)/アイスホッケー部/競技ダンス部

はじめに、いつも快く取材を受けてくださる選手や監督、連絡のやり取りをしてくださる主務さん、本当にありがとうございます。おかげで、記事発行やブログ更新を行うことができました。今回は男子長距離、アイスホッケー、競技ダンス、剣道の記事を担当したのですが、どの部活も取材しながら頑張れ!と応援したくなりました。11月号を手に取った方にも記事から熱が伝わり、応援したい!と思ってくだされば嬉しいです。大東生は校舎で、一般の方々は講読をしていただくと手に取ることができますので是非ご一読ください!」


平野孝亮(国際文化3)担当記事→3面・男子バスケットボール部

男子バスケットボール部、関東リーグ1部について記事を書かせていただきました。優勝争いに加わる本学は果たして優勝できるか、注目してご一読ください」


木彩衣(日文2)【6面面責】担当記事→3面・弓道部、6面・陸上競技部女子長距離(全日本大学女子駅伝)

今回、弓道と女子長距離の記事を担当させていただきました。特に女子長距離は6面という大きなスペースを頂いたにも関わらず、記事を書く期間が短くて四苦八苦…色々な人に助けていただきながらなんとか完成致しました!今季の大東スポーツマンの活躍、是非ご覧ください」



板谷優(日文2)​担当記事→2面・モダンダンス部

今回モダンダンス部の記事を担当し、公演時の部員の方々の姿にとても感動して、記事を書けたことで、これからの部活をより頑張ろうという気持ちになることが出来ました。すぐに12月号の制作が始まるので、それに向けて頑張っていきたいと思います」


奈良佳織(日文2)​担当記事→3面・ハンドボール部、4面・軟式野球部

初めて記事を担当して色々わからないことだらけで、試行錯誤しながらできた記事でした。自分の中で頑張ったほうかもしれませんが、次はさらにいい記事が書けるよう頑張りたいです」


丸山カノン(日文1)​【4面面責】担当記事→1面・四季

今回も新聞作業にご協力くださった皆様、ありがとうございました。今回私が書いたのは四季のみでしたが、様々な部活に取材させていただきました。今号は大会シーズンということでたくさんの部活が載っています。まだ大会の終わっていない部活もありますのでまだまだ気を抜かず取材していきたいです」


大島拓也(歴文1)​【1面面責】担当記事→1面・テコンドー部(1年生特集)、4面・女子バレーボール部/空手道部、5面・ボクシング部

女子バレーボール部は春季には進めなかった場所に進めたということ、そして1部という目標はもう眼前にきているというところ。空手道部は全日本に進出した女子と、残留を果たした男子の頑張りに注目してみてください。これからは、もっと早く記事を書くことが特に必要だと学びました」

馬場修平(現経1)【4面面責】担当記事→4面・ラグビー部Jr.、5面・相撲部

5面特集では聞いちゃいました、相撲部の食生活。とても美味しい記事となっております。また、4面のラグビーJr.の奮闘もぜひご覧ください」


高橋芹奈(法律1)​【5面面責】担当記事→3面・男子バレーボール部、5面・ボクシング部

今回も7月号と同じく男子バレーボール部の結果記事に加え、今回は5面のレイアウトを担当させていただきました!どちらも11月号はデザインに凝りました。ぜひご覧ください!」


小山智也(政治1)​【2面面責】担当記事→2面・男子サッカー部、4面・硬式野球部

私は今季、新聞製作のためほぼ毎週取材に伺いました。その中で一番印象に残ってる試合は、男子サッカー部の1部リーグ残留を決めた10月14日の上智大学戦です。今まで観たどの試合よりも感動的で、アツい試合でした。あの試合で、記者として選手と共にこういった経験が出来るというのは、とても素晴らしい事だと改めて感じました。今回の新聞で読書さんにもこの感情が共有出来たら、嬉しい限りです。今後とも選手、読書の皆様と良い関係が築けるよう精進してまいりますので、よろしくお願い致します」


井上響(国際文化1)​担当記事→2面・女子バスケットボール部

女子バスケットボール部の記事を書かせていただきました。井上響です。今回ははじめて記事を書き、編集作業を行いました。1年生で記事を書かせていただくという貴重な経験ができて、とても思い入れのある新聞となりました。これからもスポーツ大東編集部をよろしくお願いします」


長橋健太郎(経営1)​【3面面責】担当記事→3面・女子サッカー部、5面・相撲部

今号で、初めて記事を書かせていただきました。自分が書いた記事は1つでしたが、1つの記事でもかなり大変なのに、それをいくつも書き上げる先輩や同級生はすごいなと思いました。ですが大変だけではなく、部員みんなで作る新聞はとてもやりがいがありました。終わったあとの達成感も大きく、また作りたいと思える新聞作りになったので良かったです」


西澤蒼馬(社会1)​【6面面責】担当記事→3面・陸上競技部(全日本インカレ)、6面・陸上競技部女子長距離(関東大学女子駅伝)

11月号は女子長距離、短距離の2つの記事を書かせていただきました。入部してから陸上競技の取材が多く、知識も増えてきました。知識が増えた分、より深く競技を知れるようになりました。今後は同学年である選手に注目していき、引退するまで選手のストーリーを追っていきます!




【姜 亨起】
posted by スポダイ at 11:45| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする