2018年11月06日

【女子サッカー部】 皇后杯 特集

皇后杯 JFA 第40回全日本女子サッカー選手権大会


三大会ぶり二度目の出場となった本学は、初戦で北海道代表の北海道大谷室蘭高校と対戦した。
前半途中までは互いに点が取れず探り合いの状態が続くも前半34分、相手陣内深い位置からのスローインからのチャンスで宇津木陽菜が先制ゴールを決める!前半は1-0で折り返し、後半に入ると2点を追加する。北海道大谷室蘭高校も意地を見せ本学から1点を奪うも、そのあと本学が4点目を決め勝負あり。4-1で本学が勝利した。

これにより見事二回戦への切符を手にした。二回戦では、なでしこ2部のオルカ鴨川FCと対戦する。オルカ鴨川FCは千葉県鴨川市を本拠地に構えるチームだ。鴨川にある水族館、鴨川シーワールドのシャチ(オルカ)に因んでチーム名が名づけられ、シャチのロゴマークはとても特徴的だ。


なでしこ2部のチームとなるが負けるわけにはいかない。オルカ鴨川に勝利すれば、なでしこ1部で四連覇と、比類なき強さを誇る日テレベレーザと対戦することが出来る。選手たちのモチベーションはきっと高いだろう。しかし、オルカ鴨川FCに勝つことが出来なければ、そこでもう敗退となってしまう。まずは2回戦、オルカ鴨川FCに「挑んで越える」ことが必要だ。皇后杯2回戦、大東文化大学ーオルカ鴨川FCの試合は、

11月24日()10時30分〜 佐久総合運動公園陸上競技場

で行われる。



【小山智也】
posted by スポダイ at 12:00| 女子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする