2018年11月05日

【相撲部】第96回全国学生相撲選手権大会

第96回全国学生相撲選手権大会/平成30年11月3日(土)〜4日(日)/於・両国国技館

団体戦

 惜しくもAクラス出場権逃す

DSC_0904.jpg
▲4年生最後の大会で気迫のこもった相撲をとった 平澤

 第96回全国学生相撲選手権大会が11月3日(土)から4日(日)の2日間にかけて両国国技館で行われた。本学から個人戦は4人出場し、団体戦は5人出場。今大会は4年生にとって最後の大会であり、唯一の4年生平澤純仁は個人戦2回戦敗退となった。団体戦はA・B・CクラスのトーナメントがありBクラスからの出場。Bクラスで上位4チームに入るとAクラスのトーナメントに出場権を獲得する。この団体戦では2回戦から本学は出場し龍谷大学を4−1で勝利し3回戦立命館に勝利するとAクラスの出場権を獲得となるが、1−4で敗退した。

個人戦
  決まり手 西
1回戦
三浦 拓也
(東海学園大学)
🔴寄り切り
平澤 純仁
(現経4)
2回戦
寺沢 陸
(拓殖大学)
押し出し🔴
1回戦
小野里 敬吾
(経営3)
押し出し🔴
磯和 開
(愛知学院大学)
2回戦🔴寄り切り
進藤 庸平
(九州情報大学)
1回戦
有川 真生
(スポ科1)
🔴下手投げ
中西 翔
(近畿大学)
2回戦
渡邊 純平
(中文1)
🔴押し出し
竹林 将太
(同志社大学)

団体戦 Bクラス

2回戦 vs 龍谷大学(西)
  決まり手
先鋒
古閑 聖也
(現経3)
寄り切り
二陣
平澤 純仁
(現経4)
寄り倒し
中堅
小野里 敬吾
(経営3)
はたき込み
副将
幡谷 祐希
(中文1)
押し出し
大将
星野 真生
(スポ科1)
🔴押し出し

3回戦 vs 立命館大学(東)
 西 決まり手
先鋒
古閑 聖也
(現経3)
🔴すくい投げ
二陣
平澤 純仁
(現経4)
🔴押し出し
中堅
小野里 敬吾
(経営3)
🔴はたき込み
副将
幡谷 祐希
(中文1)
寄り切り
大将
星野 真生
(スポ科1)
🔴すくい投げ

※ 勝ち…◯ 負け…🔴

監督・選手コメント

一星 和仁 監督

━個人戦
 春の大会と比べたら稽古の成果が出てきている。落ち着いて相撲が取れるようになった。春は慌てていて気持ちと体のバランスが悪かった。今大会は気持ちに余裕がでてきた。

━団体戦
 2回戦、先鋒の古閑選手が勝ったことが大きい。左の手首を怪我していて稽古も十分でてきていなかった選手が勝てたことはやはり大きい。主将、平澤選手は最後の大会で一生懸命の相撲がとれた。幡谷選手は勝負度胸がよく、初めての国技館で良い相撲を取ってくれた。

━Aクラスに上がるために必要なこと
 監督がどうこう言うよりは自分たちで今後どうしていくかを考えて練習することが選手にとっても大きな自信になる。


平澤純仁(現経4)

━個人戦の結果について
 1回戦、東海学園大学の大将とだったので、団体戦では自分は当たらないが後輩が当たる。どういう相撲をとるのか見せられたらなという気持ちがあった。2回戦も最初の立ち合いは悪くない感じがあったが、その後引き気味になってしまった。

━団体戦の目標
 Bクラス3位まで入って、Aクラスで戦うこと。

━引退試合
 小学2年生からやっていたので、一息ついたなと。最後の試合だったので、悔しいは悔しいが、違う悔しさがある。心残りがあるという感じだったが、1年間ついてきてくれて良かった。残ってくれた部員には感謝しています。来年はしっかり勝って、笑って終わってほしい。

━コンディションについて
 ダメな相撲をとった東日本に比べたら身体は動いていたので、調子的には良かった。左回しとって相手を横にしてというやりたかったことの1つはできたが、それがすぐに崩されてしまった。立ち合いで吹き飛ばされないことと、相手を横にして押しやすいのを意識した。崩された後につながらなかった、切り替えが出来なかった。自分の形にしたい前で切られて、そこからの巻き返しが出来なかった。


古閑聖也(現経3)

━個人戦に出場しなかったのは
 左の手首を怪我してしまった。

━団体戦の結果について
 1年の幡谷が1勝を取ってくれたが、来年の課題が見つかったと思う。

━2回戦目について
 龍谷大学ではなく東海学園大学があがってくると思っていた。皆頭を切り替えてできた。龍谷大学は去年まで同じ2部にいたが、去年3部に落ちた。

━立命館大学はレベルの差など感じたか
 日々練習で言われていることをしっかり頭に入れて相撲できれば勝てていたのではないかと思うが、それが出来なかった。

━試合で良かった点と悪かった点
 良かった点は自分の形になった相撲がとれたこと。悪かった点は立ち会いが考えて悩んであやふやになってしまったこと。

━団体戦でBクラスからAクラスに上がるためには
 皆が日々言われていることをまだ時間がある間にしっかり直して、全員で協力しあって各試合に勝つのが今後の課題。

━来年のチームに向けて
 今年は4年生の平澤先輩が1人で引っ張ってきたが、来年は3人いるので一人一人協力しあって切磋琢磨していけるようにしたい。


小野里 敬吾(経営3)

━個人戦の目標
3回戦まではいきたかった。

━良かった点
立合いとかで体が動いていたが最後の詰めが悪かった。
1つ勝ったことで自信になった。

━団体戦の結果
2回戦は2-0で自分が勝って勝利を決めれたのは良かったが、3回戦は0-2できていて勝利しなければいけなかったが負けたことが悔しい。

━Aクラスに上がるためにやっていくべきこと
4年生が引退してしまった。ある程度戦える位置にいるので気持ちで負けないこととからだをつくることが必要。


有川 真生(スポ科1)

━個人戦の目標
相手が強かったけど1勝はしたかった。

━良かった点、悪かった点
格上相手に土俵上で止めることは出来たが土俵際での対応が上手くできなかった。

━団体戦の目標
Aクラス入りが目標

━結果について
自分が2回戦で負けてしまい調子がくるった。気持ちの面で弱さが出てしまった。3回戦は立合いは良かったが土俵際で粘れなかった。

━今後の目標
Bクラスでのベスト4に入ることと冬は長いが体の全体の筋力をつける。

渡邊 純平(中文1)  中学時代 テニス 高校時代 ラグビー

━個人戦目標
大学から始めた身なので勝ち負けというよりかは練習してきたことを少しでも出せれば良いかな。

━結果について
練習してきたことを発揮できなかった。立合いのとき萎縮してしまった。自分の思った通りの相撲が発揮できなかった。

━練習してきたこと
立合いの威力を強くするために頭と手と足の3つ同時に出して強くあたる。鋭いのではなくフワッと全然相手に威力もない。簡単にやられてしまう。立合いの瞬間はラクビーと似ている。

━今後の目標
7月の体重別の大会が目標でそこに向けて65kg未満で全国行けるように体重も増やしつつ技も教わりながら成長していきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Pick Up Player

DSC_1175.jpg
▲ 団体戦3回戦チーム唯一の勝利を挙げた 幡谷

幡谷 祐希(中文1)

 ‶二刀流”野球界では大谷翔平が有名である。本学でも二刀流の選手が現れた。柔道部である幡谷は、今大会相撲部の団体戦の人数の関係で応援として出場。中学は相撲、高校は柔道という経歴を持ち、現在は本学の柔道部に所属している。先月に靖国神社で行われた第67回東日本学生相撲リーグ戦にも出場し活躍した。今大会は相撲の聖地である両国国技館での出場は初めてにも関わらず堂々とした立ち合いで2戦2勝を果たした。幡谷は「投げ技があるところが柔道に似ている」と語り相撲にも意欲を見せる。しかし今後の相撲での出場は未定。約4年ぶりの相撲での出場で活躍にも期待がかかるが、本腰をいれている柔道にも期待したい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【西澤 蒼馬 石津 汐梨 馬場 修平】
posted by スポダイ at 10:30| 相撲部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする