2018年10月28日

【女子長距離陸上競技部】第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

第36回全日本大学女子駅伝対校選手権大会
10月28日12:10スタート

スタート:仙台市陸上競技場〜仙台育英学園前〜仙台市太白区役所前〜五橋中学校前〜ネッツトヨタ仙台黒松店前〜ゴール:仙台市役所前市民広場


総合順位:2位
合計タイム:2時間6分0秒(1位と34秒差)
区間賞:2名(2区 鈴木優花/5区 関谷夏希)


本日10月28日に行われた全日本女子駅伝、通称杜の都駅伝が終了しました。結果、本学は2位。悲願の初優勝とはなりませんでした。
秋めく仙台の街中、大東の名を背負って力走した選手・監督のコメントを載せています。是非ご覧下さい。


<<レース後コメント>>
外園隆監督
今回は2区と5区にうちの二枚看板を置いたので、そこにどう絡ませるかということが一番の問題だった。それがうまくいった部分もあったが、優勝した名城大学の勢いを止めるには不足していた部分もあった。富士山女子駅伝は今回よりも1区間多い7区間のレースなので、優勝するためにも、そこに向けてなんとしてももう一度戦力を整えたい。
----------------------
1区(6.4km) 秋山 祐妃(スポ科2)    区間13位 21分30秒
ーレースを振り返って
5kmをすぎたあたりからきつかった。今の力を出せたと思うが、悔しい。

ー結果について
優勝を本当に狙っていたので、去年とは違って悔しい。
----------------------
☆区間賞
2区(5.6km) 鈴木 優花(スポ科1)    区間1位 17分38秒
━レースを振り返ってみて
序盤の大事な2区で目標の区間賞を取れて安心している。 

━結果について
二位の結果は先輩が繋いでくださった結果なので来年優勝目指したい

━富士山女子駅伝に向けて
チームの柱だと監督に言われたのでその信頼を裏切らない走りをしたい。
----------------------
3区(6.8km) 元廣 由美(経営4)    区間9位 23分20秒
ーレースを振り返って
私があと30秒早く走れていたら日本一が見えていたのかと思うと、本当に悔しい。

ー結果について
この一年、日本一を目標にやってきたので悔しいの一言。

ー富士山女子駅伝に向けて
もう一度、日本一を目指して頑張りたい。
----------------------
4区(4.8km) 今泉 野乃香(スポ科3)    区間同率4位(名城大学 松澤綾音と同タイム) 16分12秒
━レースを振り返って
自分の中では夏希(5区走者 関谷夏希)が走りやすい位置(優勝)で渡したかったが渡せず悔しい。

━結果について
関東女子大学では悔しい思いをした。その期間から日本一をとるための練習をしてきたので悔しさは残るがやり切ったという思い。

━富士山女子駅伝に向けて
今大会優勝出来なかったのは悔しいので富士山では4年生と走るのは最後なので優勝しか狙っていない。
----------------------
☆区間賞
5区(9.2km) 関谷 夏希(外英3)    区間1位 29分32秒
ーレースを振り返って
 今年は優勝狙っていたので悔しいですね。点数をつけるなら30点くらい。走り終わった後に悔しさしか無かった。

ー富士山女子駅伝に向けて
 今回こういう形になって1番を取りたいという気持ちが大きくなりました。

----------------------
6区(5.2km) 山口 可純(スポ科3)    区間5位 17分48秒
━レースを振り返って
レース自体は1年4ヶ月ぶりだったので思い切って走ろう、今まで支えてもらった人に恩返しの走りができるように走った。

━結果について
2番でゴールしたのは悔しいが新しいスタートが切れた。駅伝は自分の持っている力以上を発揮できる場所だと久しぶり感じとれました。

━富士山女子駅伝に向けて
苦しいことはあると思うが残り2ヶ月優勝を目指して頑張っていきたい。



木 彩衣/石津 汐梨/板谷 優/西澤 蒼馬/高橋 芹奈/丸山 カノン】
posted by スポダイ at 16:54| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする