2018年10月16日

【男子サッカー部】 第51回東京都大学サッカーリーグ戦 1部 最終節 対上智大学戦

第51回東京都大学サッカーリーグ戦1部リーグ戦 最終節 対上智大学戦

日時:10月14日()11:00 キックオフ 
会場:武蔵大学朝霞グラウンド

キセキの1部残留!
土壇場からの二連勝で残留圏内の6位に這い上がる!


大東文化大学 3-2 上智大学
6分 高澤尋斗
9分 高澤尋斗
47分 松本雄太
73分 失点
80分 失点

スタメン
FW 27藤枝友仁 20松本雄太
MF 8松本大樹 15斎藤弘貴 18岡村滉太 10米田悠斗
DF 38粟津基大 46野島樹哉 4高澤尋斗 6田島大資
GK 1遠藤李久

サブ
GK31 原田駿 GK41丸山聡太郎 36村山竜太 5橋詰理久 2高橋裕太郎 29小泉靖弥
42小堀雄大 35荻野稜央 9竹田明日翔 39中林敦也 30横田紘己



リーグ戦最終節、9位の本学は負ければそこで自動降格、勝っても他会場の結果次第という厳しい状況であった。しかし最終節の試合会場には勝利を期待してOBや保護者の方をはじめ多くの方が駆けつけていた。そして遂に運命の最終節がキックオフされた。

まずは試合開始早々、CKを獲得した本学。そのボールをキャプテンの高澤尋斗が大きくジャンプして頭で合わせ、先制ゴールを奪う。その後も優位に立った本学は攻勢を強める。先制ゴールを奪った直後にまたもチャンスを作り、松本雄太が放ったシュート性のボールを高澤尋斗が絶妙なタッチでコースを変え、それがゴールに吸い込まれてもう一点を加える。そしてそのまま2-0で前半を終える。
しかし2-0は危険はスコアとサッカーではよく言われているので、まだ安心は出来ない。ハーフタイムも緊張感に包まれ、運命の後半が開始された。そして後半にも、本学はCKからのこぼれ球を押し込みリードを3点とする。しかし上智大学も諦めない。その後はお互いにチャンスを作り迎えた73分、相手のロブパスを処理しようとGKの遠藤李久が飛び出すも、スリッピーなピッチ上でボールのバウンドが変わり、処理をし損ねる。そのミスを相手がしっかりと決め3-1。そして80分にもCKからゴール右隅に決められ3-2の一点差に迫られる。このまま相手の流れに飲み込まれてしまうのか…、頭にそんな不安もよぎったが、そんな状況を変えたのは四年生の選手たち。いったんピッチの真ん中に選手全員が集まり、声を掛け合って、意志を統一した。その後、自分たちのサッカーを取り戻し、冷静に守りを固める。そしてロスタイムも5分が経ったところで、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

そして他会場の結果は 朝鮮1-3日本 学習院2-1明治学院 國學院1-0東京経済 成蹊1-2山梨学院

この結果により見事本学は6位で東京都1部リーグ残留が決定した。
試合後、選手・監督をはじめ会場にいたすべての人が、喜び・安堵・言葉では表しきれない多くの感情に包まれた…
そして最後まで熱狂が冷めやらぬまま、今年のリーグは無事幕を閉じた。



DSC_0462.JPG
DSC_0491.JPGDSC_0561.JPG






順位表
1位 明治学院大学 勝ち点46
2位 日本大学   勝ち点34
3位 山梨学院大学 勝ち点30
====昇格P.O.ライン====
4位 國學院大學  勝ち点25
5位 上智大学   勝ち点22
6位 大東文化大学 勝ち点20
====残留確定ライン====
7位 東京経済大学 勝ち点19
8位 学習院大学  勝ち点19
====自動降格ライン====
9位 朝鮮大学校  勝ち点19
10位 成蹊大学   勝ち点18


監督インタビュー
加藤嗣夫監督
Q.まずは残留おめでとうございます。前半の立ち上がりに二得点、後半も立ち上がりに一点を奪えたのはやはり大きかったですか?
そうですね、もうそれで行けたなと思いました。

Q.ただその後、GK遠藤選手の飛び出しがミスになり一点を失い、その後一点差に詰め寄られた場面はどう感じていましたか?
あれはもう不注意ですね、スリッピーなピッチだということは前半でわかることなので、それを後半の時間にああいうミスをするというのは、今年を象徴するような場面でした。

Q.最終的に6位でリーグ戦を終われたというのは
ずっと言いづけてきたことですが、18試合のうちの1試合ということですよね。変な話、最後の対戦カードもすごいウチが有利な当たり方だったし、今日も勝てると思っていたので、こうなるんじゃないかと思っていました。まあそれで自分たちがしっかり勝ってその通りになったのはほっとしています。

Q.他会場の結果は気にしていましたか?
そこは全く気にしていなかったです。試合が終わったときに周りから聞いて結果を知りました。この試合に勝たないとどうしようもなかったので、そこだけを考えていました。

Q.今日のベンチメンバーについて
今日は最終節ということもあって、一年生を外して、トップチームの二年生以上の選手を入れました。

Q.東京都トーナメントについて
まだ三週間あるので、四年生が抜けるので明日明後日休んでチーム分けなど、新体制になって苦しまないに見極めていきたい。

Q.来年については
このチームの体制としては今日が最後だが、まだ12月まであるのでそこまでしっかり終わらせてから考えていく。

Q.引退する四年生に向けて
こういう経験は人生に残るから、上手くいっている時こそ爪を磨いて足元をすくわれないように、これから社会人になって、これからが本番だから今までの経験を糧にして頑張れと話しました。



選手インタビュー
4番高澤尋斗選手 (スポ科4)
Q.キャプテンとしてどういう気持ちで試合に臨みましたか?
勝たないと残留できない厳しい状況だったので、自分が先頭に立って活躍してチームを勝たせようと思っていました。

Q.先制ゴールについては
セットプレーはすごい力を入れていて、いつも練習していたので、それが最後結果に出て良かったです。

Q.試合中他会場の結果は気にしていましたか?
いや、それはもう自分たちの試合に集中していたので、気にしてはいなかったです、

Q.後半課題も見えましたが、後輩たちに言いたいことはありますか?
まあ後輩たちには、去年は関東大会に出れたのに今年はつらい思いも途中させてしまったが、その両方の経験を活かして来年につなげてほしいと思います。

Qこれからこのサッカー部での経験をどう活かしていきたいですか?
この四年間自分の人生の中では一番濃い時間だったので、人との繋がりをこれからも大切にして、頑張っていきたいと思います。


8番松本大樹選手 (スポ科4)
Q.残留が決まったときの気持ち
素直にほっとしている、後輩たちに次のステージを残せて嬉しいのと、安堵の気持ち。

Q.試合前に監督から言われたこと
監督からは戦略よりも気持ちで戦って大東らしいスリーワークを上手く全体で共有しろという話があったので、気持ちを大切にした。

Q.後半点差が縮まったときはどういう思いでしたか?
焦っていたが残留がかかっていて、自分たちの代で落としたくなかったので、これ以上の失点をしないようにチームで意志を統一して気持ちで乗り切った。

Q.四年生同士で話していたこと
上を目指してきたがこの結果になってしまったというのは悔しいが、残留という形で最後しっかり跡を残すという強い気持ちを持っていこうと話した。


10番米田悠斗選手 (スポ科4)
Q.残留した結果について
正直ほっとしている。後輩にまた1部リーグの舞台でやってもらえるというのが、本当に良かったと思う。

Q.試合前に話し合ったこと
勝つしか残留はなかったが、勝つことだけにこだわらず、一つ一つのプレーをしっかりやれば結果は自ずとついてくる。と言われた。チーム全体としては最後パワープレイをやるつもりだったが、立ち上がりに点が取れたのでよかった。

Q.後半での気持ち
3-0で気持ちに余裕が出てしまって相手に点を取られてしまった。そこでみんな焦ったと思うが、そこで一度集まって意思疎通して最後のプレーに臨んだので、最後リードを死守出来たと思う。


20番松本雄太選手 (スポ科4)
Q.残留が決まった今の気持ち
素直に嬉しいが、今シーズン含め一年間はとても苦しくて、その責任を感じていて…、最後上には行けなかったけど残留という形で後輩に残せてよかった。

Q.攻撃面で感じていたこと
後半得点差が縮まって焦ったが、みんなと絶対大丈夫と話をしてゲームが出来て良かった。シーズン全体でみると得点が少なかったが、今日の試合は点も3点入って、自分も集中を切らさずに出来たので良かった。

Q.四年生同士での気持ちは
残留して後輩に次の舞台を残すという四年生の役割を死に物狂いで果たそうと話しました。


DSC_0589.JPGDSC_0586.JPG







==============キリトリセン==============
Pick Up Players

今回で7回目のPick Up Players ここでは上で取り上げ切れなかった四年生の選手とこれから注目の下級生の選手をPick Up !
是非ご覧ください!

5番橋詰理久選手 (外英4)
Q.残留を決めた時の気持ち
山梨学院大学戦で一点リードしていた時に自分のオウンゴールで流れが変わって負けた責任を感じていて、自分が出たら負けるんじゃないかと思ったときもあった。最後はみんなで残留を掴み取れて良かった。

Q.途中出場で入るときはどんな気持ちでしたか?
二点取られた状況で降格も頭によぎってて、今までみんなに助けてきてもらった分自分が助けたいと思った。

Q.四年生同士で話していたこと
トップチームに入れない四年生ももちろんいる中で、昨日Bチームが最終戦で負けていたので、その分トップチームで勝ってくれという話をしていた。


9番竹田明日翔選手 (スポ科4)
Q.チーム残留に向けて思っていたこと
最上級生として残留させるという最大の目標に向けて一つになれた。今年はチーム状況があまり良くなかったが、一つの目標に向けて頑張れてよかった。

Q.自分の四年間を振り返ってみて
1日1日が学連の仕事をしながらサッカーをするというのが大変だったがやり切ることが出来たので、自分の自信につながり充実していた。

Q.同じ四年生に対しては
声掛けももちろんそうなんですけど、ハイタッチなどのスキンシップをたくさんして送り出した。


41番丸山聡太郎選手 (スポ科2)
Q.この前は応援に関するインタビューをさせていただいて、そこから今日最終戦でベンチに入ることが出来たわけですが、そこはどう思っていますか?
色んなアクシデントもあって偶然も重なって入ったので、完全に実力でとは言えないんですが、今までずっと練習やってきて、こういう形でもベンチに入れたのは良かったです。

Q.これから四年生は引退して、それこそベンチに入ったり、スタメンで出るという機会も増える可能性も十分にありますが、そこはどう思っていますか?
常に上を目指してやるっていうのが大事なので、毎日の練習からしっかりやれることをやってそれで入れるか入れないか、出れるか出れないかの世界なのでまずは練習しっかりやればいいかなと思っています。まあ練習は100%やって、それでどういう結果になるかですね。

Q.今後の目標
もちろんサッカーをやっている以上はどんどん上を目指すんですけど、とりあえずはチームで出れるようになって、今の自分の立ち位置より上に行けることを目標に頑張っていきたいです。

Qでは今度インタビューするときはスタメンで出て、クリーンシートで抑えてインタビューしたいですね
もちろんその時はお願いします!!


39番中林敦也選手 (スポ科2)
Q.今後どのようにチームに貢献していきたいか
チームをより良くする為の一駒になれるのであれば僕は幸せなので、もちろんみんな頑張っているので、その中で自分も頑張りながらいい影響を与えて、チームが活気づけばいいと思います。

Q.今日ベンチに入って、これから出場機会も増える可能性も十分にあると思います
そうですね、自分でチャンスを掴めれば、出場機会も増えると思うので、練習から頑張っていきます。

DSC_0655.JPGDSC_0613.JPGDSC_0605.JPG







==============キリトリセン==============
Manager Story 

チームを作っているのはもちろん選手だけではない…、選手を裏で支えるマネージャーの、もう一つのストーリーを今回取材してみました!
四年生のマネージャーが感じてきたことを、是非ご覧ください!!!

4年石原愛理さん (スポ科4)
Q.今日までとても長い道のりだったと思いますが、今日までの過程はどうでしたか?
自分はサッカーを全然知らない状態でマネージャーを始めたんですけど、四年間を通して学んだ部分もたくさんあるし、チームを運営していくということを沢山学ばせてもらって、その中で仲間の大切さだったりも感じて、本当に四年間やっていて良かったなと思ったのと、本当に短かったな、と思いました。自分的には去年参入戦というのを経験したので、今年こそはというのがあったんですけど、今年は今までにない降格争いで、初めての経験で苦しい部分もあったんですけど、去年の経験も踏まえて今年も絶対残留ということを達成できて、最後こういう結果で終われたのは良かったと思います。

Q.サッカーのマネージャーを始めたきっかけ
もともとはバレーボールをやっていてその時はプレイヤーだったんですけど、大学に入って選手をサポートするマネージャーをやりたいと思って、球技でチームスポーツの部活を探していたらサッカー部のマネージャーが楽しそうだなと思って入りました。

Q.今日の試合で最後こみあげてくるものがあったと思うんですけど、そこはどういう気持ちでしたか?
負けたら降格というのがわかっていたので、本当に四年生を信じてずっと四年間サポートして一緒になってやってきたので、それが最後実って、それがもう嬉しすぎて…涙が出てしまいました。

Q.下級生に向けて
部活をできるのは今しかないので、全力で楽しんで、全力で戦ってほしいと思います。

Q.この経験を社会人になってどのように活かしていきたいですか?
苦しい時こそ辛い道を選んで、今までこのサッカー部で経験してきたことを活かしてどんな時も負けずに頑張っていきたいと思います。

DSC_0595.JPG







最後の試合で見せたマネージャーの涙は、今までの想い、感情が全て詰まっていた。その涙から、もう一つのストーリーが伝わってきた。
四年生は大きな社会で、下級生は引き続き東京都1部リーグで、今年の経験をずっと活かしていくだろう。


==============キリトリセン==============
Loss time

試合後、歓喜に沸いた本学の選手、監督、応援に来ていた方は写真を撮ったり、喜び、感動を分かち合ったり、思い思いに喜びを感じていた。
今までの努力が実を結んだ瞬間だ。
スポーツには夢がある。

DSC_0580.JPGDSC_0518.JPG








【小山智也/板谷優】
posted by スポダイ at 12:00| 男子サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする