2018年10月15日

【硬式野球部】首都大学野球連盟秋季リーグ戦2部リーグ 大東文化大学vs 足利大学

日時:10月14日(日) 13:00 開始
場所:明治学院大学野球場
対戦相手:足利大学


春季リーグ戦1勝1負相手に快勝

 リベンジ果たす


DSC_0481.JPG
▲秋季リーグ戦初登板で4回0失点に抑え勝利に貢献した 青山(中国3)


足利大 000 020 000  | 2
大東大 104 201 00× | 8

勝 青柳 正輝(企シス4)9試合 6勝 1敗 負 小林倫

 本学は1回裏に町田が敵失で先制、3回裏に石原の適時打・中野翔の犠飛・佐伯の適時二塁打で4点を追加、4回裏には町田の適時打で2点追加、5回表には青柳が足利大に適時打で2点入れられる、6回裏には中野翔が四球を選び押し出しで1点追加。本学は序盤から得点を積み重ね勝利を収めた。青柳は5回から登板し2回1/3を投げ今大会6勝目。チーム成績は9試合 6勝 3負 9チーム中4位とした。本日、1位の明星大が勝利したため本学の優勝を失ったが最終戦は明学大、今大会勝利している相手に勝利し有終の美を飾ってほしい。

2部秋季リーグ戦成績
大東大明学大
大東大明星大
大東大成城大
大東大玉川大
大東大
明星大
大東大東経大
大東大獨協大
大東大城西大
大東大足利大
大東大  明学大



本学スタメン(vs 足利大)
1
(三)萩田(3年)
2(二)石原(3年)
3(中)細見(2年)
4(一)町田(4年)
5(DH)新谷(2年)
6(右)中野翔(3年)
7(左)佐伯(3年)
8(捕)河村(4年)
9(遊)武者(2年)
 (投)青山(3年)

DSC_0481.JPG
▲4回被安打1自責0に抑えた 青山
198_large.jpg
▲2回1/3被安打2自責0でチームトップの6勝目を挙げた 青柳
274_large.jpg
▲1回1/3被安打1自責0でストレートが持ち味の 山中
312_large.jpg
▲1回1/3被安打0自責0とリリーフの役割を果たした 福富
347_large.jpg
▲1回被安打1自責0で1年生ながら最終回を抑えた 西川


監督・選手コメントは以下の通り。

監物 靖浩 監督

「春からずっと長池(スポ科4)を中心にチームを作ってきて、形になっていいチームになりつつある。優勝はもう難しい状態だったので、来季に向けてプラスになる材料が少しでもあればというのに重きを置いてはいた。長池は直接的に試合でだれが見てもわかるような活躍をしているわけでは無いが長池がいるから全員が良い意味で好き勝手出来るし、心のよりどころになっている。次が本当の最後なので、喜びの瞬間を数多く経験して気持ちよく出ていってほしいし、そういう意味で勝てたらと思う。」

主将 長池 貴哉(スポ科4) 

「サヨナラ勝ちした)機能の流れに続き初回に1点を取れたのが大きくて、その後相手がくれたランナーをしっかり打ってホームに返すことが出来たので、来年いいチームになれるよう、来年つながる試合になったと思う。春は少しでも劣勢になると流れを引き戻せずズルズル負けてしまったが、秋はしっかり後半にで逆転出来たり粘り強く戦えたので、みんなが成長できていると思う。次戦が自分たちの代で作り上げてきた持ち味をしっかり出して、最高の形で最終戦を勝利で飾りたい」

副主務 河村 翔稀(経営4) 8番キャッチャー

「チャンスも多く作れて打てるところで打たれたし、エラーがあったのはあまり良くないがそれでも守れていたので、相手に点を取らせずにこちらが点を取る、という野球ができたと思う。次戦が最後なので、思い切って楽しみたい。最後一つでも順位上げれるように、後輩たちへ受け継ぎたいと思う。」


主務 宮田 涼平(国際関係4)

「今日の試合はコールドゲームにできたと思っていて、相手に2点取られてもこちらが得点できる場面が多かったので、そこをとりきれれば良かった。(秋季と比べて)メンバーも大きく変わっていて若い選手が活気を出してやっているし、若い選手が不調な時には4年生が先輩としての立場で引っ張っていく、こういうバランスが取れている。最終戦は勝ちで終わりたいのが率直なところなので、4年生も活躍した上で、若いメンバーが来季にいいイメージで戦っていける展望が見えるような戦い方をしてくれると、自分は先輩として潔く引退できるなという風に思う。」


町田 椋(社経4) 4番ファースト

「しっかり打って点を取れたので久しぶりにいい形で勝てたと思う。(サヨナラ勝ちした)昨日から雰囲気がいい感じで上がってきたので、その流れのまま今日も試合ができた。(自身は2打点だが)最近本当に打てていなかったので、ラッキーなヒットでは


青山 力(中国3) 投手1番手

秋季リーグ戦初先発について
青山 自分は来年4年生抜けてから主軸として投げると先発も多くなるので経験を積むという意味での先発だった。

4回1被安打0失点の成績について
青山 もっと投げたかったが青柳さんが5勝していてベストナインがかかっていたので交代した。初回の立ち上がりは悪かったが1回のヒットだけであとは無安打で抑えられたので良かった。

9月29日の明星大学戦で負け投手になって以来の登板その気持ちの切り替えについて
青山 前回から気持ちを切り替えた。今回は先発だったので試合を作ることを考えて投げた。

球種について
青山 ストレート、カットボール、スライダー、スプリット いつもはスライダー中心だが今日はカットボールが良かった。

最終戦に向けて
青山 青柳さんが先発だと思うのでリリーフするのは自分かあと1人の後輩だと思うので勝てるように頑張っていきたい。


山中 愛斗(環境2) 投手3番手

秋季リーグ戦初登板について
山中 上位争いできる順位でいたので自分は失点0で抑えることができて良かった。少しは緊張はしたが楽しんで投げようという気持ちが大きかった。

力強い投球について
山中 カーブ、スライダー、ストレート中心だが、この頃ストレートがいいのでストレートとスライダーで緩急をつけて抑えていく。

最終戦について
山中 良いピッチャーがたくさんいるので登板できるか分からないが投げれることが出来たら0に抑えられるようにしたい。


西川 英志(国際文化1) 投手5番手

秋季リーグ戦初登板について
西川 1安打打たれたがその後抑えられたのでチームの勝利に貢献できて良かった。

球種について
西川 ストレート、スライダー、チェンジアップ2種類(左、右打者で使い分けて使っている)、不安の中でのフォーク、シュート ストレートとチェンジアップで緩急をつけて抑えている。最後の三振も相手はチェンジアップが頭に入っていると思ったのでインコースのストレートを投げたことで三振をとれたので良かった。

最終戦に向けて
西川 いずれは先発したいが今は自分の任されたところで抑えることが役割。


萩田 侑樹(日文3) 1番サード

本日の成績について
萩田 四球が3つとヒットと得点に繋がったのはとても良かった。

秋季リーグ戦全線先発について
萩田 技術はみんなと変わらないが試合に対する思いやチームの士気を上げる声とかを大きい声を出してやっている。自分が静かになればチームの雰囲気も悪くなるのでピンチの時でも元気よくやるようにしている。

最終戦に向けて
萩田 引退する4年生の為にも勝利を飾り来シーズンに繋がるいい試合をしたい。


最終戦
10月20日(土)<バッティングパレス相石スタジアムひらつか>

第3試合 14:30 vs 明治学院大学



【西澤 蒼馬 姜 亨起】
posted by スポダイ at 16:00| 硬式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする