2018年09月28日

【アイスホッケー部】平成30年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 対専修大学戦

2018年9月23日12:00〜
ダイドードリンコアイスアリーナ

最終ピリオドで3点決め、

逆転勝利!

DSC_0541.JPG
▲相手に前を阻まれながらもパスを通す大西徹也 

大東文化大学 4−3 専修大学
1ピリ 1−1
2ピリ 0−1
3ピリ 3−1



第1ピリオド


開始3分、キャプテンの松渕雄太が先制ゴールを決めた。幸先のいい流れを作れたかに思われたが、ゴール直後から相手の反撃にあう。パックを奪いにくるなど、なかなか持たせてもらえなかったりパスが続かなかったりした。 そんな中迎えた13分、ついに同点ゴールを許してしまう。その後は膠着状態が続き、同点のまま1ピリが終了した。


第2ピリオド


反則が多かった2ピリでは、7つのペナルティで選手の人数が激しく変化した。

1つのペナルティにつき2分間の退場なので、単純計算でいうと各ピリオドのプレー時間20分のうち、14分間は1人足りない5人体制で試合をしていたことになる。(相手の点数が入ると退場が終わるため実際はそれより少ない。)

特に、ペナルティの時間が被り2人が退場となった数分があった。4人で必死に立ち向かいゴールキーパーもナイスキープを連発したが、じわじわと相手に追い詰められ、27分に2点目を追加されてしまった。終始思うようなプレーをさせてもらえない相手のディフェンスに阻まれ、それがシュート数でも611という数字でも現れた。

追いつくためにあと1点が欲しい本学だが、12で勝負を3ピリへ託す。


最終ピリオド


1点ビハインドで迎えた第3ピリオド、開始2分にさっそく試合が動いた。矢島龍がゴールを決め、専修大に追いついた。その後も試合が続いていき9分に山崎絢志郎、10分に茂木慎之介の連続ゴールで4-22点の差ができた。しかしこのまま終わる専修大ではなく12分に1点返されてしまう。

しかしその後、失点を許すことなくそのまま逃げ切り、4-3で本学の勝利となった。

DSC_0307.JPG
▲今試合で3点目を決めた茂木慎之介。主将の松渕は「ストイックな選手」と評価。







【試合終了後コメント】


酒井優好監督

Q、今試合の感想を聞かせてください

A、第2ピリオドの反則があそこまで多いと、基本的に守るプレーしか出来ないため苦しい試合になる。気をつければ取られない無駄な反則があったのでそれをしない。苦しいけどそうやって戦わないと行けない。あとは前々からチームに言っているが失点を2点以内に抑えられたら、今までのデータから見ると95%勝っている。なのでこのリーグ戦も最初から失点を2に出来ればもっと有利に勝てるのではないかと思う。今回の試合も2点に抑えられたら、第3ピリオドでは2点差に持っていくことができる。そうすれば心身ともに落ち着いて試合を進めることができると思う。あとは決められるところをしっかり決めるところ。


Q、第2ピリオドは反則が多く見られたが、その後のハーフタイムでその反則についてのお話しは何かされましたか?

A、さっき言ったように自分たちが気をつければ防げる反則がいくつかあるわけだからその辺についての話しはした。


Q、専修大学はどのようなチームでしたか?

A、他の大学にも言えることだが、最後まで諦めずに、粘り強く、一生懸命やるチームだと思う。





【石津 汐梨  /  長橋 健太郎】

posted by スポダイ at 07:02| アイスホッケー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする