2018年09月13日

【軟式野球部】首都大学軟式野球連盟 2018年度秋季リーグ1部 第2節 対明星大学

日時:2018年9月7日(木)11:45〜

会場:所沢市総合運動場野球場兼ソフトボール場

試合結果    

明星| 101 030 001 |6
大東| 041 000 000 |5

攻撃光るも悔しい逆転負け・・・

第1節を黒星で終え、迎えたこの試合。今日こそは白星をあげようと練習から気合いを入れて臨む本学。相手は昨年度に東日本大会出場を果たし、3位という好成績を残している。それだけに、ここで勝てば今後に向けて勢いをつけられるだろう。そのためには前節の獨協大学戦で課題となった守備のエラーをなくすことができるかが鍵になる。

 序盤に本学のセンター前のエラーによって失点を招き、チームとして先制点を奪われてしまう幕開けになる。しかし、ここで場面を大きく変えたのが2回裏だった。ランナー1塁、2塁で長打すれば得点が入るチャンスの場面に大久保結貴(社会1)のホームランによって一気に3点が入る。さらに志和敬紀(教育1)のセンター前のタイムリーヒットで小柳友哉(スポ科1)が1塁からホームインし追加点を奪う。この回は4点という大量得点でリードする本学。
続く3回裏でも小久保穂(政治3)3塁からのスチールで1点を奪い、勝利は近いかと思われたのはつかの間だった。
 5回表に本学のエラーが重なり、相手に主導権を持っていかれ、3点を許し、リードしていたスコアが同点になってしまう。切り替えを図るため、6回表にピッチャーを吉田郁哉(国際関係3)この後から、お互い気を緩めることなく攻守ともに0に抑える白熱した試合展開を見せる。なんとしても1点が欲しい本学。
勝負が決したのは9回表だった。2アウトの場面からサードゴロを処理し、送球が間に合うかと思われたが、ファーストのエラーにより、2塁ランナーがホームインし、1点を奪われる。9回裏に必死に打線をつなごうとするも実らず逆転負けという結果になってしまった。


DSC_7284.JPG
後半から登板した吉田

<選手コメント>

・田中元気主将(スポ科3)

悔しい。明るくプレーするのが方針ではあるが、さすがに悔しいです。練習からの意識が甘く、完全にチームの甘さが出た。次の学芸大学戦ではもう一度切り替えて臨みたい。

・吉田郁哉(国際関係3)

勝ち越されないように1球1球丁寧に投げる気持ちでマウンドに入った。最終回に1点を許してしまい、正直、エラーしてしまってマジかと思いましたが追加点を与えたら気持ちが切れるかと思い、頑張った。今回の課題は1球1球集中することです。

・小久保穂(政治3)

人間誰でもミスはあるのでそれを取り返せる強い人間であれば勝てた。3回裏の得点は2ストライクに追い込まれ、ワンバウンドのスライダーが来る確率が高かった。少しでも低い球が来たらホームに走る準備をしていたので自信がありました。個人で、前回の試合では守備で迷惑をかけたので今日は絶対エラーしないことを心がけて守備では良い結果だった。

【奈良佳織】




posted by スポダイ at 01:57| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする