2018年09月10日

【弓道部】第50回関東学生弓道選手権大会中関東ブロック 第1節

遂に開幕!!王座へ続く道!!

弓道部

男女ともまず1勝!!


9月9日、第50回関東学生弓道選手権大会中関東ブロックが始まった。リーグ戦1節目となる今回、男子は東邦大学と対戦。女子は文教大学と対戦し、双方見事勝利を収めた。

この中関東リーグを勝ち抜くと、決勝トーナメントに進出。その決勝トーナメントを勝ち抜いた先に本学の最大の目標、王座決定戦がある。本学の弓道部の選手たちは、この王座決定戦への出場を目指して日々修練を重ねてきたという。この1勝は王座という大舞台への第1歩。この後に続く試合にも期待が高まる。


男子


▼佐藤錬太郎(3)

DSC_1145-thumbnail25B15D-cc570-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpgE996A2E58FA3E58589E585B8EFBC88EFBC91EFBC89-thumbnail2[1].jpg







◀関根光典(1)



東邦大学61中、本学116中。王座への第1歩は本学の勝利だった。しかし、試合後に主将関根一晟は選手たちに「甘すぎる」と厳しい評価を下した。普段の練習よりも20本ほど総的中が少ないという。坂田監督は今回の試合を「60点位、合格点はあげられない」とする一方で、「練習通りの力が出せれば王座に行ける」と語った。今回は選手たちにとって満足できる結果ではなかった、だが実力は十分に備えている。続く試合でいかんなく発揮されることを願う。



女子


▼南雲友紀菜(2)

南雲友紀菜 (2).jpg

松井 葵(!).jpg






◀松井葵(1)

▼小林愛可(2)
小林愛可(2).jpg山田恵里花(3).jpg







◀山田恵里花(3)

60射50中、9割5分の的中率だ。1立目で大前、松井葵(スポ健1)中、南雲友紀菜(教育2)が皆中を出したことを皮切りに、その後も皆中が続いた。昨年は辛くも王座出場を逃した。「60本あったら60本詰められるような力は皆持っている。」選手を後ろからサポートしていた主将、金井咲江香(日文4)はそう語る。決勝大会では毎年、5本ほど的中が落ちてしまう傾向にあるという。十全の力で王座へ駒を進めてほしい。


坂田好次監督

男子は普段の練習からすると的中が15本くらい少ない。平均すると1人当たり2本ほど、チームとしては1割ほど力が足りていないのかな。ちょっと合格点はあげられないな。今年初め先発に使っている伸びるかなと思っていた選手が試合の緊張からかバランスを崩してしまっている。この直近の1週間でどのくらい回復していけるか。弓道は作戦を立てて臨む競技ではなく、普段やってきた事を緊張の中でいかに再現できるか。自分の体を、心をどう持っていけるか。結局自分に勝つか負けるかなんです。女子は合宿、こちらに戻ってきてからの部活から安定している。仕上がっていると思いますよ。


関根一晟(企シス4)

今年男子はあまり上下関係が厳しくなくて、学年関係なく仲がいい。反面、どうしても甘さが出てしまう。下級生から見たら上に相談しやすい関係を築けていると思うんですが、甘えに通じてしまうところもある。各自が自立できていない、合宿の中で見えてきたかなと。技術的にはかなり強化できたかと思います。今日の試合を後ろで見ていて思った事は「甘すぎるな」。悪い訳では無いんですけどこういう場で自分の持っている技術を出すことが出来ない。難しいことなんですけど、あまりにも出来ていなくて。悪いなりにどこかで気持ちの強さが見えてもよかったんじゃないかなと。緊張するのはいい事なんですけど、それをコントロール出来ていないというか。最初の方なんて顕著で。焦りが見えて落ち着きがない。普段の練習では出来ているんですけど、いざと言う時に出来ていない。最初から上手くいけばよかったけど、そう上手くいくとも思っていなかったので。116中というのは普段の練習からすると20本くらい足りない的中。これから仕上げていく中で1歩1歩成長していきたいと思います。


佐藤錬太郎(3)

監督から評価頂いたことは嬉しいですが、緊張してしまって自分からしてみたら練習通りの肩の抜き方など出来ていなかった。今回の試合で反省する点だと思います。大前として後ろにいる後輩や先輩をリードしていけるように、しっかり詰めていけるようにしたいです。


関口光典(1)

初めての大会で、緊張していて最初ミスとか出てしまったんですけど。気持ちを崩さずにしっかり攻めていけました。でも、もっと行けると思っています。まだこの結果に満足していないので。学年とか無しにして詰めていきたいです。

金井咲江香(日文4)

合宿中は50中に届かない事も多かったが、合宿を終えて自分が何が悪かったか。何が大切だったかというのを整理する期間を経て試合に挑めたので、何をしなくてはいけない。という一人一人の課題はにじみ出ていたかなと思います。結果としては10本抜いてしまったけれど50中。まだまだ「あ、なんでそこ抜いちゃったの?」というような部分もあるので2節、3節とやっていく中で直していけたらなと思います。60本あったら60本詰められるような力は皆持っている。発揮できるように練習して、本番で出せたらいいと思う。毎年、決勝大会で的中が5本くらい落ちてしまうのでそういうところでも落ちない射ができたらいいと思います。


小林 愛可(経営2)

個人としては力を出し切れ無かったと思います。控えの選手として控えてはいましたが交代する事を告げられたのは突然でした。なので、ちょっと緊張してしまって。これからまた出して頂けるなら20中皆中を目指したいし、矢張り、チームとして王座に行きたい。



南雲 友紀(教育2)

合宿中は思ったより的中が伸びなかった。しかし、最終日に行われる記録会でやっと自分の中でどれが1番自分に合っているか、どれが1番自信を持って引けるかが見えてきました。そこから自分のやることが分かってきて、やりたい事も見つけられました。今日は連抜き(的を外す事が2回続くことが無かったので夏合宿から成長を感じました。去年の決勝大会で1本競射で負けてしまったので、今年こそは王座に行きたいです。




とにかく自分に出来ることをしないといけないな、と思っていました。無駄な1本を出したくなかったんですけど、自分の気の緩みから抜きを出してしまったのでそこをこれから改善していきたいと思います。徐々に正確に当てる練習を集中的にしてきましたし、立の中で自分のミスに気付けるかどうかを意識して練習してきました。



山田 恵里花(3)


少し調子が悪かったのと、合宿で調子を崩してしまってそこから調整が出来なかった。射以外の事で悩みすぎてしまったり、自信が持てなかったりしてそれを射に持ち込んで切り替えることが出来なかった。恐らく、今回中らなかった原因だと思います。どんなに中っていなくても自信を持って行くのが今後の課題です。チームの目標は団体で王座に行く事だが、出るだけでなく王座で優勝出来れば一番いい。それでも先ずは王座出場に向けて、チームが同じ方向に向いて目標を達成できればいいなと思います。

posted by スポダイ at 19:02| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする