2018年09月08日

【陸上競技部】天皇賜盃 第87回日本学生陸上競技対校選手権大会 2日目

天皇賜盃 第87回日本学生陸上競技対校選手権大会 2日目

日時:2018年9月7日(金)
場所:神奈川県 等々力陸上競技場

大会2日目

男子4×100mR

 メダル逃すも4位入賞

DSC_0293(1)~2[1].JPG
▲力走も僅差で4位となった 4継4走太田(スポ科3)

9月6日〜9日の4日間にかけて、第87回日本学生陸上競技対校選手権大会(全日本インカレ)が神奈川県等々力陸上競技場で開催。その2日目が行われた。
女子では100m予選で横田(スポ科4)が準決勝進出。一方男子の100m予選では安田(スポ科1)、白石(スポ科4)の両選手がプラスでの準決勝進出となった。昨年の全日本インカレ400mHで7位入賞を果たしていた藤井(スポ科3)は怪我で欠場した。そして男子4×100R決勝では3位の関西学院大学との差がわずか0.06秒差で敗れ惜しくも4位と表彰台を逃した。

結果

女子
種目組、レーン(L)名前順位(予選、準決勝→着:決勝→位)タイム(風)
100m予選1組8L吉田 のぞみ(スポ科2)4着
12”28(−2.2)
→予選敗退
2組6L佐藤 日奈子(スポ科4)4着
12”82(−7.3)
→予選敗退
7組6L横田 理紗(スポ科4)3着
12”38(+0.9)
→準決勝進出
400mH予選2組2L小山 涼華(スポ科4)7着
1:03.70
→予選敗退
男子
100m予選1組2L安田 圭吾(スポ科1)3着
10”67(−2.4)
→準決勝進出
6組1L白石 黄良々(スポ科4)3着
10”72(−3.3)
→準決勝進出
7組7L霜鳥 佑(国際文化4)4着
11”23(−5.2)
→予選敗退
400mH予選1組3L藤井 琉成(スポ科3)DNS 
4×100mR決勝6L
霜鳥 (国際文化4)
白石(スポ科4)
安田(スポ科1)
太田(スポ科3)
4位39”36


選手コメント

女子
1日目4×100mR予選 3走出場 3着46”11(チームベスト)→予選敗退 村山 詩織(経営3)

Q 結果について
A. 関東インカレでも3走を走りバトンパスが上手く行けばタイムに繋がるのでそこを意識したことによりチームベストを出せたので良かった。

Q 実力はどのくらい出し切れたか
A. 80%ぐらいで残りの20%は気持ちの面で負けてしまった。

Q 目標
A. 9月半ばの関東新人で新体制のチームになるのでチームベスト45秒を目指して練習していく。

男子
1日目400m予選 7着 48”12 →予選敗退山ア 大紀(スポ科4)

Q 結果について
A. 大学生最後の大会と考えており順位と記録を狙っていただけに悔しい結果となってしまいましたが大きい舞台でみんなが応援してくれてとても嬉しく、悔しさも残るが自分が持っている力を出し切ったというのが大きい。

Q 4年間陸上について
A. 入った当初は一番足が遅く頑張らなきゃという気持ちで練習し大東の陸上部として努力の大切さや人間として大きく成長させてくれたことは大東の陸上部で本当に良かった。

Q  佐藤 真太郎監督について
A. ポジティブな先生で前向きな言葉で励ましてくださり気持ちの面で成長させて下さり信頼もできる先生で真太郎先生に4年間教わることができてとても良かった。

1日目400m予選 7着 48”59 →予選敗退 細井 ブライアン(経営1)

Q 結果について
A. レベルが高くタイム的に全然ダメだったが大きい舞台でいい経験をさせてもらってよかった。怪我あけで思うような練習ができず50%ぐらいの力しか出せなかった。

Q 大東の陸上部に入部したきっかけ
A.昨年の全日本インカレで大東の4×400mRで3位に入ったレースを見たのがきっかけ。

Q 自分のアピールポイント
A.400mを通して全部一定のタイムで走ることを心掛けているのでもっと練習していき力をつけていきたい。


3日目 9月8日(土)本学出場予定

11:00 女子100mH予選
11:45 女子4×400mR予選
12:20 男子4×400mR予選
13:40 男子800予選
14:15 女子100m準決勝
14:30 男子100m準決勝
15:40 女子3000SC予選
↓決勝進出すれば
16:45 女子100m決勝
16:50 男子100m決勝

17:30 女子5000m決勝
18:10 女子200m予選
18:40 男子200m予選


【西澤蒼馬 姜亨起 高木彩衣】
posted by スポダイ at 01:18| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする