2018年06月21日

【弓道部】第48回全関東学生弓道選手権大会

第48回全関東学生弓道選手権大会
6月16日、17日
日本武道館
団体戦は女子が4年ぶり2度目の優勝!
個人戦は女子個人、南雲が優勝!山田が6位
男子個人は野崎が7位
ブログ用1.jpg
▲優勝した南雲
<団体戦結果>
女子団体(12射)(1回戦シード)
決勝トーナメント2回戦 大東文化大学 ○9ー7●  学習院大学
        3回戦 大東文化大学 ○10ー10● 明治大学
         競射6射 5ー4
      準決勝 大東文化大学 ○9ー7● 中央大学
        決勝 大東文化大学 ○10ー9● 首都大学東京
ブログ用2.jpg
男子団体(24射)
決勝トーナメント1回戦 大東文化大学 ●18ー22○ 桜美林大学
<個人戦結果>
女子個人  南雲友紀菜(教育2) ◯◯◯◯◯
→優勝(第4回、第15回以来3人目の優勝)
男子個人  野崎公晴(社経1)◯◯◯◯◯×
→遠近競射により7位 
ブログ用3.jpg
▲個人7位の野崎

第48回全関東学生弓道選手権大会が日本武道館で行われ、団体戦は男子は1回戦敗退となったが、女子は第44回大会以来4年ぶり2度目の優勝を果たした。
男子団体は予選、決勝トーナメント1回戦共に18中と安定した的中であったが、連続して外してしまう連抜きが予選と同じく出てしまい、悪い流れを断ち切れなかった。結果、桜美林大学の22中に負け、1回戦敗退となった。一方女子は、中を務める松井葵(健康1)が皆中を初戦から出し、その後も3中以下を出さなかったりと順当に決勝戦へと駒を進める。途中3回戦で同中競射があったものの、通過。決勝戦、本学は大前の南雲友紀菜(教育2)が初矢を中て、好調なスタート。その後2本続けて外してしまったが、4本目以降調子が良く、山田が止矢を入れ10中。9中の首都大学東京に勝利し、優勝した。

5位まで入賞となる女子個人では女子団体で大前を務める南雲友紀菜(2)が競射で一本も落とさず5連中し、優勝。試合後、「個人戦直後は実感がわかなかったが、今は素直に嬉しい。」と笑顔を見せた。団体戦で落を務めた山田英里花(日文3)は3連中していたが、八寸的(小さい的)競射で1本を落とし、遠近競射で6位に。惜しくも入賞には届かなかった。10位まで入賞となる男子個人は団体戦のメンバーには入っていなかった野崎公晴(社経1)が競射で5連中、6本目で外し、遠近競射で7位に。1年生ながらも結果を残し、「この結果を踏まえて1から良い順位を狙っていく」と試合後に目標を語った。男女共に入賞者のいる結果となった。

今回の大会では個人、団体共に優勝した女子。来週明治神宮弓道場で行われる全国選抜でもこの調子を落とさず、男子は今回の雪辱を果たし、男女共に優勝を期待したい。1本の差で勝敗が決まる弓道の世界。この厳しい弓道の世界でも本学らしい攻めの弓道を展開し、力強く生き残ってほしい。

<選手コメント>
南雲選手(女子団体、個人団体優勝)
「団体では、自分の悪かったところを立で気づき、修正し良い矢が出たのは良かったが、毎回1本悪いところが出てしまった。これからは、来週の選抜でも優勝、来年は全関2連覇目指して頑張りたい。個人では、自分のしたいことを精一杯やろうとすることを1番の目標としていた。この大会では引いている時も後ろに同期や先輩がいてくれたため、個人として出場したが、個人ではないと思った。今は優勝して素直に嬉しい。」

山田選手(女子団体)
「1試合1試合を中てて勝とうという気持ちで引いていたため、優勝するとは思っていなかった。1本1本を大事に引くということを意識した。中る射はしていなかったが、気持ちで中てられて良かった。王座が1番の目標なので、来週の選抜は王座で勝つための練習としての試合をしたい。」

松井選手(女子団体)
「今日は絶対に3本以下を出さないように意識して引いた。的中を意識しすぎて外してしまった面もあったため、最後まで集中を切らさないようにしようと思った。緊張がパニックに変わらなかった点は良かった。今後は無駄な矢をなくし、本番も練習も外さない選手になりたい。」

関根選手(男子団体)
「今回は力を出し切れなかった。リズムを作れず狙い通りにいかなかった自分たちの力不足だ。来週があるので今後は新たな風に乗って一歩一歩進んでいく。」

野崎選手(男子個人)
「個人戦での目標は、順位がどこまでいくかわからないからこそ力を最大限に出し切りチャレンジすることだった。最初は会場の雰囲気にのまれそうだったが、1本目がうまくいって調子を取り戻せた。」

坂田好次監督
「女子は仕上がり状態からしてトーナメントの組み合わせによっても違うが、良い試合ができるだろうと予測できた。反省点は特にない。男子は、仕上がりが不調だったが、18という的中数があれば今の状態では良いだろうということで、男女とも仕上がり状況通りとなった。個人戦では、南雲は団体戦の後半で調子が上がってきており、うまくいけば上位に入れるだろうと団体戦が終わった段階で想定できた。山田は仕上がり状態からすれば、うまくいったと思う。男子の野崎は、今回団体のメンバーにも入っておらず、不調だったが、ここ数日で調子が上がってきており、1年生ということもあり日本武道館という会場で良い成績を出せればこれをきっかけに来月以降のメンバーにも入る可能性が高いと思っている。個人戦3人共収穫は大きかった。今回の大会での反省点は、男子団体で、連抜きという流れを引きずらないようにすること。選手が1本を大事にしていけば男子はもっと伸びるだろう。全国選抜では男女とも出場する。調整で調子の良い者を使っていこうと思う。」

<今後の予定>
第30回全国大学弓道選抜大会
6月23日、24日
明治神宮武道場至誠館弓道場

【大島拓也 奈良佳織 丸山カノン】

posted by スポダイ at 15:59| 弓道部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする