2018年04月02日

【スポーツ大東編集部】スポーツ大東4月号(第254号)発行のお知らせ

4月号(新入生歓迎号)発行!!

1面.jpg 6面.jpg 

 この度、4月2日付でスポーツ大東4月号(第254号)を発行いたしました。今号は新入生の初登校日である学生証交付日に合わせ、新入生歓迎号としています。

 1面を飾るのはラグビー部です。第54回大学選手権では準決勝で明治大学に敗れ惜しくもベスト4に終わりました。今季こそ大学日本一を勝ち取るべく新主将に就任した平田快笙(環境4)について取り上げた他、今季よりルール改正で留学生出場枠が2から3へ増えたことについても掲載されております。

 2、3面は毎年恒例の部活動紹介。今回は体育連合会に所属する41団体の内、22団体にご協力をいただきました。ただの部活動紹介ではなく、主将からの一言や監督からの一言or監督の印象などといった、どんな部活動かを知りたい新入生にとってピッタリな情報満載となっております。

 4面は結果記事。無念の箱根となった男子長距離と、今季に期待がかかる女子長距離が4面内を大きく占めています。他にも初のインカレ出場を果たした女子サッカー部、入れ替え戦で敗れ昇格とはならなかったアイスホッケー部、そして春季リーグを戦う軟式野球部の展望記事を掲載しました。

 5面は特集面です。「忘れられない一瞬を一生の思い出に」というタイトルのこの特集では、スポダイ部員それぞれがこれまでの取材の中で一番印象に残っている試合について、記者目線で取り上げました。普段の結果記事からは伝わってこない、取材の裏側や記者の思いが存分に詰まった記事となっております。通常の結果記事などよりは文章量が若干多めではございますが、読み応えのある内容となっておりますので、是非ご一読ください。

 6面はテコンドー部。1月21日に行われた第11回全日本テコンドー選手権大会で、見事初優勝に輝いた内村嵐(国際文化3)をメインに取り上げています。また、平成29年度桐門スポーツ賞受賞者の一覧も掲載しております。


部員からのコメント

姜亨起(経営3)【1,6面面責】担当記事→ラグビー部、テコンドー部
「今号では1、6面の面責を担当いたしました。新聞の『顔』とも言える2つの面を任されたことで、これまでの新聞作成以上にレイアウトなどを考える時間が多かったです。無事に仕上げることは出来ましたが、これが完ぺきではないと思っています。これからまだまだ新聞作成は控えているので、もっとより良い新聞を作れるように部員と共に頑張っていきたいと思います」

石津汐梨(政治3)【5面面責】担当記事→陸上競技部男子長距離、アイスホッケー部
「いよいよ春になり、暖かくなってきました!この度はたくさんの方のご協力で4月号を出せました!本当にありがとうございます。感謝です。今号は新4年生が引退して、現役部員でのはじめての号です。私は箱根駅伝とアイスホッケー、特集面の記事を担当しました。特に、アイスホッケーは先輩に頼った部分が大半です。やはり先輩の抜けた穴は大きいと実感させられました。箱根駅伝のような大きな記事を書くことにも、監督や先輩をはじめ部員に助けて頂きました。春からは一人立ちして、あまり取材に足を運べていない部活にも取材したいです!」

平野孝亮(国際文化3)【4面面責】担当記事→女子サッカー部、軟式野球部
「定期購読者様からご要望がございました、軟式野球部の展望記事を書かせていただきました。また、特集面ではスポダイがメインとなり、書かせていただきました。皆さまに読んで頂ければ幸いでございます」

木彩衣(日文2)【2、3面面責】担当記事→陸上競技部女子長距離
「今回、部活動紹介面を作成するにあたり、なんと21もの部活様にご協力いただきました。お送りいただいたデータからあふれ出る思いに心打たれながら・・・思いゆえに文字数超過で枠組みからあふれ出る字と格闘し、何とか作り上げた面です。新入生の皆さんは部活選びのご参考に・・・在学生の皆さんは『へぇ、こんな部活があるんだ』と思いながら読んで頂ければ幸いです。『え、スポダイ!?面白そう!入ろう!』と思いながらお読みいただければ、尚嬉しいのですが・・・。最後になってしまいましたが、ご協力いただきました各部活様に深く御礼申し上げます。これからもスポーツ大東編集部をよろしくお願いします!」



【姜 亨起】


posted by スポダイ at 09:48| スポーツ大東編集部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする