2018年03月25日

【軟式野球部】首都大学軟式野球連盟 春季リーグ1部 第3節 対明星大学

終盤のミス響き、連敗

日時:2018年3月24日(土)
会場:明星大学青梅校
大東文化|000 000 010=1
明星大学|000 000 020=2

 首都大学軟式野球連盟 春季リーグ1部第3節明星大学戦が行われた。3月5日(月)に開幕し、本学はここまで1勝1敗としている。1部には全6大学が所属しており、上位3校までが全国大会へとつながるプレーオフの出場権を得られる。昨年はこのプレーオフに進出したものの、全国大会出場がかかった決勝戦で敗れ、惜しくも出場とはいかなかった。今年こそ全国大会出場へ、まずはリーグ戦でどこまで順位を上げられるか注目だ。

試合は終始、投手戦となった。この日の先発、吉田郁哉(国際関係2)が5回までで被安打2と試合を作る。その後もペース良く、相手打線を打ち取る。力投を見せる吉田を援護したい打線だったが、相手先発の前に7回までで4安打と抑え込まれ、お互い0行進で進む。だが、次の8回表先制したのは本学だった。1アウトから玉川朋大(経済1)が右中間にツーベスを放ち、チャンスメイクすると続く3番小久保穂(政治2)のキャッチャーゴロと相手エラーが重なり、先制に成功。このまま逃げ切りたい本学だったが、直後の8回裏、ここまで安定したピッチングを披露していた吉田が先頭打者にデッドボールを与えると続く打者には安打を許し、さらに後続にはエラーで2点を献上してしまい、1-2で試合終了。これでリーグ戦2連敗となった。

スポダイ 軟式野球部 吉田選手.JPG
先発の吉田選手


試合後コメント
田中元気主将(スポ科2)

「学芸大学にはコールドで負けて、今回も先制したのにその裏で2点きれいに逆転されてしまった。やられたというよりはまた自分たちが台無しにしてしまった形なので自分たちのミスを無くして、戦っていきたい。」



 リーグ戦試合結果

第1節 対創価大学 〇4-3

第2節 対東京学芸大学 ●0-7

第3節 対明星大学 ●1-2


【平野孝亮】


posted by スポダイ at 16:33| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする