2017年06月23日

【テコンドー部】WTF世界テコンドー選手権大会 本学関係出場選手の意気込み

WTF世界テコンドー選手権大会
日程:6月24日(土)〜6月30日(金)
開催地:韓国・茂朱
参加国:183ヵ国・地域
出場選手:969名 ※史上最大規模


いよいよ世界の舞台へ!

 WTFが2年ごとに開催する同大会。1973年のソウル大会から始まり、男子の部は今年で23回目、1987年から開かれている女子の部は今年で16回目を迎え、最も長い伝統を持つ国際テコンドー大会として知られる。韓国で大会が開かれるのは2011年の慶州大会以来6年ぶり、7回目となった。

 日本代表選手は男女各8階級のうち男子6階級、女子5階級で計11名が出場。本学関係の出場選手は以下の通り。

男子68kg級 本間政丞(スポ科4)

男子58kg級 鈴木セルヒオ(16年度国際関係卒=東京書籍)

女子49kg級 山田美諭(15年度英米文卒=城北信用金庫)


ー今大会に向けてどのような準備をしてきましたか?

本間政丞「何事も死に物狂いで取り組み、常に自分に打ち勝つ練習をしてきた」

鈴木セルヒオ「ルール改正もあり、自分を見つめ直すことから始めた。この大会のために、気持ちの良い(よりハードな)トレーニングはもちろん、国内合宿、国際合宿などで戦い、力をつけてきた」

山田美諭「他国の選手に当たり負けしな体作りをし、筋量アップさせてきた」


ーいざ大会に挑む今の心境、意気込みはいかがですか?

本間政丞「緊張しているが、いつもの元気、いつものテンションで爆発してやる」

鈴木セルヒオ「『絶対に勝つ』という気持ちがとても強い。どうすれば勝てるのかをずっと考えているので、試合では何も気にせず、自分を信じて戦う」

山田美諭「ケガのため2年ぶりの公式国際大会となる。これまでで一番勝ちにこだわっている。世界の強豪たちと戦えるのが楽しみだ」


ー今大会の目標は?

本間政丞「金メダル」

鈴木セルヒオ「金メダルだ」

山田美諭「メダル獲得」


ー応援して下さる方たちへのメッセージ

本間政丞「これまでたくさんの方々に支えていただいた。世界選手権という最高の舞台で結果で恩返しする」

鈴木セルヒオ「いつも支えて下さって本当に有難うございます。世界チャンピオンになってきます」

山田美諭「必ずメダルを獲得して日本に帰る」

 本学、そして日本を背負い世界に挑む3選手への熱い応援をよろしくお願いします!
【姜 亨起】








posted by スポダイ at 13:16| テコンドー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする