2017年05月23日

【男子バスケットボール部】フレンドシップウォーク2017 Exhibition match 対江戸川大学

新人戦にむけて好スタート!

フレンドシップウォーク2017 Exhibition match 対江戸川大学

日時:5月23日(火) 13:30 TIP OFF
会場:大東文化大学東松山総合体育館

大東文化75-52江戸川大学
                               1Q 17-18
                               2Q 20-11
                               3Q 17-9
                               4Q 21-14
 6月5日(月)から始まる第57回関東大学バスケットボール新人戦を見据えて、両チームとも1,2年生で構成されたチームで試合が行われた。会場には本学の應援團やチアリーディング部の応援があるなど盛大に行われた。対戦相手の江戸川大は関東大学バスケットボールリーグで2部に所属。本学とは昨年、リーグ戦で2試合戦い、本学が2勝している相手。
 
 中村浩陸 江戸川大学戦.JPG
要所要所でチームを引っ張った1,2年生チームの主将中村浩陸

第1Q 江戸川大学#12エリックにバスケットカウントやダンクシュートなどで3-8とされるなど、立ち上がりをうまく入れなかった本学。しかし、1,2年生チームの主将を務める#34中村浩陸が5連続得点で意地を見せる。その後は一進一退の展開となり、差は開かないかった。1Q終盤には#13小谷健太がこのQだけで3本目となる3Pを決め、15-13とリードする。このまま終わりたかった本学だが、終了間際にシュートを決められ17-18と1点差で1Q終了。

第2Q 江戸川大学#14堀内に3Pを決められるなど、1Qからの流れを変えられない本学。ずるずると点差を広げられたくない本学は前半1回目のタイムアウトを要求。タイムアウト明けには#17町田篤紀らの得点で一気に逆転に成功。2Q終盤は相手の好きなようにはさせず、37-29とリードして、前半を折り返す。

第3Q #17町田、#34中村らのシュートで着実に加点していく。前半に比べてよりタイトなディフェンスを展開するようになった本学だが、チームファウルが開始5分で4つに達する。それでも#13小谷のナイスアシストから#15モッチラミーンが加点。その後も気を緩めなかった本学はこのQわずか9失点で54-38とリードを広げ、最終Qへとつなげた。

第4Q 序盤に連続得点を許す。それでも、#81後藤大輝がスティールからレイアップを決めるなど流れを渡さない。10~15点差以上リードできずにいた本学だったが、#13小谷がこの試合6本目となる3Pを決め62-45と点差を広げる。その後もリードを広げ続けた本学が75-52で勝利。新人戦へいい形で弾みをつけられた試合となった。

【平野孝亮】
posted by スポダイ at 22:02| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする