2017年05月14日

【男子サッカー部】 東京都大学サッカーリーグ戦 1部 対立教大学

4節目にして掴んだ初勝利!
東京都大学サッカーリーグ戦 1部 第4節 対立教大

日時:5月14日(日) 11:00K.O.
場所:立教大学富士見グラウンド

試合結果:大東1-0立教大
得点者:後半16分 岡村滉太(大東文化#49)

 第3節を終了した時点で、1敗2分けといまだ勝利のない本学。これ以上、上位と離されないためにも勝ちたい本学は後半16分の岡村のゴールで先制し、その1点を守りきり、勝ち点3をものにした。
 岡村選手 FK.JPG
貴重な決勝ゴールを決めた岡村滉太(スポ科2)

試合は前半、7分に#49岡村が相手からうまくボールを奪い、その直後にFKを獲得。岡村のクロスにここまで全試合で得点を決めている#33松本雄太(スポ科3)が合わせるも相手ディフェンダーに阻まれる。絶好調の松本を警戒して、立教DF陣が松本を徹底マーク。その4分後にはまたもFKを獲得した本学。先ほどと同じく、岡村のクロスに松本が合わせるも惜しくもバーに直撃。その後も何度かチャンスは作るが決めきれない。前半終了間際には立教大の反撃にあうも何とかしのぎ、0-0と両者一歩も譲らず、前半を終える。
 後半、立ち上がりから攻められ、14分にはバー直撃のシュートを打たれるなどピンチが続いた。しかし、その2分後ついに試合が動く。FKを獲得した本学。キッカー岡村のクロスであげたボールはキーパーの頭上を越えてゴール。待望の先制点を獲得した本学はその勢いままに立て続けに攻め込むも追加点とはならない。このまま逃げ切りたい本学だが、中盤に攻め込まれるなどピンチを招く。だが、このピンチもキーパーの#23大久保秀斗らでしのぎ、そのまま試合終了。岡村のロングシュートが決勝点となり、1-0で勝利した。

試合後コメント
加藤嗣夫監督
「みんな気持ちが入っていて、よく戦ってくれた。危ない部分が何度かあったので(ディフェンス)パーフェクトとは行かなかったが、先週(対武蔵大学戦で4失点)よりも今日はメリハリが効いて、アグレッシブにできたのが良い守備につながった」

岡村滉太選手
「みんな勝ちが絶対だと思っていたので、気持ちが出ていた。次の明治学院大学も強いので準備をして勝ちたい」

【平野孝亮】
posted by スポダイ at 20:02| サッカー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする