2016年10月30日

【陸上競技部女子長距離部門】第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会

10月30日 仙台市内
第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 

     悔しさ残る 5位入賞

   1位 松山大学 2時間3分56秒
   2位 立命館大学 2時間5分07秒
   3位 名城大学  2時間5分38 秒 
   4位 京都産業大学 2時間6分07秒
   5位 大東文化大学 2時間6分12秒
   6位 大阪学院大学 2時間6分18秒

 圧縮1.png 2圧縮.png 圧縮3.png




 10月31日に、仙台市内で第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会が行われ、本学は2時間6分12秒で5位という結果に終わった。
 本学は、昨年まで3年連続準優勝とあと一歩のところで優勝を逃してきた。今年こそは、悲願の優勝を飾るべくレースに挑んだ。

 レースは快晴の空の中始まった。
 1区を任されたのは、これまで小枝理奈(スポ科4)や主将の木村芙有加(スポ科4)がけがをしてレースに出場できないなか、最上級生、またエースとして活躍してきた瀬川帆夏(中国4)だ。瀬川は、スタートは先頭集団で走るも、中盤、集団のスパートについていけず1位の京都産業大学と47秒差の15位で2区の北脇へ襷リレー。2区の北脇は、「積極的な走りができた」と振り返ったように序盤から快走をみせ区間6位の18分32秒という記録で順位を3つ上げ、12位で3区の小枝理奈(スポ科4)へ。3区の小枝は、5月に疲労骨折を患ってからの復帰戦となるこの駅伝で、持ち味であるスピードで、前を行くシード圏内の関西大学までの差を12秒差から5秒差までに縮め瀬川と並ぶエースとしての役割を果たし4区の谷萩史歩(スポ科3)へ襷リレー。
 迎えた後半戦。4区を任された谷萩は今大会最短コースの4,8キロのスピードコースをうまく攻略出来ず、順位は変わらずエース区間でまつ関谷夏希(スポ科1)へ。関谷は、試合後「今の自分の全力を出し切れた」と話したように区間3位を獲得する快走を見せ、3つ順位あげ6位でアンカー山口可純(スポ科1)へ襷リレー。アンカーの山口は、「出場出来たことが嬉しく、早く走りたかった」と振り返ったように、襷リレーの瞬間やレース中も笑顔を見せる余裕を見せ、この区間3位となる17分18秒で順位を1つあげ5位でゴールテープを切った。

《選手・監督のコメント》
外園隆監督
「結果に対してどうこう言うつもりはない。一年生が三人も走るチャンスがあったということは上級生の力が発揮出来ていない。(次回に向けて)今回が一番大きな大会だったので、今のチームを見直したい。」

瀬川帆夏(中国4) 1区 タイム 21:14
「(今大会を振り返って)4年生としての役割が出来なかったが、後の選手が頑張ってくれた。(次回に向けて)今回のレースの悔しさをそこにぶつけていく。これからの2ヶ月間をもっと充実した練習にして、笑顔で終われるようにしたい。」

北脇亮子(スポ科1)2区 18分32秒 区間6位
「(今大会を振り返って)このチームで戦えて嬉しいが区間6位は満足はいかなかった。練習や普段の生活で強い人と共に過ごしているので速くなれたと思う」

小枝理奈(スポ科4)3区 22分47秒 区間6位
 「四年生らしい走りができなかったのがすごく悔しくて、申し訳ないという気持ちでいっぱい。どんな順位で来ても上位で、出来ればトップで渡したいという思いが大きかったが、それができなかった。このままじゃ終われないというか終わりたくないという気持ちが強いので、この夏、人より走れなかった分、この後の2ヶ月誰よりも練習を積んで、富士山女子駅伝でチームに貢献できる走りをしたい」

谷萩史歩(スポ科3) 4区 16分21秒 区間7位
「自分のところでしっかり流れに勢いをつけようと挑んだが、全くそれが上手くいかなかったので、チームに貢献出来ず悔しい思いでいっぱい。この大会で今までにない悔しい思いを自分自身もチームも感じたと思うので、もう一度0からやり直して、ベースから作り直して、本当の強さというものを持って、富士山女子駅伝を走りたい。」

関谷夏希(英語1)  5区 30分00秒 区間3位
「今日はとにかく自分の走りを意識して、落ち着いていこうと考えていた。(区間3位について)区間賞を狙っていたのですごく悔しいが、今の自分の力は出し切れた。今の1年生は勢いがあると思うので、それを富士山女子駅伝や来年に繋げていきたい」

山口可純(スポ科1)6区 17分18秒 区間3位
「(今大会を振り返って)優勝を目指していたので悔しい。区間3位だったが目標タイムが17分14秒だったのでそれに届かなかったのは悔いが残るが区間賞の人とのタイム差が10秒なのは自信が持てた。富士山女子駅伝では努力を怠らず上の順位を目指したい」

木村芙有加主将(スポ科4)
「キャプテンとして自分にできることは精一杯やったし、みんなも今日まで悔いなく全力でやって来たと思う。
でもやはり5位という結果は悔しい。今日のみんなの涙は自分たちに何か足りない物があったからだと思っているし、今まで先輩たちと作り上げてきた準優勝以上の結果を残せなかったのが悔しい。しかしこれが今の実力だと思う。
これまで優勝を目指して戦ってきたが、それだけの見せ場というものをまだまだ作れていないと感じるので、次の富士山女子駅伝に向けては勝負強さを一人一人が身につけていく必要があると感じている」


【西川泰義 押鐘彗 進藤麻斗 山口未華 中川千明 児玉涼香】




posted by スポダイ at 18:55| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする