2016年10月25日

【男子バスケットボール部】 関東大学リーグ戦 2部対国士舘大

​10月23日(日)
東洋大学総合スポーツセンターbコート

逆転勝ちで2部優勝!
大東 76ー59 国士舘
16 1Q 24
21 2Q 7
20 3Q 10
19 4Q 18

​1Q立ち上がりから相手のシュートが決まり、主導権を握られたまま試合は進む。点差を縮めたい本学だがなかなか詰めれずタイムアウトを取る。しかし、流れは変わらず相手にリードを許したまま16ー24で終了。
2Qは大東の持ち味でもあるディフェンスからいい攻撃に繋げ、1点差まで追い上げた。相手のタイムアウト明けには#12熊谷航のシュートで逆転し、そのままリードを保ち後半へと繋げた。
3Qでは#20ビグァンファオのゴール下の得点もあり相手を離していく。ゴール下を警戒し始めた相手はゾーンディフェンスを仕掛けてくるもうまくかわしリードを広げていった。
4Q相手がオールコートでのプレスゾーンに少し苦しむ場面もあったが、本学は最後まで走りきり2部優勝を決めた。

コメント
花井大悟主将(スポ科4)
「まだリーグ戦も2試合残っているのでそこをしっかり勝って、1番は一部昇格のために残り2つとその後の時間をしっかり使いたいと思っている。
昨日、今日と立ち上がりがすごい悪かったので、その部分を重点的に直していければもっともっと強くなると思う。」

熊谷航選手(経済2)
「まだ2つあるので残り2つ勝って全勝優勝したい。今日の試合に関してはチームとしてディフェンスができてなかったのでそこが接戦になったのかなと。」

【平野 孝亮】


posted by スポダイ at 19:09| 男子バスケットボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする