2016年10月15日

【陸上競技部】第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会



大会名:第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会
日付:2016/10/15
場所:陸上自衛隊立川駐屯地〜国営昭和記念公園

予選会1位通過!
IMG_0292.JPG
史上最多の50校がエントリーした予選会。20kmのロードレースを行い、各校上位10人の合計タイムより10校が本戦へと出場することが出来る。昨年度箱根駅伝18位とシード権を逃し、3年ぶりに予選会に出場する本学の男子長距離。9月24日に行われた記録会10000mに出場した上位タイム14名がエントリーされ、14人中10人が29分台で走り切り、良い仕上がりでトップ通過を目指し予選会に臨んだ。5km通過を14:50と15:05設定の2つグループに分かれ、設定タイムより速く通過し原法利がチームトップで走り続け9位と好走し、チーム一丸となって見事トップ通過を果たし1月2日3日の箱根駅伝出場権を獲得しました!

☆結果☆1位10時間8分7秒
5km通過(1位通過)
15位原法利14:27
22位新井康平14:44
30位北村一摩14:45
31位下尾一真14:46
41位奈良凌介14:51
51位山本翔馬15:02
57位谷川貴俊15:02
61位林日高15:03
63位川澄克弥15:03
66位鈴木太基15:03
68位鴇澤駿介15:03
69位齋藤諒15:06

10km通過(1位通過)
11位原法利29:24
18位下尾一真29:53
25位北村一摩29:53
43位奈良凌介30:07
44位新井康平30:07
48位谷川貴俊30:17
49位川澄克弥30:17
52位山本翔馬30:17
57位鈴木太基30:18
59位鴇澤駿介30:18
61位林日高30:18
62位齋藤諒30:18

15km通過(1位通過)
8位原法利44:37
19位下尾一真45:00
36位谷川貴俊45:22
37位川澄克弥45:22
43位北村一摩45:23
52位鈴木太基45:30
57位山本翔馬45:32
61位鴇澤駿介45:36
63位奈良凌介45:37
66位林日高45:39
67位新井康平45:39
75位齋藤諒45:43

ゴール
9位原法利59:44
20位下尾一真1:00:22
32位谷川貴俊1:00:33
39位川澄克弥1:00:42
55位山本翔馬1:01:01
56位鈴木太基1:01:02
61位鴇澤駿介1:01:05
68位新井康平1:01:12
70位林日高1:01:13
73位奈良凌介1:01:14
113位北村一摩1:01:50
126位齋藤諒1:02:06



奈良監督コメント
「昨年3大駅伝を走らせてもらって、思うような駅伝が出来ず悔しい思いをした。全日本箱根と出場するチケットを取れ、本戦は甘くないのでもう一度引き締めて来年は出雲駅伝も走りたいのでシード権を取りたい。学生は本当に頑張ったので、頑張った裏にはたくさんの応援があったから選手達は走り切れたと思う」

下尾一真主将コメント(20位1:00:22)
「チームは平均上位で走れて後半も粘れたので良かった。トップ通過出来ればと考えていて、しっかり走れば結果はついてくると感じた。キャプテンとして、今日はチームで2位で走れて自信になった。最後15kmで粘れれば良かったなと思う。全日本はシード権が取れるように、箱根駅伝は優勝を目指してシード権は絶対に取る」

原法利選手コメント(9位59:44)
「楽しみな部分はあったが、その中でも初の予選会で不安だったので正直なところホッとしている。個人で10位内、タイムとしては59分30秒から最低限60分切るのが目標だった。設定タイムよりも早くなってしまったが、そこで臆さずにいけた。順位を意識していたが、早い集団ではあったがそこでついていけた。最後、公園内に入るところで自分が先頭を引っ張る形になってしまって粘り切れない部分があった。ただ、次に向けて自信になった。シードを持っている大学はまだまだレベルが何個か上だと思うので、まずは全日本でどこまで戦えるか、それを把握した中で修正していって箱根では絶対に上位校と勝負したい」

谷川貴俊選手コメント(32位1:00:33)
「前半は抑え気味に走っていたが、後半自分のペースで走ることができたラスト3qが少しきつかった。レース前は60分40秒を目標にしていて、それを切ることが出来たので良かった。自分はまだ三大駅伝に出場したことがないので、メンバーに入ってチームに貢献できるような走りができるよう頑張っていきたい」

川澄克弥選手コメント(39位1:00:42)
「満足は出来ないが、素直に嬉しい。個人目標というよりは、チームの通過に貢献すること。最初から緊張はしていなかったが、中盤はきついところからでも積極的なレースができた。タイムはまだまだだが、レースを内容としては納得。1年生なので欲張りすぎず、しっかりチームに貢献すること。これからの大会を通して、これから2年3年に向けてエースに成長していきたい」

山本翔馬選手コメント(55位1:01:01)
「今年の予選会は大東文化大学はエースがいないと言われていたので12人全員で総合力で戦うって意識していたので、本当に今回結果をみて12人全員が最低限の走りをしてトップ通過っていう成績をおさめることができたので本当に良かった。個人的にはチーム内で3番以内にっていうのは目標にしていたが、5番だったのでまだまだ自分の力が足りていないっていうのが感じたんですけど、チームの目標でトップ通過または上位通過が達成できたのでそれは良かった。11月6日に全日本大学駅伝があって本戦も獲得したので、その2つの駅伝でいい結果を残せるように頑張っていきたい」

鈴木太基選手コメント(56位1:01:02)
「レース直前はチームの実力的にも1位いけるんじゃないかと言われていたので、1位を狙わずに自然とみんなが力を発揮すれば結果がついてくるだろうと思っていた。実際走りながらもみんなで声かけをしながら走れたことで、原に続いてみんな最低限の走りができたのではないかと思うので良かった。個人では60分40秒で走る予定だったが、結果的に61分02秒だった。しかし、思った以上に暑かったので、その中でこのタイムで自分なりに走れたので良かった。全日本は地元の愛知県なので、自分が必ずチームに貢献して入賞したい。箱根は昨年は当日変更で6区を変えられてしまい走れなかったので、今年は最後の年ということで4年生としてチームを引っ張り、区間でしっかりと流れを作る、変える選手になれるように、4年生としてしっかりチームをまとめていきたい」

鴇澤駿介選手コメント(61位1:01:05)
「気温が高く、思ったよりペースが上がらなかったが、みんなでまとまって走れたので良かった。自分は1番後ろからスタートして、周りの状況を見ながら、声を掛けたりする役目だった。本選はシード権獲得はもちろん、上位を狙って戦っていきたい」

新井康平選手コメント(68位1:01:12)
「本当はもっと前で走らないといけないっていうのがあったんですけど、全日本インカレから10前くらいからずっと調子が悪くて1回も練習ができなくて、やっとぎりぎり間に合ったくらいなので、本当にチームとしてはいいレースだったが個人としては不甲斐ない試合だった。今回は良くなかったので最低限走れればと思っていたんですけど、思ったよりはまてめられたので少しずつ調子上げていければいいと思う。去年箱根駅伝1区を走って本当に情けない結果で終わったので、それをリベンジさせてもらうチャンスをもう一度得たので、同じ1区走って上位で戦えるようにしていきたい」

林日高選手コメント(70位1:01:13)
「前回の箱根から、故障などで思うように練習をできなかった中でここまで持ってこれたのはよかったが、3年としてもっと下級生を引っ張って上位に入りたかった。結果としてただついて行くだけのレースになってしまい、まだ力が足りないと感じた。
これからはチーム間でもっと競争をして、その中でメンバーに入り、なおかつ自分たちはシード権獲得、そして優勝を目標に掲げているので、その目標の達成に近づける様に、これからもっと上を見て練習や試合をしていきたい」

奈良凌介選手コメント(73位1:01:14)
「後半10キロを課題となったので全日本まで時間がないがないが、直したい。まとまって走ってくれた先輩たちのおかげで安心して走れた。先輩たちがいなかったら自分も消極的だったと思う。一位は率直にうれしい。ここで安心しないで、シード校を一校でも喰えるようにがんばりたい。全日本では一つでも上の順位でゴール出来るように自分がみんなががんばりたい。箱根駅伝ではやるからには優勝を視野にしていきたい。本選では区間賞を取りたい。箱根では往路を走りたい。5区も視野に入れたい」

北村一摩選手コメント(113位1:01:50)
「自分が前の集団についていってゴールする予定だったが、思った以上に足が痛くなってしまって結局11番手くらいになってしまって戦力にならなかったことが悔しかった。目標タイム60分30秒くらいで走ろうと思ったが、そのタイムでいけなかった。1位通過が嬉しいというよりは、自分の中では悔しいという気持ちで一杯だった全日本、箱根では今日の悪い流れを修正して、リベンジできるように頑張りたい」

齋藤諒選手コメント(126位1:02:06)
「15qまでは楽にいけたが、15q過ぎから足が止まってしまい、自分の力不足を感じた。暑さはそこまで影響しなかった。レース前は60分50秒を目標にしていたが、62分で、自分の実力を思い知らされた。このままでは本戦のメンバーに入れないと思うので、本戦までにしっかり力をつけてメンバーに入れるようにしていきたい」



【榎本未希 進藤麻斗 押鐘彗 小池裕太 西川泰義 中川千明 山口未華 児玉涼香 姜亨起】
posted by スポダイ at 14:00| 陸上競技部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする