2016年10月02日

【軟式野球部】首都大学軟式野球秋季リーグ戦(決勝) 対創価大学戦

首都大学軟式野球秋季リーグ戦(決勝) 対創価大学戦
10月1日(土)
明星大学青梅グラウンド


勝負を分けた「細かさ」
東日本切符逃す 

創価 001000010 2
大東 000000000 0


 IMG_1141 (1280x960).jpg
 ▲敗れ下を向く選手
 軟式野球は点が入らず、接戦になることが多い。これは経験者であれば実感したことが多いはず。本学軟式野球部も、エースの伊東智也(環境2)を中心に接戦をものにし、打線の力もあって決勝まで勝ち進んできた。勝てば第37回東日本大学軟式野球選手権大会への切符を手にする大事な一戦が始まった。

 試合は投手戦となった。本学先発伊東は3回表に右適時二塁打を浴び1点を失うも、その後は連続三振を奪うなど抜群の投球を見せる。一方の打線は創価先発からなかなか得点が奪えず、1−0のまま苦しい展開が続く。

 今試合、一番大きなチャンスを迎えたのが7回。先頭の4番斎藤優誠(社経3)が右中間を破る二塁打を放ち、0死2塁のチャンスを作り出す。その後、バントも成功し、1死3塁の場面で6番佐久間友哉(外日2)。佐久間が放った打球は大きくバウンドし投手後方へ。それを見た三塁走者の斉藤がホームに突っ込むもアウト、投ゴロを放った佐久間も二塁を狙うもアウトとなりダブルプレー。1点を争うゲームだっただけに、早く1点をとの焦りが見えたプレーとなった。

 その裏、相手8番に二塁打を浴びると、その後2番にも二塁打が飛び出し、大きな1点を奪われてしまった。最終回、3番長田亘央(現経2)が左安打、4番斎藤も二塁打を放ちチームとして意地を見せるも、最後は右フライでゲームセット。目標であった東日本大会への切符を逃した。

 試合後、有賀元春主将(健康3)は「ミスがいつも以上に多かった。特に走塁ミスで相手にプレッシャーをかけられず、流れを引き渡してしまった」と、7回の走塁を悔しそうな表情で語った。まさに、そういった「細部」がこの接戦を分けたのかもしれない。

 結果、3年生はリーグ戦終了と同時に引退が決まった。試合後には涙する選手もおり、いかに東日本への思いが強かったかがうかがえる。来年はエース伊東をはじめとしたチームで、先輩たちの悲願を果たしてもらいたい。


≪選手コメント≫
有賀主将
「昨年も3位で東日本に行っていたのもあるし、創価大にはリーグ戦でも勝っていたので普段通りやれば勝てると思っていた。特に走塁で練習していることができなかった。後輩には全国大会と東日本大会どちらも行ってほしい。同期とは、仲良く、本気になって向き合えたかなと思う」

先発した伊東投手
「絶対に勝ちたいという思いはあった。無失点で抑えれば勝てると思っていたが、先制を許し、その後8回にも点を取られて申し訳ない気持ち。あそこで抑えていたらチームとして切り替えられていたかもしれない。来年は夏の全国、秋は東日本を目指したい」


【進藤麻斗】

posted by スポダイ at 01:13| 軟式野球部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする