2016年09月25日

【ハンドボール部】2016関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ 対桐蔭横浜大学(男子2部最終戦)

日付:2016/9/25
場所:立教大学新座キャンパス

秋季リーグ戦4勝5敗
W1024Q100_IMG_0768.JPG

本日、秋季リーグ戦の最終戦を迎えたハンドボール部。

最終戦は桐蔭横浜大学と対戦。
試合開始、2点連続で相手に決められると本学も筒井青野(#28)と駒紀里登(#8)の連続でシュートを決める。
その後も、相手に連続で決められるも本学が粘り12分過ぎに6-6と同点までもってくる。
しかし、そのまま流れを掴むことが出来ず相手に主導権を握られてしまい差が開いていく。
駒(#8)や太田信一郎(#10)のシュートで流れを変えようとするも、なかなか得点を重ねることが出来なく、11-16とリードされた状態で前半終了。

後半開始、三輪光輝(#13)と太田(#10)のシュートで攻め13-16となるも、すぐに相手に4点連続で奪われ7点差まで開く。
その後、自分達で流れを掴もうと得点を積み重ね、18分過ぎには19-22まで追い詰めた。
しかし、それ以上差を詰めることが出来ず相手に連続でシュートを決められてしまい22-29で試合終了。


金井裕亮監督コメント
「今日はもったいない試合だった。今季は試合が60分の中で失点が減ってきている。オフェンスも思いっきりいけるようになった。課題がたくさんあるので選手達と一緒に話し合って、上のチームに挑める力は持っているので上にいけるように、冬と春頑張っていきたい。」

舟木大介主将コメント
「大事なところでミスしてしまったり、シュートまでの過程ミスが多く、得点のチャンスを自分たちでつぶしていた。今季はキーパーが1年生で高校との試合の違いが分かり、2.3年生の上級生が力をつけなきゃいけないというのが分かったと思う。また、今季はチームで話し合いが増えてきた。来年、入れ替え戦に向けて上位で戦えるようにしたい。」

三輪光輝選手コメント
「大事なところで細かいミスをしてしまった。そこを修正すれば勝てていたと思う。来季は細かいミスを少なくしていきたい。」



【榎本未希】
posted by スポダイ at 20:59| ハンドボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする