2016年08月29日

【ハンドボール部】2016関東学生ハンドボール連盟秋季リーグ戦 対国際武道大学(男子2部第2戦)

日付:2016/8/28
場所:立教大学新座キャンパス

前半から勢いにのり勝利
前半21-10 後半14-16
W1024Q100_IMG_0038.JPG

試合開始、相手に先制点を取られるもすぐに本学もシュートを決めると得点を重ねていく。
連続で決めると本学は勢いに乗り10分過ぎには2-8までリードする。
昨日の反省点であったディフェンスを修正し、オフェンスではしっかり攻めの姿勢を見せ流れを切らすことなく21-10と大差をつけて前半終了。

後半本学が先制点を取り後半の流れを作る。
相手も粘り、連続でシュートを決めるも栗加秀(外国語2)や三輪光輝(環境2)のシュートで勢いに乗ることを阻止する。キーパーの好セーブも見られ、お互いが得点を決めていき35-26で勝利した。


【舟木大介主将のコメント】
「勝てたことが一番大きい。昨日の反省点であったディフェンスをチームで話し合ったりして修正出来たので良かった。来週は今週よりも強いチームなので反省点を活かして普段通り頑張りたい」


【榎本未希】
posted by スポダイ at 23:24| ハンドボール部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする