2016年06月19日

【ラグビー部】関東大学春季大会B 対早稲田大学

関東大学春季大会B 対早稲田大学
日時 6月19日(日) 14:00
場所 熊谷ラグビー場



早稲田を下し、リーグ戦全勝‼


前半
大東33−5早稲田
後半
大東35−5早稲田
結果
 大東68−10早稲田


 雨が降ったりやんだりを繰り返す生憎の天気の中、春季リーグ最終戦である早稲田大学戦が始まった。今回の開催地である熊谷ラグビー場は、2019年のラグビーワールドカップの会場として改修工事が行われるため、この最終戦が改修前最後の試合となる。
 早稲田のキックオフで始まった前半戦。本学は危険なタックルであるショルダーチャージなどで反則を取られるも、開始4分」
に相手のディフェンスをかいくぐった中川和真(3)のトライで先制する。その後、ペナルティの取り合いとなるが本学のディフェ

ンスがしっかりと相手にプレッシャーを与え、相手のミスを誘う。9分にはホセア・サウマキ(4)が相手の陣地から50mもの距離を激走し、大道勇喜(4)にボールをパスしそのままトライするというダイナミックなプレーも見られた。18分には河野良太(3)、23分にはキックパスを受けたアマト・ファカタヴァ(2)がトライ、そして32分には主将の川向瑛(4)がゴールライン際で回ってきたボールをそのまま押し込みトライするといった、様々な選手のトライが見られた。前半終了間際に早稲田にトライを決められるも、その一回に抑え前半終了。
後半は、開始直後に早稲田が猛攻を仕掛ける。約5分の耐久の末、トライを決められてしまう。しかし、ここから本学の猛攻が始まる。開始12分にアマト、16分にはサウマキが相手のディフェンスかいくぐる激走でトライ。その後何度も早稲田の攻撃にピンチを迎えるもしっかりとペナルティを取り、危機を脱する。後半終了間際、服部鋼亮(1)のトライでさらに加点し、68−10で大勝した。
 試合後、熊谷ラグビー場が改修工事になるということで、25年間の感謝を込めたセレモニーが行われ、本学も早稲田もそれぞれ笑顔でラグビーファンと交流を深めていた。
 春季リーグ全勝し、昨年よりも力を付けた本学。秋季リーグ全勝、そして選手権大会で帝京大学を下し優勝するためにさらなる力を付けていく。
DSC_1089 - コピー (2).JPG
↑トライへと激走するホセア・サウマキ
〈コメント〉
青柳勝彦監督
「セットプレーがプレッシャーをかけていたおかげで安定していた。そこが勝利の一つの原因となった。フォワードもよく頑張り、ディフェンスもプレッシャーをかけたことで相手のミスを誘えたので良かった。前後半のペナルティが多かったところを修正していかないと流れが崩れてしまうので、そこは反省して修正していきたい」

川向瑛主将
「対抗戦チームということで、自分たちも引き締めて、チャレンジャーという気持ちで、そして前半から飛ばしていくという意識で戦った。熊谷ラグビー場は1年生の時から試合していて、やはり思い出深く、違った気持ちが入る試合となった。ホームだったので必ず勝つ、という気持ちだった」

【小池裕太 姜亨起】


posted by スポダイ at 22:38| ラグビー部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする